生化学、分子生物学の分野でタンパク・ペプチドのHPLCを用いた精製の研究論文を読むと、サンプルをメインの逆相クロマト(nano-LC c18等)のHPLCにかける前に、使い捨てカートリッジ式の固相クロマトでサンプル処理している記述がよく見られます。
使い捨てカートリッジは最近だとSep-Pak c18, OASIS HLB等が多いようで、これらはサンプルの脱塩のが主な理由のような記述をみます。
疑問なのは本番の逆相クロマトでも同様の脱塩が期待できるのにもかからわず、なぜ前処理が必要なのか?ということです。
サンプルに過剰量の塩が存在すると逆相クロマトの分離能などに影響を及ぼしたりするのでしょうか?

A 回答 (2件)

塩も含めたその他の不純物による分離能の低下,カラムの劣化,再現性の低下が考えられるからです。

主な役目はカラムの保護です。
    • good
    • 0

僕はしてません。


仰る通り、もしトラップカラム(濃縮カートリッジ)を装備したLC-MSであれば、
必要ないと思います。

もともと脱塩はMALDI用のプロトコルだったからだと思います。
あとは、例えばゲル抽出の場合、
ゲル片などカラムが詰まりそうなモノの除去を目的としているのではないでしょうか。

なんらかの理由で非常に高塩濃度のサンプルであれば、
クロマトがシフトするかもしれない(ような気がする)ので脱塩した方が良いと思いますが、
一般的な教科書通りの調整であれば必要ないと思います。

サンプルのロスもあるので、
よけいな手間はかけたくないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あとは、例えばゲル抽出の場合、
>ゲル片などカラムが詰まりそうなモノの除去を目的としているのではないでしょうか。
そう言われてみると、該当の論文ではLC前のフィルター処理の記述がないようです。

>サンプルのロスもあるので、
おっしゃる通りで、下手に前処理のステップを増やしてサンプルロスになるのは怖いですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 20:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPLCとHPLC/MSの違い

大学院で研究を行なっている学生です。
環境水中のある化学物質の分析を行いたいのですが、幾つかの論文では分析機器としてHPLC/MSが用いられていました。
で、当研究室にはHPLC/MSが無く、かわりにHPLCならあります。

この二つの違いというものはなんでしょうか?
HPLC/MSで検出されるものはHPLCでは検出されないのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HPLC は物質を分ける過程。
MS は物質を同定(質量を測定する)過程。
HPLCで分けたピークを手動でMSにかければ、問題無いでしょう。

Q限外ろ過と脱塩

・ろ過膜(10kD)を使用して目的のタンパクを含んだ水溶液を濃縮する場合、脱塩も充分同時に行われると考えて良いのでしょうか?
・(UF、透析膜、手法は問いません)脱塩処理した場合に、脱塩が完了したことをどのように調べるのでしょうか?

Aベストアンサー

>ろ過膜(10kD)を使用して目的のタンパクを含んだ水溶液を濃縮する場合、脱塩も充分同時に行われると考えて良いのでしょうか?

元々のタンパク質溶液に塩が入っていたならば,単に濃縮をしただけでは脱塩はされません.

>脱塩処理した場合に、脱塩が完了したことをどのように調べるのでしょうか?

イオン電極や呈色反応等でイオン濃度を測定するか,あるいは電気伝導度でも測定してはいかがでしょうか.

Qタンパクの分離にはFPLCかHPLCか

こんにちは。

早速質問ですが、タンパクの精製には主にFPLCが使われていると思います。FPLCがHPLCよりも優れているところは低圧なのでタンパクに与えるダメージが少ないということなのでしょうか?
私はHPLCを使ったことがないので知らないのですが、HPLCを使うときに圧を下げればいいだけなのでは?と思いました。調べてみますと、少量のサンプルの場合、HPLCのほうが分離能に優れていると書かれている文章を見つけました。つまり、結晶化をするようなスケールでなくとにかく純粋なタンパクをとってくる場合はHPLCでもいいのではと考えました。また、歴史的にみても昔はFPLCがなく、HPLCを使っていたはずです。

結局、FPLCとHPLCについて、タンパク質の精製に使う場合の利点と欠点を教えていただきたく質問をさせてもらいました。ぜひ回答の方をお願いします。

Aベストアンサー

ペプチドクラスならHPLCでも出来ましたが、分子量が大きくなるとさすがに無理でした。

理由はリンクをご参考に…

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/tips60.asp

Q薄層クロマトの簡易的な実験を行いたいと思っています

薄層クロマトグラフィーの展開槽、毛細管は、市販の高価なもの以外に、安価な代替品があれば教えてください。

Aベストアンサー

私は、毛細管はあまり使いませんね。
分離能に精度や再現性を求めないなら、カップの日本酒の容器が良く使用されます。
シートは自分で原末を買ってスライドグラスに塗る方法で作ることも可能です。
たくさん使うなら、E-メルク製のアルミ板、プラ板に塗ったものがお薦めです。
再現性が非常に高く、厚みにむらもありません。
200mm×200mmのものが使い易いです。
これを切ります。
30cmの濾紙の上に伏せて乗せて、ロータリーカッター(ピザカッターの小さい形をしています)で裏側から切るときれいに切れます。

Q高速液体クロマトグラフィー(HPLC)について

現在HPLCを勉強中なのですが、HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

>>HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなど
昭和電工様のHPLCの入り口のページを添付しました。ニュースレターなどをご請求下さい。
他に和光純薬様、東京化成様、島津製作所様、ジーエルサイエンス様などのニュースレターをお集めになると良いと思います。
また、日本化学会、日本薬学会、日本分析化学会での発表をご覧下さい。

参考URL:http://www.shodex.com/

QSDSサンプルバッファーを使ってのタンパクサンプルの作成

ミオシンタンパクを抽出して、タンパク濃度を測定し、SDSサンプルバッファーで希釈する時のその方法ですが、ウェルに10マイクログラムのタンパクが入るように計算して、それぞれのサンプルにあった希釈度を決定してサンプルバッファーを入れて作る方法と、(SDSの濃度が各サンプルごとで変わるからダメかな?)ある一定の希釈に決めて、ウェルに投入するときに10マイクログラムになるように、投入量を5マイクロリットルとか8マイクロとかにするのとどちらの方がいいとか、決まった方法はあるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク抽出液の濃度を合わせるのは、同じサンプルバッファーで調整したらいいのですか?それと、濃縮するとすれば、どうすればいいのですか?

現にタンパク質サンプルが懸濁されているバッファー(抽出バッファー)で希釈するのが基本でしょう。SDS-PAGEに使うだけなら、イオン強度やpHを極端に変えないバッファーであれば他のものでもかまわないと思いますが、わざわざそうする理由もないでしょう。

濃縮は、遠心限外ろ過(ミリポア/アミコン、ザルトリウスなどの製品あり)がよく使われます。ポアサイズによっては低分子量のフラクションが失われる可能性があります。
アセトンなどでタンパク質を沈殿として回収して再懸濁する方法もあります。
原理的にロスが全くないのが、真空乾燥、減圧遠心機で濃縮する方法です。塩なども濃縮されるので、イオン強度が変わってしまいますが、SDS-PAGEに使うならほとんど影響はないと思います。

QHPLCに関する質問:テトラヒドロフラン

現在HPLCを使用してます。
テトラヒドロフランでカラムの洗浄ができることということが、HPLCの説明書に書いてあるのですが、
テトラヒドロフランはポンプによくないということを知人に言われまして。
どなたか理由をしっているかた教えてください。

Aベストアンサー

汎用されているC18などの逆相HPLCと仮定して回答いたします。
一般的に逆相HPLCで用いる溶出液の系は水+比較的水溶性の高い(極性の高い)有機溶媒です。具体的にはメタノール、アセトニトリル、使ってイソプロパノールでしょうか。

ポンプ自体はこのような溶媒の使用を前提として部品が使われていますので、THFなどの相対的に極性の低い溶媒を使うと部品(樹脂部品など)が痛むというハナシはよく聞きます。
ただし、最近の機器はその程度ですぐに機械がだめになるとはおもいませんが。
詳しくはHPLCのメーカーさんに聞くとよいかと思います。メーカーさんではそういった耐有機溶媒の実証実験をやっていますので。

Q生物I 核相、複相、nがよくわかりません。

生物Iで細胞分裂とか減数分裂とかでn,2nとかでますよね?
そのn,2nというのがよくわからないんですが、n対あって2nのうちnが父親のもう一方が母親のですよね。
分裂のときに核相が変化するのがよくわからないんですが?

最初は2nでDNAを複製すると核相は4nになるのですか?

また減数分裂で第一分裂で2n→nになりますけど、体細胞分裂は2n→2nですよね? どう違うんですか?

最後にどうして減数分裂で第一分裂でnの細胞が2つできて、複製もせずに
第2分裂してもnが4個できるのですか?


質問ばかりでスミマセンが、どうかお願いします。

Aベストアンサー

まず、nは、2つの意味を表すときに使われます。

それはその時々で違うので、文脈などから読み取る必要があります。
その2つとは

1、染色体の数(染色体が何本あるか)=核相
2、生物をその生物足らしめるのに必須な遺伝情報(ゲノム)のセット数=倍数性

まず、1の場合、
体細胞では、父親と母親から染色体をもらいます。
そのとき、基本的に父親と母親からは「同じ形の」染色体をもらうので
染色体数は2nと表すのです。
この時、体細胞分裂を表すと
2n→分裂→2n
となります。

減数分裂は
2n→分裂→2n→分裂→n
となります。

このとき、間違ってはいけないのが、2nと示しているのはあくまで『染色体の数』であって、
そのときの各々の染色体の『遺伝子数(DNA量)は多い』ということです。このことをしっかりおさえてください。次の意味につながります。

2の場合、
nは生物をその生物足らしめるのに必須な遺伝情報(ゲノム)のセット数、となります。

ということは、2nで表す生物は「2倍体」であるのです。
つまり、必須な遺伝情報を2倍持っているということです。
(ヒトなどは2倍体の生物ですね。)

このとき2倍体生物の体細胞分裂を表すと

2n→複製→4n→分裂→2n

となります。つまり、細胞が分裂する前に、遺伝諸情報を倍に増やし(4n)それぞれを娘細胞に受け渡す(2n)となるのです。

このとき、間違ってはいけないのは、遺伝情報が倍になったからといって
染色体数は見た目では「本数は」変わらないということです(大きさは変わる)。


減数分裂はというと

2n→複製→4n→分裂→2n→分裂→n

となります。これも1回目の分裂の前には、遺伝情報を倍に増やして(4n)それが分けられて2n、引き続き分裂でnとなるのです。
このとき、4nになっても見た目上染色体の本数は変わりません。

なので、
1の意味で表すと
2n→複製→2n→分裂→2n→分裂→n
となるのです。

この2つの意味をごっちゃにしないように整理しましょう。

まず、nは、2つの意味を表すときに使われます。

それはその時々で違うので、文脈などから読み取る必要があります。
その2つとは

1、染色体の数(染色体が何本あるか)=核相
2、生物をその生物足らしめるのに必須な遺伝情報(ゲノム)のセット数=倍数性

まず、1の場合、
体細胞では、父親と母親から染色体をもらいます。
そのとき、基本的に父親と母親からは「同じ形の」染色体をもらうので
染色体数は2nと表すのです。
この時、体細胞分裂を表すと
2n→分裂→2n
となります。

減数分...続きを読む

QHPLCによるカフエインの定量での溶離液について

HPLCによるカフエインの定量を行う際、まずメタノール100%を流した後に水:メタノール=60:40に切り替えて溶離液を流した後、カフエインの標準液を注入し、検量線を作成し、その後、カフエインを含む試料(お茶など)を流し、試料濃度を検量線より求め、終了して、また1週間後にカフエインを含む別の試料の定量を行う場合もその都度、最初と最後にメタノール100%を送液するように言われました。1週間後にいろんなお茶など同じカフエインの定量を行う場合でも、まずメタノール100%を送液した後、水:メタノール=60:40で濃度決定を行い、またメタノール100%を送液するようにしなくてはいけないのでしょうか。水:メタノール=60:40で送液してそのまま終了し、そのまま新たな別のカフエイン試料を注入してはなぜいけないのでしょうか。なお、HPLCはカフエインの定量だけで他の人はHPLCは使用しません。HPLCの初心者で分かりませんので宜しくご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験からいいますと

 (1). 分析終了後にメタノールでカラムを洗浄する。
    (カラムはメタノール充満状態で保存する)
 (2). 使用時はベースが安定するまで溶離液を直接流す。
 (3). ベースが安定したら分析を始める。
 (4). 分析終了後は(1)に戻る。
  
    参考にして下さい

Qペプチド抗体

ペプチド抗体とはどういう状態の抗体を指すのですか?
いまいちわからなくて・・・。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
>委託などでペプチドを合成してもらったものを動物に打って抗体を作製するということでいいのでしょうか?

それで合っていると思います。最近はどの部分を作るかのコンピュータによるシミュレーションから、免疫、ポリクロなら血清の回収までやってくれる業者もあるようですね。しばらく抗体作成やってないので、いくらぐらいでやってくれるか判りませんが。

>それに対して、完全なタンパク質を発現、精製して作製する抗体の総称はあるのでしょうか?

僕も昆虫細胞でリコンビナントを作成して、それで抗体を作っていたことはありますが、残念ながら総称があるとは聞いたことがありません。無いと言い切れるほど自身はないですが・・・。

なんだろう、リコンビナント抗体?と思って検索してみたんですが、そちらは全く意味が違うモノなんですね^_^;)


人気Q&Aランキング