スポーツジムの選考で施設を見学しに行って感想や改善点を面接の際に報告するのですが、どういったところをよく見てくればよいのか分かりません。 

なにも感じずにただの見学になってしまいそうなのでどういうところを注意して見てくるべきかアドバイスを下さい!!!

また改善点は悪く言いすぎないようにした方がよいですよね?

A 回答 (2件)

駐車場、送迎バス、受付の応対・挨拶、従業員の服装、清掃、金額設定、会員とのコミュニケーションはできているかなどです。


また、他の方が絶対にしない事は会員の方に直接取材し、満足度を
聞く事です。

改善点は厳しく言って構いません。但し、それが正しいと確信できる範囲です。
    • good
    • 0

お客様の視点に立ってみて、問題点の提起と改善案を出せばいいんです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q介護保険施設について

学校で高齢者関連施設について勉強したのですが、
介護保険施設の1つに指定介護老人福祉施設があることを知りました。
家に帰ってきて、別の福祉関係の本を読んでいたら指定介護老人福祉施設ではなく「介護老人福祉施設」と書かれていました。
指定介護老人福祉施設と老人福祉施設は違うものなのでしょうか?
分かる方がいらっしゃたら、教えてください。

Aベストアンサー

「指定」の意味を考えていくと理解しやすいと思います。ここでは介護保険でのサービス提供が受けられますよ、という理解でいいと思います。ほかにも同様の名称は沢山ありますが「指定」の字がつく、つかないは介護保険の適用対象かどうかという見方でみていくと良いでしょう。

特別養護老人ホームを例にとると、介護保険制定前にも多くの特養が存在し、老人福祉法にもとづいて高齢者への介護を行っていました。
あらたに介護保険法が制定された段階で特養は、介護保険法においても規定されることになったわけです。

つまり、A老人ホームの介護保険法上の呼び名が「指定」介護福祉施設、老人福祉法上の呼び名が介護老人福祉施設、ということです。実質的には同じ一つのA老人ホーム、ということです。

なぜ一つに統一しないのか、という点ですが、これは、介護保険と従来の老人福祉法の目的と役割が異なるからです。施設への入所を例にとると

介護保険→利用契約に基づく利用。入所も退所も原則
     的に利用する側の自由
老人福祉法→行政処分としての「措置入所」=行政の      判断で「この人は入所しなくてはいか 
      ん」と決定する、基本的に拒否できない

実例でいえば、認知症で独居のお年寄りがいて、本人の意志確認ができない、利用契約が締結できない、等の場合で、緊急性が高い場合は、行政の判断でその方を措置入所させる、ということがあるわけです。

「指定」の意味を考えていくと理解しやすいと思います。ここでは介護保険でのサービス提供が受けられますよ、という理解でいいと思います。ほかにも同様の名称は沢山ありますが「指定」の字がつく、つかないは介護保険の適用対象かどうかという見方でみていくと良いでしょう。

特別養護老人ホームを例にとると、介護保険制定前にも多くの特養が存在し、老人福祉法にもとづいて高齢者への介護を行っていました。
あらたに介護保険法が制定された段階で特養は、介護保険法においても規定されることになったわけ...続きを読む

Q店舗見学での注意点、見るべき点

現在就職活動中の大学4年のotk31と申します。
第一志望の企業さんの店長さんにアポをとり、店舗見学をさせてもらえることになりました。
食品専門のスーパーです。
当日は内部も含む現場を見せてもらいます。
その日はセールの日で忙しいのをあえて見せてくれるそうです。
店長さんみずから自分ひとりのために案内してくれます。

そこで、見る際の注意点(マナー的なこと)と店舗見学で見るべき点(雰囲気や客入り、商品の配置など)をぜひアドバイスお願いします。
自分では気づかない点などあると思うので皆さんのお力をお貸し下さい。

Aベストアンサー

私が店舗見学をさせて頂いた時の経験からのアドバイスとしては、
事前にその企業について調べておくことをお勧めします。
企業理念、経営方針などに沿った店舗運営がされているのか、
予め調べておくとチェックできますよ。
実際にされていたら、どのような点において自分がそれを感じたのか、
もしされていないと感じたのなら、
「このような点は御社の企業理念に反するのではないか」と
否定するのではなく、
「このような点をもっとこうすると、
 さらに御社の企業理念に沿った店舗運営ができるようになるのではないか」
というアピールポイントになります。

当日の持ち物や質問については、No.1の方の回答がとても参考になります。
私もメモとボールペンは持参しました。
食品専門のスーパーとのことですので、
身だしなみは清潔さを大切に配慮されたほうがよいかと思います。
第一志望とのことですので、既にいろいろお調べかとは思いますが、
ご存知のことでも素直に耳を傾ける姿勢を大切になさってください。

説明されたこと以外で、店舗見学中に「?」と思うことがあったら、
小さなことでもメモを取っておくといいと思います。
その場では答えが見つからなくても、家に帰ってから考えて、
「あの疑問点はこのためだったのか!」と分かることもあります。
後日の面接で、店舗見学の感想を聞かれることもあるかもしれません。
答えが出ていたら「こんな配慮がされていることに驚いた」と
話すことができますし、
分からないままなのであれば、質問しても構わないでしょう。
その時は、「私はこう思ったのですが、
実際はどんな意味があるのでしょうか?」など、
自分の意見を少し述べると、意欲のある人だと感じてもらえると思います。

頑張ってくださいね。

私が店舗見学をさせて頂いた時の経験からのアドバイスとしては、
事前にその企業について調べておくことをお勧めします。
企業理念、経営方針などに沿った店舗運営がされているのか、
予め調べておくとチェックできますよ。
実際にされていたら、どのような点において自分がそれを感じたのか、
もしされていないと感じたのなら、
「このような点は御社の企業理念に反するのではないか」と
否定するのではなく、
「このような点をもっとこうすると、
 さらに御社の企業理念に沿った店舗運営ができるよう...続きを読む

Q「ケアハウス」と「特定施設入居者生活介護施設」の違いに関して

「ケアハウス」と「特定施設入居者生活介護施設」の違いに関して
教えて頂きたいと思い、投稿をさせて頂きました。

ご利用者様から徴収出来る入居費用ですが、
「ケアハウス」は軽費老人ホームになるので、月毎の入居費用を徴収し
「特定施設入居者生活介護施設」は介護保健で1日毎の所定の介護報酬を
算定し、徴収出来るという解釈で宜しいでしょうか?

また特定施設入居者生活介護施設における要支援の介護報酬が
包括ではなく、一日単位で設定されています。
あくまで、特定施設入居者生活介護は一日単位で算定可能という

事になりますか?

それからケアハウスは一般型と介護型に分かれ
そのうち介護型が「特定入居者生活介護施設」になるという
解釈で宜しいのでしょうか?

いまいち明確な定義の分かれ目がわかりません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はっきりとした答えではないので、ご参考程度に。

ケアハウスを含めた軽費老人ホームは、老人福祉法では「無料又は低額な料金で、老人を入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする施設」となっているので、介護サービスを提供することを目的とした施設ではありません(実質的な問題は別として)。

したがってケアハウスに介護サービスの必要な方がいた場合は、介護保険を使って外部の介護サービスを利用するか、「指定特定施設入居者生活介護」、「指定介護予防特定施設入居者生活介護」、または「指定地域密着型特定施設入居者生活介護」の各指定を受けて施設側がサービスを提供することになります。

というような考えだったような気がします。

Q企業研究。企業の問題点、改善点について。

本格的な就職活動を控えて、企業研究を続けている大学生です。

企業研究を進める手順や大体のことは説明などであり、講師の先生などにも相談して進めています。
そこで先日、講師の先生に「希望する企業の現状の問題点・改善点はないか」も自分の意見を持つとよい、と言われました。

しかし調べてみて考えてみても大学生で正社員の経験もないので、どうも企業の説明を受けた程度の外から見たところで問題点、改善点が見当もつかないのです。
ソフトウェア関連を調べているのですが、その企業で制作しているシステム、開発環境言語等を見てもそれは企業の特徴があるので問題点はないです。
それ以外に、理念や経営者の方に大きく関わってない状態で問題点が挙がることもありません。

問題点、改善点になどについて、ご助言いただけると幸いです。

Aベストアンサー

説明会に行けば会社の問題点や展望など聞く機会が非常に多いので、自分なりに考えることも出来ますが、今の段階では難しいかもしれません。
やり方としては、マーケットが将来どうなっていくのか、それに合わせて会社はどうしていったら良いのか考えたら良いと思います
食品メーカーを例にとれば、将来的に少子高齢化でマーケットは縮小し、売り上げは確実に減ります。
その中でどうすべきか
例えば海外マーケットを開拓して売り上げを伸ばしたり、潜在需要を探して新しいジャンルに営業をかけてみたり、
購入してくれる人が減るなら購入してもらう数を増やせるよう商品を変えたり色々なやり方があります
他にも食のマーケットでは、様々な食文化が混在し多様化してきていること、核家族が増えて小袋が売れるようになっている、など様々な移り変わりがあります
そのマーケットの動きを読んで、会社はどんな問題があるか、どう改善したら良いかを考えましょう

余談ですが、最終面接で問題点を質問して内定出てる人居ましたし結局人事次第ですね
問題点を聞く人はかなり居ます
会社の良い点だけでなく悪い部分も知って企業を選びたいって考え方も悪くないと思います

説明会に行けば会社の問題点や展望など聞く機会が非常に多いので、自分なりに考えることも出来ますが、今の段階では難しいかもしれません。
やり方としては、マーケットが将来どうなっていくのか、それに合わせて会社はどうしていったら良いのか考えたら良いと思います
食品メーカーを例にとれば、将来的に少子高齢化でマーケットは縮小し、売り上げは確実に減ります。
その中でどうすべきか
例えば海外マーケットを開拓して売り上げを伸ばしたり、潜在需要を探して新しいジャンルに営業をかけてみたり、
購入して...続きを読む

Q介護老人保健施設のみ、許可!?

介護保険には三種類の施設サービス(介護老人保健施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)がありますが、介護老人保健施設のみ、”許可”を受けたもので、あとの二つは指定、ということですが、そもそも許可・指定の意味がよく分かりませんので教えていただけないでしょうか。
もし、わかれば、それはなぜなのかもお願いします。

Aベストアンサー

ケアマネの受験勉強中なのでしょうか・・?

施設サービスは、(1)指定介護老人福祉施設
        (2)指定介護療養型医療施設   
        (3)介護老人保健施設
                 の3種類です。

指定介護老人福祉施設として介護保険の適応を受けるには
 「老人福祉法」の基準を満たし開設の「許可」を得た特別養護老人ホームでなければなりません。その上で介護保険での指定を受けるために「指定」を受ける必要があります。

指定介護療養型施設の場合は
 「医療法」の基準を満たし開設の「許可」を得なければなりません。その上で介護保険での指定をうけるために「指定」を受ける必要があります。

介護老人保険施設の場合は・・・
 「介護保険法」の基準を満たし開設の「許可」を得なければなりません。他の2施設とはことなり、設置根拠が介護保険にあるため、改めて「指定」を受けなくてもよいとされています。

私の説明で理解いただけるでしょうか???

Q店舗見学の注意点

こんにちは。

大学3年生で現在就職活動中です。
来週、一次面接があるのですが、一次面接の前に、受ける会社の店舗見学に行き、その店についてレポートを書いて提出しなければなりません。
店舗見学は、店舗にも本部にも事前の予約をしないで好きな時間や曜日に訪れて欲しいとのことです。
この場合、実際に店舗に行った時、案内係の方にお願いしてきちんと店長さんにご挨拶するべきなのでしょうか。それとも店長さんも忙しいので、店内ですれ違った際にご挨拶(「こんにちは」程度?)したほうがよいのでしょうか。
実は、すでに一店舗見学に行き、案内係の方にお願いして店長さんにご挨拶をしたのですが、忙しい時間にわざわざ挨拶の為だけに売り場に来て頂いて、非常識だったかな、迷惑かけてしまったかなぁと思ったので・・・。

よろしければご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
社会人歴10年の男性です。

拝見する限りでは「あくまでいち顧客として店舗を見てもらい、そのレポートを書いてもらう」
という主旨ではなかったのでしょうか?
入社してしまうと顧客視点で物事を考えることがだんだん難しくなってきます。

そういった意味では挨拶までする必要はなかったのかも知れませんね。
今となっては過ぎたことですが…(苦笑)
そのことが面接にマイナスになることはないと思われますので、全力で頑張ってください♪

Q介護老人保健施設について

介護老人保健施設は、老人保健施設として開設当時は、病院と在宅の中間的な施設であったと聞きます。介護保険が導入され、介護老人保健施設となり、介護認定を受けた方の終の棲家へと変貌していっているとも聞きますがいかがでしょうか?資料を調べてると介護老人保健施設は「中間施設」という説明が多く見かけます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

老健施設併設の在宅介護支援センターの相談員をしています。

まず、老健施設の入所期間のことですが…。
実を言うと、介護保険法令上どこをさがしても入所期間に言及している文章は出てきません。驚かれたかと思いますが、そうなんです。

で、「中間施設」の意味ですが、
これについては、介護保険法施行後、現在に至るまで何ら変わっていません。
ただ、旧老人保健法当時での施設療養費の額が3か月を一つの単位とした逓減制を敷いていたのに対して、介護保険法下の施設サービス費(介護報酬)の額が入所期間に関わらず一定になったこともあって、全体として入所期間が長期化しているのかもしれません。

実際、うちの併設施設の利用者の中にも夏・冬には健康管理目的で入所し、その他の時期には通所や短期入所を使いながら在宅生活をされている方や、普段は在宅で生活し、短期集中的なリハビリ目的で短期入所を利用される方などもいます。
そういう意味では本来の「中間施設」としての役割を果たしているとは思うのですが、正直なところ、そういうケースが少ないのも現状です。また、病院併設のところなどは、病院の入院期間の問題から老健施設が「利用」されたり(診療報酬なんかの関係でこれ以上入院できないとなったときに、すぐに患者を老健に回すなどという、関係者として腹立たしい話も聴きます)。
「中間」という意味が今あやふやになりつつあるのかもしれません。

老健施設併設の在宅介護支援センターの相談員をしています。

まず、老健施設の入所期間のことですが…。
実を言うと、介護保険法令上どこをさがしても入所期間に言及している文章は出てきません。驚かれたかと思いますが、そうなんです。

で、「中間施設」の意味ですが、
これについては、介護保険法施行後、現在に至るまで何ら変わっていません。
ただ、旧老人保健法当時での施設療養費の額が3か月を一つの単位とした逓減制を敷いていたのに対して、介護保険法下の施設サービス費(介護報酬)の額が入所...続きを読む

Aベストアンサー

ないですよ。
あるとすれば、系列企業くらいでしょう。
親会社、子会社ならありえるかもです。
普通は、ないですよ。

Q老人保健施設と介護老人保健施設はどう違うの?

「老人保健施設」と看板に書かれている施設は「介護老人保健施設」とは違うのですか?単に「介護」を省略しているだけですか?或いは「介護老人保健施設」としての役割の他に何か役割があるのですか?

Aベストアンサー

元々老人福祉法という法律があって、その後に介護保険法が出来たから、複雑怪奇になってしまっている。

大きく分けると、「介護老人福祉施設」、「介護老人保健施設」、「介護療養型医療施設」の3種類がある。

「介護老人保健施設」は介護保険法が出来る前には「老人保健施設」と読んでいた。

だから、昔から「老人保健施設」として運営していて、途中から呼び名がかわったけれど、看板はそのまま・・・、と言う事でしょう。

参考ですが、介護老人福祉施設も、また、以下の様に細分されている。
・・・もう、訳が解らないでしょう??・・

1.認知症対応型生活介護(グループホーム)
2.有料老人ホーム
3.老人福祉施設
・老人デイサービスセンター
・老人短期入所施設
・養護老人ホーム
・特別養護老人ホーム
・軽費老人ホーム
・老人福祉センター
・老人介護支援センター

Q今 看護学校の2年生です。 今 来年受けたいと思ってる病院の見学に行ってきたのですが…。 見学終わっ

今 看護学校の2年生です。
今 来年受けたいと思ってる病院の見学に行ってきたのですが…。

見学終わって気がついたら スーツのシャツのボタンが開いてました。

もし見学中にずっとボタンが開いてたとしたら、印象悪いですよね…?

Aベストアンサー

別に誰も気にしませんよ。
女性なら 大きくてはじけ飛んだと思われるくらいです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報