解き方を教えてください!

化学の問題です。

1.0×10-2mol/Lの酢酸(CH3COOH)水溶液にNaOHを加えpH=5の溶液を作成したい。加えるべきNaOHの量を求めよ。酢酸の解離定数はpK=4.7とする。(ヒント:酢酸ナトリウムは殆ど解離しており、CH3COONaの形態では存在していないと見なしてもよい)

誰かわかる方がおられましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

酢酸をAcOHで表し、1L分で計算すると、


[H+][AcO^-]/[AcOH]=1.0×10^-4.7
[H+]=1.0×10^-5
[AcO^-]+[AcOH]=1.0×10^-2
これで[AcO^-]を求めるとそれが加えるNaOH(mol/L)の量になります。

この回答への補足

どうもありがとうございます!!

本当に助かりました!!!

補足日時:2009/05/13 21:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!!

本当に助かりました!!!

ちょっと間違えて「解答への補足」に投稿してしまいました、失礼いたしました。

お礼日時:2009/05/13 21:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空脱泡機についておしえてください

どうも、当方このたび真空脱泡機を導入しました。直径30cm高さ30cmくらいの小さい10万円ほどのやつですが、どうもよくわかりません。と申しますのは、シリコーンゴム型をセット、レジン(普通のWAVEなどの無発泡ウレタン樹脂)を注入、ふた閉めて減圧してレジンから泡がごぼごぼごぼって出てきて、とここまではいいんですが、この状態で固まってしまうと、成型品が気泡だらけになってしまいます。脱泡機を使ったほうが気泡が入るって…(泣)。どうしてこうなるのでしょうか、他の方々はどんな風に脱泡機を使っているのでしょうか、この気泡ボコボコを回避する方法はないでしょうか,教えてください。

Aベストアンサー

>普通のレジン(WAVEの無発泡ウレタンのアイボリー)なら硬化は普通5分くらいですが
そんな速硬化タイプだったんですか。想定していませんでしたが、ならありえますね。
硬化が速い樹脂は装置内に硬化剤と主剤を別々にセットして真空内で混合攪拌し、すぐ型へ流し込む必要があります。機器のサイトを見ましたがその作業が出来るタイプではないようです(出来るタイプもありますがひとけた高価でしょう)。
現状での最善の方法は、型の注入口に押し湯が出来る受け口(じょうろのようなもの、紙などでざっと作る)をこしらえ、真空内で注入してあらかた脱泡が進んだ時点で(固まらないうちに)真空を切り、押し湯から泡が極力戻らないようにしつつ製品内の泡を潰すことです。これでもずいぶん意味のある作業になると思います。

QCH3COOHとNaOHの中和滴定について質問です。 NaOHをビュレットからフラスコに入っているC

CH3COOHとNaOHの中和滴定について質問です。
NaOHをビュレットからフラスコに入っているCH3COOHに加えるのですが、そのフラスコを準備する際に、「水」(とフェノールフタレイン溶液)も加えるとと書いてあります。
この水はどんな役割を果たすのか教えていただきたいです。

Aベストアンサー

>CH3COOH
さすがに、水溶液ですよね?
純度の高い酢酸をそのまま中和するなんて危険すぎます。

「危険すぎます」と書きましたが、第1に中和熱の問題です。
中和反応の反応熱による温度上昇を緩和する目的ですね。

あえて、あげるのならば、
第2に生成する塩の問題
水が少ないと、中和反応で生成した塩が析出してくる場合も考えられます。
まあ、こちらが問題になるようでは、第1の問題は大問題になっていますけどね。

Q真空脱泡の方法について

キャストを片に流し込んで泡が出来てしまいます。
自作の真空の器械で真空引きしたら逆に泡だらけになってしまいました。
真空脱泡の正しいやり方を教えてください。
キャストは日新レジン製のクリスタルレジンです。(ポリエステル)
真空のポンプは車のエアコンの真空ポンプを使い圧力鍋を改造しています。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

真空引きを行うと、沸騰したように泡が出ます。
粘度が高いとパンのように膨れあがります。
この状態からさらに引くと、次第に体積が減っていき、泡も少しずつしか
出ないようになってきます。
この状態まで引かないと真空引きした事にはなりません。

 多分、最初の膨れあがりの所で止めてしまったのでしょう。
物にもよりますが、粘度が高いと数倍の体積に膨れあがりますので、
その分の余裕が必要になります。
吸引中の状態が見られる状態でしたら、膨れあがったところで一度止め、
落ち着いてからさらに引くことを繰り返すことで対処できますが、
硬化時間が短いとこの間に固まり始めます。

 自分も会社でモールドを行うことがありますが、その時は一度混ぜた素材を
真空脱泡してから型に流し入れ、その後に流し込んだ型を真空容器に
入れて少し吸引した状態でしばらく保持して注入時に入った気泡を抜いています。

Q0.2mol/Lの酢酸水溶液10mLと0.1mol/Lの酢酸ナトリウム

0.2mol/Lの酢酸水溶液10mLと0.1mol/Lの酢酸ナトリウム水溶液20mLの混合水溶液の[H+]は何ですか?

Aベストアンサー

溶液の電解質濃度が結構大きいから、実測しないと正確なpHは分からない。

Q真空脱泡の方法

越後シリコーンのKE-1301STを使っています。
とても良い素材なのでsyが、粘度が高く泡がなかなか抜けません。
真空で泡を抜いたつもりが、泡だらけになってしまいました。
どれぐらいの圧力(-)で何分ぐらいで真空にすればいいのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

>圧力(-)で何分ぐらいで
具体的記述は無いですが、参考に。
http://www.katadori.com/demo1b.html
シリコーンの経験はないですが、エポキシならカップの上まで引いて
圧を割るのを2~3回繰り返していました。
希釈剤なども入れていたので、比較的泡が抜けやすく、
圧を割ったときに泡が見えなければOKとしていました。
ポットライフが短くなるかもしれませんが、抜けにくい物は
温度を少し上げて粘度を下げることもしていました。

>越後シリコーン
信越シリコーン?(揚げ足取り)

Q有機化学の問題です。 CH3COOH, HSCH2COOH, HOCH2COOH を酸性度の高い順に

有機化学の問題です。
CH3COOH, HSCH2COOH, HOCH2COOH
を酸性度の高い順に並べるとどうなりますか?
理由も教えてください。

Aベストアンサー

HOCH2COOH(グリコール酸)>HSCH2COOH(チオグリコール酸)>CH3COOH(酢酸) です。

カルボキシル基に何がくっついているかで、カルボキシル基の-OHのOの電子密度が影響を受けます。
-OHのOの電子密度が小さくなるほどHが電離しやすくなり酸性度は大きくなります。

酢酸は-COOH基にほぼ電荷的にバランスが取れたメチル基が付いていて、Cを通して-OHの結合になっているのですが、
-OHのOに対して電荷の影響を及ぼさないです。

一方、チオグリコール酸とグリコール酸ですが、-COOHに付いているのは、それぞれHOCH2とHSCH2です、
どちらも電気陰性度が高いOとSの影響が-CH2-と-COOHのCを通して-OHのOの電子密度を低くします。
酢酸よりも、チオグリコール酸とグリコール酸の方がカルボキシル基の-OHのOの電子密度を低くして電荷が+寄りになっているのでHが電離しやすく酸性度は高くなります。

チオグリコール酸とグリコール酸ですがSよりもOの方が電気陰性度は高いので、カルボキシル基の-OHのOの電子密度を低くしますので、グリコール酸の方が酸性度が高くなります。

酸解離定数pKaで比較すると、
グリコール酸pKa=3.1 チオグリコール酸pKa=3.52 酢酸pKa=4.70 
くらいだと思いますがこの数値はネットで色々と拾ってきた数値なので便覧か何かで調べたほうが正確な数値が得られると思います。

HOCH2COOH(グリコール酸)>HSCH2COOH(チオグリコール酸)>CH3COOH(酢酸) です。

カルボキシル基に何がくっついているかで、カルボキシル基の-OHのOの電子密度が影響を受けます。
-OHのOの電子密度が小さくなるほどHが電離しやすくなり酸性度は大きくなります。

酢酸は-COOH基にほぼ電荷的にバランスが取れたメチル基が付いていて、Cを通して-OHの結合になっているのですが、
-OHのOに対して電荷の影響を及ぼさないです。

一方、チオグリコール酸とグリコール酸ですが、-COOHに付いているのは、それぞれHOCH2とHS...続きを読む

Q標準溶液

中和滴定でシュウ酸溶液が標準溶液として用いられる理由は何ですか??
シュウ酸溶液を標準溶液として水酸化ナトリウム溶液を滴定した後、水酸化ナトリウム溶液が標準溶液となる理由も教えて下さい。

Aベストアンサー

レポートだと思うのので簡単にヒントだけ。後は辞典を参照ください。

>シュウ酸溶液が標準溶液として用いられる理由は何ですか
シュウ酸・純度は?安定性は?この二点で考えてみて

>シュウ酸溶液を標準溶液として水酸化ナトリウム溶液を滴定した後、水酸化ナトリウム溶液が標準溶液となる理由も教えて下さい。

NaOHaqのモル濃度が決まってるため短時間ならモル濃度が一定として使える。水酸化ナトリウム溶液及びNaOHは空気中の(何かの気体)と反応して濃度が変わる。ほとんど答えですが後は自分で考察しましょう。

Q酢酸ナトリウムと硫酸の化学反応式について。 問題集をやってたらこの反応式は 2CH3COONa+H2

酢酸ナトリウムと硫酸の化学反応式について。
問題集をやってたらこの反応式は
2CH3COONa+H2SO4 →2CH3COOH+Na2SO4となってました。

なぜCH3COONa+H2SO4
→CH3COOH+NaHSO4ではだめなのでしょうか。

Aベストアンサー

>NaHSO4になるのはどんな時ですか?
結晶のNaHSO4はあるのです、だが作るのは面倒。水溶液中では無理です。

Q溶液の分類

溶液は、理想溶液、無熱溶液、正則溶液に分類されるそうですが、
この分類の根拠は、熱力学的観点から、どのように説明されるのでしょうか。
ぜひ回答していただきたく存じます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

理想溶液 ideal solution
全温度範囲、全濃度範囲でRaultの法則、溶液の蒸気圧は純溶媒の蒸気圧と
その溶媒のモル分率の積に等しい、に従い、混合のとき内部エネルギー変化を
示さず、成分間に引力の働かない溶液。

つまり、混合エントロピーだけを考えればよい溶液。

正則溶液 regular solution
混合エントロピーの他に混合熱も現れる溶液。
(混合熱は吸熱の場合も発熱の場合もある。)
混合熱は溶質と溶媒との間の凝集力、ファン・デル・ワールス力、に起因する。

無熱溶液は混合熱=0の溶液でしょうか。ちょっと不確かです。

Q酢酸(CH3COOH)の酸解離定数

酢酸(CH3COOH)の酸解離定数なんですが、文献によって(解離定数の逆数の対数値)pKa=4.56のものと4.76のものなどがあったのですが、正しくはどれなのでしょうか?また、なぜ違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

化学便覧 基礎編 改訂5版(丸善)によると、酢酸の pKa は
 4.76 (25℃,無限希釈溶液)
 4.57 (25℃,0.10 mol/L)
とのことです。

濃度によって pKa が変わるみたいですね(より正確には、濃度ではなくてイオン強度に依存するので、共存する電解質の濃度によっても変化します)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報