昨日、友人の紹介もあり歯周病予防の為にいつもとは違う歯科医
に行ったのですが、そこでレントゲンと検診していただいたら、
1本虫歯があるので治療した方が良いと言われました。

これまで3ヶ月に一度程度は歯科に通ってクリーニングなどは行
って頂いていたので、虫歯などは無いと思っていたので意外でした。

確かにレントゲンではうっすらと影が映っているようにも思いま
したが、他の歯と比べても見分けにくく本当に虫歯なのかどうか
素人判断では分からなくて専門家の皆様の意見を伺いたいです。

家でデンタルミラーで指摘された部分を見てみても目視できる部
分に虫歯らしきものは見えず、本当に虫歯なのって感じなのです。

このような自覚症状のないレントゲンのみにうっすらと映るよう
な虫歯は歯科医から見れば見間違いようのない虫歯なのでしょうか?

参考意見でも構いませんのでアドバイス頂ければ嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

虫歯(齲蝕)の判定は初期に近ければ歯医者の判断に委ねられるので、かなり微妙な部分を含んでいます。



【歴史的見地】昔はレントゲンに写った髪の毛ほどの影でも削って詰めるようにと大学で習いました。それが早期発見早期治療の原則でした。
しかし少し前には「エナメル質齲蝕はそのままでも深くならない事がある」と言われました。この時は象牙質に達したものは治療対象です。そして近年では「象牙質齲蝕でも管理が充分に出来れば経過観察を行なう」というように変っています。
どれも間違いではありませんが、どれもリスクを負っています。
従って、その先生がどの説で方針を立てるかによって、判断が違ってきます。

【経験的見地】かかりつけの歯医者であれば、患者さんの口の手入れ状態を把握しています。従って同じ虫歯でも、歯磨きなどの手入れ状態が良くない場合には虫歯の侵攻が止められませんから治療を勧め、手入れが充分行き届いて定期健診もキチンと来る患者さんなら経過観察で済ませる事ができるでしょう。
初めての患者さんの場合…前歯医者が経過観察をしている虫歯でも、3ヵ月後に新しい歯医者に行けば、後歯医者が把握できる情報は「3ヶ月前に歯医者を受診した患者さんに虫歯がある」だけです。これは「3ヶ月で虫歯が出来た」あるいは「前歯医者が見落とした」ぐらいにしか把握できませんから、「治療する」という判断になる可能性があります。

【レントゲンの影】 レントゲンでは、隣の歯との接触点では、放射線の干渉作用で黒ずんで写る場合があります。稀にですが、これを虫歯と誤って判断する場合があります。
 歯と歯の接触点付近の虫歯は、外部からの刺激を受けにくく、痛みがないまま虫歯が侵攻することも良くあります。
 歯の横面の根の近くに長く写る陰があります。もちろん虫歯の場合もあるのですが、根の側面にある窪みが陰となって写る事があります。
 レントゲンの影は様々な検査や聞き取り検査(問診)などの総合判断として下すもので、レントゲンだけで虫歯と判断するのは危険です。
もちろん中には儲けるために、それを知りながら虫歯だと指摘する歯医者も居ないではありません。

【保険の制約】
保険診療では、病気の無いものに対するレントゲンは請求できません。
なので保険範囲では定期健診でもレントゲンを撮る事ができません。
逆に言えば、レントゲンを撮るということは、自費請求になるか、<病名をつけなければならない>事になります。
本来なら検査して病気を有無を判断すべきなのに、厚労省の考え方は逆なのです。
これはひと頃、某議員が放射線被爆を大げさに問題視した結果の制約です。
もちろん被爆の問題は大きいですから、やたらに撮る事は許されません。しかし国の方針では、「病気が明らかでなければレントゲンを撮ってはいけない」と言っているようなもので、その為に判断の誤差が大きくなっても、医療過誤とは言えません。
もちろん、多くの歯医者はレントゲン無しでもできる限り詳細に情報を集め、誤差があっても、経過観察の範囲で把握できるようにしているでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適切なアドバイスありがとうございました。
歯科診療の現状が良く理解出来ました。

先日、別の歯科医に診察して頂きましたところ、部分レントゲンを
撮って頂いて診て頂きました。

問題の部分に穴が空いている状況では無く、今すぐに治療が必要で
は無いとの診断を頂きました。

今回は虫歯の判断及び治療方針が歯科医ごとに異なるということが
わかり良い勉強になりました。

適切なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 14:35

こんばんはもしくはおはようございます。




虫歯の診断については歯科医師でも非常に判断が難しく、意見が分かれるみたいですよ。http://www2.ha-channel-88.com/soudann/soudann-00 …

参考URL:http://www2.ha-channel-88.com/soudann/sikaiinnni …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

先日、以前の歯科医に行って診察して頂いて、歯科医ごとに
虫歯の判断や治療方針が異なることが分かりました。

良い勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 14:24

私達の歯は動きながら磨り減りながら時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。

安易に歯を削れば噛み合わせや体のバランスが崩れ歯や体に様々な問題を起こすことがあります。実際に診ていないので何とも言えませんが、慎重になさった方が良いと思います。そう言う意味では今までの先生他にセカンドオピニオンで相談なさることをお奨め致します。
参考:ある大学教授のコメントから
ある歯科医院で両側の臼歯部の治療を受けてから、顎がだるい、おかしいということで別の医院を訪れたら欠損があったのでブリッジを装着
した。しかし全然よくならないので3回もやり直したという症例です。
27・8歳の方ですが、このときは多少精神的にもおかしいことが起こりつつある状況たったのです。3ー3のようにほとんどが予防充填されています。こういう予防充填などもセントリツクが甘くなるもとなのです。また小児歯科のシーラーなども咬合の問題からするとあまりよくない気がします。だからもし必要な場合は慎重にやってほしいと思います.この人の一番の原因はそのあたりではないかなと思うのです.上顎を充填されてなんとなくおかしくなって、下顎はまた別の歯科医院で治療を受けて、それで手に負えなくなってきた。一生懸命やっても、数年たつとマージンが下がることから始まって、いろんな問題が出てきますね。補綴するのがだんだんこわくなるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日、別の歯科医院に行って診て頂いてきました。
部分レントゲンを撮って、先生に判断していただいたところ、
今すぐに治療が必要な虫歯ではないとの判断を頂きました。

レントゲンを見た限りでは、穴が空いているような状況では
無かったです。

今回は歯科医ごとに虫歯の判断が異なるということが身をも
って分かって良かったです。これからも治療の判断を鵜呑み
にせず、セカンドオピニオンしようと思います。

適切なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 13:58

専門家ではありませんが。


色が黒くなった虫歯は、有る程度中まで侵されて深く削って治療する必要があり,神経を抜くことにも成ります。
早い段階での治療で有れば、その部分を薄く削り取って詰め物をするだけで済みます。
目で見て分からなくても、浸食が始まっていることは十分にあり得ることですから、レントゲンでの早い発見は良かったと思います。
疑問に思うので有れば、その結果をいつもの歯医者さんで診てもらい、再確認されればいかがですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先日、いままで掛かっていた歯科医院に行ってきました。
レントゲンも撮って頂いて判断して頂いたのですが、虫歯の治療の
判断が異なりました。

今回は良い勉強になりました。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 14:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • むし歯・う蝕のまとめページ

    むし歯(う蝕)とはどんな病気か  むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。  6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における乳歯のむし歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(ゆうびょうしりつ)(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀歯の下の虫歯ははずさないとわかりませんか?

最近、右下の歯が時々痛みます。

そこは、4年ほど前に深い虫歯になり治療した歯で(神経はあります)
銀が詰めてあります。

気になったので歯医者で見てもらいましたが
レントゲンでは異常なく、
「もしかしたら銀歯の下が虫歯なのかもしれないけれど、はずしてみないとわからない」と
言われました。
私としては、それで確認出来るならそれもありかなと思っているのですが、
「深く削ってあるから、新たに銀を入れ替えるとなるとさらに削らないとなので
神経に近くなってしまう」みたいな事を言われました。

もし銀歯をはずして、虫歯がなかったとしても、新たに銀をつめる場合は
削らないといけないのでしょうか?
そう考えると、様子を見たほうがいいかなとも思うのですが
痛みが本格的になってから治療するとなると、神経を抜く事になってしまいそうで不安です。

どなたか詳しいかた、教えてください。

Aベストアンサー

通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。そして線量も少ないので金属は通しません。
だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。

金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。
あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。
金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がないし、ダイヤモンドでも直ぐだめになる。注意深く除去すれば時間もかかるので、歯を削って除去する歯医者のほうが多いんです。

しかし、除去時にまったく歯に触れないでいいかといえば“絶対”とはいえませんし、その後、古いセメントの除去や形の修正で歯をまったく削らないでイイとは言い切れません。つまり「やってみないと判らない」のです。
それに削る穴や土台の形も結構歯医者によって好みがありますからね、納得して責任ある治療するためにはある程度の修正はやむをえないでしょう。

もちろん神経を抜かないで済むように努力はするでしょうが、絶対などということはいえないのです。
逆に「絶対」などと安易に言う歯医者は気をつけたほうがいいかもしれません。

でも、時折痛むならはずしたほうがいいと思います。
虫歯になっている可能性もあるし、金属は熱伝導がいいので、神経に熱刺激によるストレスが溜まっている可能性もあります。
もしこれらの状況があれば、いずれ歯は何もしないときでも痛みを発する可能性が出てきます。
そうなると根の治療をしなければならなくなるので確認したほうがいいと思いますよ。

通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。そして線量も少ないので金属は通しません。
だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。

金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。
あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。
金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がない...続きを読む

Q歯科によって、虫歯と言われた箇所が違うとき

20代後半男です。
歯科での虫歯の診断について、教えていただけませんでしょうか。


最近、検診という形で二つの歯科に続けて行ったのですが、
それぞれの歯科で虫歯になっていると言われた箇所が全く違い、
今後の治療に迷いが生じています。

最初行った歯科では、左下の奥歯、右下の奥歯、右上の奥歯の計3箇所を虫歯と言われました。
次に行った歯科では、左上の歯、右上の歯、前歯数本の計5箇所ほどを虫歯と言われました。
私自身はどの箇所についても、特に痛みなど虫歯の自覚症状はありません。

どちらの歯科でも共通して、虫歯と言われた箇所がなく、
正直今両方に対して不信感がある状態です。
なお、レントゲンはどちらでも撮っています。


こういう場合、今後の治療はどうしていくべきでしょうか?
よろしければ、教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。歯科治療で不安を持たれている事、同じ経験を持つ身としてよくわかります。

先ず歯科医師(歯科業界)の置かれている社会的状況から説明しますね。一昔前までは、歯科医師と言えば高収入の一つでしたが、それも今は昔の話。歯科医師が増えすぎて過当競争に走り、それでも患者は増えないので、収入が減る一方なのです。コンビニの数よりも歯医者さんの数のほうが多いです。グーグルマップでみれば一目瞭然。統計によれば平均的な年収は600万円程度。新卒の歯科医師の場合はもっと苦しくて200万円台と言われています。

このため、余計に治療をしたがる傾向があるようです(友人の歯科医師のお話です)。何故なら日本の医療業界は出来高制ですから、削らないと収入にならないからです。

また虫歯の判定は目視で判断するので、歯科医師によって判定が異なるのは普通にあることです。不思議なことではありません。これも覚えておいて下さい。言い方を変えれば、二人の先生で全く見立てが違うということは、二人の先生が虫歯であると判定した歯、全てが虫歯では無い、という可能性だってあります。

さて私が貴方様であったらどうするか、という観点からアドバイスいたします。

1.毎日、夜の歯磨きの後にミラノールを使う(詳細はURL見て下さい)。調剤薬局で手に入ります。取り扱わない調剤薬局も多いので、根気よく探す事です。私は5件目でやっと見つけました。一箱買うと4年くらいは持ちます(粉末のものを溶かして使います)。

2.歯磨きに自身が無ければ、電動歯ブラシを使う(薬局で歯の染色液が売ってますから、これで赤く染めてみて自分の歯磨きが確認できます)。

3.肝心の歯医者さんですが、以下のような歯医者さんを探してみて下さい。
 (1)一件、そんなに綺麗な建物(ビル)では無い
 (2)出来れば先生一人でやっている。余計な歯科衛生士など居ない(人件費のために余計な治療をされます)
 (3)もちろん高級外車も無い。出来ればお年寄りの先生。

こんな感じの歯医者さんを見つけたら、あくまで検診という形で見てもらいましょう。決して他の検診で虫歯と指摘されたことなどを話してはいけません。これを話すと、逆に患者に安心感を与えるため、他の検診で虫歯と指摘された同じ歯を「虫歯です」と指摘される可能性もあります。同じ歯を虫歯ですと指摘されると、何となく安心するでしょ?だからです。

もし虫歯を指摘されたら、削らすに経過観察を申し出て下さい。削らずに、薬剤の塗布も断ります。痛くないなら尚更です。そして三ヶ月、半年後に再度行って、経過を見てもらいましょう。仮に虫歯でも進行していなければ治療は必要有りませんから。また、もしも進行していることを指摘されたら、どのように進行しているかを、写真(最近は口腔内を撮影できる小さなCCDカメラがあります)やレントゲンで説明を受けて下さい。これは昔の写真と今の写真を見比べて判断できます。昔の写真が無いのに今の写真だけでは判断できませんよね。経時変化を見る事が必要だからです。

この方法は、歯医者さんにとって保険収入が少ないので、やりたがりません。治療を進められる事は間違いありません。だから自分の意見をしっかりと持って、歯医者さんに食い下がって下さい。

知ってますか?虫歯も歯磨きをちゃんと行えば、進行を食い止めることができます。これにミラノールでほぼ完璧。

参考URL:https://www.bee.co.jp/dental/01_03.html

こんにちは。歯科治療で不安を持たれている事、同じ経験を持つ身としてよくわかります。

先ず歯科医師(歯科業界)の置かれている社会的状況から説明しますね。一昔前までは、歯科医師と言えば高収入の一つでしたが、それも今は昔の話。歯科医師が増えすぎて過当競争に走り、それでも患者は増えないので、収入が減る一方なのです。コンビニの数よりも歯医者さんの数のほうが多いです。グーグルマップでみれば一目瞭然。統計によれば平均的な年収は600万円程度。新卒の歯科医師の場合はもっと苦しくて200万円台と...続きを読む

Q歯と歯の間の虫歯はどう治療するのですか?

前歯と隣の歯の間に虫歯ができました。
歯石が詰っていて気になっていたんですがとってみたら明かに虫歯くさいです。
通院中の歯医者とはまだこの歯については語ってないんですが、もし治療するとしたら、綺麗に直せるものなんでしょうか?
レーザーで虫歯部分だけを除去して白い詰め物をするとか、そんな方法があるんでしょうか?
それともこんな目立つ歯が銀色の被せものに覆われることになってしまうのでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 私も歯が弱いのでよく治療しますが(前歯の隙間にも出来ました。),歯と歯の間の場合,虫歯部だけを治療するのは無理みたいで,虫歯部まで届くように最小限の範囲で歯が削られます。虫歯の大きさにもよりますが,小さいのでしたら,仕上げに削った穴に白いセメントのようなものを詰められますので,ほとんど目立ちません。

Q虫歯を何年放置していますか?

奥歯に虫歯が見つかって現在治療中ですが、周囲には虫歯を放置しているという人が結構います。

あなたの虫歯、どれくらい放置していますか?
自然に治るはずの無い虫歯を放置している理由もお願いします。

Aベストアンサー

 20年近く放置しています。
 学生の時、ラグビーをして歯が全て砕けています。

 歯垢が溜まりやすいとの事で直すとしたら、全ての歯になるとの事、今の歯は諦めて抜いて下さいとの事。

 ですから残った虫歯は大事に残しています。進行はしていません。行けばかなり抜かれますので、病院も何件も変えましたが同じ回答です。 

Qレントゲンでわからない虫歯ってどのくらいの確率ですか?

4月に歯が痛かったので、歯医者に行きましたが、虫歯はないと言われました。
検診をしたのは歯科衛生士で不安でしたが。
レントゲンにも写っていないと言われました。
10月に入り、やっぱり痛いので、もう一度行ってみようかと思います。レントゲンにも写らない虫歯ってありますか?
あるとしたら、どれくらいの確率ですか?
もう神経まで行っていたら、どうしようと不安です。
その歯はむかし、神経ぎりぎりまで行っていて、銀歯です。
もうひとつは前歯で、銀歯ではないけど、治療してます。

Aベストアンサー

ANo.4の続きですが、お話を伺うと根尖性歯周炎ではないかと考えられます。
歯の神経が腐ってしまい歯の根元が腫れたようなむずがゆい様な病気です。
レントゲン的には、歯の根元が黒く透けて見えますよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報