私は大きな大学病院で処方された薬を服用しているのですが
(薬自体は非常に一般的で珍しくもない薬)
その大学病院まで通院するのはお金も時間もかかり、
なにより体に負担がかかるので、近くの診療所にて事情を話し
(親戚なのでそういった融通を言いやすいのです)
薬だけください、はいわかりました、という感じで
いつも診察が短時間で終っていました。
しかし最近になってその医院の領収書に疑問がわき、
問い合わせると、しっかりと外来管理加算52点が加算されている
ことが判明しました。

外来管理加算されることに納得がいかないのですが・・・・。
私の考えは妥当でしょうか?(無理いっていないでしょうか?)

A 回答 (3件)

>でも五分を超えなかったら外来管理加算の対象じゃないですよ?


そうですね、概ね5分の規定にひっかかるかもしれませんね。
建設的な解決策としては、質問者さんがやはり5分間診察室に居座るほかないですね。医院としては管理加算をとることを前提としていますからね。もちろん、薬だけくださいなんて決して言ってはいけないですよ。無診察で処方することは違法行為ですからね。
    • good
    • 0

病院も診療所も外来管理加算しますよ。



処方だけでも電話で相談しただけでも加算になります。
電話の場合は次回通院の時に請求されます。

診察を受けないのは患者の勝手であり、
医療機関が請求するのは正当な事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

でも五分を超えなかったら外来管理加算の対象じゃないですよ?

自動的に全員加算されるなんて話聞いたことないですよ?

お礼日時:2009/05/15 16:34

診察しない処方は本来認められていません。


保険請求の関係でやむをえない点数です。
私も毎月通院しています。
昨年からは必ず診察が必要ということで、毎回診てもらっていますが、それ以前は3回に2回は投薬のみでした。
診察があってもなくても金額は同じでしたよ。
医者からすれば投薬のみというのは、病状の悪化を見逃す可能性があるのに診察を拒否される、患者の勝手な都合ですしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すると、外来管理加算はすべての医院で(200床以上
の病院の場合)加算されるのが基本、と考えてOKなのでしょうか?
(処置などがなかった場合)

お礼日時:2009/05/13 12:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未経験で入った医療事務。泣けてきます。

昨日から新しい職場で働き始めました。
今日で2日目の整形外科の医療事務です。
ずっと医療事務がしたいと思っておりやっと未経験で採用して頂きました。

現在午後勤務をしており、
2日目なので初めは受付、カルテの内容をみてリハビリなのか、診察なのか、点滴なのか、注射なのか判断して、患者さんを誘導、お会計、院内処方のお薬の作成などをしています。

午後の医療事務として働いているのは私と院長婦人の2人で、普通は3、4人で回していくそうです。院長婦人は主にレセプトをしております。

言い訳になるかもしれませんが、私は未経験で入って2日目です。何が何だかわからない状況です。
午後の患者さんは200人いかないくらいで、次から次へと患者さんが来てすごく忙しく、メモも取る暇がありません。
1人で対応するのはいっぱいいっぱいです。

「薬の説明して!」って言われてもわからなくって。

そんな時に小さなミスが重なり婦人に、
「何回も言わせないで!もう言わないからね!」
などと数回注意されました。

でもその注意されたことでさえ、忙しくって何の理由で注意されたのかもわかりません。

少し患者さんも減った頃婦人に、
「新しい仕事とかでお母さんとか心配してない?」
「大丈夫?できそう?」と言われて、
自然に泣けてきました。号泣です。
自分では泣くつもりはなかったのですが自然に泣けてきました。

婦人は少しびっくりしたようで、
「他の病院は教えてくれないよ?」
「●●さん(私)がここにきてラッキーだと思ってる」
「●●さん(私)なら大丈夫!できる!」
と言われました。
それでまた泣けてきました。
本当に自分はできるのだろうか。
患者さんにも迷惑掛けているし。
くやしくって辛くて。

未経験で入った医療事務の方々は2日目でこんなに任されるものなのでしょうか。
覚えれるものなのでしょうか。

私はこれから続けてみるべきか、2日目では出来なさすぎなので向いていないのか。
その判断もつきません。
どうしたらいいのかわかりません。

乱文で申し訳ございません。
何かご意見を頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

昨日から新しい職場で働き始めました。
今日で2日目の整形外科の医療事務です。
ずっと医療事務がしたいと思っておりやっと未経験で採用して頂きました。

現在午後勤務をしており、
2日目なので初めは受付、カルテの内容をみてリハビリなのか、診察なのか、点滴なのか、注射なのか判断して、患者さんを誘導、お会計、院内処方のお薬の作成などをしています。

午後の医療事務として働いているのは私と院長婦人の2人で、普通は3、4人で回していくそうです。院長婦人は主にレセプトをしております。

言い...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして
30才を過ぎてから全くの未経験で医療事務に従事したことがある者です
医療事務は専門用語も多く、覚えなければいけない事が山の様にありますから、就業したての今はさぞお辛い事と存じます
私も従事したての頃は、医療事務の学校を出たばかりの20代の方から「こんな事も知らないんですかぁ?(苦笑)」等と馬鹿にされてばかりでした(;_q)
でも、大丈夫ですよ
何でも慣れです
少しずつで構いませんので、1つづつゆっくり覚えればいいのです
受付業務がメインの様ですから、接遇からやっていきましょう
今は御自身の不安でいっぱいでしょうが来院される患者様は殆どがもっと不安な心持でいらっしゃいます
そんな時に受付の方から曖昧な対応をされると、不安はいや増します
わからなくていいんです
ただ、笑顔で元気良くご挨拶して、お迎えして差し上げましょう
それだけで受付業務の一番大事な事はクリア出来てますから
(o^-^o)
怒られているのではなく、教えて貰っていると考えましょ
(^_-)≡★
大丈夫です
貴方は充分頑張っていける筈です
ただ今は少し気負い過ぎなだけです
肩の力を抜いて、笑顔でいる事を心掛けましょう
貴方のこれからが素敵な日々になることを心から御祈り致します

はじめまして
30才を過ぎてから全くの未経験で医療事務に従事したことがある者です
医療事務は専門用語も多く、覚えなければいけない事が山の様にありますから、就業したての今はさぞお辛い事と存じます
私も従事したての頃は、医療事務の学校を出たばかりの20代の方から「こんな事も知らないんですかぁ?(苦笑)」等と馬鹿にされてばかりでした(;_q)
でも、大丈夫ですよ
何でも慣れです
少しずつで構いませんので、1つづつゆっくり覚えればいいのです
受付業務がメインの様ですから、接遇からやっていき...続きを読む

Q外来管理加算の謎

病気で診療所にかかると、再診時に「再診料」をとられますが、この他にも「外来管理加算」というものも取られるんです。まあ、外来で管理するんで加算されるのか、という感じで一応納得なのですが・・・。

ところが、アレルギー症状で吸入治療をしたり、怪我の消毒やガーゼ交換で再診したときには、この「外来管理加算」がつかないんです。吸入すると点数が安くなり、吸入しないと支払いが増える、という変な仕組みです。傷の処置をする方が、しない方より診療点数が低い、ということです。

はっきりいって、これって変です。納得できません。
何でこんな仕組みになっているのか教えて下さい。

Aベストアンサー

kennedy2さん、初めまして!

医療事務経験者です。

「外来管理加算」について少し書かせて頂きたいと思います。

「外来管理加算」は200床以上の病院では加算されません。また加算対象となる物とならない物とがあります。主な物な次のようになります。

加算対象となる物…診察のみ、指導管理、在宅管理、投薬、注射、特例処置(ネブライザー)、検体検査や病理学的検査、生体検査の呼吸循環機能検査、画像診断

加算対象とならない物…処置、手術(ギプス、輸血)、麻酔、放射線治療、生体検査(超音波検査等、脳波検査等、神経・筋検査、耳鼻咽喉科学的検査、眼科学的検査、負荷試験等、内視鏡検査、ラジオアイソトープを用いた諸検査)リハビリテーション、精神科専門療法

kennedy2さんの場合、「吸入すると点数が安くなり、吸入しないと支払いが増える」と書かれていますが、これは私にも分かりません。もし、この吸入がネブライザー(噴霧吸入)の事でしたら、「外来管理加算」として点数にして52点(520円、この何割かを支払う事になります。国保で3割、社保なら2割の所が多いです。)加算されます。私が思う所では、処置以外に何か加算対象となっているものがあるように思います。(継続管理加算なんてものもありますし、何かの指導管理等発生していませんでしょうか? 投薬内容が変わったなんて事はありませんか?)

「外来管理加算」の定理は漠然としていて、中々はっきりしませんが、その場限りで解決してしまうものに対しては加算対象とはならないようです。(これは自信なし)納得しづらいと思いますが、厚生労働大臣が決めた事ですので、なんとも言えません。もし、この「外来管理加算」を支払うのがイヤでしたら、ベッド数200床以上の病院へ行かれるのが宜しいかと思いますが、反面、再診料が高くなる場合もあります。(200床未満の病院の再診療は59点、200床以上は再診療とは言わず、外来診療料となり、70点となります。因みに診療所は74点です。)※点数1点は10円となります。

この4月から点数の改定が行なわれましたので、上記の点数に変更があるかもしれません。(3月末までの点数を標記しました。)

もし、どうしても納得行かないようでした、その診療所で明細書を見せてもらうなり、どうしてこう言う事になるのかお聞きになるのが手っ取り早く解決する方法だと思います。それらの事に対して説明する義務もありますので、その病院の受付でお聞きになる事をお薦めします。(私も理由を知りたい!)

と言う事で、あなたの質問の直接の回答になっていないかもしれませんが、参考になれば幸いです。

by yama585

kennedy2さん、初めまして!

医療事務経験者です。

「外来管理加算」について少し書かせて頂きたいと思います。

「外来管理加算」は200床以上の病院では加算されません。また加算対象となる物とならない物とがあります。主な物な次のようになります。

加算対象となる物…診察のみ、指導管理、在宅管理、投薬、注射、特例処置(ネブライザー)、検体検査や病理学的検査、生体検査の呼吸循環機能検査、画像診断

加算対象とならない物…処置、手術(ギプス、輸血)、麻酔、放射線治療、生体検査(超音波...続きを読む

Q診察無しで薬だけをもらえるのは何ヶ月までOK?

忙しい時って診察を受けないで薬だけくださいって感じで処方箋だけさっさともらっていくのですが、ずっと診察を受けないで薬をもらうのは無理ですよね。

何ヶ月くらいまでなら診察を受けないで薬だけもらえるのですか? 私の経験だと2,3ヶ月に一度は診察を受けさせられる気がするのですが、法律か何かで決まっているのですか?

それにしても薬だけもらう時も診察料かかるんですよね。わけがわからないです。

Aベストアンサー

正確には、

「投薬は本来直接本人を診察した上で適切な薬剤を投与すべき
であるが、やむを得ない事情で看護に当たっている者から
症状を聞いて薬剤を投与した場合~」
という文章で規則の本に載っています(原文のまま)。

この部分は、この「やむを得ない事情」を認めるための記載ではなく、
「~」のあとに続く部分が本文なのであって、再診に伴う加算料金が
3月までは「加算できる」だったのが4月以降「加算できない」に変わりました。
だから、全く同じ条件で窓口で投薬だけ受けた場合は4月以降は
料金が安くなっているはずです。

「やむを得ない事情」がどこまで拡大解釈されているかは、個々の病院で
違っていると思います。
本来は診察を受けて処方してもらうのが原則です。

Q医療における休日加算・時間外加算について

最近は日曜日や平日も夜9時くらいまで診療している医療機関があります。
日曜日に通常に診療している(標榜)医療機関や
平日も18時以降(22時とか)の診療を標榜している医療機関にかかった場合
休日診療加算や時間外加算が算定できるのかどうかを教えて頂きたく投稿しました。

医療機関によって「算定する」「算定しない」がばらばらであるように思えます。
法的なしばりはあるのでしょうか?
それとも医療機関独自に決めることができるのでしょうか?
ご教示頂ければ幸いです。

例を挙げるととある医療機関では
「ウチが22時まで診療していると標榜しているので、それまでに診療した場合は時間外加算などは算定しません」とおっしゃいました。
しかし別の処では「19時迄の標榜」に対し、その時間内でも18時過ぎると時間外加算を算定しています。
しかし救急病院では多分、日祝や深夜など「いつでも」と標榜(といえるのか?)と解釈しても
その場合は加算が算定されているのではと思います。

浅薄な質問で失礼かと存じますが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

A000初診料
・・・
→時間外加算の取り扱い(注5)
ア ・・・ただし、・・・その表示する診療時間以外の時間を持って時間外として取り扱う。
イ アにより、時間外とされる場合においても、当該保険医療機関が常態として診療応需の体制を取り、診療時間内と同様の取り扱いでs人量を行っているときは、時間外の取り扱いとしない
(平24保医発0305・1)
・・・
→時間外加算の特例
当該特例の適用を受ける医療機関とは、・・・
(1)地域医療支援病院
(2)救急病院等を定める省令に基づき認定された救急病院、または救急診療所
・・・
(平24保医発0305・1)


なので、原則的には標榜時間内は時間外の対象となりませんが、救急病院等特例の対象となる医療機関は午後18時以降は時間外を算定してよいことになっています。

あと、小児科も特例があり標榜時間内でも算定できます。

Q診察せずに薬だけもらう場合

通院中のところは必ず診察をしないと薬を出してもらえません。
病院の中には薬の内容が同じだと診察をせずに薬だけの受付をしてくれるところとかもありますよね。
その場合、料金に差が出るものなのでしょうか。
いずれにせよ医師が処方箋を書きますよね、診察するとそれにプラス診察料とか入るのでしょうか。
分かる方がいれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

現在、どの程度の間隔での診察、処方なのでしょうか?
数年前までは一度に処方できるのは原則14日分で、一部指定された薬に限ってのみ30日~90日できるものでした。
実際には状態が安定した病気では14日で投薬変更することは少なく、たとえば診察は月1回で、間は薬だけの日としていた例もあったことと思います。この場合でも保険請求上は診察に伴うものとして計算がなされます。
現在は原則14日間の制限はなくなり、病状に応じて長期間分の処方が可能になっています。そのため診察を受けない処方は実際には必要がなくなっています。(2~3ヶ月以上診察をしないのはその方が不自然で、その間隔分は診察時に処方できます。)
一部、精神薬や新薬は長期処方に向かないため日数制限があります。
こうした制限薬でないのに薬のみの通院を行うことに患者さんの利益はありません。(医療機関側は診察料、処方料の收入とはなります。)
薬のみを希望されるよりも、30日分以上の長期処方を希望されることがよろしいと思います。

参考URL:http://www.yakuzai.med.saga-u.ac.jp/cyoki-toyo-kaisi/cyoki-toyo-teppai-20020318.html#yaku-list

現在、どの程度の間隔での診察、処方なのでしょうか?
数年前までは一度に処方できるのは原則14日分で、一部指定された薬に限ってのみ30日~90日できるものでした。
実際には状態が安定した病気では14日で投薬変更することは少なく、たとえば診察は月1回で、間は薬だけの日としていた例もあったことと思います。この場合でも保険請求上は診察に伴うものとして計算がなされます。
現在は原則14日間の制限はなくなり、病状に応じて長期間分の処方が可能になっています。そのため診察を受けない処方は...続きを読む

Q医師国民健康保険と国民健康保険の違い

就職を希望している会社に保険は医師国民健康保険に加入することになりますといわれました。

現在、一般的な国民健康保険なのですが
医師国民健康保険とどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

保険料についてのみ・・・

多少細かい計算はあり、地域によっても違いますが、
私のいる県では、月給が20万円の場合、
健康保険の保険料は16400円
医師国保の保険料は10500円(給与に関わり無く定額)
通常はこれの半額を労働者が負担します(残りは事業主が支払います)。

健康保険では給与が上がるほど保険料が高くなります。
月給10万円→8036円 
月給20万円→16400円
月給30万円→24600円
月給50万円→41000円

扶養家族がいた場合は、
健康保険では、無料。
医師国保では、扶養者1名あたり9000円の追加料金。

健康保険では出産一時金30万円ほどがもらえます。
以前は医師国保ではもらえない時期もあったようですが
今はもらえるところも多いようです。

細かい制度は県ごとによって違うようです・・・

Q薬のみ(診察なし)の方が高い!? ~医療費の節約~

3ヶ月間、隔週で町医者へ通院しています。
今日、時間が無かったので、診察はお願いせず、薬だけ処方してもらいました。
内容、量共に前回同様です。

ところが、薬のみの今日より、診察+薬の前回の方が安かったんです!(・・・と言っても200~300円程度ですが)
何故なのでしょうか?

また、薬はまとめて出してもらう方が得だと聞きました。
(診察代分が浮くから)
一概にも、そうとは言い切れないのでしょうか?

更に、同じ症状で通院する場合、賢い節約方法があれば教えて下さい。
例えば、月をまたぐと初診代がかかるから、同月内に通いつめる方が得だとか。

Aベストアンサー

お医者さんの方はわかりませんが、
薬局でのお支払いについてはまとめて出してもらったほうが得というのは、多くの方においては本当です。

薬局では処方箋1枚ごとに基本料として210円から490円かかります
(実際の支払い額は保険が適用されるのでこの1~3割ですが)
また、調剤料とよばれる技術料も日数が多いほうが通常は割安です。

薬の内容によって変わってしまうのと、もともとの計算が煩雑なため一概にこうすれば確実に安くなる。とはいえませんが、
#1さんの手段を駆使すればだいぶ安くなる可能性があります。
(薬、保険によってはあんまり変わらない可能性もあります。)

料金は内容にかなり左右されるので、
どれくらいのお金がどういったことにかかるかは薬局に聞いてみてもいいかもしれません・・・ヒマなときに。
忙しいときにだと詳しくは教えてくれないと思います。
かなり説明に時間がかかるので。
もしそれで怒るような薬局は、行かないほうがいいと思います。
ちなみに、薬代をまけることや、特典(10日分よけいにだすとか)をつけることは残念ながらできません。
保険薬局は保険者との契約で、料金が事細かに定められています。
ですから、保険を使っての診察である以上は値引きは不可能です。
ちなみに、値上げもできないですが。

お医者さんの方はわかりませんが、
薬局でのお支払いについてはまとめて出してもらったほうが得というのは、多くの方においては本当です。

薬局では処方箋1枚ごとに基本料として210円から490円かかります
(実際の支払い額は保険が適用されるのでこの1~3割ですが)
また、調剤料とよばれる技術料も日数が多いほうが通常は割安です。

薬の内容によって変わってしまうのと、もともとの計算が煩雑なため一概にこうすれば確実に安くなる。とはいえませんが、
#1さんの手段を駆使すればだいぶ安...続きを読む

Q特別入院基本料ってなんですか?

どのようなときに算定できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

看護師も足りない、平均入院日数も満たせない…。
というとても病院としてはやってられないような最低ランクの点数です。そうなれば病棟廃止にする方が現実的ですね。

Q再診料について教えてください

産婦人科に不妊治療のため通院しています。排卵誘発のために1日おきに注射してますが、診察は全くなく注射のみでも再診料を毎回とられます。
今月5回目通院日の今日は注射しかせず、先生の顔すら全く見ていないのに再診料を369円とられ、なぜか一昨日(今月4回目の通院)は診察や検査・注射などいろいろあったのに再診料は213円でした。
これって普通のことなんでしょうか?
不妊治療にはとにかくお金がかかるので、そこにつけこみ悪意のあるような病院なら転院したいと思っています。
もし、不正な請求だったとしたらどこに訴えればきいてもらえるものでしょう?

Aベストアンサー

今回のご質問は日本における診療報酬の特徴的な話題です。
診療報酬とは厚生労働省が取り決めたもので、健康保険制度で医療機関が医療行為に対して請求する費用の唯一の算定根拠になっています。
診療報酬は2年に1回見直されていて、最近は平成20年に改訂がありました。
健康保険を使った医療ではこれに拠らなければなりません。

診療報酬では受診した際には再診料をとることができることになっています。
再診料は診療所で71点(1点=10円)ですので
710円の健康保険自己負担率(3割)=213円です。

前回の改訂で診療所では外来管理加算がとることができるようになりました。
外来管理加算は52点ですので
52+71=123点の3割で369円という計算になります。

外来管理加算とは「外来患者が再診で処置などをしない場合に加算されるもの」とされています。
診療報酬請求上は診療所側には問題ないのですが、この加算要件として、通称「5分間ルール」というのがあって、医師は患者に処置などないかわりに病状など時間をかけて聞いたり説明しなければならないというもので、その時間の目安が「5分間」とされているものです。
医師会などは1時間に12人しか患者がみられないのでは、長時間患者を待たせることになるなど反発しているのですが、厚生労働省は「ろくに診てくれないという患者側の意見」として反論しています。
このあたりの背景は検索サイトで「外来管理加算」で調べていただければわかります。

ここが、まさに質問者さんの事例というわけです。

というわけで、不正な請求ではないのですが、厚生労働省が医療機関に求めている要件からは明かにはずれていますので、診療所の事務に「顔すら見ていないのに外来管理加算をとられるのはおかしい」と言えば、おそらく返金ということになると思います。

事務側は算定できる報酬要件はできるだけ採用するのが原則ですので、決して悪意はないと思います。
が、患者視点が少しばかりかけた制度と診療所の対応の隙間に質問者さんがはまってしまった・・・とお考えいただければ納得できますでしょうか?

不妊治療は時間と根気(と費用)が必要なものです。不妊治療にかかわらず医療といのは、かかったコストが必ずしも反映されるとは限らないものですので、根気よく先生と、どこにいるかわからないですがお産の神様とコミュニケーションをとってがんばっていただきたいと思います。

今回のご質問は日本における診療報酬の特徴的な話題です。
診療報酬とは厚生労働省が取り決めたもので、健康保険制度で医療機関が医療行為に対して請求する費用の唯一の算定根拠になっています。
診療報酬は2年に1回見直されていて、最近は平成20年に改訂がありました。
健康保険を使った医療ではこれに拠らなければなりません。

診療報酬では受診した際には再診料をとることができることになっています。
再診料は診療所で71点(1点=10円)ですので
710円の健康保険自己負担率(3割)=213...続きを読む

Q降圧剤アムロジンOD5mgを倍量飲んだ場合、どうすればよいでしょうか?

血圧148で、今日から降圧剤アムロジンOD5mgを1錠服用するはずが、間違って2錠飲んでしまいました。現在、トライコア100も飲んでいます。対処方法はありますか?
お水や・お薬をたくさん飲むなど、何かしなければならない(した方が良い)ものがありますか?・医療機関で胃洗浄などをしてもらわなければならないのでしょうか?
これから、ドライブ旅行するつもりだったのですが、大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

その後の貴方の予後にも依るのですが、アムロジンOD5mgは然程強い降圧剤ではありません。ふらつき等過降圧が起こっていても、暫くすれば元に戻っていく筈です。要するに、心配なしという事です。胃洗浄など全く必要ありません。ただ、こんな事が何度も続けば、確かに問題です。今後はご注意を・・。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報