会社から毎月交通費が出ます。

私はバスで通勤しているのですが定期ではなくバスカードを使用しています。しかし書類の1ヵ月の定期第の欄には1ヵ月の定期の金額を記入しました。バスカードだと1ヵ月あたりの計算がややこしかったからです。また、通勤する日数を考えるとバスカードの方が少しだけ安いです。

ただ、定期のコピーの提出を求めてくる会社もあると聞きました。
バスの場合バスカードのコピーでもよろしいのでしょうか?

また、入社1年目なのですが初任給の時にはコピーの提出などなく交通費は振り込まれました。
今後、定期のコピーを求めてくる可能性はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私もバス通勤をしていますがバスカードを使っています。

交通費は定期分支給です。料金は出勤日の多い時で同じくらい、年間を考えればバスカードのほうが安いです。田舎のため定期券を買える場所が遠い&通勤途中でも営業時間外で買えないということで、会社の許可を取りました(私の会社はバスカードのコピーでOKでした)。

失礼ですが、taka_hiraさんがバスカードを使われている理由は何でしょうか?どうしてもという理由があるならば会社に相談するべきかと・・・相談すれば差額が定期代の5%くらいなら定期分支給でバスカードOKになる可能性高いです(バスカードで処理すると勤務日数によって支給額が変わるため処理が面倒なので)。
ただ料金が安いとか別のルートでバスに乗るときに便利などの理由で現状バスカードを使われていると会社にわかった時に非常にまずいことになりかねません。毎月バスカードのほうが安い場合は特にです。
会社が交通費の使い方にこだわらないか見逃してくれるなら良いですが基本的には×です。
厳しい会社では不正行為になりかねません。
ただ最初の時点で定期券のコピーを提出する必要がないのであれば、そこまで管理されない会社にお勤めなのかなと思います。
ちゃんと管理をする会社であれば定期券は会社が購入し個人に配布しますので。
とりあえず領収書(または使用済み含めバスカード現物)と通勤記録(バスカードを通勤で使った額、実際の運賃ではなくバスカードの利用額割増分を加味して)は常に手元に残しておく、記録しておくことはしておくべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文での回答ありがとうございます。
バスカードの一番の理由はやはり料金ですね。時々ですが親に送ってもらってる時もあるのでどうしても定期だと損してしまうので・・・。

初任給の時に提出の要求がなかったので大丈夫かもしれませんが、
やはり正当な理由がなければ定期を買った方が良さそうですね。

お礼日時:2009/05/17 00:12

あなたがしている質問は、脱税の相談であることの自覚はありますか?


通勤交通費として使った金額を会社からもらっているのであれば、非課税として問題ありませんが、
会社からの支給額>実際に使った交通費の金額
であれば、その差額は給与とみなされ課税対象になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね。やはり会社からの支給額の方が多いとまずいですよね。

お礼日時:2009/05/17 00:09

一度給料が支給されてるなら、提出を求められる可能性は低いでしょうね。


ただ、総務部の方がどの様に処理してるのかはわかりませんので、一応領収書は保管しておくべきでしょうね。
バスカードのコピーでも大丈夫と思いますけど、念の為に領収書を戴けるのであれば、それを添付すると良いでしょうね。

この回答への補足

早急な回答ありがとうございます。
領収書ですか。まったく考えたことがありませんでした。
ただ、領収書をもらっても定期代とバスカードの1ヵ月分の代金では合わないんですが大丈夫でしょうか?恐らくバスカードの方が安くなると思います。

補足日時:2009/05/12 22:41
    • good
    • 0

会社によって様々です。


定期代で定期をちゃんと買わなければいけないところもあり、交通費だけ支給されて後は歩いて行こうが自転車で行こうが問題なしと言うところもあります。
おそらく質問者さまの場合はうるさいことは言われない会社ではないかと思いますが、心配なら総務に確認した方が良いでしょう。

この回答への補足

早急な回答ありがとうございます。
やっぱり会社によって様々ですよね。
上司がそういう事に関して厳しいので総務に確認して上司の耳に入れたくないので確認もちょっとしにくいかもしれません・・・。

補足日時:2009/05/12 22:38
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング