自宅に今まで1台PCがあったのですが、家族からもう1台譲り受けることになったPCについて相談します。(OS WINDOWS XP SP3: メモリー 1264MB RAM:  CPU Pentium M 1.10GHz)
 譲り受けたPCに新たにセキュリティソフトを入れようと思い、試用品をダウンロードして、イーセットスマートセキュリティとノートンインターネットセキュリティ2009に候補を2つに絞り込んだのですが、どちらか決めれないでいます。皆さんなら2つのうちどちらを選ばれるでしょうか。双方の長所や欠点なども教えていただければうれしいです。また、この2つ以外でもお勧めのソフトがあれば是非教えてください。
 (今までのPCにはカスペルスキー2009を使用していました(現在も使用中 2年目)。これはこれでかなり気に入っているのですが、違うソフトも使ってみたいと思い候補を2つに絞りこんだので、カスペルスキー以外で、もしくはカスペルスキーとの比較でお願いします。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

AVならG-DATA


統合系ならバスター

常識
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 皆さんにいろんな回答をいただき、有難うございました。一端ここで締め切りますが、多くの方の有益な意見が大変参考になりました。
 敢えて良回答はつけませんが、すべての方の意見が参考になりました。また、何かありましたらご回答いただきますようお願いします。

お礼日時:2009/05/17 19:57

#2です。



#11さん言われるように使い分けるというのも一つの考え方だろうと思います。ただ、新たに使い方を習得する必要が出てきます。この辺が問題なければいいと思います。

それと、カスペに限らずこの手のソフトは常にImproveを求められますので、よほどのことがない限り不具合と無縁ではいられません。

私は現役攻撃手法も踏まえながらかなりテストをこなしてきていますが、その経験上から言わせてもらうならばESETは積極的にはお薦めできません。他ベンダの性能向上に対して相対的に遅れを取っている気がします。その意味ではノートンになろうかと思いますが、シマンテックは最大手ですがソフト自体の性能は決して高いほうではありません。候補から漏れたようですが、個人的にはウイルスバスターの方が性能的には上と判断しています。

あと、G-DATAの名前も最近聞かれるようになっていますが、これの総合対策版G-Data Internet Secutiyに関しては、確かに評判通りアンチウイルスに関しては非常に高い検出性能です。反面、アンチウイルス以外の性能があまり良くないため全体としてのセキュリティーレベルはそれほど高くはないと感じました。

まあ、再三の登場でしつこくなってしまったのはお詫びしますが、人それぞれスキルレベルは違うし、PCの環境もいろいろでしょうから自分なりに総合的に判断すればよろしいかと。


では。
    • good
    • 0

私は



>これはこれでかなり気に入っているのですが、違うソフトも使ってみたいと思い候補を2つに絞りこんだので、カスペルスキー以外で

この考えは正しいと思います。
どうも最近はソフトだけで防ぐというのは限界がありますし、

http://www.just-kaspersky.jp/
>ウイルス定義データベースの配信において、Windows システム関連ファイルの誤検知が発生
>迷惑メール対策のアンチスパム機能が無効となってしまう現象

と言うように、定期的に不具合が起きますから、全部同じソフトで揃えてしまうと、最悪全滅という可能性もあります。
うちでも、ウィルスバスター、ウィルスキラー、キングソフト、ノートンなど、パソコンごとに分けて入れており、リスク分散をしています。
あるソフトで検疫してもなにもないのに、別のでやったら感染という状況も数日前に経験しました。
パソコンごとに対策を分けていくということは望ましいことと考えます。

その上で、候補に挙げられたノートンかESETかならノートン、それ以外なら検出率1位のG DATAが良いと思いますけど、10番さんがアドバイスされるように、相性はありますから、まずは体験版でテストがベストともいます。
ちょうどESETがVer.4をリリースして、体験版の案内がうちにも来ていました、一応ESETユーザーなので。
    • good
    • 0

No7です。


他の方のアドバイスの上げ足を取る訳では無いですが、カスペルスキーが未知の検出機能やオンデマンド(定義ファイル等での検出)のどちらでの検出エンジンで検出出来ない物をG-DATAで検出出来た物も見かけますので、有る程度有名どころではその辺のは気にしなくても良いと思います。
私個人的には検出力とPCへの負荷を気にしますが、質問者さんのPCの使い方等も分かりませんし、私がG-DATAやAntiVirを進めたのも個人的な主観で有って実際に質問者さんに合うか分からないので、やはり試用版等で試してみるのが一番かもしれません。
ただ個人的には余りに家の環境ではカスペルスキーはトラブルが多かったので、今使用のライセンス期間が切れたら更新しようとは思っていませんが。(セキュリティー等も重要ですがPCトラブル等では本末転倒だと思うので)
余り参考にならないかもしれませんが参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

#2です。

再度。

対策ソフトと言うと総合系も含めてまずはアンチウイルスの性能が気になる人が多いと思いますが、アンチウイルスの性能評価は単純なオンデマンドテストだけでは不十分なんです。なぜなら、システムの改変検知などの機能を備えるソフトもあるので実行時に検出される場合もあるからです。機関系プロアクティブテストにしても実行時のテストはやっていません。

また、今述べたことに関連して、最近ではアンチウイルスの回避を目的とした改変ツールなどが非常に氾濫しています(オンラインの改変サービスも存在)。ですので、これらの回避手段に対して対抗できるかといったことも重要になります。同様にPersonal Firewallにおいてもデフォルトブラウザへの注入といった手段で回避を行うといった手法が主流になってきています。

つまりは総合的な検証が必要ということで、多角的検証を行ったPC JAPANのテスト記事はかなり参考になることでしょう。テスターも非常に有能な人。

参考までに最近リリースされた改変ツールを紹介します。改変と同時にデフォルトブラウザへの注入も可能になっています。既に私はテストで用いていて質問文にある3者で試したところ、オンデマンドスキャンだけでは3者ともすり抜けに成功しましたが、唯一カスペだけ実行時に阻止できました。

以上は参考アドバイスということで。
「セキュリティソフトについて相談します。」の回答画像9
    • good
    • 0

こんちわ、わたしは使うだけの人だけど、5番の回答者さんが出したランク表は参考にしているよ。


上位3位までならぜんぜん大丈夫、picard21さんはあまり性能の良くないカスペルスキー2009を使っていて、トラブルがないならそれ以上のESETやエフセキュアやトレンドマイクロウィルスバスターでも大丈夫なはずで、使い勝手で決めればよいと思うよ。
なんだか検出率の1%はウィルス1万個に相当するという話もあるので、やっぱ99%以上のが安心と言えば安心だけど、カスペルスキー2009で大丈夫ならpicard21さんの使い方なら何でも問題なし。
    • good
    • 0

こんにちは


自分もNo5の方同様にNo5の方同様にG-DATAをお勧めします。
後最近自分のPCでも使ってるAntiVir Ver9の有料版も個人的には好きですが、ランゲージが英語なので難しいのと誤検出がたまに見られますがレスキューCD等も作れるG-DATAかAntiVirが個人的にはお勧めです。
ただやはり言語が日本語が良ければやはりG-DATAをお勧めしますが質問者さんのPC環境等が分からないので試用版を使って見て質問者さんが判断するのが良いかもしれませんね。
    • good
    • 0

#2です。



参考までにアドバイス致します。

機関系テスト結果などが他のセキュ板でもよく見かけますが、そのほとんどがオンデマンドによるもの。プロアクティブテストでもそう。実行時のテストはやっていない。実はこれをやるかやらないかでは大きな違い。これまでのテスト経験で痛切に感じます。

なので、オンデマンドのテスト結果だけにこだわりすぎると失敗します。AVも含めて総合的な能力を見るならPC Japanの2008年12号がかなり参考になると思います。


以上は私見です。
    • good
    • 0

私自身、ここ数年ノートンはMac版しか使っておらず、Windows版に関してはわかりませんし、ESETは私が管理していますけど、メインユーザーは知人なので詳しい訳ではありませんけど、他ソフトが軽快になったとはいえ、やはりシステムへの負荷に関してはESETに部があるように思います。


そもそもESETにしたのは、ノートン2007がおかしくなり、妙に重くなったことが一因で、現行の2009ではこんなこともないと思いますけど。

カスペルスキーとの比較ですけど、ここでもよく参考にされるAVテストに依れば、

http://blog.fideli.com/gdata/

 #3 シマンテック    733,546  99.05%
 #6 ESET        715,857  96.66%
 #7 カスペルスキー   709,262  95.77%

という結果で、ここ数カ月の推移を見てもノートンがコンスタントに良いので、性能重視ならノートンが良いと思います。

ちなみに当方先週「#10 イーフロンティア 589,437  79.59%」で感染してしまい、往生しました、ウィルスが入っているUSBメモリで、キングソフト、ウィルバスター、ウィルスドクター、ノートン(パソコン本体はノートンで駆除した)などいずれもブロック実績があるので、ウィルスキラーでもブロックするであろうとやってみたら、ありゃまでした。
パターンファイルでの検出率は単なる参考ですけど、それでも99%以上というのが信頼感では1つの目安で、95%が最低ラインではないかと思います。

ノートン、ESET以外ということなら、AVテストで連続1位に君臨するG DATAをお試しください。
カスペルスキーエンジンの時代は重いと不評でしたが、エンジンを変えてから軽快になっていると思います、私も体験版で試しましたが、買う予定です。

http://www.gdata.co.jp/product/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/13 07:04

自分なら、絞り込んだやつのメーカーサイトを見てみる。



問題発生時のサポート情報(どういうサポートか、電話、メール、webでの書き込み・・・・)

感染時の具体的な症状や対処法があるのか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/13 07:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング