よろしくおねがいします
中央高速(八王子~長野)をよく利用するのですが「下り」方面の方が結構キツイ(上り坂が多い)ですよね、
プリウス・インサイトなんかのハイブリット車はパワーに比べて車重が同じ排気量(1.5~1.8ℓ)の車より重いようですが、
実際のところアップダウンの差がある道路では燃費も走りも同クラスのガソリン車より劣るのでは無いでしょうか?

因みに、所有車種はシャリグラ(2400GDI)で上記区間の平均燃費13km/ℓ(平均速度100km・2000rpm位です)

ハイブリットユーザー他のご意見をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

基本的にはハイブリッドの方が有利です。


しかし、どれくらい燃費がよくなるかというのは運転する人によります。

ハイブリッドには独特の走らせ方があります。
ゆっくり加速してゆっくり減速すれば燃費が上がるかというと、下がったりします。
詳しい運転方法は調べればいくらでも出てくると思います。
モーターとエンジンの変わり目、バッテリーへの充電具合を確認しながら飛ばすかゆっくり行くか等・・・

自動車に興味ないけどとりあえず燃費が良いのが欲しいといって買われると、実用燃費15kmや20km等になり「ハイブリッドは燃費悪い」など勝手なことを言います。
1度レンタカーで借りて(たしか1万円くらい)どれくらいの数値が出るか、自分の運転に合っているかなどを確認すると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

最適なアクセルワークと適度な車間距離はエコドライブの基本ですよね

お礼日時:2009/05/13 20:31

ハイブリッドユーザではありませんので一般的な話になります。

上り坂であればモータのアシストが加わるので、同排気量の車より車重があるにも関わらす燃費は良くなるようです。

以下のサイトで実走行のレポートがありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.carview.co.jp/road_impression/article …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLの添付ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 20:28

借りたレクサスLS600h(5000cc)は中央高速で11.3~13.1km/L(一般道走行が5%あり、燃費計誤差補正値)ですが、元になったLS460(4600cc)は車重1940kg、600hは2320kgその差380kgで、しかも2駆から4駆になっている。

380kg重くて4駆、エンジンはプリウスのようなミラーサイクルを採用していない、燃費が良くなる理屈が解らないのですが、推測すると、
1.停止回数が少ない(元になったLS460も共通)
2.降坂路ではエンジン停止
3.降坂路で回生発電した電気がモータ走行に使える
4.モータが得意とする場面ではモータアシスト(又はモータのみ)ができる、例えば登坂で普通の車ではスロットルが開き過ぎ出力混合比(燃料が多く出る)になるのが、ハイブリッドではモータアシストのおかげで出力混合比にならない。
5.無停止走行では多少の重量差は燃費への影響が少ない
等があるのでは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

レクサスの実体験ですか、すごいな!

ハイブリット車の燃費が良い「技」の1つにモーターアシストによる燃料カットや最少混合比での燃費抑制があるんですね

因みに、シャリグラはD~2~1シフトダウンでのエンブレ時に2気筒カットで対応してます(2400GDIー4気筒)

お礼日時:2009/05/13 20:43

色々な車に乗りましたが、今は初代プリウスで高速通勤しています。

燃費は80キロ走行なら23kmで100キロ走行なら20kmくらいです。上り坂はキツイかもしれません。しかし下り坂はバカみたいに速くエンジンも静かです。
現行プリウスなら改善されているでしょうが…私はバッテリー永久保証の初代プリウスが安心です。こないだバッテリーを新品に変えてもらいました。
私は高速はのんびり走るので気になりません。町乗りは加速が良く圧倒的に優れています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

第2世代にもなるハイブリット車ですが、町乗り優先での使用に適しているかもしれませんね。

お礼日時:2009/05/13 20:25

プリウスです。


そう、重いから、余計な荷物を背負って、どこもエコじゃない!
大嘘。誰がそういうまことしやかな嘘を吹聴するんでしょうか。
高速道路は、まったいらでまっすぐでしょうか?ちゃんと考えれば、減速している箇所が山のようにあることが分かります。全部、吸い込んじゃいます。確かに、飛ばすと15kmくらいになります。でも、1500ccの車で流れに沿って走って、15km走れる乗用車ってあるんでしょうか?

高速は苦手な方に入ります。でも、平均的には、20km以上走っています。また、重いと感じたことは、ついに一度もありません。

なお、普段は、フォレスターXTに乗っていた人間です。(220馬力)
プリウスで何が不足なんだろう?という感想です。
それと、普通のトヨタ車と一番違うのは、走りが宣伝どおり、スポーティーになりました。乗って面白い車に仕上がっています。
試してみてください。もうすぐ発売です。
・・

この回答への補足

訂正)走行区間は談合坂~笹子トンネルでした、お詫びして訂正いたします。

補足日時:2009/05/12 23:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ご回答ありがとうございます

中央高速(談合坂~御坂トンネル)などでハイブリット車と並走したのですが、かなりエンジン回転あげないと苦しそうでしたが、

でも1.5Lで流れに沿って15km/Lは参考になりました。

お礼日時:2009/05/12 22:08

二代目プリウスに乗っています。

十万キロ超えてますが、燃費は20から25くらいです。町乗りより高速のほうが燃費はいいです。パワー不足は特に感じません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます

走行10万Km超との事ですが、バッテリーの性能劣化などの対応はいかがでしょうか?

お礼日時:2009/05/12 22:11

 


3年前に姫路から鳥取まで峠越えをプリウスで往復した時、力不足は感じなかったです。
燃費は16km/Lくらい
もし、フブリッド車の購入を考えてるならレンタカーを1日借りて見ると良いです。
1日なら1万円程度です、他人の感想より自分の感じの方を大事にしましょう。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実体験のあるご回答ありがとうございます、
そうなんです、次期マイカーの選択肢でハイブリットを考えていますので、あえてキツイ?質問にしてみたのですが、峠越えで16km/Lは悪くないですね。

お礼日時:2009/05/12 21:52

4サイクルガソリンエンジンは


加速を決定するトルクが
トルクカーブという通りに
放物線を描きます。

しかし、
電気モーターは一直線です。
トルクが全く衰えませんので
回転が上がれば上がるだけきっちりと馬力が増大します。

そう言う意味では
決定的なアドバンテージを持っていますよね。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます

確かに馬力・トルクの効率では電気モーターが効果的ですが、高速道路での100km巡航速度では、単に余分な錘りでは無いでしょうか、

時速20km位以下?でしか駆動力としての役目を果たさない現行性能では実用普及はまだ早いのでは?と思っています。

補足日時:2009/05/12 21:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/12 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイブリッドの走行性能って良いのですか?

とあることからハイブリッドを購入する理由として、走りが良いからと聞きかじりました。
ハイブリッドを乗る上で走りが良いと感じる方はどれほどいるのか疑問を感じて質問します。
ハイブリッド(プリウス他全てのハイブリッド含む)の走りは、同クラス、又は同車種のノンハイブリッドよりも良いのでしょうか?
なお、走りが良いの定義は回答者様の主観でかまいません。

Aベストアンサー

3代目プリウスに乗っています。
エンジン単体ではエコ仕様になっているためか99馬力しか出せません。その代わり、モーター(82馬力)を持っています。だからと言って最高で181馬力出せるわけでなく、エンジンとモーターのいいところを取るので、結局システム全体で136馬力ほどとなります。(カタログより)トルクはモーターのおかげでノンハイブリッドより若干高いと思います。
でも、2400CC並のパワーを出すので加速は力強いですよ。
燃費も街乗りで23km/L前後、高速で20km/L前後で燃費はいいほうです。

私がやっていることですが、ハイブリッドカーならこのような使い分けができます。
・山道、登坂車線で遅い車を追い抜きたい→アクセルを思いっきり踏み込む→スポーツカーに変化(?)
・誰もいない道を燃費よくゆっくり走りたい→アクセルを軽く踏み込む→エコカーに変化
・夜中、静かに住宅団地を通過したい→EVモード切り替え→電気自動車に変化
 ※EV:「エレクトリック・ビークル」の略で、直訳すると「電気自動車」です
 ※EVモード:トヨタのハイブリッド車(初代プリウス、アルファード等、一部車種をのぞく)が持つスイッチ式切り替えモード。3代目プリウスの場合、完全暖気後60km/h以下で数100m~2kmぐらいまで走行可能。(電池容量による)完全暖気でないと、EVに切り替えれる制限速度が下回ったり、状況によっては切り替えれない場合がある

余計なことを書いたかもしれないですが、ハイブリッド車についての参考になればと思います。

3代目プリウスに乗っています。
エンジン単体ではエコ仕様になっているためか99馬力しか出せません。その代わり、モーター(82馬力)を持っています。だからと言って最高で181馬力出せるわけでなく、エンジンとモーターのいいところを取るので、結局システム全体で136馬力ほどとなります。(カタログより)トルクはモーターのおかげでノンハイブリッドより若干高いと思います。
でも、2400CC並のパワーを出すので加速は力強いですよ。
燃費も街乗りで23km/L前後、高速で20km/L前後で燃費はいいほうです。

私...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報