高1の化学についての質問です。
マグネシウムは常温の水とは反応せず、熱水と反応して水素を発生すると教科書に書いてありました。

ということは、熱水のほうが常温の水よりも、金属に対する酸化力が強いということですよね。
同じ物質なのに温度が違うと酸化力が異なるのはなぜでしょうか。

どなたか教えていただけたら嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

高校では習いませんが、反応には越えなければならない「山」があります。


もし山がないとその辺にある紙切れは紙としては存在できず、すぐ燃えて無くなってしまうでしょう。
この山の高さを「活性化エネルギー」と呼びます。
>同じ物質なのに温度が違うと酸化力が異なる
酸化力は異なりますが、これは水が一方的に「強い酸化剤」なった訳では無く、マグネシウムも同時に「還元力が大きくなった」と考えなくては不正確です。
マグネシウムが空気中で燃えるには何かで引火させてやり「反応温度」を挙げてやらねばなりません。
この時反応温度が上がったために空気中の酸素の酸化力が上がっただけではなくマグネシウムの還元力も上がっているはずです。
反応全体としてみた場合、酸化剤と還元剤の反応の速度を上げるためには一定以上の温度に加熱し、エネルギーを与えてやる必要があるのです。
一方、マグネシウム金属の表面には不活性な酸化マグネシウム膜があります。加熱する事により、酸化マグネシウムは水酸化マグネシウムとして溶解して行くでしょう。
これも熱水を用いたときに冷水と異なる条件の一つだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2009/05/17 21:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI/Fとはなんですか?

CD-Rを使用するので、新しくノートPC用のSCSIカードを入手しようと
思っているのですが、大抵のライティングソフトに
『I/Fカード推奨』と書かれています。
I/Fとはなんですか?それと、それ以外のカードとどう違うのでしょうか。
ご存知の方、もしお忙しくなければ教えてください。

Aベストアンサー

インターフェース(Inter Face)の略ですね、
最近はSCSIカードだけでなく、
USB-SCSI変換アダプタでもSCSI機器の接続ができますから、
USB1.1では転送速度の問題で4倍速以上の書き込みができない場合があります(USB2やIEEE1394なら速度的な問題は無いです)、
またこの手のアダプタの場合相性問題が起きやすいので推奨されてません、
それとSCSIカードならカードバス対応のSCSIカードの方が高速なのでお奨めです。

Q【生物化学】また水素水の話なんですけど体内の酸化と還元の話なら、別に水素に拘る必要もなく、鉄、一酸化

【生物化学】また水素水の話なんですけど体内の酸化と還元の話なら、別に水素に拘る必要もなく、鉄、一酸化炭素、ナトリウムでも体内還元は出来るわけですよね?

水素水を飲まずに鉄分を摂取したりナトリウムを摂取すれば水素水より効率的に還元は可能なのではないでしょうか?

一酸化炭素って吸ったらどうなるんでしょう。還元されて死んじゃうんでしたっけ。

還元されるのに一酸化炭素中毒で死ぬ。

なぜ一酸化炭素中毒で死ぬのに還元されるのだろう。

還元されること=健康に良いと決して言えないってことではないでしょうか。

酸化と還元。酸化は悪で還元は善という思想が悪いのでは?

本当に還元は善なのでしょうか。

Aベストアンサー

>還元されるのに一酸化炭素中毒で死ぬ。
条件が違うせいですね。どんな条件でも同じ反応が起これば化学は要らない。
一酸化炭素が還元性を持つのは鉄が真っ赤に焼けているときだけ。
体内では一酸化炭素に還元性は無く、ヘモグロビンの中のヘムと反応してカルボニルヘムになります。
酸素と一酸化炭素ではヘムとの結合力は格段に一酸化炭素が強いので、直ぐ死にます。

Qクワガタ幼虫のFとは

オオクワガタの幼虫をもらって飼い始めました。
幼虫をもらい受けるときに「この幼虫はF3だよ」と言われました。
この記号の「F」と数値の「3」とはそれぞれ何の意味でしょうか。

Aベストアンサー

天然のクワガタを天然とかワイルドとか表現しますけど、
そいつの子供がF1です。
F1から生まれた個体がF2で、以降F3、F4、F5~と呼ばれます。

F2とF4の子供はF5と表現すべきだと思ってますが、あまりそういうことはこだわってない業界のようです。

Qマグネシウムが熱水と反応する式

マグネシウムが熱水と反応する式

教科書を見ると Mg+2H2O ⇒ Mg(OH)2+H2↑ とあります。
以前オキソニウムイオンの質問コーナーで読んだのですが

実際には Mg + H3O+ + OH- ⇒ Mg(OH)2+H2↑ 

なのでしょうか?

Aベストアンサー

>Mg + H3O+ + OH- ⇒ Mg(OH)2+H2↑
そう書くなら、
Mg + 2H3O+ + 2OH- ⇒ Mg(OH)2+H2↑+2H2O
と書かなきゃ。
オキソニウムイオンは、本来H+ はプロトンというありえない物質なので、実際に存在している形として、H3Oと書くのだから。
Mg + 2H3O+ + 2OH- ⇒ Mg(OH)2+H2↑+2H2O
は、
Mg + 2(H3O+ + OH-) ⇒ Mg(OH)2+H2↑+2H2O
だから
Mg + 2(2H2O) ⇒ Mg(OH)2+H2↑+2H2O

Mg + 2H2O + 2H2O ⇒ Mg(OH)2+H2↑+2H2O
両辺からH2Oをひくと
Mg + 2H2O ⇒ Mg(OH)2+H2↑
と同じことを意味している。

Q僕のクラスに頭がおかしい奴が2人いまーす 一人はd、もう一人はfとして質問させてください あ、別に

僕のクラスに頭がおかしい奴が2人いまーす

一人はd、もう一人はfとして質問させてください
あ、別にイニシャルとかじゃないです。


dは、普通に頭がおかしいです。
クラスメートに『ねえ、バスケしたことある?』とか質問して、あると答えたら『えー!バス消したことあるのー!ヤバッ』とか言ってきますそしてそれで周りに、『d!そういうのがウザいっていつも言ってんじゃん!』って言われて、『dって誰?』とか多少理不尽な攻められ方をされて、『それイジメだよ?先生に言うから!』って言って逃げます。


fは普段正常なのにちょくちょく良くわかんないとこでキレます。
こないだぶちギレたとき、弁当を食べてるとき、『こんなのいらねーよ!』って言って弁当を廊下になぎ払いましたw。
そんでそれでみんな大爆笑wそしたら『笑うなぁ!こっち見んなぁ!』
って言って机を持ち上げ、それで自分の頭を殴りはじめました。その時に発した言葉が、『どうせ俺なんてdと同類なんだよぉ!』

そのほかには、理科室の扉(スライドタイプ)を蹴っ飛ばして外しました。その時に一人下敷きになりました。


質問です。

こいつらなんか病気なんですか?

良い対処法教えてほしいです

僕のクラスに頭がおかしい奴が2人いまーす

一人はd、もう一人はfとして質問させてください
あ、別にイニシャルとかじゃないです。


dは、普通に頭がおかしいです。
クラスメートに『ねえ、バスケしたことある?』とか質問して、あると答えたら『えー!バス消したことあるのー!ヤバッ』とか言ってきますそしてそれで周りに、『d!そういうのがウザいっていつも言ってんじゃん!』って言われて、『dって誰?』とか多少理不尽な攻められ方をされて、『それイジメだよ?先生に言うから!』って言って逃げます...続きを読む

Aベストアンサー

病名なんて医者の診断じゃないとできません。

例えばの話ですが、発達障害なとがあるとコミュニケーションがうまく出来なかったりします。

気持ちを逆なでしないこと。精神の病気は自分を自分でコントロールできないので、環境は自分でコントロールできる範囲をこえると難しいです。つまり切れやすいです。

Q二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式

タイトルのとおりなのですが、二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式が
どういうふうになるのかおしえてほしいのです。
硫化水素 H2S→2H+ + S + 2e-
二酸化硫黄 SO2 + 4H+ + 4e- → S + 2H2O
ということまではたぶんあっているとおもうのですが・・・
このあとどうやっていけば酸化還元反応式ができあがるのかが。。。
教えて下さい

Aベストアンサー

そこまでわかっているのなら、後は
e-が消えるように2つの式を足し合わせるだけです。
最初の式を2倍して、2番目の式と足せば、
2H2S + SO2 + 4H+ + 4e- → 4H+ + 2S + 4e- + S + 2H2O
両辺から同じものを消して
2H2S + SO2 → 3S + 2H2O
となります。

Q実際の温度と色温度

実際の温度と色温度
いろいろな文献から、ろうそくの最高温度は1700K、
色温度は1900~2000Kであるとわかりました。
色温度は自然界の光の色を完全黒体である炭素の燃焼温度を基準として
規定したものであるので、最高温度と色温度は同じだと思ったのですが
200K程差があります。これは、誤差の範囲なのでしょうか?
それともこの場合は最高温度=色温度ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さまがおっしゃるように、
色温度は完全黒体の温度をもって定義されるものです。

したがって、ろうそくの火の温度と違ってくるのも当然です。
完全に黒体でない場合、それに応じて色温度から(低い方に)ずれてきます。

ろうそくの最高温度であろうが、なかろうが、
ろうそくは完全黒体ではありませんので、
(ろうそくの火の温度)=(色温度)ではありません。

Q【水素水は一昔前に流行したアルカリイオン水と同じって本当ですか?】アルカリイオン水の浄水器に水素を増

【水素水は一昔前に流行したアルカリイオン水と同じって本当ですか?】アルカリイオン水の浄水器に水素を増やす鉱石入ってましたっけ?

その理屈だとPanasonicの水素水生成器とアルカリイオン水生成器は同じ製品ってことになりますけどアルカリイオン浄水器はアルカリイオン水イオン浄水器として売っていて、水素水浄水器は1機種しか出してないのでこの水素水浄水器とアルカリイオン浄水器は同じ製品というのは都市伝説でウソですよね?

じゃあ、一昔前にブームになった酸性水とアルカリイオン水が作れる機械を導入している家庭は水素水ブームが起こる前から水素水を飲み続けていたということになる。

でもそんなに見た目違いがないし、何よりアルカリイオン水を飲んでた人が長生きしているということもないということは水素水を飲んでも特に意味がないという結論をアルカリイオン水と同じと言ってしまったらそういうことになってしまいます。理屈上。

Aベストアンサー

http://panasonic.jp/alkaline/

「還元水素水とは
還元水素水とは電気分解の電気反応で還元され、その時に発生する水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水であり「アルカリ性電解水」と同一です。
「厚生労働省告示第112号」にて規定される「胃腸症状の改善」を『標榜すること』が認められています。
また、弊社では「電極板の枚数が5枚以上かつ水素チャージ機能を搭載した商品」の販売名称を還元水素水生成器とし、アルカリイオン整水器と区別しています。」

Q温度とは何ですか?

1) 気体の温度は分子一個あたりの運動エネルギーだと説明されると思います。この「分子一個あたり」の運動エネルギーが、私たちが(マクロに)認識する「温度」とどのように関連づけられるのでしょうか?どうして「分子一個あたり」なのでしょうか。
2) 液体や固体の温度を、気体のようにミクロに説明すると、どの「単位あたり」の運動エネルギーとなるのでしょうか。或は全く別の説明になるのでしょうか?
3) 例えば一様な温度の気体の中に非常に小さな温度計を入れたとき、温度計の感熱部全体が気体の温度と同じになって、その結果温度計は気体の温度を示すと思います。このとき温度計の温度と気体の温度は(ミクロな意味で)どうやって同じ温度になるのでしょうか。又、同じ温度というのはどういう意味になるのでしょうか?
どれか一つでも良いので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>衝突の問題に関し、まず一番簡単なモデルで理解してみようと思って
 (略) 
2つの粒子の運動エネルギーの平均は同じ値にはなりませんでした。

膨大な数の分子が、てんでんばらばらに動き回りながら衝突するのです。その全てについて"計算"するなどということはできません。一対一の衝突で代用できるものでもありません。とても、手計算で対応できる現象ではないのです。だからこそ、統計的な処理が必要になってくるのです。(現代はコンピュータで計算させることが可能なのかも)

僕が、具体的な衝突問題として数式を出さなかったのは、それを使って説明しようとしてもできない相談だからです。
でも、そのような神のみがなし得るような"計算"を実行しなくても、エネルギーが"移動"していること、そして、最終的にはエネルギーの移動が止まる(平衡状態になる)という事実を受け入れるならば、運動エネルギーが均質化したはずだということが理解できるはずです。

分子の衝突問題という単純な力学的な現象として見たならば、その運動は可逆的ですから、平衡に達するという(不可逆変化)条件を、どこかで組み入れなければならないはずです。そのギャップを埋めてくれたのが、膨大な数の分子の乱雑な運動を統計処理するという手法だったのです。

>衝突の問題に関し、まず一番簡単なモデルで理解してみようと思って
 (略) 
2つの粒子の運動エネルギーの平均は同じ値にはなりませんでした。

膨大な数の分子が、てんでんばらばらに動き回りながら衝突するのです。その全てについて"計算"するなどということはできません。一対一の衝突で代用できるものでもありません。とても、手計算で対応できる現象ではないのです。だからこそ、統計的な処理が必要になってくるのです。(現代はコンピュータで計算させることが可能なのかも)

僕が、具体的な衝突問題と...続きを読む

Q水素水と活性水素水の違いは?

ネットで水素水と活性水素水の違いを探したのですが、専門的すぎてわかりませんでした^^;

詳しい方がいらっしゃいましたら、双方の違いや常温時の形態、水中での状態や生成過程(生成方法)なども教えてください。

宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

水素水と活性水素水の違いというのは、学術的にきちんとした定義がある訳ではありません。販売業者やメーカーによって様々な呼称が使われているだけのことです。活性水素水のことを単に水素水と呼ぶようになったとも言えますし、その作り方の違いで活性水素水と水素水を使い分けたりしますが、明確に決められたものはありません。これらは、科学的な用語というよりも業界用語と言ったものです。

水素水というのは、溶存水素濃度が高い水のことなのですが、その溶存水素がどのような状態で存在するかが議論されています。「活性水素」というのは、九州大学の白畑先生が1998年に発表された仮説で、原子状水素がコロイド状のミネラルに吸着されて水の中に存在し、それが強い還元力(抗酸化力)を示し、過剰な活性酸素を消去するというものです。この発表が様々な議論を呼び、その真偽を確かめるための研究が今日まで続けられてきた中で、原子状の活性水素でなく、高濃度に溶け込んだ水素分子でも抗酸化作用を示すという研究結果なども発表されています。

作り方としても、昔からアルカリイオン水と呼ばれていた電気分解することによって作る還元水やマグネシウムと水との酸化還元反応によって作る還元水、高圧充填によって溶存水素濃度を高めてアルミ容器に封入した水素水など、水素が溶け込んだ水が水素水であり、この溶け込んだ水素の一部が反応性が高く還元力がより強い活性状態の原子状水素であるとするものが活性水素水です。一般的には一部の電解整水器メーカーが電解還元水のことを活性水素水と言っています。

では、なぜこれらに水が注目されているのかというと、話は単純です。
人は酸素を使って活動エネルギーを産生していますが、細胞内でこの酸素を燃焼される過程で、活性酸素という酸化力の強い物質が出来てしまいます。この活性酸素が生活習慣病や老化の元凶と医学界では言われています。
昨今の生活環境や生活習慣は、この活性酸素を過剰に産生するため、体内で作られる抗酸化酵素だけでは、体内の酸化を抑制することができなくなっています。つまり、体内環境が酸化環境になっているのです。
では、この過剰な活性酸素をなくすにはどうするかが問題になりますが、昔から様々な抗酸化物質が注目されていました、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、CoQ10などです。
水素というのは化学の定義からいっても究極の還元剤であり、過剰な活性酸素を消去できる力があると考えられる訳です。
では、どうやって水素を体に取り込むかということと、どうやって過剰な活性酸素と化合させるかが問題となるのですが、水に溶け込ませて吸収させたら、それらしい効果が出ていることがわかりはじめたのです。しかし、これだと、あまりにも単純すぎて従来の医学理論にそぐわないことに加え、医学的、科学的にきちんと論証できないが故にその真偽が議論されている最中なのです。

私自身、自分で還元水を飲み始めて、体調がすこぶる良くなったので、何故かと不思議に思って調べたのですが、単なる個人的な思い込みにみを頼りに、疑似科学だとか、インチキ商品、悪徳商法と非難する人が多いのも事実である反面、その効果によって素晴らしい恩恵を受けておられる方がたくさんおられるのも事実です。

一般の方々で水素水を非難しておられる多くの方が引用しておられるのが、山形大学の天羽准教授がつくられた「水商売ウォッチング」というサイトなのですが、あのサイトに書かれていること事体は既に時代遅れになっており、水素水や還元水については、様々な研究によって解明されていくに従い、天羽准教授ご自身の昔の言動と矛盾し始めたために、今では全く更新されなくなり、まともなことも言えなくなっているようです。自ら体感された上での記述ではないので、大学の先生だから間違っていないだろうと信じてしまうのは早計です。
科学的に説明できないことは、この世にはまだまだたくさんあります。もし、人の生命とか健康が科学的に完全に解明されているのなら、病気で苦しむ人々はいなくなる筈です。

水素水や活性水素の効果、効能は完全に理論的解明がなされた訳ではなく、まだ研究段階です。
しかし、その恩恵を授かった人は数多くおられ、これらの水の効果を信じるか信じないかは、あなたご自身の判断だと思います。

水素水と活性水素水の違いというのは、学術的にきちんとした定義がある訳ではありません。販売業者やメーカーによって様々な呼称が使われているだけのことです。活性水素水のことを単に水素水と呼ぶようになったとも言えますし、その作り方の違いで活性水素水と水素水を使い分けたりしますが、明確に決められたものはありません。これらは、科学的な用語というよりも業界用語と言ったものです。

水素水というのは、溶存水素濃度が高い水のことなのですが、その溶存水素がどのような状態で存在するかが議論され...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報