ネットが遅くてイライラしてない!?

識者の方、教えてください。先日、近所の本屋さんでビーズアクセサリー
(ビーズのネックレスや指輪など)の作り方の本を購入し、自宅てコツコツ
その本を読みながらその本の作り方どおりに作成してみました。あれよあれよ
という間にたくさんつくってしまいました。偶然そんなところに友人から
東京都(もしかしたら区?)が主催のフリーマーケットに参加してみないか
とのお誘いがあり、ビーズアクセサリーをだそうかと思っております。
そこで本題ですが、このビーズを販売(といっても素人なもんで材料代程度
1,000円くらいかな)しても法律上問題ないでしょうか。その本には
「本書の複写、複製を禁ず」とありました。私は本そのものを複製したわけ
ではありません。その本に書いてあるとおりにビーズを作成したのです。
識者の方、何卒ご教示ください。私は商売をするわけではなく、自分の
作成したものが世間にみとめられるかどうかちょっと試してみたい、そんな
想いです。それで材料代と電車代と帰りのお茶代がでればいいかな、って
思ってます。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

全く問題はありません。


helissioさんが、本を見ながらコツコツ作った手作りは、それぞれの個性をもつ「物」であり、それを「商品」(現金化)とすることに不安を感じていらっしゃるのでは?と思います。
例えば、それが有名なデザイナーのもので、それを複製して「あのデザイナーの作品」と謳えば、これは詐欺罪及び著作権侵害ですが。。。
「作り方を教える本」の作品が処罰されていては、
「手作りクッキー」も「手編みのセーター」もOutになってしまいますね^^
「本書の複写・・・」は「著作権を侵害する=書籍等にその一部を無断で載せたり、本そのものを複製して、書籍代金を受け取る行為」を指します。
私の友人も自分のアクセサリーショップに、自作の商品(本を見ながら作ったもの)を置いていますよ。
安心して フリマを楽しんでくださいね。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なんだか自信がわいてきました。フリマがんばろーっと。

お礼日時:2003/03/13 17:05

全く問題はありません。


helissioさんが、本を見ながらコツコツ作った手作りは、それぞれの個性をもつ「物」であり、それを「商品」(現金化)とすることに不安を感じていらっしゃるのでは?と思います。
例えば、それが有名なデザイナーのもので、それを複製して「あのデザイナーの作品」と謳えば、これは詐欺罪及び著作権侵害ですが。。。
「作り方を教える本」の作品が処罰されていては、
「手作りクッキー」も「手編みのセーター」もOutになってしまいますね^^
「本書の複写・・・」は「著作権を侵害する=書籍等にその一部を無断で載せたり、本そのものを複製する行為」を指します。
ですから、作品と共に、「本のコピーを、作り方、として販売する」のはNGです。
私の友人も自分のアクセサリーショップに、自作の商品(本を見ながら作ったもの)を置いていますよ。
安心して フリマを楽しんでくださいね。。。
    • good
    • 0

この場合は質問者様が作ったものでありますから、質問者様の著作物にしか


アクセサリーはならないです。

手作りのもので、誰が作っても同じものが出来るということはありません。
また、手作りだからこそ、同じには出来ない訳です。

本に著作権のことに触れていますか?
同じ手作りでもイラスト関係は、著作権についての記載がなされています。
手作りのカードなどの類です。手作り関係のものは必要に応じて、出版社が
著作権について、記載しますから、不安であればその本の出版社に問い合わせる
といいです。それが一番確実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答の主旨はよくわかりました。私もそう思うんですよね。おっしゃるとおり出版社に電話して確認してみます。それが一番確実かもしれませんね。ほんと、ありがとうございました!!

お礼日時:2003/03/12 10:34

えっ? ぜんぜん問題ないでしょ。


本をコピーして売るわけではないのですから。
あなたが材料を買って、あなたが作った物をどうしようがあなたの自由だと思いますよ。
もし、だれかに文句言われても、私が考えましたですむ問題だと思いますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・・・大丈夫だと思うんですけど、なんだか不安なんですよね。

お礼日時:2003/03/12 10:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれって楽天フリマに出品できますか?

手芸の本や、キットで売っているものを自分で作って売るのは違法なことなのでしょうか?
よく手作りのものが出品されてますがあれはオリジナルなものなのでしょうか?
初めてでわからないのでよろしくお願いします!

Aベストアンサー

基本的に、本やキットには著作権が存在します。
そのままのデザインで作っただけの物を「営利目的で売る」事は違法としている版元がほとんどです。

また、最近「ピンクパンサー」の名を使ったビーズマスコットの作り方掲載が問題になったように、キャラクターのコピーライトが存在するものも販売が禁じられています。
詳しくはたいていの本の巻末やキットの説明書、サイトに明記してあるはずですので、ご心配なら確認してみて下さい。

ただし、以下の場合は違法にならない事もあります。
1.配色やアクセントなどわずかでもオリジナルの工夫がしてある場合。
 (ディズニーなど、版権に厳しい会社がからんでいる場合は、たとえプーさんが群青色でも訴訟される可能性があります)
2.デザインや構造の一部だけをヒントにオリジナルを作る場合。
(「誰でも思いつく簡単な構造」や「昔からある図案や技法」なら著作権フリーになっている場合もあります)
3.個人的に友人へ譲渡する、リベートをとらずに原価以下で譲渡する場合
(「作る事を楽しんだ」分だけ消費した事になるので、完成品は「使用済品」「古物」として、手間賃だけを取って譲るならば「個人として楽しむ」範疇とも言えます)

いずれも、厳密に法的なものに照らせば何らかの問題は出てくる可能性はあります。
基本的に、「儲け」はオリジナルの部分でだけ許可されるものとお考えになった方が良いでしょう。

基本的に、本やキットには著作権が存在します。
そのままのデザインで作っただけの物を「営利目的で売る」事は違法としている版元がほとんどです。

また、最近「ピンクパンサー」の名を使ったビーズマスコットの作り方掲載が問題になったように、キャラクターのコピーライトが存在するものも販売が禁じられています。
詳しくはたいていの本の巻末やキットの説明書、サイトに明記してあるはずですので、ご心配なら確認してみて下さい。

ただし、以下の場合は違法にならない事もあります。
1.配色やアクセ...続きを読む

Q本を見て作ったものを販売するのは・・・

こんにちは。

インターネットで手作りアクセサリーを販売するお店を開こうと思っています。

本屋さんなどで売っているビーズアクセサリーの本に載っている作り方を見ながら作ったものをネットで販売するのは、やはり著作権法違反になりますか?
参考文献を明記する形でも、無理なのでしょうか。

また、本に載っているものを参考に少し自分流にアレンジしたものも、「盗作」扱いになりますか?

少し話がそれますが、旅先で見つけた素敵なグッズを転売するのも、法律に引っかかるでしょうか。

いろいろすみません。でも開店前にはっきりしておきたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

著作権のひろば

こちらに易しく解説があります。
ちょっと広くて「ここ」というページを見つける事ができませんでしたが、
お役に立つでしょうか。

参考URL:http://cozylaw.com/copy.html

Qハンドメイドアクセサリーの著作権について。

ハンドメイドでアクセサリーを作って委託販売などしたいのですが、最近ちょっと疑問に思うのが著作権はどこまで適用されるのかと言うことです。
たとえば、誰かの作品を見てデザインはそっくりそのまま、色だけ変えるなどして作ったら侵害になるかと思うのですが、街中で見かけて気に行ったアクセサリーなどを自分流にアレンジして作るのはアウトでしょうか?
また、簡単なモチーフを使用したり、とか。
そういったものまですべて侵害だ!となってしまうともう完全なオリジナルを作るのが不可能に思えてきてしまって…。
こういったことに詳しい方、初歩的な質問かとは思いますがぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>誰かの作品を見てデザインはそっくりそのまま、色だけ変えるなどして作ったら侵害になるかと思うのですが、街中で見かけて気に行ったアクセサリーなどを自分流にアレンジして作るのはアウトでしょうか?

見た物を再現できるスキルがあるなら、一概に侵害とは言えないでしょう。
ただし対象物に意匠登録などの実績があるとか、
あきらかにデザイナーの個性が反映されているなら少し無理がありますが、
ある程度の心得がある人が思いつくようなデザインであればOKだと思います。

モチーフにしても以前からあるパターンと「ココがウリなのよ!」というような個性的なものとがあります。
その個性的なほうをどう解釈するかでしょう。
トラディショナルなパターンも元々はそれを創出した人がいるわけで・・・
でもベーシックなデザインは時代、地域を問わずある程度共通しているものが多いですね。
難しいですが、一般名詞として通用するなら利用可というのが一つの目安です。

とはいえ実際はコピー作品が横行しているのも事実です。
良心に従って行動するかしないかは当人に委ねられています。
実際争いになっても金銭的被害が大きくない限り法的にどうこうということは無いと思いますが
開き直ってしまうのは論外です。
それでも模倣なしの発展はありえません。
そういうことを一応は心得て制作、販売に望んでいかれると良いと思います。

著作権、利用権などは時代に応じて法も解釈も変っています。
私的利用の範囲を超えるような問題にぶつかった場合は、
面倒でもその都度権利者に問い合わせるなどしてください。

>誰かの作品を見てデザインはそっくりそのまま、色だけ変えるなどして作ったら侵害になるかと思うのですが、街中で見かけて気に行ったアクセサリーなどを自分流にアレンジして作るのはアウトでしょうか?

見た物を再現できるスキルがあるなら、一概に侵害とは言えないでしょう。
ただし対象物に意匠登録などの実績があるとか、
あきらかにデザイナーの個性が反映されているなら少し無理がありますが、
ある程度の心得がある人が思いつくようなデザインであればOKだと思います。

モチーフにしても以前からあるパ...続きを読む


人気Q&Aランキング