「永代ニ相渡申手形事」という古文書に「安堵銭」がでてきます。
どういう意味でしょうか?
「畑百刈高壱斗ニシテ案堵銭三匁(貫?)慥受取永代ニ相渡
申事実正ニ御座候」

A 回答 (2件)

全く読みきれません。



永代安堵(知行)として良い。
と言う意味に受け止められます。

永代に相渡し伸べる手形の事

実際に読んでいる訳ではないので御自分で読むしかないのですが、

刈り高一斗あたり(10L、15kg)に付き3匁(約3千円)
で計算した。

は少々米価に比して安いか。
しかし、これを受け取り永代に渡す事(小作人の約束手形)
に思えば納得もします。

が、時代が知れないので断言が難しいのです。
4割が小作料とは時代によっては気前が良いかもしれません。

銀3貫だと3千匁(3百万)は知行に良いとは思いますが、
>壱斗ニシテ
石高制以降の古文です。

銭に換算する(貫高制)言われが疑問に残ります。
    • good
    • 0

瀬戸内海に出没した海賊の対策費用のようですよ。



参考URL:http://proto.harisen.jp/koramu/itsukusima-sakai1 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貨幣単位で厘と銭が無くなったのはいつから?

かつては円の下に厘、銭という単位がありました。
これが無くなったのは正確にいつごろでしょうか?
もうやめようという政府の命令があったのでしょうか。
銭の貨幣の発行停止に伴い、自動的に物価に銭単位が無くなるものでしょうか。

Aベストアンサー

 事実上の取り扱い停止は1953年の「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」によるもののようです。

http://62280935.at.webry.info/200912/article_31.html

Q黒田家古文書の「少将様 御下国延引ニ付 長崎御番所 為請取 同所ヘ被指

黒田家古文書の「少将様 御下国延引ニ付 長崎御番所 為請取 同所ヘ被指越候段 居形ニ 又之進ヘ相達・・・」「右江戸より被仰付越候段ヲも数馬殿ヘ居形相達ス・・・」の中の「居形」の意味を教えてください。

Aベストアンサー

居形=居成(いなり)ではないでしょうか。「居形に又之進へ相達」は、そのままに又之進に届けたという意味。「数馬殿へ居形相達す」は、数馬殿へそのまま届けたということではないでしょうか。

Q貨幣単位「銭」は必要ですか

株価のニュースなどで「25円50銭安」などとよく聞きますが

「25.50円(にじゅうご てん ごれい えん)」では不都合でしょうか。

 銭(せん)なんて耳障りな気がします。必要ですか。

Aベストアンサー

銭や厘は今でも金利計算(日歩)で通常使用される単位ですので何ら違和感はありません。
「にじゅうご てん ごれい えん」の方が耳障りではないでしょうか。

Q明治4年当時の高額郵便料金 貫・文・銭 と 切手

下記の質問を別にしましたところ 明治4年当時の貨幣制度は 両・円の混在期で 両換算で 21貫600文は約5.5両になることを教えていただきました 
1.ではその切手としてどんなものを貼付したのでしょうか 
2.切手の額面は”銭”で料金は”文”で誠に判りにくいのですがこの点も如何でしょうか 
3.また当時の丁稚の給金は年間で3両ほどと聞いた事がありますが別立てとはいえこれでは高
  すぎるのではないかと思いますがどうでしょうか 
4.更にはこうした別立てなどによる高額郵便の現品の保存はどこかにありますでしょうか 
  たくさん書いてしまいましたがよろしくお願いします

郵便制度が東京-大阪間で明治4年3月に始まり7月には横浜から別立てで各地に郵便が届けられる事になったと書かれています その郵便料金は横浜-高崎間で 21貫600文 と言いますが当時の貨幣制度がよく判りません どなたかご存知の方教えてください

Aベストアンサー

1.ではその切手としてどんなものを貼付したのでしょうか

=明治4年に日本で初めての「切手」が発行されています。俗に「竜文切手」と呼ばれるもので、4種類発行されました。「銭四十八文」「銭百文」「銭二百文」「銭五百文」の4種です。裏には糊もついてませんし、目打ちもありませんでした。切手は米粒で貼っていた様です。 


2.切手の額面は”銭”で料金は”文”で誠に判りにくいのですがこの点も如何でしょうか

=日本では「円」が導入される以前まで、貨幣単位としての「文」が続いていました。新通貨単位が導入されてからは、円・銭・厘が使用される様になり、現在は円と銭が使われています。竜文切手の場合、読み方なんですが「ぜに~もん」と言う言い方になります。確かに現在では判読はややこしいですね。


3.また当時の丁稚の給金は年間で3両ほどと聞いた事がありますが別立てとはいえこれでは高すぎるのではないかと思いますがどうでしょうか

=当時の3両は新貨幣制度導入時の3円に相当します。当時の1円は現在の通貨に換算すると5000円になると思われます。明治27年の公務員の初任給は50円です。明治も20年を過ぎると大体1円=4000円ぐらいになります。ざっと計算すれば公務員は現在のお金で20万円を貰っていた事になります。話は元に戻りますが、丁稚の年間給金3両という事は、年間で現在で15000円になります。まさしく丁稚奉公とはよく言ったもので、こんな安い給金で雑用をあれこれさせられていたのです。決して高くはありません。むしろ、安すぎるくらいです。 


4.更にはこうした別立てなどによる高額郵便の現品の保存はどこかにありますでしょうか 

=所謂「切手博物館」という所に行けば現物は見られます。

1.ではその切手としてどんなものを貼付したのでしょうか

=明治4年に日本で初めての「切手」が発行されています。俗に「竜文切手」と呼ばれるもので、4種類発行されました。「銭四十八文」「銭百文」「銭二百文」「銭五百文」の4種です。裏には糊もついてませんし、目打ちもありませんでした。切手は米粒で貼っていた様です。 


2.切手の額面は”銭”で料金は”文”で誠に判りにくいのですがこの点も如何でしょうか

=日本では「円」が導入される以前まで、貨幣単位としての「文」が続いていました。新通貨単...続きを読む

Q外国為替の通貨単位について聞きたいことがあるのですが、

外国為替の通貨単位について聞きたいことがあるのですが、
よくスプレッド1銭とありますが、これは例えば1ドルを100枚買ったら100銭かかるってことだと思うのですが、いったい1円何銭なんでしょうか?

教えてください

Aベストアンサー

1円=100銭です。銭というのは江戸時代から使われており、
江戸時代は銭貨に対して、文という単位を使っていました。
円体制になってから円より下に銭という単位が置かれました。

スプレッドを表すときはpipsという単位を使うといいです。
pipsは通常小数点4桁の位置に置かれます。
EUR/USDとかは皆4桁目にpipsが置かれます。

日本円は単位が大きいので2桁右にずれます。
したがって少数第2位、かつての銭の位置にpipsが来ます。

Qニ・ニ六事件で・・・

なぜ当初「決起部隊」などと美化したのですか??
そして、なぜ4日目に彼らは雪の中に涙を流して突っ伏したのですか??

Aベストアンサー

当時の陸軍内部は皇道派と統制派の二つに分かれて勢力争いを繰り返していました。
皇道派の青年将校らが「昭和維新」を唱えて決起したのがこの事件です。
しかし陸相に突きつけた「決起趣意書」の内容は統制派の弾圧という派閥争いに終始したものでした。

結果蔵相、内大臣が殺され、鈴木侍従長が重傷など重臣が殺傷された事に昭和天皇が激怒し、直ちに反乱部隊の鎮圧を命じました。 近衛師団を自ら率いて鎮圧するとさえいわれたといいます。

しかし皇道派の幹部らは決起部隊に同情的であり、戒厳司令官に皇道派を任命したので決起部隊を戒厳部隊に編入する始末でした。

一方統制派は力を取り戻し奉勅命令を出して天皇の命令であると鎮圧を開始したのです。
当時天皇の命令は軍人にとって絶対的なものでした。
決起部隊の兵士らも上官の命令に従っただけで、その上の天皇の命令には絶対服従でしたから抵抗なく鎮圧されました。

この結果以後は統制派が陸軍の主導権を握りました。

Q株価・円相場でのお金の単位

平均株価や円相場は『今日の終値、○○円△△銭』『1$、○○円△△銭』と言う風に取り引きされていますが、なぜ「銭」と言う、(生活上)今は使われていない単位まで用いられているのでしょうか?

アメリカの様に、セントが今も使われているのなら、使用されていても違和感はありませんが、日本の場合は違和感を感じます。昔の名残なのか、対外的に必要なのか、ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

通貨としての銭は1953年に廃止されましたが、債権や為替取引では引き続き銭が使用されています。銭を廃止すれば世界の国々との為替レートの精度が低くなったり、金利、手数料などの計算も大幅な損得に結びつくからだと思います。

例えば為替取引ではひとつの単位が百万ドルだと聞いたことがあります。仮に手数料が1ドルに対し1円なら百万円となります。1銭なら1万円です。つまり存在しない銭を使うということは0.01円の代用だといえます。1ドル=107.65円を107円65銭と呼んでいることになります。

Q古銭に詳しい人、教えてください。 江戸時代の1斗と10文って現在の貨幣価値で幾らくらいですか? 斗と

古銭に詳しい人、教えてください。

江戸時代の1斗と10文って現在の貨幣価値で幾らくらいですか?

斗と文だと斗の方が高価?

Aベストアンサー

斗はお金の単位じゃないので比べられませんよ。

Q戦前は貨幣の最小額が1銭でも足りたのか?

昭和前期(昭和元年から12年ごろまで)を考えます。このころ、都市勤労者の平均収入はボーナスも含めて月あたり手取り100円くらいでした(参考:月給百円サラリーマン---講談社現代新書)。そうすると、当時の100円は感覚的に現代の30~50万円に相当しそうです。一方、この時期に発行されていた貨幣の最小額は1銭(硬貨)ですが、100円が30~50万円なら1銭は30~50円になります。
そこで疑問ですが、もし現代に50円玉が最小で1円玉や10円玉がなかったら、商品とくに低額の日用物資の売り買いは非常に不便になると思います。日用品の値段が50円単位でしか決められない、などということはとても想像できません。これが昭和前期に1銭で済んでいたのは、いったいどうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

昔はモノの値段って高かったんです。

特に食料品は高いです。

今みたいに加工食品を大量生産したり、
生鮮食料品の保存法と流通が確立し、
食品が安くなったのはごく最近です。

しかしトータルの物価として
1銭=50円でも、日々の食糧には、
お金を使わずにはいられなかった
でしょう。

もちろん消費税なんてものは
ありません。

それでは同等の物価とは言えない
とお思いでしょうが、他のものが
安かったということです。

例えば、住居費などは安かった
のではないでしょうか?

私の祖母が昔言っていたことを
思い出すと、1円あれば、1日
楽しく遊べたと言ってました。

しかし、カフェでお茶するのと
映画を見るぐらいだったのでしょうが。

感覚的には、
価値観の違いとして
モノのコストには今はとても
シビヤになり、1円でも安くする
ことを意識するようになった。
(買い手市場である)

昔はもっとモノが貴重だったので
高いことにあまり文句を言えなかった。
(売り手市場だった。)
しかし、モノにお金をかける機会も
それほど多くはなかった。
モノがあふれていなかった。
ということで、
通貨の単位もそんなに細かくなくて
よかった。
ってことではないでしょうか。

昔はモノの値段って高かったんです。

特に食料品は高いです。

今みたいに加工食品を大量生産したり、
生鮮食料品の保存法と流通が確立し、
食品が安くなったのはごく最近です。

しかしトータルの物価として
1銭=50円でも、日々の食糧には、
お金を使わずにはいられなかった
でしょう。

もちろん消費税なんてものは
ありません。

それでは同等の物価とは言えない
とお思いでしょうが、他のものが
安かったということです。

例えば、住居費などは安かった
のではないでしょうか?

私の祖母が昔言っていたこと...続きを読む

Q田堵と負名について

この二つが区別できません。
田堵=負名なんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中小企業を考えてみてください。
中小企業といえども株式会社。
けど、株主は社長だけだったりする。

山田産業株式会社。
社長山田太郎
株主山田太郎


この時、国に対して責任がある(納税する)あるときは、社長としての山田太郎。
会社の持ち主(=株主)としては 株主としての山田太郎。

田堵 というのは 耕作地の持ち主はだれよ?という視点
負名 というんは 耕作地の納税者はだれよ?という視点

だいたいが中小企業の農業生産ですので、田堵=負名となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報