DH5αにPSTV29をエレクトロポレーションし、X-galをまいたCP添加LB寒天培地に10μl、50μlそれぞれまきました。生えたのは、コロニー数が少なかったですが、青色コロニーと水色コロニーでした。
3度ほど試しましたが、目的の白色コロニーが出ないので、今の所原因は、エレクトロポレーターの故障か、培地に問題があるのか分かりません。
分かる方よろしくお願いします。 

それとDH5αってCP耐性を持っているんですか?
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

DH5aは抗生物質耐性をもちません。


クロラムフェニコールをどの程度の濃度で使用しているのか
わかりませんがコロニーが出ているのならばおそらく問題ないでしょう。

きちんとインサートが入ったplasmidでも読み枠があってしまったり
インサートの中から翻訳が開始されたりする可能性があるため
100%白くなるわけではありません。
水色のコロニーに対してインサートチェックをしてみることをお勧めします。

機械や手順を含めエレクトロポレーション自体はうまくいってると思います。
    • good
    • 0

こんにちは。


一応確認しますが、pSTV29をそのまま入れてないですよね?
lacZを潰さないと青くなるのは当然なので。

そうでないなら、コロニーは生えているようなので、エレクトロポレーターより制限酵素やライゲーションを疑ったほうが良いと思います。

ちなみにDH5alphaは当然CP耐性を持っていません。
    • good
    • 0

カラーセレクションだけを信用して実験するのは、簡単に言うとダメだと思います。



青色になる細かい原理はご存知だと思いますが
挿入された遺伝子によって分断されたとしてしても、読み枠があっていたりして青色になることもあるかもしれませんし、

理想的にインサートが存在していても、100%白色でないときもあります。
インキュベーション時間が長すぎると水色になってみたりとかなどなどなど。

2、3個コロニーを取ってみて確認することはよくやることです。
カラーセレクションを信用しまくるということはあまりしないと思いますが・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q札幌colonyについて。コロニーは出入り口ひとつしかないですよね?裏口とか特にないですか?わか

札幌colonyについて。
コロニーは出入り口ひとつしかないですよね?裏口とか特にないですか?
わかる方お願いします!

Aベストアンサー

下記にホールの見取り図があります(地下1階に有るので、階段orEVで下におります)
http://colony6.com/inf/flo.html
階段の右下の出入り口がお客様用です(EVありますが、階段を利用して下さいとのことです)
https://twitter.com/colony_sapporo/status/278821368722751488/photo/1

Q各培地で微生物のコロニーが着色するしくみを教えてください

初めまして。早速質問なのですが、特定の微生物を培養するための培地(例えばDHL培地、TCBS培地など)につきまして、コロニーの着色、あるいは形状から微生物の種類を特定すると思うのですが、その特異的な着色をさせる仕組みを教えてください。
培地によって異なるかと思いますので、とりあえず、上記のDHL培地、TCBS培地でサルモネラ属、ビブリオ属を培養した場合にそれぞれの微生物のコロニーが特定できるのはどのような仕組みによるものなのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

DHL培地
含まれている糖が分解されて利用されると酸性に傾くため、添加されているニュートラルレッドにより赤くなります。
糖を分解できない種は無色になります。

TCBS培地
塩濃度とPHが高い培地ですのでビブリオ以外は増殖できないか非常に遅くなります。
糖分解するビブリオは酸性に傾いて添加されているBTB,TBにより黄色くなり、糖分解しないビブリオは緑色になります。

Qコロニー形成単位 cfuはなんと読めばよいのですか。

菌数の単位をCFU(colony forming unit:コロニー形成単位)と表現するそうですが
読むとき、また他人に伝えるときはそのままシーエフユーと読めばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

そのまま「シーエフユー」と読みます。

多くの場合CFUのあとに容積の単位がはいります。
たとえば液体1ml中の菌量は
「○○CFU/ml(シーエフユー・パー・ミリリットル)」
と表現します。

QX-galの青白スクリーニングで、培地が青くなってしまいます

キットのプロトコール通りに、X-galを培地に0.4mg/mlで添加し、青白スクリーニングをしています。使用しているサンプルが育つのに4日前後かかるのですが、その間に、培地の方がどんどん青みを帯びてきてしまいます。
培地はガラクトースを20%程度含んでいます。指示書の通り65℃まで冷やしX-gal液を加えています。
このような培地に直接加える方法ではなく、プレートに塗布する方がいいのでしょうか。

Aベストアンサー

何年か前に一度だけ、大腸菌のプレートが青くなったことがあります。詳しいことは忘れてしまったのですが、インキュベーターが壊れてかなり高温になっていたのが原因だったかもしれません。

もしかして、今回は酵母なのに37℃で培養してしまったなんてことは、ないでしょうか。

Qコロニーについて

初歩的な質問なんですが、培地で培養した菌のコロニーで、ちゃんと孤立してるコロニーは普通に数えればいいんですけど、コロニー同士が微妙にくっついてできているコロニーは一つのコロニーとして数えるんですか?それとも二つで数えるんですか?

Aベストアンサー

コロニーの数を数えることで、何を知ろうとしているのかを考えてみましょう。
培地で培養した菌のコロニーの数は、その培地に接種した菌で、増殖できたものの個数を表していますよね?
逆にいうと、コロニー数を数えるということは、接種したサンプルに、その培地で増殖できる菌がどれだけの数いたのかを知ることが目的であるわけです。

別の考え方としては、培養が進んで、ほとんどのコロニー同士がくっついてしまった場合を考えれば、おのずと答えがわかりますね。

ということで、微妙にくっつくどころか、ほとんどくっついてしまっていても、恐らく2つのコロニーがくっついたのだろうと思われる形状のコロニーも2つに数えるべきでしょう。
もちろん、3つ以上がくっついているような形状の場合も同様に。

Qカビの寒天培地について

中学生です。私は化学系の部活に入っていて、夏休みに自由研究と言うのか、実験・観察・調べ学習をします。今年私はカビの研究をしようと思いました。

それで私は、カビを培養する為に寒天培地を作ろうと思っています。インターネットで調べるとカビの培養には「ポテトデキストロース寒天培地」が適しているとわかりました。
これを寒天・ジャガイモなどを使って作りたいです。
やり方は、
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/kinoko/1-5.pdf
こちらの図3を参考にするつもりです。
しかし、学校でジャガイモを剥いて……とするのは大変時間もかかると思うので、上のやり方の③までを家でやって、一リットルにしたものを持って行き、再度温めたいのですが……これが可能かどうか、ということを質問させて頂きます。その再度温めるまでの時間も、さすがに12時間以上開くとダメでしょうか。
それと、③では上澄みに水を加えると書いてありますが、それは②でとった上澄みに水を加えるということですか?
また、⑧の後の加熱殺菌を電子レンジでやるとすればどういう手順になるでしょうか。滅菌は、圧力鍋もオートクレーブも電子レンジもない状況だとできませんよね。

素人です。質問以前の問題で、やりやすい方法や別の作り方があれば、お教えください。カビなんて、少しの栄養分があれば生えると思うのですが……この手順を踏まないといけないのでしょうか。
最低限、自分で寒天培地を作れれば、もっと簡易的なもので構いません。滅菌なども、しなくても良いというのならばそれで結構です(あくまで自由研究の範囲なので)。
今日中にご回答頂ければ幸いです。

中学生です。私は化学系の部活に入っていて、夏休みに自由研究と言うのか、実験・観察・調べ学習をします。今年私はカビの研究をしようと思いました。

それで私は、カビを培養する為に寒天培地を作ろうと思っています。インターネットで調べるとカビの培養には「ポテトデキストロース寒天培地」が適しているとわかりました。
これを寒天・ジャガイモなどを使って作りたいです。
やり方は、
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/kinoko/1-5.pdf
こちらの図3を参考にするつもりです。
...続きを読む

Aベストアンサー

単純にカビがはえれば良いと言う事であれば、寒天培地に適当な栄養物があれば良いわけです。
重要なのは、他の雑菌や真菌などが倍地に入っていない事ですから、滅菌処理が重要になります。
120℃以上のオートクレープが適当ですが、無ければ煮沸時間を充分長くとる事でも可能と言えます。
作ってから、長時間保存した場合は、その間に雑菌が繁殖する可能性があるので、滅菌してもなんらかの物質が残る可能性はあります。(雑菌や真菌は滅菌できれば、増殖はしません)
単純に、コロニーの形成を目視するだけならば、倍地の分析は不要ですよね?
そうであれば、あまり厳密に考えないで、作りやすい倍地を作れば良いと思いますよ。
単純に言えば、寒天とブドウ糖(グルコース)だけでも、カビは繁殖すると思います。

QコロニーPCRについて

基礎的なことですいません。生物実験についてなのですが、以下のような手順を用います。

形質転換した大腸菌をプレートで培養⇨生えたコロニーのPCR、バンドを確認⇨生えたコロニーを溶液培養⇨大腸菌液からプラスミド抽出

ここで質問なのですが、コロニーPCRからは目的バンドを確認できるのに、いざ溶液培養を行い、プラスミド抽出後にPCRを行うと、目的バンドでない事が多々あります。この場合には、コロニーPCR溶液について溶液培養を行えばいいのでしょうか?
ちなみに、コロニーPCRを行ったコロニーと、溶液培養を行うコロニーは同じコロニーではなく、それぞれプレートからピックアップしたものです。

またもう一つ質問なのですが、溶液培養を行うコロニーは一粒でいいのでしょうか?自分が用いている大腸菌がDH5αで、コロニーが非常に小さいので、オーバーナイトで増殖するのか心配です。

Aベストアンサー

コロニーを20ulのLBリキッドに懸濁し、1ulをテンプレートとしてコロニーPCRを実施します。

目的のバンドが得られれば(当たりであれば)、残り19ulを種として数mlの液体培養を開始します。

ミニプレップ後のプラスミドは、コロニーPCRと同じものですので、PCRでは同じバンドが得られるでしょう。

エキストラが得られるなら、DNAがクルードでなくなったため、プライマーがアプローチしやすくなったからでしょう。

プライマーを適切なものに変えれば、キレイに出る筈です。

QSS寒天培地とTCBS寒天培地

SS寒天培地とTCBS寒天培地はなぜ滅菌が不要なのですか??

Aベストアンサー

胆汁酸塩(もしかしたら違う物質かも)が入っていて、目的とする菌以外はなかなか生育しない選択培地だから。だったと思います。

粉末培地で試薬瓶を購入していたら、成分表を見てみて下さい。

Qサテライトコロニー?について

こんばんは。
初めて質問します。よろしくお願いします。

大腸菌のトランスフォーメーション実験を行い、アンピシリンとX-gal染色によりセレクションしました。
白色コロニーをコロニーPCRにかけるために選ぶ際、指導者に、サテライトコロニー(?)は白色でも正しくトランスフォーメーションされていないことが多い、と言われました。
サテライトコロニーとは、1つの大きなコロニーのまわりに小さな飛び散ったようなコロニーが見えるもののことを指すらしいのですが。
なぜ、正しくトランスフォーメーションされていないのでしょうか?確かにコロニーPCRでは増幅されませんでした。
指導者はその理由は忘れてしまったそうです(-_-メ)
調べても中々わかりません。
どなたかご存知でしたら教えてください。
参考URLでもかまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サテライトコロニーは、形質転換体のコロニーによって、培地中の薬剤が分解されたために、形質転換されていない(つまり、プラスミドを持っていない)ものがコロニーを形成してしまう現象です。

プラスミド自体を持っていないので、β-ガラクトシダーゼ活性も持ちませんから、コロニーの色は白色となります。

ちなみに、サテライトコロニーは、アンピシリン耐性で選抜するときによく見られますが、アンピシリンの代わりにカルベニシリンという薬剤を使うと、サテライトコロニーの発生をかなり抑えられます。(カルベニシリンは、アンピシリンと比べるとかなり高価ですが。)

Q合成培地と複合培地について

こんにちわ。培地についての質問ですが、合成培地と複合培地の特徴と欠点、コロニーのでき方を教えてください。もしくはそれらを調べることができるサイトなどを教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

書かれている複合培地とは、非合成培地のことでしょうか?

合成培地は内容物が化学敵に既知のもののみを含むため、
多少育ちが悪い場合がありますが再現性に優れています

非合成培地は内容物に未知のものが含まれます
一般的に増殖は優れていますが、
原料のロットによって異なる結果が出ることが、
合成培地よりも多くなります

培地も培養対象も書かれていないので、コロニーの出来方の違いをかけるだけの情報がありません


人気Q&Aランキング