クレジットカードの審査に落ちた場合、6ヶ月間は信用情報機関に残るということは他の質問などで分かったのですが、その場合6ヶ月過ぎて同じ会社で申込をしてもその会社の履歴には残っているてやはり審査には落ちてしまうのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2です。


ご丁寧なお礼をありがとうございました。

> 数ヶ月前にクレジットカード3枚が解約になりました。(支払いが遅れた為)全額返済をし、カード会社に問い合わせたところ『代位弁済ではないので個人信用情報機関には登録されません』と3社とも言っていました。
う~ん…。
カード会社も言葉遣い、言葉選びが巧みですね。
逆にカード会社に「正確なところ」を伺いたいですね。

『個人信用情報機関』の情報というのは、『個人信用情報機関』が独自に収集し、登録することができる一部の情報を除いて、各加盟会員から登録された情報で成り立っています。

そして、『CIC』の場合ですと、加盟会員との契約条項に「全件登録」を義務付けています。
そのカード会社が加盟している『個人信用情報機関』がどこなのかは存じませんが(消費者金融系でなければ、『CIC』に加盟していることが多いです)、原則、契約や契約に基づいて発生していく「事実」については、全て登録されている「はず」なんです。

> 『代位弁済ではないので個人信用情報機関には登録されません』
ご質問者さまから見れば、「個人信用情報機関に登録される/されない」ですが、『個人信用情報機関』の加盟会員であるカード会社からすれば、「個人信用情報機関に登録する/しない」という言葉になるはずです。

> 『代位弁済ではないので個人信用情報機関には登録されません』
は、全く以て「あやふやな」表現です。

おそらくは、「債権回収会社などによる代位弁済がされた訳ではないので、『終了状況』の表示が『移管終了』とはならず、通常の契約終了と同じく、『終了状況』は『完了』と表示される」という意味だと思います。

> この場合、解約された事実はどのような形で信用情報として残るのでしょうか?
『終了状況』だけをみれば、「カード会社から強制解約された」という「事実」は【見えません】。
返済が遅れはしたものの、全額ご自身で返済され、完済の上、契約が終了した…という形が取られているようですので、『終了状況』については「何も問題なく契約を終了した」と見えます。

> 事故としての履歴は残らないということなのでしょうか?
いいえ、違います。
「『終了状況』に問題がない」=「事故としての履歴は残らない」ではありません。

ですから、カード会社が言ったという
> 『代位弁済ではないので個人信用情報機関には登録されません』
について、【全く以て「あやふやな」表現】だと申し上げたんです。

ご質問者さまの場合は、「事故としての履歴」が登録されているので、クレジットカードの発行審査に落ちたのではないかと思います。

カード会社が言うのは、「代位弁済ではないので個人信用情報機関の『終了状況』に『移管終了』とは登録されません」だと考えられますが、「支払い・返済について『遅れ』があった」ということは登録されている思います。

これについては、
> 数ヶ月前にクレジットカード3枚が解約になりました。(支払いが遅れた為)
この「遅れ」の状況が詳しく分からないと何とも言えない部分はあるのですが、2通り「事故情報」が登録されている可能性が考えられます。

1つは、世間で広く言われている「ブラック」な状態です(「ブラックリストに載る」という言い方がされています)。
『CIC』を例にさせていただきますと、「◆お支払の状況◆」の中に[返済状況]という項目があるのですが、ここに『異動』と表示されているのが、このパターンです。
『CIC』の規定では、支払い・返済について「61日以上または3か月以上支払いが遅れた場合」に、その旨の情報が登録されます。
こちらを世間では『延滞』と言っています。

もう1つは、世間では「ブラック」とは思われていないけれど、我々業態の人間にとっては、「これもNG」と判断する材料となる情報が登録されている場合です。
こちらも『CIC』を例にさせていただきますと、「◆お支払の状況◆」の中にある[入金状況]に、「支払い・返済が遅れた」という状況が表示されているのが、このパターンです。
[入金状況]は、「基準日」から遡ること2年分の、請求についての支払い・返済の状況がどのようであったか…ということが記号で表示されています。
こちらは『延滞』までは至っていないけれど、遅れたことに間違いはないので『支払遅延』などと言ったりしています。
『支払遅延』=[入金状況]に1つでも「遅れ」を示す記号が表示されていれば、「審査」には大きくマイナス影響を与えます。

ご質問者さまの場合、
> 数ヶ月前にクレジットカード3枚が解約になりました。(支払いが遅れた為)
とのことですが、これは「クレジットカードの支払いが遅れたことが原因で、数か月前に3枚のクレジットカードについて、解約になる旨通知を受け、解約(=契約終了)となった」という意味ですよね?
でしたら、『個人信用情報機関』には、「長期にわたり支払い・返済がされなかった」とか「とある月の請求について、支払い・返済が送れた」といった状況が登録されているものと思われます。

この「事実」は、明らかに「金融事故」です。
ですから、クレジットカードの発行審査でNGとされてしまうのも、「仕方がないこと」だと思われます。

ご質問者さまが『延滞』をされたのか、『支払遅延』をされたのかは分かりませんが、『延滞』にしろ、『支払遅延』にしろ、その「事実」としての情報が『個人信用情報機関』から消えるまでは、クレジットカード、ローン、割賦販売契約などは難しい可能性があります。

『延滞』を表す『異動』の場合は、契約終了後も5年間、その情報は登録されたままになります(例え全額完済して契約を終了しても…です)。
『支払遅延』の場合は、契約終了していなければ、2年経過すれば情報の更新に伴い『支払遅延』の情報は消えたのですが、契約を終了されてしまっていると、こちらも、契約終了後も5年間、その情報は登録されたままになります(例え全額完済して契約を終了しても…です)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 18:00

各社に判断基準は違いはあるものの、スコアリングの総点数で判断されますので、半年後に同じ条件で申し込みされた場合には難しいかもしれません。


かといって事実なら問題ないですが、虚偽の申請内容等を書き込めば更に不可と判定される危険性もあります。
ご自身の属性にあったカード会社を吟味されるといいでしょう。

参考URL:http://www.card1616.com/shinsa/
    • good
    • 0

かつて『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。



私が経験したことがあるのは、個人融資審査や保証審査なので(金融機関勤務です)、クレジットカードの場合は少し異なるかもしれませんが…。

> クレジットカードの審査に落ちた場合、6ヶ月間は信用情報機関に残る
「クレジットカードの発行審査に落ちた」ということが、『個人信用情報機関』に登録されることはありませんし、その理由が登録されることもありません(これは『自信あり』です)。

クレジットカードの場合でもそうですが、「申し込み」があった時点で『個人信用情報機関』に「申込情報」が登録され、審査の結果「クレジットカードの発行がOK」となれば、『個人信用情報機関』に「契約情報情報」が登録されます。

「申込情報」の登録後、一定期間を過ぎても「契約情報」が登録されていなければ、「見る人」が『個人信用情報』を見れば、「審査落ちしたのかな?」と「思う」だけです。

> その場合6ヶ月過ぎて同じ会社で申込をしてもその会社の履歴には残っているてやはり審査には落ちてしまうのでしょうか
その可能性はあります。
審査に「落ちる」には、それなりの「理由」があるからなので、その理由が解消されていなければ、「再び落ちる」ということもあります。

また、クレジットカード会社では、審査に「落とした」申し込み案件についても、「申込書類」は一定期間保管しておきます(最低でも1年は保管されていると思います)。
データとしても保存しておくでしょうし、「落とした『理由』」についても、何らかの形で情報を保存しておくと思います。
(書面によるクレジットカードの「申込書」には、クレジットカード会社が利用する「処理欄」が設けられていると思います。そこを利用して「情報管理」をしていると思います。)

ですから、「以前一度落としたから」という理由ではなく、「こういう理由で落とした」ということが残っていて、その理由が解消されていなければ、『個人信用情報機関』から「申込情報」が消える「6か月」を過ぎても、「再び落ちる」ということもあり得る訳です。

この回答への補足

丁寧な回答ありがとうございます。
『個人情報取扱主任者』の認証を受けられていたとのことなので、追加でお伺いしたいのですが、
数ヶ月前にクレジットカード3枚が解約になりました。(支払いが遅れた為)全額返済をし、カード会社に問い合わせたところ『代位弁済ではないので個人信用情報機関には登録されません』と3社とも言っていました。
この場合、解約された事実はどのような形で信用情報として残るのでしょうか?
事故としての履歴は残らないということなのでしょうか?

補足日時:2009/05/13 23:01
    • good
    • 0

いえ、通常余程の事が無ければ個々の会社で履歴を残しておいたりはしません。


それよりも「何故審査に落ちたのか?」を考えた方が良い気がしますけどね。
審査に落ちた理由が解決されない限り何度やっても落ちるでしょうから。
事故情報(過去の延滞や未払いなど)が無い自信があるなら収入面か現在の借入額の問題でしょうから、ハードルの低いカード会社に申請してみるという手はありますけどね。(おすすめはしませんけど)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【消費者金融を利用している現在進行形の割合が】大体、2、3%と4、5%の地域にくっきり分かれています

【消費者金融を利用している現在進行形の割合が】大体、2、3%と4、5%の地域にくっきり分かれていますが全国平均するとどの都道府県にも100人中3、4人が現に今も消費者金融からお金を借りている現実があるようです。


周りの100人に3、4人が消費者金融を利用している少額ローン持ちの現実をどう受け止めますか?


消費者金融を小額金融と言わるけど消費者金融は貸し出し上限が法律で決まっているんですか?

幾らでも無限に貸せるのなら消費者金融=少額金融って消費者金融が消費者を欺くためのレトリックにしか過ぎない表現として問題があると思います。

Aベストアンサー

消費者金融とは貸金業等取締等に関する法律の規定に基づき都道府県知事等に登録した貸金業者及び一般銀行等の貸付ける消費者への小口融資があります
貸付利率は利息制限法で最高年率2割以内と定められています
貸付限度額は金額では定めはありません
一部の貸金業者またこれ以外に闇金融業者から生活費の他ギャンブル費など借りた多重債務者が存在することが一番問題です

Q信用調査機関で個人開示した情報と金融機関が照会時に閲覧できる情報は一緒ですか?

先日、KSC、JICC、CICの各信用情報調査機関に個人情報の開示を行いました。

結果、銀行でのフリーローン、消費者金融での借り入れ、クレジットカードの
キャッシング(すべて2年前に完済、解約済)と、現時点での自動車ローン、
クレジットカードのリボ払いによる残債の記載があるものの、事故情報の
記載はありませんでした。
CICのクレジットカード(契約中、解約済を含め計6枚分)の支払い履歴も
過去24か月分$、-、空白のみです。

ここで質問なのですが、私が個人開示した情報と、金融機関が私の信用情報を
照会した時に閲覧できる情報は、同じものなのでしょうか?

実は近々2500万程の住宅ローンを組みたくて個人情報を開示したのですが、
私には7、8年ほど前にクレジットカードの支払い遅延による強制退会と、
残高不足による数回の(1ヶ月未満の)クレジットカード支払い遅延、生命保険料
支払い遅延、所得税、年金の滞納(いずれも支払い済)の過去があります。

ですが、それらの情報はいずれの信用調査機関にも記載がありませんでした。

住宅ローンを審査する金融機関が私が開示した情報と同じものを閲覧するならば、
“過去に借金はあったが完済しており、自動車ローンとクレジットカードの
残債のみがある人間”となると思うのですが、私の認識に間違いはないでしょうか?

それとも、個人には開示されないような過去の情報までも金融機関には開示され、
審査が通るのが難しくなるのでしょうか?

そもそも住宅ローンは、完済していたとしてもフリーローン、消費者金融、
クレジットカードのキャッシングの利用暦のある者には無理なのでしょうか?

いくつもの質問申し訳ありませんが、仮審査・本審査前に必要な準備を
十分にしておきたいと考えていますので、お力をお貸しください。

宜しくお願いいたします。

先日、KSC、JICC、CICの各信用情報調査機関に個人情報の開示を行いました。

結果、銀行でのフリーローン、消費者金融での借り入れ、クレジットカードの
キャッシング(すべて2年前に完済、解約済)と、現時点での自動車ローン、
クレジットカードのリボ払いによる残債の記載があるものの、事故情報の
記載はありませんでした。
CICのクレジットカード(契約中、解約済を含め計6枚分)の支払い履歴も
過去24か月分$、-、空白のみです。

ここで質問なのですが、私が個人開示した情報と、金融機関が私の信用情...続きを読む

Aベストアンサー

 信用情報機関が情報を保持する期間は5年間(通常の延滞情報)です。5年を超えたものは削除されます。したがって、金融機関はその情報をみることはできません。もし保持していて特定の金融機関に提供していたら違法です。
 また残高不足でも1ヶ月以内に返済していれば、「延滞」としては登録されません。
 質問者様の場合は、7年以上前のことですから、情報機関にはデータそのものが残っていないはずです。該当するカード会社の内部情報には保持してあるかもしれませんが、それはそのカード会社だけのものであって、他社がそれを見ることや、他社にその情報を提供することはできません。これももしやったら法律違反になります。
 生命保険や税等については、信用情報機関とは関係ありませんし、その情報が信用情報機関にわたることはありえません。したがって、掲載がないのが当たり前です。

Q消費者金融とマイクロファイナンスの違いを教えてください

大学院でマイクロファイナンス(貧困者向けの小口金融)を勉強している社会人です。マイクロファイナンスについて文献を読んでいくと、日本では消費者金融がマイクロファイナンスの役割を果たしていたのではと、考えるようになりました。消費者金融に対しては、上限貸出金利の問題などで、批判的な論点が多いのですが、日本の金融に果たして来た役割も多いのではないかと思うようになりました。私は消費者金融に詳しくないので、消費者金融に詳しい人から、消費者金融とマイクロファイナンスの違いを教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

【ビジネスのしくみ】

与信の低い顧客に数10パーセントの金利で少額を融資する、という点で消費者金融とマイクロファイナンスは同じ種類のビジネスです。

【相違点】

前者で融通される資金は使途不問です。多くは生活費の補填につかわれます。後者のは個人向けの事業性資金です。

【社会における機能】

>日本では消費者金融がマイクロファイナンスの役割を果たしていたのでは
>日本の金融に果たして来た役割も多いのではないか

もっともです。

やむなく消費者金融で借り入れ、一時的にでも操業資金を確保して難局を乗り切った零細事業者はあったことでしょう。
また、マイクロファイナンスで事業資金を入手し、しばらくがんばってみたものの成功の糸口をつかむことができず、仲間に深刻な事態を知られる前に姿を消す債務者は確かにいるのです。

つまり、消費者金融とマイクロファイナンスの両者は、社会における機能がいくらか重なっています。

【違和感のポイント】

上記から、両者は共通する部分が少なくありません。
強い違和感を覚えるのは、新聞やテレビなどの報道、そしてアカデミアの現場でも

消費者金融→悪玉
マイクロファイナンス→善玉

と明確に色分けされて語られているからです。

マイクロファイナンス善玉論はノーベル賞騒動の延長にあって、ブームとも言うべきものですから、かねてから社会問題となっていた消費者金融と対比を浮き上がらせやすく、わかりやすい井戸端ネタになっているのです。

【だからね、】

あなたが質問を投稿した動機って、そういう微妙なところが極端に喧伝されているんじゃ、、って懸念があったからですよね。。
わたしも、「なんかヘンだな」って思いました。

私は消費者金融各社が悪玉だと素直に信じています。あれは無茶苦茶です。グラミン銀行が特別な善意に満ちているとも思いません。普通程度か、またはそれ未満ではないですか。企業より高尚な存在なら、あんなに儲かりません。ただの会社でしょう。

ただし、ノーベル賞は悪くなかったと思います。暴力的な金融さえはびこる第三世界に、新しいコンセプトの金融を提唱実行して小規模事業開拓の可能性を示したのはすばらしい仕事だし、ビジネスの世界に賞を授けたノーベル賞委員会はもっといい仕事をしたと思います。

今後、ノーベル賞騒動がおさまるにつれて、賞賛記事に飽きた報道各社はいつかマイクロファイナンスのアラ探しを始めるでしょう。そして、いくらか評判を落とすようなネタをひととおり開陳するのです。そしてそれらの記事も飽きられたころ、社会はようやく冷静にマイクロファイナンスの評価を定めるでしょう。

【その他】

困窮者に金利数10パーセントで生活費を貸し出す産業は世界各国に定着しています。その産業をサラ金と呼ぶなら、日本は政府がサラ金を規制するだけ、まだマシな部類に入ります。

【ビジネスのしくみ】

与信の低い顧客に数10パーセントの金利で少額を融資する、という点で消費者金融とマイクロファイナンスは同じ種類のビジネスです。

【相違点】

前者で融通される資金は使途不問です。多くは生活費の補填につかわれます。後者のは個人向けの事業性資金です。

【社会における機能】

>日本では消費者金融がマイクロファイナンスの役割を果たしていたのでは
>日本の金融に果たして来た役割も多いのではないか

もっともです。

やむなく消費者金融で借り入れ、一時的にでも...続きを読む

Q*住宅ローン*仮審査→ローンの正式申込:銀行を変えてもいいでしょうか?

3150万円の物件を購入しようと、不動産屋の方から紹介頂いて、三菱東京UFJ銀行の仮審査を通過しました。(借入希望額3,150万円、35年間)。これから売買契約を結び、そのあとローンの正式申し込みとなるわけですが、正式申し込みは新生銀行を使いたいなと思っています。正式なローンの申し込みは、必ず仮審査を通過した銀行を使わないといけないのでしょうか? 至急アドバイスを頂けると助かります。

Aベストアンサー

契約前に事前審査を受ける目的は、最低限、借りられる銀行があるということを売主に対して証明するためです。
つまり、契約前の事前審査を受けた銀行は、滑り止めとして抑えておく義務はあります。
UFJの本審査を受けないで、他の銀行で落ちたからといってもローン特約の適用は受けられないのが普通です。
けれど、滑り止めとして抑えてさえおけば、実際に申し込む銀行はどこにしようと買主の自由です。
(もし売買契約書に借り入れ銀行の指定があるならば、それに従わなければなりませんが)
売買契約をしたらすぐに、希望の銀行に申し込みをして、審査を受けましょう。
そしてそこがだめだったら、UFJにしなければなりません。
期限があると思うので、急いでくださいね。

Q消費者金融の利息について質問なんですが、大手の消費者金融ではなく、地元

消費者金融の利息について質問なんですが、大手の消費者金融ではなく、地元の消費者金融でお金を借りています。残り返済金額1万9千円ほどあります。

(1)怪しげな消費者金融なのでそこの消費者金融に電話をして色々聞き出したら「現在は融資をしていない回収業務のみ」と言われました。
(2)今月の明細を見たら金利が29,20%でした。

そこで質問なのですが、回収業務のみの消費者金融は金利を18%にしなくても問題ないのですか?

詳しい方回答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

情報が足りません。

29.20%は合法です。
但し、グレーゾーン金利ですので利息制限法により引きなおし計算が可能です。

例えば5年以上前に100万円借りたのであれば払い過ぎた金利が相当額取り返すことが可能です。
逆に1年ほど前に10万円程度の借入でしたらほとんど変りがありませんので1万9千円でしたらそのまま払って終わらせた方が良いと思います。

弁護士に依頼すると
安い弁護士で1社2万円+成功報酬として減額した金額又は戻ってきた金額10%
高い弁護士ですと1社3~5万円+成功報酬として減額した金額又は戻ってきた金額20~30%

個人でも過払い請求は可能ですが相手(金融業者)は、みなし弁済(自分の意思で高い利息を承知の上で)を主張し解決には至らないと思いますが弁護士が間に入ると『みなし弁済』は認めないし過去の判例でも裁判所は認めていませんので比較的簡単に取り戻すことが可能です。

どちらにしても、借入時期、借入金額、毎月の返済額が分からないと計算してみようがありません。

気になる点は『怪しげな消費者金融』とありますが、正規の金融機関なのでしょうか?
正規の金融機関の場合法律により処理できますが違法な金融機関の場合法律で処理出来ません。(ヤミ金融のような場合)
逆に正規ではない場合残金を払わなくて良くなる場合もあります。

情報が足りません。

29.20%は合法です。
但し、グレーゾーン金利ですので利息制限法により引きなおし計算が可能です。

例えば5年以上前に100万円借りたのであれば払い過ぎた金利が相当額取り返すことが可能です。
逆に1年ほど前に10万円程度の借入でしたらほとんど変りがありませんので1万9千円でしたらそのまま払って終わらせた方が良いと思います。

弁護士に依頼すると
安い弁護士で1社2万円+成功報酬として減額した金額又は戻ってきた金額10%
高い弁護士ですと1社3~5万円+成功報酬として減...続きを読む

Q信用情報機関の調査について

はじめまして。今度銀行でクレジットカードを作ろうと思います。

信用情報機関の個人の情報を調べると思いますが、
銀行系信用情報機関はどこまで調べることが出来るのでしょうか??

例えば、個人的にショッピングをし、銀行のATMではなく、窓口で支払い手続きを行った場合でも、
何年、何月、何日に何処に振り込んだのかまで
分かってしまう(調べることが出来る)のでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 今度銀行でクレジットカードを作ろうと思います。
銀行の窓口でクレジットカードを申し込んでも、そのクレジットカードの発行審査をするのは、クレジットカード会社です。
銀行ではありません。

> 銀行系信用情報機関はどこまで調べることが出来るのでしょうか??
銀行系信用情報機関?
「金融機関のほとんどが加盟している『個人信用情報機関』」=『全国銀行個人信用情報センター(KSC)』のことですか?
クレジットカード会社で『KSC』に加盟しているところってあったかしら?
三菱UFJニコスも、会社合併の関係で、以前は『KSC』に加盟していましたけれど、現在は『CIC』、『CCB』、『日本信用情報機構(JIC)』ですから…。
銀行が審査をする訳ではないので、クレジットカードを作るのに『KSC』は関係してこないと思いますけれど?

第一、『個人信用情報機関』に登録されている『個人信用情報』の殆どは、その『個人信用情報機関』の「加盟会員」から「登録された」情報です。
『個人信用情報機関』が収集・登録するのは、「本人申告情報」や「官報記載情報」くらいです。
『個人信用情報機関』が自ら情報を収集し、登録して、それを加盟会員に提供している訳ではありません。

> 個人的にショッピングをし、銀行のATMではなく、窓口で支払い手続きを行った場合
えっと…。
それは「支払い」ではなく「振込み」になります。
ショッピングの相手先である販売会社等が、支払方法として「指定口座への振り込み」を認めたからできる行為ですね。
振込情報なんて、「信用情報」としては、何の意味もありませんから、収集する必要もないですね。

ただし、ショッピングの相手先である販売会社等が、特定の『個人信用情報機関』に加盟していて、お客さまが支払期限を守れなかった場合には、その旨の情報を『個人信用情報機関』に登録する…ということはありますよ。
支払方法が「振込み」だったとしても、可能性はありますね。

尤も、
> 何年、何月、何日に何処に振り込んだのか
が分かったところで、『個人信用情報機関』には意味がないですから、『個人信用情報機関』の情報登録項目にはないです。
情報登録項目にないので、加盟会員も登録しません。

> 今度銀行でクレジットカードを作ろうと思います。
銀行の窓口でクレジットカードを申し込んでも、そのクレジットカードの発行審査をするのは、クレジットカード会社です。
銀行ではありません。

> 銀行系信用情報機関はどこまで調べることが出来るのでしょうか??
銀行系信用情報機関?
「金融機関のほとんどが加盟している『個人信用情報機関』」=『全国銀行個人信用情報センター(KSC)』のことですか?
クレジットカード会社で『KSC』に加盟しているところってあったかしら?
三菱UFJニ...続きを読む

Q大卒で消費者金融を受けようと思っています

大卒(新卒)です。今就職活動中で今まで全く関心が無かった消費者金融に興味を持ちました。日本では「消費者金融」と聞くと後ろめたいイメージなどマイナスイメージが多く、ハッキリ言って新卒で入社するのにふさわしいのか・・・と悩んでいます。また貸金業法の改正や消費者金融からの転職は難しいと以前の質問で拝見しました。そこで質問です。1、消費者金融に日本人はなぜマイナスイメージを持つのか、2、今後の消費者金融は将来性のある職業といえるのか・・・。よければご回答ください。

Aベストアンサー

私も説明会などに参加して社員の方々がとてもいい方ばかりで、お給料も高く、受けるか迷いましたが辞めました。

理由はやはり世間体です。親にも止められましたし、親戚にも言えない、友人にも言いたくない、今後結婚などするときにも困るのでは?と色々考えました。

しかし、一番の決め手だったのは人の為になる、幸せにする仕事じゃないからです。

Q入居審査における信用情報への登録

お世話になります。

この度賃貸マンションへの入居審査を受けました。大手の不動産会社でもあり審査はオリコ(信販の)が行うとのこと。まず問題ないだろうと思っていましたが、なんと審査に通りませんでした。理由は勿論わかりません。ここ数十年は実家暮らしで、過去賃貸暮らしをした時代にも家賃の滞納などはありませんでしたし、現在、クレジットなどにおいて滞納はありません。(ちなみに、不動産会社は再度リクルートフォレントインシュランスへの審査を依頼すると言っています)

そこで質問なのですが、
今回オリコが私の信用情報かなにかを参照したはずですが、
(1)審査に落ちた事実は、信用情報に記載されるのでしょうか?
(2)記載された場合、現在利用しているクレジットカード会社の心象を悪くしてしまう可能性はありますか?

ご教示のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>(1)審査に落ちた事実は、信用情報に記載されるのでしょうか?
 ・記載されるのは閲覧情報だけ・・オリコが貴方の信用情報を閲覧しましたとの・・6ヶ月で消えます
>(2)記載された場合、現在利用しているクレジットカード会社の心象を悪くしてしまう可能性はありますか?
 ・普通に現在のカードを利用され、指定通り支払が遂行させている限り特に問題はありません
 ・今のカード会社が定期的に信用情報を確認するときとか、更新時に信用情報を確認するときとか普通に閲覧情報は記載されます・・・特に問題はありません

・信用情報に問題が無くても、現在の属性の方に問題があるのでは・・収入とか勤務年数とか

Q消費者金融の返済とブラックリストの件(長文)

私は24歳です。CMで宣伝している様な大手の消費者金融か200万の借金があります。これは言い訳ですが私は病気をしてその入院費やその働けない間の生活費で仕方なく借りてしまいました。とは言っても借りたのは自分ですので深く反省しています。親に相談して銀行から200万を借りて貰って消費者金融の200万を完済したいと相談しましたが『難しいな』としぶられました。200万の借金で自己破産はしたくないです。例えば1億円とかの借金ならば自己破産を選びますが。200万ならばどうにか完済出来る額だと思いますがどうでしょうか??そして消費者金融のブラックリスとに載るのは返済が延滞したら即ブラックに載るんですか??そしてブラックリストにも3種類あると聞きました。1つ目は消費者金融のリスト、2つは銀行系のリスト、3つ目は信販系のリストです。これは本当に存在するんでしょうか??LIFEカードやマルイのカードは消費者金融ではないと消費者金融の方から聞きましたが本当でしょうか??例えば消費者金融のブラックに載った場合は銀行系の(@ローン、モビット等)からの借り入れも出来ないんでしょうか??それとも消費者金融と銀行系と信販系のカードのブラックリストはそれぞれ別の分野なのでしょうか??そして大手の消費者金融の追い込みはありますか??本当に困ってますので金融関係に詳しい人が居ましたら是非とも教えて下さい!!お願いします!!

私は24歳です。CMで宣伝している様な大手の消費者金融か200万の借金があります。これは言い訳ですが私は病気をしてその入院費やその働けない間の生活費で仕方なく借りてしまいました。とは言っても借りたのは自分ですので深く反省しています。親に相談して銀行から200万を借りて貰って消費者金融の200万を完済したいと相談しましたが『難しいな』としぶられました。200万の借金で自己破産はしたくないです。例えば1億円とかの借金ならば自己破産を選びますが。200万ならばどうにか完済出来る額だ...続きを読む

Aベストアンサー

大手消費者金融で働いていました。
200万くらいの借金では破産したくてもできないのではないでしょうか?
ブラックリストの事が気になるようですが滞納しないのが一番ではないでしょうか?
滞納しないためにと、他から借りて返済しても何にもなりませんよ。
大手でも取り立ての厳しい所はあります。
借りたお金を返すのは当たり前、返さない人に督促するのは当たり前です。
債務整理など考えてみたらいかがですか?

Q信用情報機関に登録される事項について

住宅ローンを借りる予定でいるのですが、信用情報機関の登録情報がローン可否の審査で重要なポイントになるとききました。

今まで私がしてきたことがクレジットや銀行の事故として登録されるのか否か知っている方教えてください。

(1)5年ほど前に1度だけ携帯電話の料金引き落としができなかったが、すぐに支払った。銀行の事故として登録されるのか?
(2)住所が変わったが、銀行通帳の住所変更をしていない(近々する予定)。
前住所は今も両親が住んでおり、通知等はすべて確認している。
住所変更すると、長らく住所変更していなかったということで銀行の事故として扱われるのか?
(3)クレジットカードも銀行と同様で、住所変更しておらず、近々する予定。通知文等はすべて確認している。
住所変更を3年ほどしておらず、今からすると長らく住所変更していなかったということで事故として登録されてしまうのか?

(1)以外の滞納はありません。クレジットも滞納はありませんし、キャッシングはしていません。前住所が実家なので、通知文等はすべて確認しています。

知っている方教えてください。

住宅ローンを借りる予定でいるのですが、信用情報機関の登録情報がローン可否の審査で重要なポイントになるとききました。

今まで私がしてきたことがクレジットや銀行の事故として登録されるのか否か知っている方教えてください。

(1)5年ほど前に1度だけ携帯電話の料金引き落としができなかったが、すぐに支払った。銀行の事故として登録されるのか?
(2)住所が変わったが、銀行通帳の住所変更をしていない(近々する予定)。
前住所は今も両親が住んでおり、通知等はすべて確認している。
住所...続きを読む

Aベストアンサー

確かに、各情報機関に貴方の登録情報を開示請求するのが確実ですね。ただ、平日に情報機関に出向いて情報開示できればいいのですが、困難な場合は郵送による情報開示となります。その時は単に情報が印刷されている記録紙とその見方を説明した文書が入っているだけす。

お勧めは、直接足を運んで情報を開示することですね。全銀協もCICも記録されている情報について丁寧に説明してくれますし、アドバイスもしてくれます。

ただ、貴方の場合はここに書き込んでいる事が事実であれば間違いなくホワイトですよ。


人気Q&Aランキング