この頃授業中に血液の話を先生がします。
普通に授業に関係のある話なら問題ないのですが、
先生の体験談とか、実際にやっていた事を話したとたんに気が抜けていって、冷や汗が大量に流れて、終いには倒れそうになって最終的に意識が無くなってしまいました。
意識が無くなった事が一回だけあるのですが、あとは持ちこたえているのですが、授業が手につかず、次の授業に差し支えてしまいます。
どうしたら意識がなくならなくなりますか?

A 回答 (2件)

確かにこの手のグロい話は、聴く人によっては大変不愉快なものです。


担任、あるいは、教頭といった人に話をしてみてはどうでしょうか?

こんな精神的ショックを授業のたんびに受けていては身が持ちません。
また、この件以外にも、同じようなことがしばしば起こる、妙に打たれ弱いと感じるのであれば、精神科の医者に相談すると言う手もあります。こんなショックを我慢し続けていたら、本当に精神科の病気になってしまいます。

何はともあれ、どうにかその教員の暴走を止めるか、こっちで堀を深くするかしなければならんのは確かです。
できるだけお早めに・・・。
    • good
    • 0

「痛い」話がダメなんでしょうかね?


パニック障害系でしょうかねぇ…
http://utsu.jp/10a.html
http://www.karacli.com/panicdisorder04.html
http://www.panicgaido.com/

あとは慣れと 自分には起こらないという気持ちの切り替えが必要なのだと思いますが_
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング