岡江美希さんの本で、合成界面活性剤が入っていない、天然石鹸での洗顔をすると良いと書いてあるのですが、どの石鹸を選んでいいのかわかりません。おすすめの石鹸を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

天然石鹸なんてありません。


石鹸は全て人の手で作り出すものです。
よって石鹸はすべて合成の界面活性剤です。

界面活性剤というのは水にも油にもなじむ物質で油分を水に溶かし出すことができます。だから石鹸は石鹸として働くのであって、界面活性剤のない石鹸は役立たずです。というよりも、矛盾した表現ですね。味噌の入ってない味噌汁というのとほとんど同じです。

天然=善、合成=悪とする二分法は100000%間違っていますし、そんな考え方は自己防衛でもなんでもなく、ただの怪宗教に過ぎません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無添加石鹸の作り方

無添加石鹸、又は普通の石鹸でもいいので作り方教えて下さい!

Aベストアンサー

以下のページとうですか?

http://www.bc.wakwak.com/~tulip/private/soap/soaplink/handmaid.html
http://www.geocities.com/supertao/info.html
http://www.juneberries.com/junko/soapmaking_j/cpsoap_j.html
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Poplar/3723/almnk/alsoap.htm

Q合成界面活性剤とアミノ酸界面活性剤

界面活性剤が体に悪い事を知り、地球に優しい体に良いシャンプーに変えたいと思っています!でも、シャンプーには色んな成分が書いてあり、どれが良くて、どれが悪いのか良く分かりません。石鹸だとキシキシになり抜け毛もひどくなるのでダメです。アミノ酸界面活性剤が入っているのはキシキシしない!みたいな事を知りました。が、界面活性剤と名前に付いているので良くないのでしょうか??合成界面活性剤と同じなのでしょうか?
また、これいいよ!!という商品(赤ちゃんも使える物)がありましたら教えて頂けると嬉しいです!

Aベストアンサー

こちらのサイトは、頭皮や髪にやさしいシャンプーを扱っています。

私も使用して1年半くらいになりますが、背中のニキビが減りました。
髪の生え際の吹き出物(?)も、出にくくなりました。

『アクアシャンプー』というのが定番商品のようで、私もそれを使用しています。

低刺激というと石鹸シャンプーなどが思いつきますが、あれはかなりキシキシして不快でした。
このシャンプーは天然のラベンダーとオレンジの香りに加えて豊かな泡立ち、適度なしっとり感が得られます。

タウリンというアミノ酸とヤシ油からつくられる界面活性剤(つまり化学合成ではないということです)で汚れをおとすみたいですね。

もともと、手の荒れに悩む美容師さんのためにつくられたシャンプーらしいので品質はかなりいいですよ。

お値段はドラッグストアなどで売られているシャンプーよりは割高ですが、皮膚や髪のことを長い目で考えると、やはり安全なものを使用したほうがいいと思います。

参考URL:http://www.ribishop.com/

Q石鹸の作り方、手順

石鹸の作り方に大きく分けて二通りあると聞きました。自然に発生する熱を利用した「コールドプロセス」と呼ばれる作り方、油脂と苛性ソーダを混ぜた石鹸生地を日に直接かけて作る「ホットプロセス」方法があるようです。
この二通りの作り方で【ホットプロセス】の方法をご存知の方、作り方手順を教えてください。

Aベストアンサー

http://www.fitz-e.com/users/sozai/hp1.html
ご参考に。
また、「ホットプロセス」で検索するといくつかヒットしますよ。

Q体質を考慮して【合成界面活性剤】が入っていない物を選びたい

最近、合成界面活性剤について勉強しました。
危険性を知り、身の回りの洗剤を安全性が高いものへと変えていこうと考えています。
合成でないにしろ、界面活性剤からは逃れることができないため
十分なすすぎが必要だという事等はわかっています。

それにあたり、考慮すべき点があります。
●非常に脂性である
●冬は乾燥肌である
●髪が非常にやわらかい
●静電気を起こしやすい
●リンス等の手作りは自分には無理

等があります。
石鹸シャンプーを使用し、石鹸シャンプー用のリンスの使用を考えています。
それに加え、脂性のため角栓を取るクレンジングのようなものも
欲しいのですが、危険な香りのする商品を使っては
石鹸シャンプーを使い意味がないと考えました。
また、冬は乾燥肌です。潤いがほしいです。
顔も頭皮も角栓なのか、さわるとざらつきがあります。
キレイスッキリにしたいです。
自分の体質に合うものを探しています。
シャンプー・リンス・洗顔剤・ハンドソープ・潤い補助製品・クレンジング剤についてのアドバイス・お勧めをお願いします。

髪がやわらかいという点がありますが
今までは、コシがでるようなシャンプーを使用していました。
今後はどのようにすればよいのでしょう?
石鹸シャンプーはゴワつくという事から
逆に心配はありませんか?

静電気がおきやすい体質でもあります。
専用のリンスだけで、静電気も防げますか?

最近、合成界面活性剤について勉強しました。
危険性を知り、身の回りの洗剤を安全性が高いものへと変えていこうと考えています。
合成でないにしろ、界面活性剤からは逃れることができないため
十分なすすぎが必要だという事等はわかっています。

それにあたり、考慮すべき点があります。
●非常に脂性である
●冬は乾燥肌である
●髪が非常にやわらかい
●静電気を起こしやすい
●リンス等の手作りは自分には無理

等があります。
石鹸シャンプーを使用し、石鹸シャンプー用のリンスの使用を考えていま...続きを読む

Aベストアンサー

私は石鹸シャンプー・リンスと、石鹸洗顔(MIYOSHI製品)だけなんですが。(あと洗濯洗剤はbird)
石鹸シャンプーですが、個人差はあると思いますが、使いはじめはごわつきます。パーマやカラーリングなどでもとから痛んでいる髪は特にです。
痛んでる部分に関しては、切ってしまわない限りごわつきは収まらないと思われます。でも、頭皮に近い部分はしっかりコシがでてきましたよ。静電気対策としては、椿油などを少量つけると良いのでは。

以下のサイトを参考にされてはいかがでしょうか。
いろいろなメーカーや商品が掲載されています。
ちなみに私はこちらの「ミス・アプリコット」の製品を使っています。

今の世の中、使い勝手の良い合成洗剤があふれています。が、以前に比べると環境や体に配慮した製品もずいぶん目に付くようになったなあ、と思います。
石鹸ものは不便な点もありますが、慣れてしまえばたいしたことないです^^

参考URL:http://www.shop-andante.com/index.html

Q石鹸の作り方

化学の実験で石鹸を作ったのですが見事(?)失敗してしまいました。もう一回チャレンジしたいのですが、家でも出来る石鹸の作り方ってありませんか?

Aベストアンサー

失敗がありません。実用です。

苛性ソーダ   500グラム
米のとぎ汁   940cc(濃いもの)
廃油       3.3リットル
酢        0.18リットル

オイル缶    1個(18リットル用)
安全カバー  1枚(透明ビニールシートでオイル缶にふたのようにかぶるように作り、真ん中に棒をつっこむ穴をあけたもの。)
撹拌棒     1本(1m位のもの)
ゴム手袋
眼鏡
マスク
軍手
固める容器  アイスクリーム プリン 小型の豆腐 などの容器20個位。
玉じゃくし
古新聞
    
作り方
 1.缶の中に苛性ソーダを入れる。
  *目に入らないよう粉末を浴びないよう、長袖、長ズボン、眼鏡、マスク、ゴム手袋着用。
 2.米のとぎ汁を静かに注ぎ、棒でかきまぜる。
  *安全カバーの穴にじょうごを挿しこみ注ぐとよい。発熱(800度)しガスが発生するので換気に注意。
 3.苛性ソーダが溶けたら、廃油を静かに入れる。棒でかき混ぜているうちにキャラメル色になりとろりとしてくる。
 4.約15分かき混ぜてから、中和と臭い消しのために酢を入れ、さらに5分かきまぜる。
 5.型にながし入れ、表面を平らにする。容器を持ち上げては軽く落とすなどして空気を抜き、型に落ち着かせる。
  *まだ熱いので軍手着用。液のとびはね予防に必ず眼鏡着用。作りたてはアルカリがきついので、肌につかないよう気をつける。万一付いた場合は流水で洗う。
 6.(箱や板に)新聞紙を敷き、石鹸を入れた容器をならべて2~3日乾かし、型からはずしてさらに乾かす。白く固くなれば完成。1ヶ月以上ねかせると良質の石鹸になる。

※分離して固まらない場合、翌日またかきまぜてください。だめなら更にもう一日・・失敗ということはありません。
食用油は使い古したものの方ができがよいようです。私は新しい油も加えるせいか固まりにくいです。天気などで乾燥日数は違います。苛性ソーダは印鑑を持って薬屋さんで買ってください。
※ぜひ作ってください。廃油利用になりますし、なによりも手が荒れないし良く落ちるし、洗剤なんて買う気がしなくなります。水に溶かして市販のシャンプーや台所洗剤の容器に入れて使うのも便利です。お風呂・炊事・洗面・洗濯・掃除すべてこの手製の石鹸で快適です。

失敗がありません。実用です。

苛性ソーダ   500グラム
米のとぎ汁   940cc(濃いもの)
廃油       3.3リットル
酢        0.18リットル

オイル缶    1個(18リットル用)
安全カバー  1枚(透明ビニールシートでオイル缶にふたのようにかぶるように作り、真ん中に棒をつっこむ穴をあけたもの。)
撹拌棒     1本(1m位のもの)
ゴム手袋
眼鏡
マスク
軍手
固める容器  アイスクリーム プリン 小型の豆腐 などの容器20個位。
玉じゃくし
古新聞
...続きを読む

Q合成界面活性剤をつかっていないシャンプー、石鹸

合成界面活性剤が使われていない
おすすめのシャンプー、石鹸がありましたら
教えて頂けますか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは♪
私は石鹸は自分で作った物を使用しています。肌への効果も抜群でオススメです。
手作りでしたら、使用するオイルや精油を自分の好みでブレンドできますから、自分の肌質にあった石鹸も作れますよ。肌への効能を考えて色々な石鹸が作れます。
石鹸作りに私がお世話になっている本をご参考までに・・・

★『オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る』前田京子
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870314495/qid=1144320243/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/503-6916884-0707104

タイトル通り、オリーブ石鹸とマルセイユ石鹸の作り方が写真と共に詳しく載っています。オリジナルの石鹸を作るための分量の計算方法も丁寧に書かれていますし、それぞれのオイルの性質の説明もあり便利です。シャンプーバーのレシピも載っています。

手作り石鹸は時間と手間がかかるのが難点ですが、安価で安全、使用感抜群です☆植物オイルと水、苛性ソーダ(500gで400円くらい)があれば作れてしまいます。

市販の石鹸でしたら、成分表示の部分に「石鹸素地」とだけ表記されているものは合成界面活性剤は使用されていないと思います。

ドラッグストアで購入した「無添加生石けん」(白い箱に入っているもの)はなかなかよかったです。一個200円くらいでした。
泡立てネットを使うと泡立ちもよくなります。

その他、市販のもので使用してみてよかった石鹸は生活の木で販売されているハンドメイドギルドのソープ(カレンデュラクリームソープ)です。カレンデュラソープは敏感肌用ですが、他にも肌質別に色々あるみたいです。一個600円くらいだったと記憶しています。香りもさわやかで肌にやさしい感じでした。オススメです。

私はシャンプーも石鹸を使用しているので、使ったことのない商品で申し訳ないですが、こんなのもあるみたいです。
↓ ↓ ↓
http://www1.ocn.ne.jp/~arome/shop15.htm

#1さんのご紹介にあるマルセイユ石鹸、ゴージャスですね~♪
私もマルセイユ石鹸の大ファン(自分で作ったものですが(^^;))なので、木箱入りのマルセイユ石鹸試してみたくなりました☆自分で作ったものと比べてみるのも楽しそうですね(^^)

参考になれば嬉しいです☆

こんばんは♪
私は石鹸は自分で作った物を使用しています。肌への効果も抜群でオススメです。
手作りでしたら、使用するオイルや精油を自分の好みでブレンドできますから、自分の肌質にあった石鹸も作れますよ。肌への効能を考えて色々な石鹸が作れます。
石鹸作りに私がお世話になっている本をご参考までに・・・

★『オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る』前田京子
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870314495/qid=1144320243/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/503-6916884-0707104

タイトル通り、オ...続きを読む

Q石鹸の作り方が載ってるサイト

マカデミアナッツオイルを使って石鹸を作りたいのですが、作り方が載っているサイトを上手く探せません。どなたか良いサイトを知りませんか?(もしくは、作り方を知っていたら教えてください!)

Aベストアンサー

もうひとつどうぞ!

参考URL:http://kabukun.chat-jp.com/kabu_hp/soap8.htm

Q合成界面活性剤、合成ポリマーが入っている化粧水?

化粧品には合成界面活性剤、合成ポリマーが入っていると知りました。
メイク用品はある程度肌に害があるのは覚悟の上でしたが、
肌を綺麗に保つ為の基礎化粧品には安全なものを、と思っていました。
その方が肌が綺麗になりそうだと思っていたからです。

しかし、自分の手で作れるような、例えば
『苛性ソーダ、油から作る石けん』だとか『グリセリン、尿素から作る化粧水』は安全であるだろうけれど、美容効果はあるのでしょうか?

それはあくまで『肌が自然な状態』になるのであって
例えば日焼けした肌を白くするとか、シワっぽい肌を改善する効果はないですよね?
日焼けやシワは生きている上で仕方のないことだから、
それを化粧品でどうにかしようとすることは害がある、ということでしょうか?
日焼けやシワを改善したい場合はどうすればよいでしょうか?

年相応の自然な肌、ではなく、歳よりも若く見える肌、になりたい場合は
やはり合成界面活性剤や合成ポリマーを使った基礎化粧品を使うべきですか?

Aベストアンサー

手作りスキンケア剤でのケアをしているものです。
(市販のものはことごとくかぶれるので)

>歳よりも若く見える肌、になりたい場合

ということは、しわ・たるみ・張りが気になってるって
事ですよね~。

あなたが仰ってる『グリセリン、尿素から作る化粧水』は
通称美肌水ですが、その美肌水をベースに
アンチエイジング系の有効成分をプラスすると
市販の化粧水と同じになります。
市販のものは薬事法かなんかの関係で、有効成分はこの量までしか入れてはいけませんという
決まりがあるそうなのですが
自分で作り、自分で使う分には制限ないので
有効成分取り入れられまくりですよ。

アンチエイジング有効成分とは、コエンザイムQ10、アルファリポ酸
植物性プラセンタエキスなどですね。

美肌水に混ぜるだけで、完全無添加有効成分ばっちりの
化粧水ができるんですよ。
値段は市販化粧水と変わらないか、それ以上にかかりますけどね。
手間も。

合成界面活性剤ってのは、殺菌・保存、汚れ落しの為の配合ですので
肌の質を上げるのに必要な成分とは思いません。
石油だし。

手作りコスメ材料サイトでは
化粧品の有効成分が単品で売られています。
皆さん欲しい効能をチョイスし、混ぜて、化粧水を作っています。

手作りスキンケア剤でのケアをしているものです。
(市販のものはことごとくかぶれるので)

>歳よりも若く見える肌、になりたい場合

ということは、しわ・たるみ・張りが気になってるって
事ですよね~。

あなたが仰ってる『グリセリン、尿素から作る化粧水』は
通称美肌水ですが、その美肌水をベースに
アンチエイジング系の有効成分をプラスすると
市販の化粧水と同じになります。
市販のものは薬事法かなんかの関係で、有効成分はこの量までしか入れてはいけませんという
決まりがあるそうなの...続きを読む

Q手作り石鹸 パーム油を使わない作り方

手作り石鹸を作りたいのですが、パーム油を使わない作り方を教えていただけないでしょうか?
ココナッツオイルは使用したいんです。

どのサイトの作り方も、ココナッツオイルとパームオイルはセットになっているんです。

おわかりになる方教えてください。

Aベストアンサー

http://umu.hustle.ne.jp/soap/

↑レシピ集に色々載っていますよ。

Q合成界面活性剤、合成ポリマーを含まない商品教えて下さい。

ニキビと敏感肌で悩んでいます・・
今までそれなりに色々努力してきたつもりですが、一回本当に負担がかからないケアーをしてみようと思い、色々調べて合成界面活性剤、合成ポリマーを含まない商品があれば使ってみたいです。

ご存知の方いれば教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

水頼シリーズは完全天然成分だけですよ。
アレッポの石鹸もグリセリンの入った純石鹸でおすすめです!

ゼノア化粧品も合成界面活性剤不使用だったと思います。

参考URL:http://www.mizudayori.com,http://www.genoa.co.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報