北側斜線規制について詳しい方、ご教授ください。
ひな壇の土地(南向き)に、現在戸建を新築しようと計画中です。
設計図を確認したところ、北側斜線規制を避けるため、隣地境界から1m20cm離され、屋根の一部がカットされておりました。
ですが、北側の土地は法面となっており、1m30cm程度敷地が高くなっております。
その場合、北側斜線規制が15cm程度緩和され、屋根のカットは特に必要ではなくなるのではないかと思うのです。

余分な費用をかけたくないということもありますが、お隣さんになる方とも仲良くしたいため、心中で「屋根のカットをしてまで北側ぎりぎりに寄せて・・・」と思われたくないという理由もあります。
気にしすぎなら良いのですが。
境界から十分離して建てればよいとも思うのですが、主人は反対しています。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

高低差のある場合の緩和を受けているのかどうか?


図面をご確認ください。
既に15cm高いとして計算しているかも知れませんし、
貴女が測った数値と、設計した数値とが異なってるかも知れません。
一概には言えませんので
設計士に質問してみてください。

屋根の一部がカットされてる為、
ギリギリ寄せて建てている印象を与えてしまう
これは貴女とご主人との判断です。
個人的には(法律的に規制を受ける地域ですのでその範囲内で)
ギリギリ寄せれば良いと思います。
カットされるデザインが気に喰わないのでしたら、
既出の天空率による検討をして貰うか、
デザインを変えてもらうかで、対処可能だと思います。

とにかく、設計士と相談される事をお勧めします。
    • good
    • 0

建築基準法の北側斜線についてはNo1様の回答の通りです。


また、基準法の場合は、多少斜線にかかっていても、「天空率」と言われる計算方法によってクリアできる場合も多いです。
かかっている度合いにもよるので、一概には言えませんが、極端に言うとカットなしで、もう少し北側に寄せられる可能性もないことはないです。
(計画内容が不明なので、可能かどうかは不明です。ただし、計算が複雑なのでやってもらえないかも…)

ちょっと気になったのは、高度地区の指定がないかどうか。
(高度地区の制限も北側の斜線制限なので、言葉では「北側斜線」という言い方がされることがあります。)
都市計画法の高度地区の指定がある場合の制限のことで、住居系の場合第一種高度地区か第二種の場合が多いです。制限の内容は行政庁が定めることになっているので、地域によって若干異なります。
(もちろん、指定がない場合は関係ありません)

高度地区の高さ制限(北側の制限)のほうが、基準法の北側斜線よりも厳しくなっている場合が多いですが、こちらの制限の場合、基準法のような緩和規定が設けられていないので、制限の斜線を単純にクリアできていなければならないという違いがあります。
    • good
    • 0

法の解釈は原則正しいと思います。


ただし地盤高さは「平均地盤面=建物周囲の地盤高の平均」を基準にしますので例えば南敷地がちょっと高いなんてなると微妙に変わってくるかも・・・、ともかく建築士に確認して下さい、緩和規定が頭から抜けている場合もあります。

15cmの緩和で屋根のカットが不要になるのであれば絶対に検討すべきです、言うまでもないですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北側斜線で質問があります。

北側斜線で質問があります。

北側斜線なのですが、検討する際に樋先と樋上端で検討する例が多いとおもうのですが、樋先は一番出ているところなので分かりますが、上端は瓦のほうが、高いと思うのですが、一番高いところから斜線を引いたら樋は関係なくなると思うのですが、この考え方は間違っているのでしょうか?

お願いします。

5M+●*1.25

Aベストアンサー

立面や断面で、北側斜線を引いて、一番近いところでの検討になります。

今回のケースの場合、樋と瓦の両方で検討して、厳しい方が検討するポイントになります。

尚、私どもでは、確認申請などで、どこが検討のポイントか解りずらい場合、
全てのポイントを検討・記載して申請します。

Q北側斜線の規制の緩和について疑問がある時

以前、当時建設中の南の家の屋根が高くて北側斜線を考慮すると
おかしいのでは、というような案件で相談させて頂きました。
そのときは、「天空率」を使っているのではないかというのと、
役所に適正か確認出来るというご助言を頂きました。
その節はありがとうございました。

南の家の件につきましては、
役所に確認をした所、「天空率」の所にチェックが入っているというような返答で
土地の西側を少しあけて家を建てていて、
午後になるとそこからそれなりに日照を得られるので
それで制限を緩和出来たのであろうと推測して、納得致しました。

そして先日、その左隣(我が家の南東)に家がたち始めました。
出来れば北側斜線に準拠した…と望んでいましたが、
こちらも屋根の高さが南の家と同じ位でした。
ですがこちらの家は、南のお宅と違い、
北東西にギリギリ(境界から1m以内と思われる)に基礎があり、
北側の屋根の一部を低くするような造作にもなっていません。

私の中では以前相談した時に調べた限りで、北側に面する部分の一部に空き地を設けたり、屋根を低くする等して部分の北側への日照を多めに確保する事によって、北側斜線の規制の緩和を受けられる、と認識していたのですが
件の家は、そのような処置をしているように見えず、私の認識が当てはまりません。
他にも緩和が認められる方法があるのでしょうか。

役所への確認で天空率を許可した根拠となる、
規制の緩和の事由についても教えてもらえるものでしょうか。
若しくは建設会社に、図面を見せて頂くとか屋根の高さについて伺っても良いものでしょうか。

せっかく得た筈の私の認識が間違っているなら正して、
前のお宅と同じように納得が出来れば良いのです。

上棟しても施工主も工務店も挨拶に来ないので、
ついでに聞いてみるという手も使いかねています。
ご助言をお願い致します。

以前、当時建設中の南の家の屋根が高くて北側斜線を考慮すると
おかしいのでは、というような案件で相談させて頂きました。
そのときは、「天空率」を使っているのではないかというのと、
役所に適正か確認出来るというご助言を頂きました。
その節はありがとうございました。

南の家の件につきましては、
役所に確認をした所、「天空率」の所にチェックが入っているというような返答で
土地の西側を少しあけて家を建てていて、
午後になるとそこからそれなりに日照を得られるので
それで制限を緩和出来たのであ...続きを読む

Aベストアンサー

<役所への確認で天空率を許可した根拠となる、
規制の緩和の事由についても教えてもらえるものでしょうか。>
はい、役所でこの建物は確認申請書通り建っているかどうか聞いてみてください。
役所で問題ないとの回答ならどうしようもありません。
ただ、役所も間違えることもあります。どうしても納得いかないなら、設計事務所に調査を依頼することです概略くらいはつかめると思います。(余所の建物にスケールをあてることは出来ませんので、あくまで概略ですがね)

Q複数用途地域にまたがっている土地重説の建蔽、容積率

用途地域が3つにまたがっている土地の重説では、
建蔽率と容積率はどのように表現すればよいでしょうか?

道路境界から15mまでは近隣商業、そこから30mが第1種住居、それ以降は第1種低層という土地なのですが、
建蔽率と容積率は按分して出さないといけないと思うのですが、
地形が整形でないので自分で出すことができません。
この場合はどのように表現すればよいのか教えていただけますでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

実測図、なければ公図を元に定規で計測して

「おおよそ○○%になります。正確な数値は
諸機関の判断によります。」

でいいのでは?

Q新築、土地、南向き?

南側道路に憧れます。ただこちらの地域では狭小地になるので、玄関が南だともったいないのかなぁなどとも思います。でも、二階のベランダに燦燦とお日様が当たるのには本当に憧れます。

3階建てに住んでいる方の意見を聞かせて下さい。

また、南を除く3方向に道路がある土地を見つけました。南側には家が建っていますが狭い土地なので庭を設けて南をあけるなどはできませんので南からの陽に期待はできません。この物件をどう思われますか??西と東と北で、その分補えると思われますか??

Aベストアンサー

狭小地3階建てに弟夫婦が住んでいます。
弟のところは旗竿地で、前にも横にも後ろにも同じような3階建ての家が建っていました。
確かに、1階は日が当たらないので薄暗かったのですが、2階には北側にトップライトがあり、とても明るかったです。
南にあるベランダ(バルコニー?)にもちゃんと日は差していましたよ。
太陽は冬でもそれなりに昇るので、日中は大丈夫だと思います。
あと、3階はさすがに日当たり良かったです。
弟のところは3階の1室をサンルーム代わりにして洗濯物を干していましたよ。

結局は設計次第だと思います。

Q用途地域をまたぐ場合について

敷地が用途地域をまたぐ場合について困っています。

例えば敷地Aが第二種中高層住居専用地域、敷地Bが第二種低層住居専用地域であり、そこに建築をしようとする場合に面積が過半になっている方の用途制限を受けるのまでは分かります。
しかし、敷地Bは二種低層住居専用地域であり、商業施設の場合は150㎡しか建てられません。これは、一つの建築が敷地をまたいでいる場合は、はみ出した部分の建築面積が150㎡を超えてはいけないと言うことでしょうか。

長くなり誠に申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問文の文字が化けていたりして、よくわからないのですが、おそらく敷地が二つの区域にまたがる場合の建坪率についての質問かと思いますので、それについて回答いたします。
建築基準法
(建ぺい率)
第五十三条
2  建築物の敷地が前項の規定による建築物の建ぺい率に関する制限を受ける地域又は区域の二以上にわたる場合においては、当該建築物の建ぺい率は、同項の規定による当該各地域又は区域内の建築物の建ぺい率の限度にその敷地の当該地域又は区域内にある各部分の面積の敷地面積に対する割合を乗じて得たものの合計以下でなければならない。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO201.html

非常にわかりにくい文章ですので数式で説明しますと、
もし、一つの敷地のA部分(面積A)の建坪率がk(%)であり、同じ敷地のB部分(面積B)の建坪率がp(%)であるような場合には、ここに建築可能な最大の建築面積は
(Axk)+(Bxp)ですよ。ということです。
2地域にまたがった敷地の建坪率の上限は、あくまでも上記のように敷地全体で規定されるのであって、「はみ出した部分」というように用途地域ごとに規定されるものではありません。

質問文の文字が化けていたりして、よくわからないのですが、おそらく敷地が二つの区域にまたがる場合の建坪率についての質問かと思いますので、それについて回答いたします。
建築基準法
(建ぺい率)
第五十三条
2  建築物の敷地が前項の規定による建築物の建ぺい率に関する制限を受ける地域又は区域の二以上にわたる場合においては、当該建築物の建ぺい率は、同項の規定による当該各地域又は区域内の建築物の建ぺい率の限度にその敷地の当該地域又は区域内にある各部分の面積の敷地面積に対する割合を乗...続きを読む

Q南向きの土地 両隣りに家がある場合のリビング、玄関の位置について

只今、新築に向けて間取りを検討しています。
南道路で(幅6mあり)、間口9.5m、奥行き15mの長方形の土地です。
分譲されたばかりで、まだ、両隣りには家は建っていませんが、近々、建ち並ぶと思われます。

家の大きさは、幅7.5m、奥行きが8mの総二階です。
一階はLDKとリビング続きの畳コ-ナ-、トイレ・洗面、玄関、階段です。
吹き抜けは、部屋を優先したので断念しました。。

そこで、日中、一番リビングが明るいようにするには、どのように配置すればいいのか悩んでおります。。

南玄関なので、
(1)玄関を南東にして、南西に畳コ-ナ-+(北に向かって)LDKを配置
(2)その逆で、玄関を南西にして、南東に畳コ-ナ-+LDKを配置

この(1)か(2)なのですが・・・日中、家にいる私としては、午後からも明るい方がいいので、(1)にして西からの光を取り入れた方が明るいのかなアと思うのですが、、夏は西日が強くて暑いかもしれないし、畳も焼けやすいかも・・北西にキッチンがくるのですが、西側にキッチンは、物が腐りやすくなる為避けた方がいいと聞いたし・・・

で、そんな風に考えると、(2)の方が無難なのかなあと思うのですが・・優先したいのは明るさなのですが、実際の住み心地としては(1)と(2)のどちらが快適なのでしょうか・・・

余談ですが、風水に詳しい人に、『南東の玄関はお金が貯まる』と聞き、それなら、お金の貯まるに越したことはない、と言う思いもあり、(1)を考えた事もありました。。
私自身、風水はあまり知らないのですが、関心がない訳ではなかったので・・・

只今、新築に向けて間取りを検討しています。
南道路で(幅6mあり)、間口9.5m、奥行き15mの長方形の土地です。
分譲されたばかりで、まだ、両隣りには家は建っていませんが、近々、建ち並ぶと思われます。

家の大きさは、幅7.5m、奥行きが8mの総二階です。
一階はLDKとリビング続きの畳コ-ナ-、トイレ・洗面、玄関、階段です。
吹き抜けは、部屋を優先したので断念しました。。

そこで、日中、一番リビングが明るいようにするには、どのように配置すればいいのか悩んでおります。。

南玄関な...続きを読む

Aベストアンサー

ご新築おめでとうございます。間取りを考えるのは楽しいですよね。

さて、午後も明るいのがよいのでしたらオーソドックスに(1)がよいと思います。
西日が暑いのが心配でしたら、Low-Eペアガラス、樹脂サッシにすれば軽減できますし、断熱をしっかり行えば問題ないと思います。キッチンは西に窓を作らずに、断熱をしっかり行えば暑さの心配はそれほどしなくてもよいと思います。
 また、畳は焼けるものですから、陽が入ろうと入るまいといずれ色は変わります。最初の数ヶ月青いだけのために部屋の位置を気にする必要は無いと思います。

ただ、西側に家が建った際には西側の窓からは陽は入ってきませんから、それほどの明るさは望めません。

家の形を少し変えて、リビングをお隣の家よりも前に出して西側に窓のパターンが一番明るいかもしれません。

----------------------
I  K              I
I                 I
I  D              I
I              玄関I
I             -----
I             I
I     L       I
I             I
-----------------

ちなみにこんな感じにすれば、3方向から採光できますよ

ご新築おめでとうございます。間取りを考えるのは楽しいですよね。

さて、午後も明るいのがよいのでしたらオーソドックスに(1)がよいと思います。
西日が暑いのが心配でしたら、Low-Eペアガラス、樹脂サッシにすれば軽減できますし、断熱をしっかり行えば問題ないと思います。キッチンは西に窓を作らずに、断熱をしっかり行えば暑さの心配はそれほどしなくてもよいと思います。
 また、畳は焼けるものですから、陽が入ろうと入るまいといずれ色は変わります。最初の数ヶ月青いだけのために部屋の位置を気に...続きを読む

Q「黒台のひな壇」探しています。

家にある小さい人形を飾る用のひな壇を探しています。
サイズは「幅15cm前後、高さ10cm前後」の小さい、黒塗りのもの。
検索してみたら小物(ぼんぼり等)だけの販売店はあったのですが、台となると見つかりません。
ご存知の方、いらっしゃったらお願いします。

雛壇の専門店などあれば嬉しいです。

Aベストアンサー

東京に近いなら浅草橋駅は古くから主要な人形専門店が集まっている場所です。
人形屋、久月、秀月などその他装飾品の問屋や画材用品店など工芸用品の街です。
サイズ云々は判りませんが検索エンジンで「浅草橋」で検索して下さい。
人形屋、久月、秀月のサイトが閲覧できます。

Q北側斜線制限をクリアする方法はないでしょうか。

こんにちは。
新築を計画していますが、2階北側の屋根が北側斜線制限にかかってしまい、1階の屋根より30cm程度短くなって軒先が揃いません。
屋根は切妻で、南北に傾斜しています。
ネットで調べると、天空率を使えば北側斜線制限をクリアできそうなのですが、「南北に傾斜している切妻に天空率は適用できない」と言われました。
そこで更に調べてみたのですが、ずばりそのように書いてある記述は見当たらないのであきらめ切れません。
何か良い方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

2代目cyoi-obakaです。

>「南北に傾斜している切妻に天空率は適用できない」

これは嘘(間違い)ですよ!
確かに、南北に傾斜した切妻屋根の場合は、軒先の位置(高さ)で天空率が支配されますので、緩和が厳しいのは事実です。
しかし、東西方向に空きがあれば(境界線からの離れ距離)検討する価値がありますよ。
要するに、天空率は任意の測定点での全天空に対する建物の割合ですから、上下の空きだけでなく、左右の空きも考慮出来ます。
よって、東西方向の境界線までの屋根の離れ距離を工夫すれば、多少は軒先が出せるのではないですか?

以上です。

Q北側斜線の緩和

北側斜線の緩和について教えてください。
今度、建築予定地に北側斜線が該当するのですが北側に公園があり公園が80センチ低くなっている場合は緩和がなにかあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

距離的な緩和は道路・水路の場合だけです
高さ的な緩和は計画地が北側隣地より1m以上低い場合だけです。
計画地が高いので(有利側なので)、
どの部分に緩和を受けたいのかがイマイチ解り辛いです。
スイマセン。

天空率と比較して有利な方法で計画されては如何でしょう?
御参考まで。。

Q建物の南向きとか北向きとか

元々2階建ての会社で 2階部分を賃貸住居用としてリフォームした建物(4世帯アパート)に住んでいるんですが 1階の会社入り口が南東側にありアパートの入り口である2階の階段が北東側にあるんですが どっちの入り口にたいしてどの方角が建物の向きなのでしょうか?
質問がわかりにくくて申し訳ないですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

主に居住する人が多く集まり一番長くいる居間の窓にさしこむ光の方向が○○向きと言い方をするのが一般的と思います。また玄関の入り口がある方角を○○入りというと思います。業界10数年の者ですが、この言い方で訂正された事はありませんし、お話した方全ての人も自分と同じ認識だと思います。

先の回答者さんの回答は私は聞いたことがなく、私の地域ではそのような言い方はしません。専門家という事なので全国で言い方が違うのでしょうか?そうだとすれば興味深く勉強になった回答でした。

余談ですが一般的に住宅では南向き南入り(東入り)が条件の良い土地とされます。(隣地との段差、角地、土地の大きさ、接道など複数の要素が絡むため一概には言えませんが・・・)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報