既に起業している、もしくは1年以内に起業を決めている方に質問です。

私自身、今年中に起業を決めています。

(質問)
起業後の壁、不安をどこで感じたかを教えてください。

-----
サラリーマン(雇用される者)と起業家とは住む世界が違うと言われ、
世界観自体が違うのかも知れませんが、

起業された方で、起業後にぶち当たった壁を教えてもらえればと
思います。

起業前にすべてを準備することは出来ない、
見切り発車してやりながら学んでいくしかないことは多いと思います。

心構えというところで、先輩方の体験を参考にしたいと思ってます。

個別の知識やスキルを教えて欲しいわけではありません。

それらはもちろん、業種によっても違うと思いますし。

多くの先輩起業家から直接話を聞き、いろんな回答をもらった
中に、共通した心理的な壁と言うものがあるように思いました。

例えば、
・自分の商品、サービスの値段を決めかねる
・起業後、孤独になりがち
・スタッフとのコミュニケーション    などです。

そういった壁を

どのようなときに持つのか?
どのように乗り越えたか?
いま持っている壁は何か?
付き合っていかないといけない壁や不安は何か?

などを教えていただければと思います。

私自身、起業に一生懸命ですので
アドバイスを頂けると、とてもありがたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自分は起業した人間では無いですが、仲間に起業した人間が多くいるので、その仲間の壁を・・・



一番は多いのはお金です。
思ったよりも売り上げが上がらない、経費がかかる、生活費を考えていなかった・・・
などで資金がショートして苦しむ人は多いですね。
深夜にバイトをしてお金を稼いだり、他の仲間に食べ物を貰ったり・・・

同じお金からみですが、価格の設定に苦しむ人も多いです。
特に多いのが安く設定してしまって、儲からない会社になってしまっている人。
高い価格設定を安くすることはできますが、安い価格設定を高くすることは難しいです。
でも高いとお客様が来ないのでは無いかと恐れ安めに設定して、お客様は来るのにお金はたまらないというい貧乏暇無しな仲間もいます。
逆に最初の準備したお金に余裕がある人はスタートを高めに設定して、上手く利益を出している人間が多く感じます。
ただし、売れ出して収入が入りだすまでに時間はかかっているので、それまでの間を耐えられるか、耐えている間に次々と新しい手を打てるかが大事になりますね。

この二つが圧倒的に多いです。
経営者の勉強会で知り合った仲間が多いので、経営者の孤独を感じている人は少ないです。
自分は後継者でしたが、こういう経営者の勉強会にでるまでは孤独を感じていたところはあります。
学生時代の仲間でも同じ立場の人間は多くいますが、20代や30代前半は自分の仕事に忙しく年に数回合えれば良いレベルだったのでストレスがかなり溜まっていました。
なのでなにかしらの経営者向けの異業種交流会、勉強会には参加した方が良いと思います。
刺激にもなるし、ぶっちゃけた悩みごとの相談もできる。

後はしっかりした理念という会社の進む方向性を決めて、社員の方にその考えをしっかり伝えた方が言いです。
スタッフとのコミュニケーションや社員が頑張っている割に利益が上がらない、自分がやっていることが良いのか不安になり自身を無くす、今後どうしたらいいかわからなくなる・・・
など多くの細かい問題点が、理念という方向性を決め、理念にそった計画を作ることで解決した仲間が多くいます。
中には社長の行動が理念にそってないと社員にダメ出しされて、おかしな経営のブレーキになっている仲間もいます。

起業家では無いですが、さまざまな起業家と一緒に勉強をしている中で外から見えた部分です。

是非起業を楽しんでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

やはりお金の問題、値決めの問題は大きいみたいですね。

経営者の孤独、というのは人によるのかも知れないですね。

確かに、異業種交流会に出ているような経営者は仲間が
できるし同じような悩みを共感できるのかも知れません。

お礼日時:2009/05/14 11:13

 htc1014331さん こんばんは



 薬局を経営している薬剤師です。

 職業柄薬剤師が病気ではお話になりませんから、それなりに人以上に健康面には気を付けています。しかしやっぱり今でも健康面が一番の不安な事です。

 サラリーマンで有る方は、当然の権利として「有給」が有るかと思います。有給をどう使おうと使う方の勝手な世界で、極端な話GW等の長期連休前後に有給を取ってもっと長期な休みにして、長期旅行に行くと言う事も可能でしょう。しかし多くの方は突発的な病気やけがを想定して、全ての有給を取らずに残している方が多いかと思います。そう言う場合、突発的に休まなければならなくなった時に、有給扱いで給料に影響はないと思います。しかし起業すれば(経営者になれば)有給休暇なんて贅沢な物はありません。「仕事を休む」=「休んだ日は売上が0円」と言う事です。

 今は元気ですから、病気と言っても風邪を引いて鼻水を垂らす程度で済んでますけど、将来大病を患って入院なんてなったらどうなるんだろうと言う不安はいつまでもあります。ですからたとえ40℃の熱を出して本来仕事を休まないとならない状態で有っても、しなければならない仕事が有ったら休まずしなければならないのが起業なんです。これが「事業していて信用を保つ」と言う事だと私は考えています。お客様に迷惑をかけてしまう事が一番の信用を無くす事ですから・・・・。

 ですから健康面が一番の不安です。
    • good
    • 1

健康面(健康管理)や事故に注意してください。



サラリーマンの時は超過労などで無茶して倒れても
最終的には他の誰かが穴埋めが効きますが、
起業してからは(一人会社の場合)運営がストップしてしまいます。

私自身起業してすぐにがむしゃらに働きすぎてダウンしてしまい
1月ばかり穴が開く結果になってしまいました。

働きすぎたのか、たまたま年齢的にガタが来る歳だったのかは不明ですが、それ以降、余裕を持って働くようになり、精神面でもゆとりが出て、結果オーライな感じです。

20代の若い人なら関係ないと思いますが…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

健康、ってあまりにも当たり前に思えてて
ぜんぜん考えてませんでした。

確かに
・病欠に関するなんの保障もない
・独立すると働き過ぎになりがち   などを考えると注意した方がいいですね。


新しい視点で参考になりました!

お礼日時:2009/05/14 11:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q起業アイデア(ビジネスプラン)を提供して、ロイヤリティをもらい生活をす

起業アイデア(ビジネスプラン)を提供して、ロイヤリティをもらい生活をすることは可能ですか?
またはそういう団体はありますか?

私は現在起業を志している者です。
その過程で起業アイデア(ビジネスプラン)がいくつか出てきました。

ただ、自分が本当にやりたいことではないため、それを自らやろうという意志が働きません。
そこで、アイデアを提供しそれを誰かに実行してもらうことでそのロイヤリティを得たいと考えています。

自分がやるより「やりたい」と考えている人に楽しくやってもらいたいというのが本心です。

そこでそういう人・団体を探していますが、どなたかご存知ないでしょうか?
知っていたらぜひともよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は特に新規ビジネスを企画し、実現させることを支援してきた大手シンクタンクのコンサルタントです。
そういうマッチングの組織はいくつかネットバブル期に生まれましたが、成功した例がすくなくあまり機能していません。
もっと現実的な方法は、リスティング広告などを使って、セミナーを開いたり、関心がある企業に訪問して説明したり、あるいは展示会への出展(50万円くらいはかかりますけど)、あるいは、ベンチャーに出資している会社、たとえば、ネットエイジとか、そういうところに持ち込むことで、のってくる人はいるかも知れません。
おそらく気にされるのは、話すとノウハウが漏れるとかだと思いますが、話したくらいで他の人ができるようなことは、お金にすることは難しいのがこれまでの経験です。
話して、相手も面白いと思い、でも、自分ではできそうではない、手伝って欲しい、という順番です。
他人にやらせるなら、それを仕切れる信頼できるパートナーをセットにして売り込みする必要があります。
アイデアの内容がわかりませんのであくまで、ご参考まで

Q起業家の方、事業内容をどのようにお決めになりましたか

起業された方に質問です。
ナンセンスな質問で申し訳ないのですが、気になるので教えてください。
事業内容の決め方ですが、順番としてどっちが近いですか。

選択肢A
1.ご自分でやりたい事のイメージを確定

2.ご自分でやりたい事がさらに世の中のニーズにマッチングするように事業内容をある程度修正

選択肢B
1.世の中のニーズの洗い出し

2.洗い出したニーズの中で、ご自分がもっともやりたい事を選定

選択肢C
世の中のニーズとご自分のやりたい事がそもそも完全一致していた

選択肢D
選択肢A~選択肢Cのいずれも該当しない(できれば事業内容をどのようにお決めになったか教えてください)

Aベストアンサー

当方起業家。成績まぁまぁです。

まず、大多数は複数ビジネスやってます。
自分はサラリーマンから起業して今で2つ目。
決め打ちしている起業家は少ないと思う。

多くの人がビジネスのネタを考える。
だから起業できないんだよ。

起業っていうのは、「起業しやすいモノでやる」のが鉄則。
だから起業してからのほうが、イロイロ見えてきたりするんですね。
あるいは、個人ビジネスが発展したというのも多い訳です。

起業したら、自力で飯を食うことになります。
さっさと儲からないと、どうせ潰されるんです。
「明日、どうやって稼ぐか」のほうが起業の視点に近いと思う。
優秀な事業家は、これに加えて先の先を見ているということでしょう。

Q起業のアイデア思考法

起業するためには、今までにない業態や、差別化を図れるアイデアがないといけないのかと思います。しかし、いろいろ考えてみてもなかなか思いつきません。皆さん、どのようにされているのでしょうか?アイデア思考法とかそういったものご存知であればご紹介頂きたいと思います。

Aベストアンサー

 「起業する」というのが先にあって、「何をどうする」は未構想なのでしょうか。それでは勝算に乏しいですね。順序が逆です。どんなビジネスであるかについて、その競争力(他にない「売り」や「差別化」「強み」)や経営戦略があって、ニーズや将来性も含めて勝算が見込めるときに、起業を考えるものでしょう。漫然と起業したのでは、ポシャるのは確実です。自分が持っている(他に負けない)技術・経験・知識(ノウハウ)・ネットワーク(人脈・サポートしてもらえる組織など)・資金に基づくものでなければなりません。アイデアだけでは起業しても失敗します。それを実現する能力がなければダメでしょうね。アイデアよりも営業力・仕事を確保する力のほうが成功には重要です。

経営コンサルタント(30年間勤めた大手企業を脱サラして株式会社を興し8年目に入った団塊の世代のオジサン)より

Q起業する際に「現物出資」を考えておりますが、「現物」の金額はどのように決めればよいのでしょうか?

ご指導願います。
急に会社を設立しなければならなくなり、
法人(資本金1000万円)を設立することになりました。
当然のことですが、現金で1000万はありませんので私有物で「現物出資」を考えております。
起業する際に「現物出資」を考えておりますが、「現物」の金額はどのように決めればよいのでしょうか?
現物はパソコン(自作PC)や自動車(先日中古車購入し、総額72万円)やテレビ&家(自己所有1400万円で購入し、もちろんローン《約800万ぐらいの残債あり》)等々を考えております。
当時の購入価格でよいのでしょうか?
またそれを証明するもの(領収証)がないと駄目なのでしょうか?
あまり詳しくないので、いろいろとご指導頂ければと考えます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現物出資財産の価額を決定するのは、あくまでもご質問者様ではありません。
これは会社法第207条に規定されており、「株式会社は現物出資財産の価額を調査させるため、裁判所に対して調査役の選任の申立て」または、「弁護士、公認会計士、監査法人、税理士の証明(現物出資財産が不動産である場合に弁護士、公認会計士、監査法人、税理士の証明と不動産鑑定士の鑑定評価)」のいずれかの一方の方法です。

Q起業アイデア真似していいの?

タイトルどうりの質問なんですが、今はいろいろなアイデアで
仕事をしている方々がたくさんいます。
こんなやり方の商売があるのか、と驚かされることも多々ありますが、
そんな仕事のアイデアを、真似して起業や開業してもいいのでしょうか?
特許などをとっていなければ、商売のやり方など真似ても
いいのでしょうか?

無知で恥ずかしいですが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は決して真似をしても問題は無いと思いますよ。
そもそも、インターネット関係では、SNSもオークションサイトも誰かやどこかの企業がアイデアを出して始めたものですよね。

アイデアだけでは商売として成り立ちませんので、そこにどの程度の資本を投下し、アイデアを具現化して事業として成立させるか!が大事ではないでしょうか?

Q起業するにあたり屋号を決める必要があるが・・・(屋号検索って)

起業するにあたり、屋号を検索するようなページはWebにあるのでしょうか。色々と調べているのですが、なかなかみつかりません。

たとえば、特許庁では、特許を検索することはできると思います。
そのような感じで、屋号検索もできるのでしょうか。

ご存知の方、是非教えてください。

Aベストアンサー

個人経営か法人にするか?
法人の場合は、管轄法務局で簡単に閲覧から調べられます。
同じ屋号は通りません一部変えるとか必要になります。
先走り、広告・印刷物等作成する前に確認して下さい。

個人は、自由に屋号を決める事ができますが、商業道徳と言いますか、近所に同じ屋号が無いか、
又は大手名と同じ様なマネしたと思える屋号は避けるできです。

Q起業のアイデア

30代後半の男性です。
起業したいのですがアイデアがありません。
今までの職歴も工場のライン作業などマニュアル化されたものが多かったので
ヒントになるようなものがありません。
どういった目で世の中を見渡せばビジネスのヒントを得られるのでしょうか?
長らく人材派遣にお世話になってるのでそれをしようかと調べたのですが
飽和状態で今更という感じなので起業の対象にするのをやめました。
まずは簿記の勉強でも始めたほうがいいのですかね?^^;
止まっていてもなにも前に進まないので・・
0を1にしたいです。
回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

同世代の方のようですね。

何に興味があるか、などが重要だと思いますよ。

興味のない仕事で起業しても、いつかは破たんが来ることでしょう。
興味がなければ、勉強しても身に入りませんし、興味のないことについての情報も耳に入ってきませんからね。

興味のある分野で、技術やノウハウを身に着けるべきです。
極論をいえば、経営学を学んでも、経営で成功できるわけではありません。経営コンサルタントの多くが経営コンサルタント以外の仕事で起業していないところからも言えることでしょう。

私は、企業の気持ちが一切ありませんでした。
しかし、兄が起業意識が高く、私自身が税理士をめざし、簿記は当然に税務なども学んでいたことと、税理士試験を挫折したこと、しかし、税理士事務所での経験があったこと、などから起業の際に合流し、財務を中心とした事務の多くを任せられています。
起業の分野がITだったのですが、パソコンの修理やカスタマイズについては趣味程度に行っていたことから兄から指導を受けながら、販売からサポートまで行うこともあります。

儲かる仕事を見つけたとしても、まねされることでしょうし、大資本の企業に真似されれば、かなわないことでしょう。起業したいというだけでは、難しいと思います。
まずは、どのような分野でどのような商売をしてみたいか、を探してみてください。そして、少なからずその業界での経験がないと、商売が成り立ちにくいことでしょう。
特に会社員であれば会社が用意したルールや書類などに従えばよいですが、それも0からのスタートとなります。経験があれば、調べることなどでそのような書類なども用意が可能でしょう。未経験ですと、取引先とのトラブルにもなりかねませんからね。

検定試験などは、あくまでもスキルアップのためであり、事業に直接関係しないことも多いと思います。簿記検定などを持つことは、持たないよりもよいことです。しかし、経営者のすべてが簿記を知っているわけではありませんし、必須ともいえないでしょう。

回答にならないかもしれませんが、頑張ってください。

同世代の方のようですね。

何に興味があるか、などが重要だと思いますよ。

興味のない仕事で起業しても、いつかは破たんが来ることでしょう。
興味がなければ、勉強しても身に入りませんし、興味のないことについての情報も耳に入ってきませんからね。

興味のある分野で、技術やノウハウを身に着けるべきです。
極論をいえば、経営学を学んでも、経営で成功できるわけではありません。経営コンサルタントの多くが経営コンサルタント以外の仕事で起業していないところからも言えることでしょう。

私...続きを読む

Q起業・・・・違うかもしれない

とりあえず会社という物を持ってみようという軽い気持ちしか持っていません。
何をするかとかも決めていません。
こんないい加減な気持ちで会社が維持できるのかどうかは判りません。
利益が上がってなかったら税金も要らないし、社員も適当に友達にして給料をロハにしたら大丈夫かな・・・とか考えています。
(その辺詳しく知ってるなら教えて欲しい)


法人であるという肩書きさえあればいいです。
使える費用はあまりないです(3万がいいところ)
可能なものでしょうか?

また、会社設立のための費用や方法などを比較や説明してくれているサイトなどがあれば教えてください。

Aベストアンサー

株式会社を登記するには、定款の作成が必要で、そこには会社の目的を記載する必要があります。設立後に会社の営業内容が変化していけば、変更も可能なのであまりこの点は心配しなくていいかもしれません。定款認証費用、登記費用等には、自分でやって約20万円かかるはずです。資本金を除いて。(新会社法施行後変わっているかも)
設立後は、税務署に確定申告の義務が生じますので、税理士等を雇えば、年間20-40万円必要と思います。また利益が上がらず、法人所得税が不要としても、活動を中止しても手続きしなければ、地方税が年間約7万円必要です。
その他に税務署に届ける電話番号が必要です。(いままで自分で使用している電話があればいいが) 携帯でもいいかは知りません。 

Q起業のアイデアが浮かんだ時どうする?

ここ3年ほど、自分の専門の分野で、起業案を考えていたのですが、ようやく勝算がありそうな、案件をひらめきました。

友人とは少し盛り上がっているのですが、初めに役所で相談をしたほうがいいのでしょうか?

バックオフィスその他コールセンターホームページ製作もろもろアウトソーシングを考えており、費用がどれぐらいかかるかを知りたいです。

Aベストアンサー

費用はご自身で算出しましょう!
もしここに具体的に書いてくれたら「参考意見」は貰えるかも・・・
それと「企画書」作って役所に行こう!
でないと相手にして貰えないよ。
その企画書には「どの様にして利益を出すか」を明確に!
出来れば聞かされてる人が想像できるぐらい具体的にね。

成功を祈ってます。

Q起業か、転職か、週末起業か?

35歳の男、子供2人です。アート関係で起業することが目標です。
しかしながら、今の勤め先が忙しくなかなか思うように時間を捻出することが出来ません。努力も足りないのでしょうが、今後どうやって行くのがよいのか悩んでいます。今、思い切って起業すれば100%うまくいかないでしょう。今の仕事は「アート」とは無縁の業界です。目指す業界に転職することも考えてしまいます。やはり、週末起業をがんばって軌道に乗ってから起業することがいいのでしょうか?
…転職も35歳までの募集が多いので、気になってしまいます。
同じ様な想いをお持ちの方、実際に経験された方など何でもいいので回答していただけると、参考になります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは

>今後どうやって行くのがよいのか悩んでいます。

 まとまった資金が必要な飲食店開業とかではなく、文学とか芸術系なら以下の7つの階段を着実に一歩ずつ上ることをお勧めします。

【ステップ1】とにかく、現職を続けながら、1万円でも良いの「安定副業収入」を得る。(1万円の収入がある月と5万円の収入がある月とかバラツキがあるなら、平均の3万円ではなく、最低収入月の1万円が安定副業収入ですのでご注意)

【ステップ2】現職を手抜きすることなく、「安定副業収入」を最低の生活をする為に必要な経費の3割までは上昇させる。(御家族がいるなら、この最低生活経費は正確に計算してください)

【ステップ3】ステップ2で得た収入を全て貯蓄に回す。どうしても臨時収入の気分で贅沢品に使ってしまう傾向があるので、強い意志が必要です。

【ステップ4】現職を退職したら、3割の副業収入を倍増(つまり、最低生活費の6割に)できるという確証を見いだす。(「運がよければ」ではダメ。確実な証拠が必要です)

【ステップ5】必要額の6割の収入と、ステップ3で溜めた貯蓄の切り崩しで、何年生活できるかを計算する。

【ステップ6】上記の年数以内(貯蓄が底を尽きる前)に、副業収入を必要生活費の10割に達する確かな自信があるなら、臨時の支出に対処するための貯蓄を更に溜めながら、独立(=現職退職)する時期を慎重に決める(退職金とか失業手当などの増減も十分考慮のこと)

【ステップ7】いよいよ独立。ささやかな「独立祝い」を世話になった人とか家族とかで開催する。

 小生の身近な成功例としては、はじめは、趣味レベルで若者向けの情報誌のライターを行っていた方(30代後半)が、ステップ3に達した際、編集長の薦めでその出版社の事務員(パート)に転職し、2年後にステップ7に達した等の事例がありますが、この方の場合は「副業の実態を知っている編集長の推薦」が強い武器になっています。失礼ながら、希望業種に近くなるための転職であっても、紹介やコネのない単なる転職では辛いと思います。

 御参考になれば幸いです。

 こんにちは

>今後どうやって行くのがよいのか悩んでいます。

 まとまった資金が必要な飲食店開業とかではなく、文学とか芸術系なら以下の7つの階段を着実に一歩ずつ上ることをお勧めします。

【ステップ1】とにかく、現職を続けながら、1万円でも良いの「安定副業収入」を得る。(1万円の収入がある月と5万円の収入がある月とかバラツキがあるなら、平均の3万円ではなく、最低収入月の1万円が安定副業収入ですのでご注意)

【ステップ2】現職を手抜きすることなく、「安定副業収入」を最...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報