北側斜線規制について詳しい方、ご教授ください。
ひな壇の土地(南向き)に、現在戸建を新築しようと計画中です。
設計図を確認したところ、北側斜線規制を避けるため、隣地境界から1m20cm離され、屋根の一部がカットされておりました。
ですが、北側の土地は法面となっており、1m30cm程度敷地が高くなっております。
その場合、北側斜線規制が15cm程度緩和され、屋根のカットは特に必要ではなくなるのではないかと思うのです。

余分な費用をかけたくないということもありますが、お隣さんになる方とも仲良くしたいため、心中で「屋根のカットをしてまで北側ぎりぎりに寄せて・・・」と思われたくないという理由もあります。
気にしすぎなら良いのですが。
境界から十分離して建てればよいとも思うのですが、主人は反対しています。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

高低差のある場合の緩和を受けているのかどうか?


図面をご確認ください。
既に15cm高いとして計算しているかも知れませんし、
貴女が測った数値と、設計した数値とが異なってるかも知れません。
一概には言えませんので
設計士に質問してみてください。

屋根の一部がカットされてる為、
ギリギリ寄せて建てている印象を与えてしまう
これは貴女とご主人との判断です。
個人的には(法律的に規制を受ける地域ですのでその範囲内で)
ギリギリ寄せれば良いと思います。
カットされるデザインが気に喰わないのでしたら、
既出の天空率による検討をして貰うか、
デザインを変えてもらうかで、対処可能だと思います。

とにかく、設計士と相談される事をお勧めします。
    • good
    • 0

建築基準法の北側斜線についてはNo1様の回答の通りです。


また、基準法の場合は、多少斜線にかかっていても、「天空率」と言われる計算方法によってクリアできる場合も多いです。
かかっている度合いにもよるので、一概には言えませんが、極端に言うとカットなしで、もう少し北側に寄せられる可能性もないことはないです。
(計画内容が不明なので、可能かどうかは不明です。ただし、計算が複雑なのでやってもらえないかも…)

ちょっと気になったのは、高度地区の指定がないかどうか。
(高度地区の制限も北側の斜線制限なので、言葉では「北側斜線」という言い方がされることがあります。)
都市計画法の高度地区の指定がある場合の制限のことで、住居系の場合第一種高度地区か第二種の場合が多いです。制限の内容は行政庁が定めることになっているので、地域によって若干異なります。
(もちろん、指定がない場合は関係ありません)

高度地区の高さ制限(北側の制限)のほうが、基準法の北側斜線よりも厳しくなっている場合が多いですが、こちらの制限の場合、基準法のような緩和規定が設けられていないので、制限の斜線を単純にクリアできていなければならないという違いがあります。
    • good
    • 0

法の解釈は原則正しいと思います。


ただし地盤高さは「平均地盤面=建物周囲の地盤高の平均」を基準にしますので例えば南敷地がちょっと高いなんてなると微妙に変わってくるかも・・・、ともかく建築士に確認して下さい、緩和規定が頭から抜けている場合もあります。

15cmの緩和で屋根のカットが不要になるのであれば絶対に検討すべきです、言うまでもないですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北側斜線で質問があります。

北側斜線で質問があります。

北側斜線なのですが、検討する際に樋先と樋上端で検討する例が多いとおもうのですが、樋先は一番出ているところなので分かりますが、上端は瓦のほうが、高いと思うのですが、一番高いところから斜線を引いたら樋は関係なくなると思うのですが、この考え方は間違っているのでしょうか?

お願いします。

5M+●*1.25

Aベストアンサー

立面や断面で、北側斜線を引いて、一番近いところでの検討になります。

今回のケースの場合、樋と瓦の両方で検討して、厳しい方が検討するポイントになります。

尚、私どもでは、確認申請などで、どこが検討のポイントか解りずらい場合、
全てのポイントを検討・記載して申請します。

Q敷地境界から50cm建物を離す規定は公道との境にも適用されるのか?

東京都で賃貸併用集合住宅(壁式RC造)の計画をしています。敷地が広くないため建ぺい率、容積率の許す限りぎりぎりまで使い切りたいと思っています。

民法の規定によれば建物は敷地境界から50cm離さなければならないことになっていると思います(RC造の耐火建築物なので50cm離さなくても良いみたいですがトラブル回避のため民間-民間境界については50cm離すつもりです)。

(1) この規定は公道との境(民間地-公道)にも適用されるのでしょうか?
(2) 壁式RC造の表面に厚さ2cmのレンガを貼るつもりですが、50cm離すとは境界-レンガ表面で測るのでしょうか? それとも構造体であるRC壁の表面で測るのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)民地-公道間はぎりぎりに建ててよいです。けれども、突起物も含めて公道にはみ出る部分があってはなりません。はみ出しについては、公道ではない隣地へのはみ出しよりもずっと厳しいものがあります。

公道ではない隣地(民地)境界からの50cm後退も「壁面後退」と言われるように、壁の外面(レンガ表面)のことです。庇や窓の突起物は含まれません。

(2)突起物がはみ出さないとして、公道ぎりぎりに壁面をもってくることは可能ですが、道路日陰斜線の規制がかかり、北側部分をΔ状に削らなくてはならなくなり、施工費用や無駄な容積部分が出たりするので、これは設計とご相談ください。

Q北側斜線の緩和

北側斜線の緩和について教えてください。
今度、建築予定地に北側斜線が該当するのですが北側に公園があり公園が80センチ低くなっている場合は緩和がなにかあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

距離的な緩和は道路・水路の場合だけです
高さ的な緩和は計画地が北側隣地より1m以上低い場合だけです。
計画地が高いので(有利側なので)、
どの部分に緩和を受けたいのかがイマイチ解り辛いです。
スイマセン。

天空率と比較して有利な方法で計画されては如何でしょう?
御参考まで。。

Q北側斜線 ハウスメーカーの責任について

何時も参考にさせて頂いています。以前、質問させて頂いたのですが、少し説明不足でしたので再度お願いいたします。
 築1年です。第一種低層住宅専用地域です。40坪の敷地の家の玄関(西向き)が都市計画にかかり(5坪)南側の隣りの敷地80坪に新築しました。(以前、母が住んでいました。私が相続しております。以前は敷地分割をしておりました。
両方の土地の面積は横23.5m西 奥行16.5m南です。南西の角地です。
 *最近、解ったのですが新築の家が北の敷地(前の家)に向かって切り妻の屋根です。前の家の敷地横9m 奥行16.5mです。
 *北側斜線を考慮していない事になります。(残地に対して)
 *以前の家は新築後、解体しました。今は更地です。
 *解体後の敷地は有効に使う(売却か、子供が新築する)ハウスメーカーも充分承知していた。
 *残地(前の家の敷地)を有効の使う為、新築の図面を南側に寄せた。
 *今日、ハウスメーカーの建築士が合法的に分割できる土地の図面を持ってきましたが、切り妻の屋根の為、分割できる土地はかなり変形です。有効に分割できません。今頃、いっても遅い、何故図面の段階でいわなかったのか?と疑問です。
 以上の場合、HMに資産価値が下がって有効に土地を使えないのでうったえる事は出来るでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

何時も参考にさせて頂いています。以前、質問させて頂いたのですが、少し説明不足でしたので再度お願いいたします。
 築1年です。第一種低層住宅専用地域です。40坪の敷地の家の玄関(西向き)が都市計画にかかり(5坪)南側の隣りの敷地80坪に新築しました。(以前、母が住んでいました。私が相続しております。以前は敷地分割をしておりました。
両方の土地の面積は横23.5m西 奥行16.5m南です。南西の角地です。
 *最近、解ったのですが新築の家が北の敷地(前の家)に向かって切り妻の屋根です。前の家...続きを読む

Aベストアンサー

もう少し考えさせてみては如何でしょう。
諸々を勘案した上での分割ラインでしょうが貴方様のおっしゃる「有効」イメージをどれだけ建築士が理解しているか、不安であればの話です。
合法的分割は難しく無いでしょう、ただし合法化検討にあたり万が一少しでも手を抜いていれば敷地形状も歪む。
合法+有効分割となると当然ながら手を抜いてもらっては困ります、「もうこれ以上無理だ!」、泣きが入る位まで考える義務が有るでしょう。(今案が最善でありこれ以上は無理なのかもしれませんが)

訴えに関しましては証拠等の保存状況によるでしょう、前の方々に準じます。

もし訴えるのであればその前に時間の無駄になる可能性大ですが調停あたりから始めてみては如何でしょう。
。http://www.asahi-net.or.jp/~vr5j-mkn/jibunn4.htm
無駄な時間とお金を使わずに訴訟の勝敗の感触位は掴めるでしょうから。(上手く行けば落とし所にはたどり着けます)
勝敗の感触を得るに当たっては30分5000円の弁護士相談の方が早いですかね、又は行政の無料法律相談(期日電話確認して下さい)。

一応、ご参考に。

もう少し考えさせてみては如何でしょう。
諸々を勘案した上での分割ラインでしょうが貴方様のおっしゃる「有効」イメージをどれだけ建築士が理解しているか、不安であればの話です。
合法的分割は難しく無いでしょう、ただし合法化検討にあたり万が一少しでも手を抜いていれば敷地形状も歪む。
合法+有効分割となると当然ながら手を抜いてもらっては困ります、「もうこれ以上無理だ!」、泣きが入る位まで考える義務が有るでしょう。(今案が最善でありこれ以上は無理なのかもしれませんが)

訴えに関しまし...続きを読む

Q北側斜線について

建築士の勉強をしているものです。

敷地に2以上の前面道路があり、令132条において北側にある前面道路の幅員が6mから10mに緩和された場合、北側斜線制限における前面道路は10mとして考えるのだと思ってたのですが、問題集の解説にそれが加味されていませんでした(6mとして処理されていました)。

令132条における前面道路の緩和は北側斜線の際は関係ないのでしょうか?
また、関係ないのであれば何処にそれが明記されているのでしょうか?

回答の程宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ややこしい役人用語の確認のために私も読み直してみました(笑

北側の前面道路についての緩和の規定範囲(限定)は【令135条の4】。

【法56条6項】(2以上の道路に接する場合)の高さの緩和の措置で、北側斜線適用地域(同1項3号)に係わるものは【令135条の4】のここにある考え方だけだよ、と書いてある。

Q新築プランが北側斜線にかかり困っています。回避方法無いでしょうか?

こんにちは、昨年より家を新築しようとプランを考えており、
昨年末に夫婦ともに気に入った間取りが出来上がりました。
当然設計士にも相談して、建築予定地もお教えしてあり、
法律的なものもクリアーしている物と考えていました。

年末間際に、「ではこれで確認申請をお願いします」と
設計士にお願いし、年が明けて少ししたときに設計士より
「北側斜線にかかってしまい、プラン(2階部分)を変更
しないといけない」といわれてしまいました。夫婦での話で
そのプランはとても気に入っているので変えたくないので
何か方法が無いものかと悩んでいるところです。当然その
設計士にも相談はしているところですが、より多くの方の
知恵をお聞きできればと質問したしだいです。

土地等の状況としては、義父の所有地を分筆しての新築で
北側は、義父所有の大きな車庫があります。設計士いわく
北側を1mくらい空ければ何とかクリアーできるかな?との
ことですが、そうすると駐車スペースが少なくなってしまい
避けたいです。それか、北側1mを余分に申請上敷地と含めて
申請すればよいのかなと(素人ながら思いました)思いますが、
そうすると車庫の一部が含まれてしまいます。
1種低層地域で建ペイ50容積100です。

こんな状況ですが、何か良い方法あるのでしょうか?
長くなりましたが、よろしくお願いします。

こんにちは、昨年より家を新築しようとプランを考えており、
昨年末に夫婦ともに気に入った間取りが出来上がりました。
当然設計士にも相談して、建築予定地もお教えしてあり、
法律的なものもクリアーしている物と考えていました。

年末間際に、「ではこれで確認申請をお願いします」と
設計士にお願いし、年が明けて少ししたときに設計士より
「北側斜線にかかってしまい、プラン(2階部分)を変更
しないといけない」といわれてしまいました。夫婦での話で
そのプランはとても気に入っているので変...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ。
No.1様がおっしゃっている通りと思います。

他に、計画内容がどのようなものなのかわかりませんが、北側斜線制限をクリアーさせるのであれば、天空率を検討する方法もあります。
ただ、ご担当をしている設計者の方もプロですから、対処方法は一通り検討されているのではないでしょうか。

検討していないとすれば、おっしゃられている通り、隣地の他人の所有地を取り込む事でしょうね。
この場合は、敷地をけずられた義父の建物が違反建築物にならないよう注意してください。

ちなみに、開発行為(都計法第29条)に該当するかどうかは、いわゆる土地の区画形質の変更が発生するかどうか、です。
規制規模を上回った敷地面積であっても、たとえば、切土盛土が無ければ、開発行為には該当しません。
このあたりも設計者さんに聞けば、管轄の市役所等で規制規模がいくつになるのかをあわせて教えてくれるので、検討の材料になるかと思います。

頑張ってください。

Q北側が道路になている場合の北側斜線と道路斜線

北側が道路になている場合には、北側斜線、道路斜線はどのように考えればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

以下のサイトを読んでください。分らなかったら、また質問をしてください。

http://juutakuro-n.livedoor.biz/archives/51643225.html

Q隣家の北側斜線に疑問がある時

先月、分譲地に基礎着工をしました。
第一種低層住居専用地域で、北側斜線が設定されているため、
我が家も北側の屋根を低くして、部屋の角が欠けた感じに設計されています。

その少し前に、同じ分譲地内の南に隣接している家が上棟して、全貌が判るようになりました。
北に随分寄せた感じなのに(我が家との境界から1mも無い)周りの他の家のように、
北側の角が欠けた感じにもなっていないのもあってか、随分高い印象でした。

我が家の日当りが当初思っていたより悪くなりそうで、何か今からでも工夫出来ないか苦慮していたのですが、
何度か現地に赴いて、ふと南の家の西隣の家と比べると、
どう見ても我が家側(北側)の屋根の端の高さが西の家よりずっと高いように見えるのです。
敷地は西の家の方が少し高いのですが、それなのに屋根の端は南の家の方が高くなっています。

同じように北側斜線が設定されているなら、隣家とあまり屋根の高さが違うのはおかしく無いでしょうか?

北側斜線での屋根の高さが西隣の家くらいであれば、我が家の二階にもある程度日差しが期待出来るのですが
(1階の日当りは厳しいと自覚しているので、ベランダの日当りが頼みの綱なのです)
今のままでは冬の時期の日差しが随分心細くなってしまうので、我が家にとってはかなりの問題です。

南の家は多分来月頃には完成するのではと思います(見た目はあとサイディングをすればほぼ完了な雰囲気)
勿論私の見間違え、勘違いという可能性もあります。
でも将来に渡って家に影響する問題のため、隣家がちゃんとした基準に従っているのかはっきりさせたいのですが
北側斜線がちゃんとされているか他人が確認する事は出来るのでしょうか?
また仮にそれがおかしい場合、それを是正してもらう事は出来ますか?
役所とかに問い合わせるのでしょうか…

判りにくい説明で申し訳無いです、ご助言どうぞよろしくお願い致します。

先月、分譲地に基礎着工をしました。
第一種低層住居専用地域で、北側斜線が設定されているため、
我が家も北側の屋根を低くして、部屋の角が欠けた感じに設計されています。

その少し前に、同じ分譲地内の南に隣接している家が上棟して、全貌が判るようになりました。
北に随分寄せた感じなのに(我が家との境界から1mも無い)周りの他の家のように、
北側の角が欠けた感じにもなっていないのもあってか、随分高い印象でした。

我が家の日当りが当初思っていたより悪くなりそうで、何か今からでも工夫...続きを読む

Aベストアンサー

No.5様に同意です。
確認表示板や建築計画概要書からでは、北側斜線制限に現地が合致しているかどうかの情報は入手できません。
ましてや、一般の方が現地に入り込み、検尺ポールを使って樋先高さを測定することはできません。
管轄の行政の建築指導担当部局に電話で相談すれば、すぐに動いてくれるはずです。
別に、違反建築物の通報、といった意味では無く、単なる近隣住民の心配の相談でも大丈夫です。
現在は、確認処分は行政ではなく指定確認検査機関が行っている可能性が高いですが、どのような内容で確認が処分されているのか、現地は確認処分の内容の通りに施工されているかを確認・調査をして、相談者に回答をしてくれます。
ただ、建築主側のプライバシーの問題があり、調査内容の詳細な説明は無いでしょう。ただ、結果がOKかNGかの回答になると思います。
確認処分をした民間の指定確認検査機関は、違反建築の対応はしないので、行政に直接相談するのが一番の早道です。

ただ、ご相談の内容からして、仮に違反が無ければ、天空率を使って北側斜線制限をクリアーしている可能性が高いですね。
この場合は、現地を目で見ただけではわかりません。確認申請の設計図書を見なければわからないです。

No.5様に同意です。
確認表示板や建築計画概要書からでは、北側斜線制限に現地が合致しているかどうかの情報は入手できません。
ましてや、一般の方が現地に入り込み、検尺ポールを使って樋先高さを測定することはできません。
管轄の行政の建築指導担当部局に電話で相談すれば、すぐに動いてくれるはずです。
別に、違反建築物の通報、といった意味では無く、単なる近隣住民の心配の相談でも大丈夫です。
現在は、確認処分は行政ではなく指定確認検査機関が行っている可能性が高いですが、どのような内容で...続きを読む

Q北側斜線制限をクリアする方法はないでしょうか。

こんにちは。
新築を計画していますが、2階北側の屋根が北側斜線制限にかかってしまい、1階の屋根より30cm程度短くなって軒先が揃いません。
屋根は切妻で、南北に傾斜しています。
ネットで調べると、天空率を使えば北側斜線制限をクリアできそうなのですが、「南北に傾斜している切妻に天空率は適用できない」と言われました。
そこで更に調べてみたのですが、ずばりそのように書いてある記述は見当たらないのであきらめ切れません。
何か良い方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

2代目cyoi-obakaです。

>「南北に傾斜している切妻に天空率は適用できない」

これは嘘(間違い)ですよ!
確かに、南北に傾斜した切妻屋根の場合は、軒先の位置(高さ)で天空率が支配されますので、緩和が厳しいのは事実です。
しかし、東西方向に空きがあれば(境界線からの離れ距離)検討する価値がありますよ。
要するに、天空率は任意の測定点での全天空に対する建物の割合ですから、上下の空きだけでなく、左右の空きも考慮出来ます。
よって、東西方向の境界線までの屋根の離れ距離を工夫すれば、多少は軒先が出せるのではないですか?

以上です。

Q北側斜線について

いつも参考にさせて頂いています。
第1種住居専用地域」です。南西の角地です。約120坪の土地の南側(80坪)に家を建てました。残った土地、北側(西に面した土地40坪)に将来、子供の家を建てる予定にしておりました。
最近、気がついたのですが、もし、将来、北側に家を建てた場合今建てた家の屋根が北側斜線を満たしておらず、南側の日当たりが悪くなります。建築会社は将来、家を建てる事を想定するはずなのに
とおもうと腹立たしくなります。
又、売る場合どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

お話の内容では、現在は違法建築ではありません。
北側斜線があたる位置で敷地分割をしても違法建築にはなりません。既存不適格というものになります。

ただ、分割する際は既存を不適格にしないように切るのがもちろん合法で、書類保存の5年をいう業者はモラルの低さが感じられます。それに改正で書類は7年保存になったと思います。ばれない事もあるかもしれませんがばれたら40坪には切れなくなるということをご承知おきください。建築の今の方向はモラル低下をくいとめ違法を減らす方向で動いています。今まで大丈夫でもこれからは取締りの厳しい方向です。

斜線をクリアしていればおそらく40坪で敷地を分割できたということになります。北側の計画までしていて40坪に分割できないのが約束違反だとお思いになるくらい打ち合わせをしていたなら設計者にクレームを言うことはできるでしょう。
方法としては、曳き家をおこない、申請手続きを行うことで敷地を40坪に合法的に分割する事は可能ですが、数百万かかるので訴訟しない限りは業者は応じないでしょう。

現状では違法ではないので訴求は難しいですが、設計士に対する約束違反について業者にクレームはつけられると思います。

お話の内容では、現在は違法建築ではありません。
北側斜線があたる位置で敷地分割をしても違法建築にはなりません。既存不適格というものになります。

ただ、分割する際は既存を不適格にしないように切るのがもちろん合法で、書類保存の5年をいう業者はモラルの低さが感じられます。それに改正で書類は7年保存になったと思います。ばれない事もあるかもしれませんがばれたら40坪には切れなくなるということをご承知おきください。建築の今の方向はモラル低下をくいとめ違法を減らす方向で動いています。今ま...続きを読む


人気Q&Aランキング