はじめまして。

関西在住の中年ヘボゴルファーです。ゴルフ歴約10年で平均スコア85くらい
年に数回まぐれで70台で上がる日もありますが平気で100も叩きます。
これまですべて自己流でしたがこの年齢になってもっと上手くなりたいと
欲が出て来ました。アプローチ、パッティングにはそこそこ自信を持って
いるのですがとにかくドライバーが安定しません。

辛口コメントでもめげませんので上級者の方アドバイス宜しくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

YUチューブをそのまま引っ張ってきた為に


規則で動画がカットされました
我々年配にはあまり嬉しくないことですね
(若者のようにはコンピューターが自在に操作出来ない)

アドバイスでは悪い所ばかり指摘しましたが
いいところはあるんです:下半身がしっかりしていましたね
この安定性を生かしていけば、ショットもすぐに安定しますよ
頑張ってくださいね

応援まで
    • good
    • 0

#3再びです。

お礼を見ての追記です。

>アイアン系はかなりダウンブローに打ち込む癖が抜けずドライバーで
同じイメージで打つとバックスピン量が強烈に増えて吹け上がる打球が
増える感じがしてドライバーに関しては少しイメージを変えてました。

だとすると、アイアンのスイングもイメージを変えていった方がいいのではと思います。
他の方も回答されているとおり、左の足腰の使い方が変わればいいのですが、簡単には治らないと思うので、
フィニッシュは頭を残さずにアニカ・ソレンスタムのフィニッシュの体勢のような左脚の上で直立するようなイメージを持ってください。
質問者さんの好きな諸見里プロもフィニッシュは左で直立スタイルだと思います。
多分、そうすると左腰の開きが矯正されるはずです。
それでかなりビジネスゾーンの広いシャローなダウンブローになってくると思います。

但し、多分これを直すとしばらくは「どダフリ」や「どトップ」や「シャンク」など信じられないミスが多発すると思います。それでも直すかどうかはご自身で判断してください。
    • good
    • 0

始めに、アマチュアとしては、筋力&筋肉の柔軟性があるんですネ?


結構?努力しているんですネ?(普通、この体形だとお腹がぽこっともっと出てますから。)

そこで、努力が苦にならないあなたのことですから、股関節回り(太ももも含む)の筋肉を太くしてはどうでしょう?
スーツとかは、似合わなくなりますが…アハハ
プロは、殆どにおいて、股関節回りの筋肉に対して、そのすぐ上の上半身(横腹の太さ)が、細いはずなんです。細いというより、股関節回りがぶっ太いからそう見えるだけですが…
文字で表すと、あなたはII プロは ハ
参考URL(お好きなプロをどうぞ)
http://www.golfdigest.co.jp/lesson/swing/default …

そこを、太くすることによって、ぶっ叩いても下半身が潰されないというわけです。
アイアンは、ダウンブローですので、そこそこなりますが、ドライバーはアッパーが入りますので、アッパーの時に、股関節回りが筋力がないせいで…どうなるのかはご自分が一番ご存知のはずで○。

そして、それを太くすることによって、改造をします。
あなたのハーフスイングを過ぎたあたりで、腰は48-50度、回っています。
48-50度回してしまうと、今度は上半身が空回りするんです。

ハーフスイングで腰は苦しくても45度で止めます。
45度止めた位置から、上半身を90度、ギリギリと捻り上げます。(柔軟性のあるあなたなら、簡単にできます。)
簡単に言うと、今のあなたは下半身と上半身が一体化して動いています。
上半身と下半身は切り離して使うんです。
プロはみんなそうしています。

股関節回りが鍛えられれば、今より最低、10-20YDは飛ぶはずです。
当たり前すぎますが…
    • good
    • 0

少しインサイドバック~アウトサイドダウン(アウトサイドインという意味ではありませんので誤解なく)のループを描いているように見えます。

その方がタイミングを取りやすいのなら別に欠点と言うほどのものでもないのですが、タイミングを取るべきトップで少しグリップが緩み気味なのが気になります。(トップで微妙にズレの方向にクラブが動いているので)この映像程度であれば狂いは少なくすむでしょうが、プレッシャーがかかればもっと狂いが出そうな部分だと思います。おそらく皆さんご指摘のスイング中のグリッププレッシャーの強さからくるものと思います。

アウトサイドバック(ニック・プライス、フレッド・カプルスが代表選手)にせよインサイドバック(ベルンハルト・ランガー、ヘール・アーウィン古くはボビー・ジョーンズが代表選手)にせよループスイングの場合、ただでさえスイング中はグリッププレッシャーの一定がセオリーなのに、タイミングやプレーンの狂いをも呼び込むことにもなるのでグリップの緩みは徹底的に注意する必要があるように思います。(過剰意識でグリップが力むのも本末転倒とも言えますが)

あと、下半身に筋肉が多いタイプの体型のようにお見受けしますが、ボディターンスイングの場合、体軸を下半身に持っていきますので、下半身に筋肉が多い場合一番大きな筋肉を軸に使うことになり曲がりにくく、飛びにくいタイプになっていくと思います。それはそれで一つです。しかし、ボディーターンスイングを採用されている方は大体やせ形か肩幅の大きな水泳選手のような体型の方が多いことも付記しておきます。(この体型で下半身をエンジンにすれば10中10近く腰を痛めますね)江連プロはスイング的にはジム・マクリーンさんに師事された方ですので、ボディターン系の典型タイプだと思いますよ。
    • good
    • 0

私のゴルフの学び方ですか


20年以上前から、ジャックニクラウスのレッスン書で始まり
TVレッスンを出来るだけ逃さず見るように努力してきました
しかしながら、プロ毎に表現が異なり、同じことなのに
視点の異なった解説で、戸惑ってばかりいました

開眼したのは、坂田信弘プロの「ゴルフ進化論」の中の
「ショートスイング」に出会ってからです
言葉が平易でしたし(あとで判った事なのですが)小学生や中学生が
プロになるために学ぶので理論が簡明だった事です
一気に理解が進みましたね
この「ゴルフ進化論」のビデオテープが私の根拠です
(現在はDVDに焼きなおして事ある毎に見直しています)
プロのトーナメントはTV放映がある限り見るようにしていますし
NHK BS1の土曜日と日曜日の朝のUSPGAは殆ど見ています
なにしろ、世界のトップクラスのプロが時にはLIVEで見られます
のでこれ以上の勉強材料はないわけですね
このBS1では時間があれば日本のトッププロのレッスンが入ります
これも判りやすく組まれているので見ないと損ですね
他には、練習場で待ち時間などに備え付けのDVDなどを見ます
(誰のものでもいいのです:常に坂田プロの理論と比較しています)
過去のトーナメントで、杉原輝夫プロの五角形の腕の構えを見たとき
驚いたのを忘れません(力を逃さない腕の構えだと思いましたね)

私のスイングは「ショートスイング」そのものといっても過言ではなく
ドライバーのトップは右肩の高さ、フィニッシュも左肩の高さです
H/S 52mps maxあり、ドライバーはキャリーで270ヤード
6Iのキャリーも170ヤード出ます(最高190ヤード出ましたね)
時間の許すときには、2Iで100回ほどの素振りを実行しています
(2-3回/週程度です)
アプローチは10年ほど前に土の上で一年間雨の日も休まず
練習した事が現在でも生きていますね

一部自慢になってしまいましたが
何かのお役に立てばと思います
なお、坂田プロが週間ゴルフダイジェストで読者の相談に回答した
集大成がありますのでURL上げて置きます

余計な追記まで

参考URL:http://www.golfdigest.co.jp/digest/column/wsaka/ …
    • good
    • 0

自己流のスイングとしては、なかなか良いスイングだと思います。


ほんの僅かの修正で、安定して80を切れるようになると思います。

それでは、遠慮なく辛口のコメントを申し上げます。

1.一口でいいますと、ダウンスイングで腰が切れていません。
  腰を回すと、腰を切るとの違いを説明するのは難しいですが、
  プロの動画と、ご自分の動画の腰の回し方を比較して下さい。
2.江連プロがいう、ビジネスゾーンをもっと長くすると良いと思います。
3.ビジネスゾーンに入るまでは、グリップの自然な垂直落下
  という感じを身につけられてはと思います。

それと、手・腕の力をもっと抜いた方が良いと思います。

補足ですが、このビジネスゾーンが長くないと、ショットは安定しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>dabotaさん

ありがとうございます。

腰の切れ、早速この後いろいろなプロのスイングと比較して見ます。
江連プロは私も好きで(諸見里しのぶプロのファンですので)雑誌
などの記事は常に目を通します。ビジネスゾーンも頭の隅にはありましたが
スイング中、また練習中にはイメージ持ってませんでした。次回の練習
ラウンドでは意識して見たいと思います。皆様、共通して指摘されるのが
手と腕の力ですね^^; 飛距離はあまり気にして無いつもりなんですが、
どうしても無意識に右で叩きに行ってる面が強いです。この辺りも反省です。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 22:09

多分、細かい点を言い出したらキリが無いとは思いますが、全体的には特段に今すぐ直す必要があるとも思いません。



予測が外れていたらすみませんが、ドライバーはハイドローを打ちたいと思ってないでしょうか?ミスとしてはプッシュスライスやフックが出るのではないでしょうか?
一方でアイアンは基本的にストレートから軽いフェードなのではないでしょうか?
下半身はフェード(スライス系)をもち球とする動きだと思います。これをインサイドからクラブを入れてそのままだとプッシュスライスになるのでフェースに球を乗せて返しているという印象です。

もしもこの予測が当たっていたら、ドライバーを安定させるにはやや低めのストレート打ち出しから若干フェードするくらいの球をイメージしてはどうでしょうか?

往々にしてあること(私も例外ではありません)は、今日のスイングと昨日のスイングと明日のスイングが毎日少しずつ変わってしまうことです。
また、ドライバーからウェッジまでをどれだけ同じスイングで打てるかということだと思います。
プロであったり既にリタイヤして悠々自適で毎日練習場やコースに行ける人ならば別でしょうが、
まあ私を含めてほとんど人はせいぜい週に1回2回の練習と月に1,2度のコースというのが実情ではないでしょうか?(私はせいぜい週に1度練習場と月に多くて2回のコースしか行けません。)
だとすれば、体に染み込ませられるスイングは一通りしかないと思った方が簡単です。
ドライバーからウェッジまでを同じイメージでスイングできるスイングを心掛けたらどうでしょうか?

という観点からすると、多分ドライバーでは飛ばしたいとかという意識が強いのではないでしょうか?
ドライバーは元々飛ぶように出来ているクラブなので、力まずに持ち球で打つのが最も安定すると思いますし、結果としては飛距離もさして落ちないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>tsuyoshi2004さん

ありがとうございます。

球筋のイメージとしては仰る通りドロー系を打つ感覚です。これまた
仰る通りプッシュもチーピンもミスで起こるひとつの現象です^^;

私も実際ラウンドは月2~3回、練習も多い週で3回がリミットです。
色々と試行錯誤でtuyoshiさんが仰る通りウェッジからドライバーまで
同じイメージ、タイミングでと練習した期間もあったのですが、元々
アイアン系はかなりダウンブローに打ち込む癖が抜けずドライバーで
同じイメージで打つとバックスピン量が強烈に増えて吹け上がる打球が
増える感じがしてドライバーに関しては少しイメージを変えてました。

>力まずに持ち球を打つ

この辺りを今一度意識して練習して見ます。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 22:01

>グリップのスマートさ


アメリカのプロを見ていると
まず、グリップエンドが必ず見えます
これは、シャフトコントロールに余裕が見られますね
次に、アメリカのプロの殆どが、アドレスで腕と手首の角度を
キッチリと固めています(ダラーンと下がっては居ない)
そして、その角度をキープしたままで、テークバックからフィニッシュまで
スイングを行いますね
これは大事な事だと思います
遠心力や慣性によるトウダウンを極力少なくし
自分のショットをより安定させる為の工夫だからですね
(内緒の話ですが、これを真似した所ヘッドスピードが上がっています)

あと、テークバックの開始時に
アメリカのプロは左肩を押し込むような形でスタートします
アドレスのグリップの形をそのまま押し込む形になりますね
(動画では手でスタートしましたのでヘッドが先に動いて
グリップが開いた形になってしまっています)
逆に見ると、コックのレートリリースでインパクトに戻すのなら
この形でも何とかなるでしょうが
ボデイースイングであればヘッドの遅れが出ると思います
(手で調整が必要になります)

プロのスイングをよく見るとアマチュアではまだまだ見えてないことが
あると思いますね

私も勉強中ですが
追記まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>autoroさん

ありがとうございます。

特に左肩を押し込むようなテークバックのスタートは少し閃いた感が
あります。アドレスで腕と手首の角度を固める方法も試して見たいと
思います。autoroさんはどのような番組、若しくはDVDでしょうか?で
海外の選手を観察されるんでしょうか?ケーブルTVとかですか?

私も色々見て更に勉強して見たいと思います。

お礼日時:2009/05/13 21:54

まず、一番気になるのは


インパクト時の左脇の緩みですね
一見、左脇に腕が付いていますが、左肩の上げすぎのために
強制的に引っ張り上げられている為で、締まりは感じません

この原因は、テークバックの上げ方と関係がありますね
アドレスで右肩が下がりすぎた為に
テークバックが低くなりフラットになってしまっています
フラットになるのはいいのですが
インパクトからはアップライトに振り上げようとしている
ここにスイングの矛盾が生じていますね
しかも、クラブヘッドの自然な動きではなく
左肩が引っ張り上げる型は右肩の異常な下がり方と合わせ
身体の力の効率が望めませんね

グリップも様になっていないようですので
アメリカのプロをTVで見て学ばれるともっと良くなるように思います

取り敢えず
アドバイスまで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>autoroさん

ご指導ありがとうございます。

仰る通り一番気になってた部分が左肘の引けです。右のパンチを入れ過ぎかと
自分では考えておりましたが、そう単純でもなさそうですね^^;

右肩は打球場である上級者の方から腕のラインがスクエアになって無いと
指摘を受けアドレスを見て貰った時にもう少し右肩を下げると言うアドバイスを
貰った影響で極端に下がって来たかも知れません。この辺りまた練習して治して
行きたいところです。

アメリカのTVとはどんな物がお勧めでしょうか?宜しければこちらも合わせて
お願い致します。

お礼日時:2009/05/13 12:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴルフ通販について

ゴルフを始めようと思っています。
ゴルフクラブのセット(キャディーバッグ付き)を通販で購入しようと考えているのですが、今まで通販を利用した事がないので迷っています。どこのゴルフショップサイトが安全・安心でしょうか?
教えていただけたら助かります。よろしくお願いします。
ちなみに・・・
ウィズゴルフ?というショップサイトに気に入った物があったのですが、あまり聞かない名だったのでどうしようか迷っています。ご存じの方がいたら安心・安全な所なのか教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

No.7083257 (23年10月20日)
の質問で悪質な業者の話がありました

通信販売はよほど注意しないと相手がわかりません
最近良く話に出る楽天やヤフーは特に問題を
提起していないようですが
あまり見たことの無い所は最初だとのことで
十分時間を掛けて調べられる事です

ところで、ゴルフクラブは簡単なようで
購入に当たって色々と注意する点があります

あなたの身長とゴルフクラブの長さがあります
次に、身長に合わせたライ角度が合っているかどうか
クラブの重さが適当かどうか
シャフトの硬さやベンドポイント(キックポイント)=曲がり点
が自分のスイングや好みに合っているかどうか
そのほかにも、フェースプログレッションや重心距離
重心深度、重心位置など色々と確かめる必要が
ありそうです

ゴルフクラブの勉強に
http://www.golfclubsuuchi.com
をご利用下さい

値段だけ見ないで下さい

参考まで

Q女子ゴルファーと男子ゴルファーの違い

ゴルフに関しては、ど素人です。この前、「宮里 藍」「ミッシェル ウィー??」が男子に混じってやって、最下位ぐらいでした??無名男子ゴルファーより下でした。マラソンだったら有名女子ランナーだったら、無名男子ランナーぐらい抜かすと思います。力の違いと言っても、そこまで違ってくるものなのでしょうか?例えば、100ヤード飛ばして2オンと130ヤード飛ばして2オン。これは「同じ2オン」だと思うのです。女子ゴルファーが男子ゴルファーに勝てない、原因を教えてください。

Aベストアンサー

男子の名手ミケルソンは、報道陣の質問に答えて、「女子だって、むろん可能性はある。ドライバーの飛距離の差は大きな要因になるし、深いラフからのセカンド・ショットや、グリーン周りの癖のあるラフを考えると、アイアンで不利。パー5での2オンは難しいから、イーグルがなかなか狙えない。パー4でも男子がショート・アイアンでアプローチ(第2打のこと)するのに、彼女たちはときにはウッドになるだろう。この戦いはまだアンフェアだ」といっています。
男子の大会は男子の力量に応じたコース設定です。根本的な原因です。

参考URL:http://www.nikkansports.com/news/days/bn/030210.html

Qゴルフの通販の保証書対応

ゴルフの通販の場合、量販店より相当安い価格ですが、保証書対応とかはどうなっているのでしょうか?店の名前や買上日が記載されていないと無効になるような気がします。このあたりがしっかりした通販会社を教えていただければ幸いです。例えばGDOとかはどうでしょうか?

Aベストアンサー

参考までに・・・
同様の質問&回答が過去にありました。

質問番号:4609250

Qパッティング時のspotの見つけ方

ボール後方から定めたはずのspotをよく見失います。実際のパッティング動作に入るとボール近辺の芝を見る角度も変わり、何が目印だったか判らなくなってしまうのです。
一度spotを見つけたら視線をずっとはずすなというアドバイスをもらいましたが、これをやるとその点だけが気になってスムースなパッティング動作ができなくなってしまいます。
シングルの方とか、1ラウンドのパット数が30を切るような方はどのようにされているのでしょうか?アドバイスいただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

'spot'
辞書で見ると、汚れ、しみ、点などの意味が見えます
発音からスパットと言われていますね(spatではありません)

上記の意味からしても色々な目安があります
ただし、見る角度が異なると色や光の反射の角度が変わって
見失う事が度々です

視線をボールに向けたときに
左目の視線の端に(右利きのスタンスの場合)カップが見えます
パターのフェースをホールと結んだ線にあわせる癖をつけると
見失ったと思われたスパッとが見えてくることがあります

また、スパッとだけでなくその周りのものも一緒に
見つけて位置関係を覚えておくと
やはり見えることがあります

どちらかというと、確実なのはホールと結んだ線を
基準にパターフェースを合わせるほうがより見つかると思います

ワンラウンド22パット経験者より
アドバイスまで

Q通販で見たのですが、ゴルフの練習器具でスイングが悪いとグリップ先やヘッ

通販で見たのですが、ゴルフの練習器具でスイングが悪いとグリップ先やヘッド付近が折れるようになっており、折れずにスイングできれば良いスイングというものが販売していました。

その器具の名前がわかる方いらっしゃいましたらお教え下さい。
現在販売しているページなどありましたら添付していただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「メディカス」
http://www.morningsports.co.jp/products/medicus.html

Qパッティングのアドレスとパターのライ角の関係

ゴルフ歴4年程の月1ゴルフファーです。
パッティングのアドレスとパターのライ角の関係について質問です。

身長173センチで、ライ角71度・34インチのパターを使用しており、
パッティングフォームを改造中です。

〇旧フォーム
パターのライ角通りにソールをして、ボールの位置が左眼の真上になるように
グリップ位置を決めていましたが、これだとグリップが体に近すぎる感じでした。

〇新フォーム
ひざを伸ばした状態で、両腕を自然に垂らした位置でグリップしたところ
ストロークがスムーズになったのですが、色々と問題が出てきました。

通常ショットのアドレスのような手首の角度で構えると、
ボールの位置が左眼の真下より、体から遠ざかってしまいます。

これを直すために手首を伸ばしてパターを真下にぶら下げるように構えると、
ボールの位置は左眼の真下になり手首も固定されるので、
ストロークもしやすくなります。

質問1.このような手首をまっすぐ伸ばすグリップを他の人がしているのを
見たことがないのですが、これはありでしょうか?

また、このアドレスだと、かなりアップライトになるので、
パターヘッドをソールさせると、ヒールが浮いてしまいます。

質問2.この状態を解消するために、ライ角を調整してもらうことは出来ますか?

ゴルフ歴4年程の月1ゴルフファーです。
パッティングのアドレスとパターのライ角の関係について質問です。

身長173センチで、ライ角71度・34インチのパターを使用しており、
パッティングフォームを改造中です。

〇旧フォーム
パターのライ角通りにソールをして、ボールの位置が左眼の真上になるように
グリップ位置を決めていましたが、これだとグリップが体に近すぎる感じでした。

〇新フォーム
ひざを伸ばした状態で、両腕を自然に垂らした位置でグリップしたところ
ストロークがスムーズにな...続きを読む

Aベストアンサー

autoroさんの言うとおり、パターはフォームより感覚ありきですね。スムーズにストロークできるなら何でもありのような気がします。(でなければ、これだけいろいろな長さのパターは存在しないように思います)ライ角は調整可能です。ただ、ヘッドの素材がかたい金属でできている(ベリリウムカッパーのように見た目やわらかそうでもかなり硬めの金属素材もあります)場合、費用は高くなってしまうように思いますね。ヒールを浮かせると引っかけやすくなるのが気になるんだとは思いますが、それをストローク方向で調整するのも可能に思います。
自分がやると手首に力みが出たので、できないフォームですが、そうされることでリラックスしてストロークできるのならばそれもありでしょう。

Q通販のゴルフ書籍やDVDの宣伝

よくホームページで、ゴルフの書籍やメルマガやレッスンDVDの宣伝を、かなりの長文による解説で通信販売しているページをよく見かけます。

市販で売っている金額よりもかなり高額ですが、「購入者の多くの成功例」や、
「期間限定特別価格」、「このDVDを見たものにだけにしかできない技術」などの様々な名目で
商品を説明しています。

結構有名な人もこういう手法で販売している事もあります。

こういう類の情報は、信頼していいものなのでしょうか?
「やらせ」や、「詐欺」ではなく、本当に価値ある商品(レッスン)として
受け取ってもいいのでしょうか?

もちろんどんな情報も価値あるかどうかは受け取る側の問題かもしれませんが、
謳っている名目のように正当なものなのかどうか分からないのです。

お教えください。

Aベストアンサー

よくある長文の「あれ」ですね
最初は、何が書いてあるんだろうと読んでいました
くどくどと、同じような事ばかり書いていて
要点だけは、何かを購入すれば出来るようになる

何回か見ているうちに
何故あんなにくどくど書かなければいけないのか
理解に苦しむようになりました
そして、見なくなりました

あるサイトは、いまだに、メールを送り続けております
迷惑ですよね

一種の、振り込め詐欺のようなものだと思います
ゴルフの理論は単純なものなのです
それを、さも、サイトの作者にしかわからないような
錯覚を抱かせる文章の構成になっています

レッスンプロはよく言います
悪い所だけ直すのはワンポイントで5分もあれば良いと
レッスンをするのは全体の体の動きがシンクロする必要が
あるから、その総合の動きを繰り返し反復するのだと

人間の筋肉の記憶は3日間だとスポーツ科学の理論の
TV放映でありました
あとは、我流になってしまうわけです
体に繰り返し行わせる事で自分の行動であるとするわけです

単純なゴルフの理論を、あたかも複雑なように見せかけている
「ずるい」(いや、賢いのかな?)やり方には賛成しませんね

単純なゴルフ理論を理解できない方にも問題はあるのでしょうが

参考まで

よくある長文の「あれ」ですね
最初は、何が書いてあるんだろうと読んでいました
くどくどと、同じような事ばかり書いていて
要点だけは、何かを購入すれば出来るようになる

何回か見ているうちに
何故あんなにくどくど書かなければいけないのか
理解に苦しむようになりました
そして、見なくなりました

あるサイトは、いまだに、メールを送り続けております
迷惑ですよね

一種の、振り込め詐欺のようなものだと思います
ゴルフの理論は単純なものなのです
それを、さも、サイトの作者にしかわからないような
...続きを読む

Qいくら打っても絶対入らないパッティングライン?

パッティングをしていて時々 「物理的に絶対入らないラインってあるのかな」 と考える時があります。

たとえば10m以上の距離のスライスラインで、打ったボールがカップの右縁5cmを通過したとします。 その場合、「計算上」 はその5cmにカップの半径を足した距離分だけ左に向けて打てばド真ん中から入るはずですよね。

ところが、実際にはそのように左を狙って打っても、そのまま左を抜けてしまう時があります。

これは、まず打った時の力加減が強くて芝の目に勝ちすぎてしまう事が主な原因だと思います。 いわゆるタッチが合わないというものですね。

それでは、その力加減を1cm刻みに調整して徐々に弱めていけば、いつかは入るという事になるのでしょうか? 計算上は入る事になるはずなのですが ・・・

一番の疑問は徐々に弱めていけば、今度は途中通過するラインの芝目が違ってくるし、またカップ周辺で芝の微妙な目の影響を受けて、予想外の軌道を描きはしないか? という事です。

うまく表現できないのですが、たとえば機械を使って (1cm弱くとか、1cm左を狙うとか) いくらカップインさせようとしても、絶対に入らないというラインが存在するのかどうか? という事なのですが ・・・

それとも、どんな難しいラインでも何百回も何千回も繰り返せば必ずカップインできるというラインがどのグリーンにも存在するという事なのでしょうか?

パッティングをしていて時々 「物理的に絶対入らないラインってあるのかな」 と考える時があります。

たとえば10m以上の距離のスライスラインで、打ったボールがカップの右縁5cmを通過したとします。 その場合、「計算上」 はその5cmにカップの半径を足した距離分だけ左に向けて打てばド真ん中から入るはずですよね。

ところが、実際にはそのように左を狙って打っても、そのまま左を抜けてしまう時があります。

これは、まず打った時の力加減が強くて芝の目に勝ちすぎてしまう事が主な原因だと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

5です。興味深かったのでちょっとアバウトですけど、計算してみました。
強く打つと、つまりボールスピードが速いと、カップの真上でもボールはカップに入らずに通り過ぎてしまいますよね?
カップの直径は確か11センチくらい、ボールの直径が4センチちょっとだったと記憶しています。
つまり、ボールがカップ上を11センチ進む間に、落ちる距離が2センチ以下だったら、ボールはカップエッジに当たっても、上に跳ねてしまってカップには入らない、ということになります。
その時間は0.063秒。さらに計算すると、ボールスピードが秒速1.74メートル(時速6.28km)以上だと絶対にカップには入らない」ということになります。
もちろん通常でしたらその速度を超えないように弱く打てばいいのですが、たとえば2段グリーンの上の段から下の段にあるカップを狙う、ということになれば、どんなに弱く打っても途中の傾斜でボールが加速して、カップ上で秒速1.74メートル以上になってしまう、というケースはあり得ますね。
これはそんなに珍しいケースではないような気がします。

Qここの会社大丈夫ですか?(ゴルフクラブ)通販

皆様 お世話になります。
ゴルフクラブの購入を考え、色々とネットで中古を含めクラブを探していました。
そこでここのHPに辿り着いたのですがここの会社についての情報をお持ちの方はいらっしゃいますか?極端に安い訳では無いのですが安い分類には入るかと思います。
ですが在庫状況等を見ると何でこんなに在庫と種類がまだあるのか??と少し不安になりました。
http://www.mensexlfcluber.bid/
です。一応日本の会社みたいですが検索を掛けても全くヒットしなかったため
こちらに質問させて頂きました。
偽物の可能性は高いでしょうか?

Aベストアンサー

会社概要何てどこかの実在するサイトの丸写しですよ(無断コピー)

ドメインの登録者は中国の恭城ヤオ族自治県

詐欺会社と思ったほーがいいですよ

Registrant ID: C2208640-BID
Registrant Name: shang dian 1 7 8
Registrant Organization: shang dian 1 7 8
Registrant Street: fa da shui fa de shuo fa jiu shi di fang
Registrant City: gui lin gong cheng
Registrant State/Province: GX
Registrant Postal Code: 354153
Registrant Country: CN

Qスコア95(内ショット53・パッティング42)の内訳について

先ほど、同じ質問をしましたが
引き算を間違えていましたので再度こちらで質問します。



現在ゴルフ歴1年でスコアが95くらいです。

そのうちパッティングが42くらいありますので
ショットは差引53ということになり、ショットの方が10打ほど多いです。

スコア95ならこれくらいのバランスなのでしょうか?
どちらかが多過ぎということがありましたらご指摘ください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

個人的にはパットは35以下(出来れば30前後)にしたいと思っています。
何故なら、それほどパーオン(パー3でのワンオン、パー4での2オン、パー5での3オン)は多くは無いので、アプローチショットでグリーンに乗ることが多いのです。
また、ラウンドでいうとペナルティ(OBや池ポチャ)や林や深いラフから横に出すだけのショットも打数には含まれます。
単純計算で、パー72として全てパーオンすればショットは36になります。
実際にパーオンするのが1/3として残りはアプローチで乗るとすると36+12でショットが48。その他にペナルティや林や深いラフから横に出すだけのショットが6とすると合計で54。それにパットが30であれば、84になります。

また、パット数の数え方でも大きくこの比率は変わります。例えばワングリーンでグリーンの大きさが40ydもあってピンが端で反対側に乗った場合は3パットも当然ですし、逆に近い側のエッジ付近でグリーンに乗っていない場合は、十分にワンパットで決まる処に寄せられると思います。

自分のスコアアップの為にパット数を数えるのであれば、例えば10yd以内から何打でホールアウトしているか等が目安になると思います。
私の場合は、スコアカードの欄外に各ホールごとに100yd以内からの打数(目標は平均で3以下)、10yd以内(バンカーを除く)の打数(目標は平均で2以下)を書き込んでます。

個人的にはパットは35以下(出来れば30前後)にしたいと思っています。
何故なら、それほどパーオン(パー3でのワンオン、パー4での2オン、パー5での3オン)は多くは無いので、アプローチショットでグリーンに乗ることが多いのです。
また、ラウンドでいうとペナルティ(OBや池ポチャ)や林や深いラフから横に出すだけのショットも打数には含まれます。
単純計算で、パー72として全てパーオンすればショットは36になります。
実際にパーオンするのが1/3として残りはアプローチで乗るとする...続きを読む


人気Q&Aランキング