僕は今、予備校の税理士講座に通っている大学生3年生なのですが
簿記論について質問があります。

簿記論の直前問題集や過去問を見ると本試験では問題の問われ方等が難しくなってたりして、ボリュームは多いと聞いていたのですが問題を解いててかなり焦りました。
専門学校や問題集の論点や総合はいい点が取れるのですが、かなり焦りました。

やはり満点を取る試験ではないのでもう少し楽に解けるところを探し難しい問題を捨てていけばいいと思うのですが、
初めてなのでどうしても真っ向勝負をしたくなってしまい撃沈しました笑


そこで
試験では何割を目指せばいいのか。
また合格するには過去問のレベルは時間がないにしろ時間を考えなければどのくらい解けるのか。
解けない問題はあるのか。
と、質問させてください。

またアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

本試験の合格率は10~15%程度ですが、簿記論は腕試しで受験する人も多いので、予備校へ通っているのであれば毎月ある模試受験者の上位30%を目指すとよいでしょう。



本試験で難しい問題に遭遇した時は、解けそうな問題からどんどん解答していった方がいいです。
かなりの受験生が予備校を利用してますので、授業や模試で見たこともない問題は自分だけでなく他の人も解けないと思った方が気が楽ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

予備校でこのレベルまで教えるのかな?と少し疑問に思ってたんですが
、わかりました!ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/13 11:37

まず、問題文全体に目を通して、次の3つに分けましょう。



 (1)時間をかけなくても得点できる基本問題
 (2)多少時間をかけて集中すれば得点できる問題
 (3)時間をかけても解けない問題

次に、(1)の問題を慎重に、絶対にミスをしないように確実に得点しましょう。

最後に(2)の問題を時間の限り解きましょう。(3)の問題は解いちゃダメ。

答練で上位3割に入れる力があれば、この解き方で解けば自動的に合格します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング