自分の父親はどの政党といわず政党全般が嫌いです。
いわく、政党で政治が動いているから、国会の多数派の法案が何でも通ってしまう。
議員個人個人にどんな信念があっても党議拘束で、党の決めた賛否に従わざるを得ない。
政党そのものが組織であり、なおかつその政党のバックにそれぞれ支持団体があるため、
そこに癒着や利権が発生して国民のための政治が行われない。
組織になど属さず個人の良心で誠実にやってる議員の方が信用できる。
そういう意見です。
主にこれは与党への批判になるのでしょうが、今の野党が政権を取っても国会のシステムが同じである以上
起きてくる現象もまた同じでしょうから、要はやはり政党全般が気に入らないということだと思います。
実際、ごもっともだと思いますし、同じように感じてる人はほかにも多いと思います。
無党派層が多いのも、現有の政党に支持するに足る党がないというより、どんな政党であれ
政党というシステム自体への不信感が実はあるのではないかと思います。

しかし一方で、議会制民主主義を取っている国はどこでも、多党乱立であったり二大政党制であったりはしても、
一様に政党政治が採用されている事を考えれば、民主主義のいろいろな実験の中で政党というシステムがベストでは
無いにしてもベターな選択であるというのが現時点での共通認識ではないのかとも思います。
そもそも、いい悪いを論ずる以前に、人間は3人いれば派閥やグループが生じる生き物である以上、
たとえ政党を廃止して全ての政治家を個人単位にしたところで、いつかはいろいろな理由でまたグループが形成されるのではないでしょうか?

政党が一概に是か非かではなく、メリットとデメリットの両面が存在すると思いますが、
その両面を考え合わせた総合判断で、政党はあった方がいいと思いますか?
それとも無い方がいいと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>政党の必要性



        ↓
問題や不満はありますが、政党は必要と思います。
それは、議会制民主主義や首班選び、重要政策の立案施行にスピードと内容のチェック充実に、現状でベター&有効なシステムだからです。

しかし、それは必要条件であって、よりましな及第点と言うだけである。
現状の政党の存在、成果や機能が、決して、十分条件を満たしてる訳でもありません。

政党本来の目的や機能を→円滑、効率的に発揮・達成するには、政党所属議員の「資質・使命感・矜持=広意には器量」が肝心であり、その個々のレベルアップがない限り、どのような制度も政党もマニフェストも、骨抜きにされると思います。

政党の役割を果たさすには→個人としての器量に加え、同時に、旗印や将来ビジョン、その目的への工程表:基本と成る憲法観・安全保障政策・政策のプライオリティを核としての、政党のガラガラポン・政界再編が不可欠だと思います。

また、現状でも、少しでも個人の器量が政党としての器量・信頼・実行力につながる為には→重要政策での党議拘束の撤廃、綱領やマニュフェストの徹底開示と遵守が、広く党内外や国民に情報開示されチェックされ、その支持&不支持と評価で選挙で信任を競わねば本物とは言えない。

その選挙(国民からの信任信託)を受け・経て、議席の配分と国民世論の合意形成に繋げ、国益と民意をバックボーンに負託を得た中から政党・政府を形成し→国会において、その責任を果たすべく政策立案と予算の配分、官僚組織や自治体との共同責任と連帯&分担にて行政執行を行うのが議会制民主主義の基盤・根底だと思うからです。

しかるに政党の現状は、主義主張もバラバラにマスコミや支持基盤向けの迎合&利益誘導が、人気取りと手柄争いに終始しているかに見える。
個々の政治家が出自も政歴もビジョンも→まだら模様に与野党に混在し、個人の政治信条を糊塗し隠して所属している為に、価値感の違いやリーダーシップが見えず聞かされず発揮されない。

すっきりとしたシンプルな政策実現の為の政党結成&運営、効率的な分り易い政党政治が行われていなく、与野党の立場と利害だけでの為にする批判合戦、スキャンダル捜しに、国会が終始しているので、いつまでも政治&政党&議員のイメージは上がらず、利権に群がる蟻、猟官運動と選挙の為のポイント稼ぎしか見えない。

そこには、国益・国威・国運・国際協調の旗印もリーダーシップもビジョンも見えず、活力を失った政治政党不信がはびこり、主権者である国民の中に政党不信と不要論が徐々に確実に蔓延して来ている。

誰がやっても、誰がなっても、どの政党も・・・と言う不平不満不信が、大切な政治政策への無関心や選挙における低投票率、一部のタレントや知名人や世襲議員の増大に繋がり、それがインスタント政治家(政治家という商売)を安易に創造してしまい、結果的に悪循環で政治の沈滞・政治家政党の器量気概不足の負のスパイラルを招いてしまっている。

私の意見としては、政党は必要です。
しかし、現在の政党が機能・責任を果たしているとは思えない。
選挙を通じての真贋の峻別とリーダーの発掘・育成を通じて、我が国の議会制民主主義のステージアップ、是々非々での熟成が必要だと思います。

政治不信に伴う政党不要論の気持ちは分るが、個人である政治家の共通価値感によるグループ化が推進力となる現実がある。
その価値感やリーダー選びの相互啓発・切磋琢磨がグループ間の競争であり、政党の存在基盤でもある。

議会制民主主義は、個人戦としての小選挙区での選挙と団体戦としての比例区と選挙区を合わせたトータル議席(議員数)が、主権者からの第一党を得て、国民に代行して政権運営を行うのだから・・・。

要は、様々な意見や利害、価値感を汲み上げ、調整し、反映した政策立案に→集大成と多数決による合意形成が基本であり、志・信条・価値感プライオリティを共有・同じくする、良質な個人政治家が集い→意見意向を集約収斂し政党を為し、政策を立案・成案し、実行&実効有らしめるのが本意である。

たしかに議会制民主主義・政党政治は、複数&多党政党の存在は→少数意見の尊重と決定システムにおいて、時間とコストが掛かるメカニズムだが、独裁専制政治や恐怖弾圧政治、人種や宗教やイデオロギーの純化政治の不合理性を戦争や粛清や民主集中制の恐怖と悲惨な実験を経て→人類の英知で築き上げた民主主義システムの要諦・王道だと思います。
    • good
    • 1

簡単に言ってしまえば、政党が無ければものすごく効率の悪い状態になると思います。


会社とかに例えて考えてもらえばわかると思いますが、会社が部署とか課とかにわかれていなくて、それぞれが独立して好きなようにやっていて会社としての仕事が成り立ちますかね?
重要なプロジェクトがあったとして、全体の責任者もいなく、それぞれが個人の力のみで知恵を絞って企画を出したとして、果たして良いものはできますかね?

政党も同じです。
国会ともなれば、とても広範囲の議事を扱わなければなりません。
全ての議員が全ての分野に詳しいわけではありませんので、党の中に分野ごとにプロジェクトチームとか部会というようなものがあります。
まずはそこで詳しい人が話し合いを重ね、ある程度完成した形にします。
そして党全体に対して趣旨説明などをし、改めて質疑応答など議論をして、党として国会に出す議案にします。
簡単に言えば、党の中にミニ国会があるようなイメージでしょうか。
ですので、党が無い場合は、これらの恩恵が無く、全部1人でやらなければいけない状態になります。
個人でできることなんて、高が知れています。

あと、党議拘束について結構誤解されている人もいるのですが、
党議拘束がかかるのは、基本的には上に書いたような党としての意見をまとめた後です。
つまり、党の中で議論を重ねた上で(最終的には多数決かもしれませんが)結論を出したものに従いなさいといういことです。
これって民主主義としては普通のことだと思いますが……

どうも、このあたりを勘違いしている(させている)人が多い気がします。
まあ、やたらめったら党首や党幹部の一存だけで党議拘束をかけるのでしたら弊害が大きいとは思いますけどね。


結論:政党は当然必要
(現在その機能がきちんと100%発揮されているかはまた別の話ですが)


ちなみに、これらは自民党のものを参考にしています。
民主もそんなに変わらないと思いますが、小さな政党はそこまでできているかはわかりません。
    • good
    • 0

仮に、あくまで仮に…


政党が禁止されて、グループを組むことも禁止して、全ての議員があくまで個人になってしまったら…みんなが(悪く言えば)好き勝手な意見を言うばかりで、なにも決まらなくなりそうで怖いです。

政党やグループを組むことが絶対に正しいとは言えないかも知れませんが、議会で法律や予算を決めなきゃいけない以上、必要なのかなぁと思います。
    • good
    • 0

空想ではなく現実の問題として考えるなら貴方の父上の仰る事は無理があると思います。


個々の議員の意見を尊重すると言えば聞こえは良いですが結局船頭多くして船山に登るの例え通り良い結果は生まれません。

政策を実現しようとしても反対のオンパレードで時間ばかり空費し極めて効率の悪いシステムと言わざるを得ません。
そうでなくても議会制民主主義は非効率で多くのコストと時間が掛かるのにこれ以上効率を無視したような制度は現実的では有りませんし群れたがる人間の本性にも反しています。
政党を廃止すれば無秩序状態になってしまうか独裁者が出現するかも知れませんね。

議員も人間である以上全員が賛成する政策など極めて限られたものになり重要な議案などはいつまでたっても決まらないと思います。

結局多様な意見を収束し政策に反映させる為にはある程度の強制力は必要でその為にも現在のシステムがベストに近いものだと考えます。
確かに支持団体の利益代表のような政党では困りますがそれでも政党の存在しない無秩序状態より遥かにましではないでしょうか。
    • good
    • 0

あなたの父の意見に賛成です。



民主党の中にも良い議員さんはいっぱいいるのに、
民主党は外国人参政権に賛成の人と反対の人が半々なのに、
執行部が皆、賛成だから、民主党全体が賛成になってしまっています。

なので、民主党を支持することができません。
外国人参政権に反対している党は、自民党だけなので
自民党しか支持できません。
「政党の必要性」の回答画像1
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q印鑑証明書 娘が就職内定を頂いたのですが契約書に保証人2名の署名捺印とそれぞれの印鑑証明書がいるら

印鑑証明書

娘が就職内定を頂いたのですが契約書に保証人2名の署名捺印とそれぞれの印鑑証明書がいるらしいんですが、保証人の署名捺印はわかりますが、印鑑証明書もいるんですか?
何のための印鑑証明書提出何でしょうか?ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

保証人の印鑑が、間違いなく保証人本人の物であるかの証明のために、行政が発行する印鑑証明書を求めているのでしょう。
行政が発行する印鑑証明書を添付しなければ、第三者としてはその印鑑が本物であるかの確認が出来ません。
三文判で適当な保証人をねつ造されては、会社としては意味が無いですからね。
ちなみに、実印とその印鑑の印鑑証明書はセットで有り、印鑑証明書の添付が無い印鑑では、実印としての効力を発揮できません。

Q無党派層の政党支持率

前回の衆議院議員選挙にて無党派層と呼ばれる人たちがどの政党を応援したのかを明確(%表示)にしたグラフを探しているのですが、もし知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/an2-2-2.html
http://www.chunichi.co.jp/wtok10/050905T1005001.html

参考にして下さい。

Q印鑑証明を破棄したら…??

私は1年前に車を購入したときに印鑑証明を登録しました。
妹も先日、車の購入手続きをしてきました。
そこで印鑑証明をもらってくるようにと言われたので、
今日、役所に行ったら、
(印鑑は別だけど)私とまったく同じ型の印鑑なので拒否されたそうです。
しかし、車購入に関わる手続きやローンの手続きを
すでにその印鑑で行っているので、
その印鑑の印鑑証明でないとダメだと車屋さんに言われたらしい。
妹に私の印鑑証明を破棄するように頼まれましたが、
車を売るときなどにその印鑑証明でないと面倒になったりしないかと不安です。
今のところ印鑑証明が必要になることもないし、
印鑑を作りなおしてもかまわないのですが、
印鑑証明を破棄することによって
何か問題が発生することはありますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確かに、市町村ですでに印鑑登録がされているのと同一の印影の場合、登録は拒否されますね。
物理的に別の印鑑であっても、機械彫りだと同一(とみなされる)印影になることはよくあります。

この場合、どうしても妹さんがその印鑑を登録したい、という場合には質問者さんが現在の印鑑登録を廃止することになります。

そうした場合に、質問者さんが別の印鑑を新たに実印として登録すれば、全く不都合はありません。
将来的に実印を押印する文書を作成する必要が発生した場合には、新たな実印を押印し、押印した時点においてその印鑑が実印であることが印鑑登録証明書で確認できればいいのです。

それが過去に作成した文書に使用した実印と異なるものであっても全く構いません。

Q内閣支持率=政党支持率ですか?

☆自民、公明両党が臨時国会冒頭の「代表質問後の衆院解散」を軸に「10月解散-11月総選挙」を模索していることが4日、分かった。

自民党総裁選を経て内閣支持率が大幅に改善することが前提。

最終判断は新首相に委ねられるが、与党にとって、総裁選の勢いを維持したまま衆院選に突入するのが得策との認識だ。複数の与党関係者が明らかにした

という文全体がよくわからないのですが <<自民党総裁選を経て内閣支持率が大幅に改善することが前提>>
というのが特に分かりません。

自民党総裁選で自民党の支持率(内閣支持率と同じ意味???)があがることを前提として、そのまま衆院選に入って、衆院総選挙で自民党党首が首相に選ばれやすくなる ということでしょうか??

ご教授下さい.よろしくお願いします

Aベストアンサー

内閣支持率=政党支持率ではありません。
しかし福田総理退陣表明後、自民党の支持率は上がり、民主党は下がっています。それも5%前後です。
総理が変わると、党の印象も変わってくるのです。
安倍総理から福田総理にかわった時も確か50%台だったと思います。
それが末期には20%台でした。

例えば、政権投げ出しの記者会見は最悪のイメージでしたが、
若手、女性など5人の総裁選候補者がテレビに頻繁に露出する事で
印象が変わってきているのです。

今の与党政権は3分の一の多数を握っていますが、これを次の総選挙で維持する事は不可能です。
それでも過半数を取り、引き続き政権の座に留まろうと必死なのです。
ある調査では自民党の過半数割れの数字が出ていると聞きます。

総理が変わり、新総理を顔にして選挙を戦うことで政権を守ろうとする
イメージ戦略なのです。

Q印鑑証明について

アパートを借りるため、保証人の印鑑証明が必要で、
母親に印鑑証明を取りに行ってもらいました。
印鑑証明の名前が母親の名前なのですが、
保証人の名前は父親にするつもりです。
父親の名前で印鑑証明を取り直さないといけないのでしょうか??
教えて下さい!

Aベストアンサー

保証人の印鑑証明でないと意味はありません。
取り直す必要があります。

Q政党支持率カウンターはリベラル・インチキ左翼政党で

http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_politics-support-pgraph
どこの発表もパーセンテージは違うものの同じ様な推移を辿っている。
民主・社民・共産も支持率が上がってるのが不気味・・・
前回の政権で分かったはずなのだが、どこまでドMなんだ?一部の日本人は!
国益を害さず、自民に対して、対等に渡り合える野党は
民主・生活・共産・社民なのか?

保守政党での健全な野党も有りだろう!
維新・みんな には、もっと頑張って頂きたい。

質問
政治の場で保守 対 リベラルの対立をよく見かけるが、
リベラル派と言われる議員達の論理が全く通って無い様に
感じられる。あなたはどう感じますか?

また、隣国の嘘が多くの国民にバレているにも関わらず、
民主・社民の議員たちは、自虐史観 質問・答弁をこれからも
続けて行くのか?

更に、日本に置ける健全な国会運営は、保守対保守の
激論で成り立たすべきでは、ないでしょうか?

Aベストアンサー

とにかく、韓国も北朝鮮も中国も信用できない国であるため帰化人がリベラルなどと言って政治に関わることには断固反対です。

Q「印鑑証明」の悪用を防ぐため

印鑑証明の悪用を防ぐために、「印鑑証明書」の隅に「○○○用のための印鑑証明書です」という文言を記入してもかまわないでしょうか?
印鑑証明書をそのまま無記入で提出したりしますが、但し書きがあるほうが、安心して証明書を渡せます。
こういうことは、通常はしないのでしょうか?
なぜ、しないのでしょうか?

Aベストアンサー

 疑い出せばきりがない。。。。ということでしょうか。ですから、あまり気にしていませんが。。。。

 印鑑証明は実印とともに確かに確実な本人証明のツールではありますが、サイン同様、まだまだ疑い出せば完璧なものではなく、誰かにその意思があれば、不法転用によらなくても、他にも悪用する方法はありますしね。もちろん、当然ながら私文書偽造及行使の犯罪にはなりますが。

Q民主党に投票した人はなんで「まともな政党が無いから支持政党が無い」とか言うんですか?

民主党に投票した人はなんで「まともな政党が無いから支持政党が無い」とか言うんですか?

Aベストアンサー

民主党に限りませんが、知識がない人、偏っている人に多いようです。
端的に言えば無知がなせるわざです。

Q印鑑証明の悪用について(こんなことは可能でしょうか)

過去の質問や回答を見てますと印鑑証明などの悪用に対する
防衛策などいろいろと勉強になります。

ところで、こういったケースは起こりうるのか?ということ
について皆さんのご意見をいただければと思います。

(1)印鑑証明が必要になったので登録した
(2)車のディーラーに新車購入の際に提出し、手続きを行った。
(3)印鑑証明が不要になったので、解除手続きを行った
(4)ディーラーが提出された印鑑証明書を再利用して、実印を
偽造し、別な契約など、とにかく詐欺目的で利用した。

この場合、詐欺を行われる前に、印鑑証明の解除手続きを行って
いるので大丈夫なような気がしますが、提出した印鑑証明書の発
行日(公布日)については、印鑑証明解除の前の日付になっている
と思います。

つまるところまとめますと、印鑑証明の解除前に発行した印鑑証明書は
解除後に実印とセットで利用した場合に、その効力を表しうるか、とい
うことです。

わかりづらくて申し訳ありませんが、どなたかご意見をいただければと
存じます。

Aベストアンサー

書類を提出する時"原本還付請求"出来るんじゃないかな
登記提出では何ヶ所にも印鑑証明書をつける時還付してもらってますよ
詐欺の件ですが、完全に防ぐのは無理でしょ。
印鑑登録していなかったら、アナタになりすまして
登録すればいいし、実印の偽造も、本人のなりすましも
やろうとおもえば、出来ますよ。まぁばれるとおもうけど

Q【政治・参議院総選挙って政党の勝ち負けで見るものなのでしょうか?】 政党の議席数という勝ち負けで

【政治・参議院総選挙って政党の勝ち負けで見るものなのでしょうか?】


政党の議席数という勝ち負けで見るから政治に無関心というか選挙に行く人が減少しているのでは?

議席数の勝ち負けなら自民党が勝つのが分かっているので誰も選挙に行くわけがないですよ。

選挙って勝ち負けで見るものなのでしょうか?

テレビの選挙特番もどこのテレビ局民放もNHKも政党の議席数ばかりクローズアップして放送している。

議席数が重要なら自民党が勝つので見る必要もない。

もっと選挙には大事なものがあるのでは?

選挙の本来の目的を見失ってはいませんか?

Aベストアンサー

野党の万歳が空し過ぎますね。

社民党なんて福島瑞穂しか当選しませんでした。
これで政党解散です。

伸びると予想されていた日本共産党もまったく振るいませんでした。
青森・宮城・福島では謎の民進党勝利。
みんな震災被害忘れたのでしょうか?
ちょっと不思議でした。

何にしろ、オールジャパンで与党候補躍進!
安保合法、憲法改正。アベノミクス推進ということが決まりました。

会見勢力が2/3になったのはいいことです。
おおさか維新も閣外協力するでしょう。

現在の日本では、政党の勝ち負けで見るものです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング