私の友人の父親が1週間位前に被殻出血で範囲が視床までと広く緊急手術をしました。
病院に運ばれた時の状況は、意識も無く麻痺も出ていたということです。
手術が終わって挿管のままICUで何日か経過し抜管に至ったというところまで聞いていました。

しかし、友人から父親が急変して命が危ないらしいと泣きながら電話がありました。
それ以来、連絡が無く私も心配でどんな事が起きたら命の危険にまで至ってしまうのか、助かる見込みはあるのか調べています。

情報も全くないので答えにくいかも知れませんが、予測出来ることがあれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。


ご心配な心中お察し申し上げます。

専門的な要素も含まれますので、こちらのアンケートのカテゴリよりも【医療】や【病気】のカテゴリへ移動してご質問されたほうが、有用な回答がつきやすいかと思います。

【医療】
http://oshiete1.goo.ne.jp/c296.html

【病気】
http://oshiete1.goo.ne.jp/c410.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳出血の後遺症のリハビリについて

脳出血の後遺症で、左半身麻痺となり、5年目の63歳の女性です。

この5年間、週1~2回程度、施設に通ってリハビリはしてきましたが、全く回復していません。

回復する見込みはあるのでしょうか。

また、神奈川県内にて、良いリハビリ施設や病院等がありましたら、ぜひご紹介ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

脳出血後遺症は,お辛いことと思います.

リハビリテーションを行っても,「回復」しないとのことですが,脳卒中のリハビリテーションとは,「現在残されている機能を低下させずに,さらに日常生活動作を改善させる」ことを目的とするものです.つまり,病気を「治す」のではなく,いかに日常動作をいわゆる「健常人」に近づけるかを目的にしています.

また,脳出血後にすでに5年が経過しており,ここからの飛躍的な症状の改善は困難と思われます.

リハビリテーションを続けることによって,身体機能の維持が期待できますので,今まで通りにお続けください.

Q1000人の一般人の命と家族、大事な人の命なら・・

善良な1000人の一般人と自分の家族、大事な人の命が天秤にかけられてます。
あなたはどちらを選びますか?


こういうたとえ話ありますよね?

私ならほぼ迷わないで家族、大事な人を選びます。
英雄とかなら1000人を選ぶのかもしれませんが私は英雄になりたくないし家族に英雄はいらないと思いますので家族選んで1000人見殺す選択以外できないでしょう。

同じ命でも見知らぬ1000人の命と家族の命は違います。
愛情の差ですね。

これが私は人として当たり前の選択だと思うんですよねー。
でも友人に話したら「いやわかるけど1000人だよ?もっと悩めよ」ていわれました。

悩んでも私は1000人選んだりしないし時間の無駄じゃんって思うんですけど・・・

ほかの人ならこういう選択しなきゃいけない場合どの程度悩んでどちらを選ぶもんなんですかね?

たとえ話ですけどちょっと気になったので質問します。

Aベストアンサー

懇意な相手の命を尊重するか、それとも、懇意でない不特定多数の命を尊重するか。

双方の選択肢は、相反する内容に思えますが、愛する人の命を優先したい本意を捨て、1,000人の命を選び取る決意も、1,000人の命と天秤にかけた上で、愛する人の命に重きを置く決意も、両者の根源には、「慕わぬ赤の他人の命より、慕う相手の命に執着するのは、生物としてごく自然な感情」という、不変の前提条件が存在するような気がしてなりません。

本来ならば、愛する唯一無二の命を護り抜いてこそ、その他大勢の1,000人の命が活きてくるのです。
そうした集団生活の営みを、歴史の歩みと共に発展させてきたのが、人間なのではないでしょうか。
自分を慕ってくれる相手の命を犠牲にし、生き長らえた1,000人から英雄と慕われる生き方を全うする人格者ばかりで、この世の中が形成されるようになれば、人間社会は次第に破綻してしまうような気がします。

質問者様が選び取った「1,000人の命より、家族や大切な人の命」という選択肢は、人によって、解釈の形は様々です。
質問者様に「もっと悩め」と仰ったかたは、この選択肢を「愛する人の命を護るために、1,000人もの命を犠牲にする」というネガティブな感性で捉え、一方で、「悩むのは無駄」と考える質問者様は、この選択肢を「1,000人の命と引き換えにしても、愛する相手の命を大切にしたい想いに変わりはない」という、ポジティブな感性で捉えているのかも知れませんね。
命の価値の重要性を、「絆」で捉えるか、「多数決」で捉えるかによって、こうした発想の方向性の違いが生まれるのかなと思います。

私なら、質問者様と同じく、愛する相手の命を選びます。

私は昔、ご質問のような状況に陥り、悩みに悩んだ末、我が子の命を犠牲にしています。
私は、その選択を、来る日も来る日も、絶えず後悔し続けています。

「子どもはきっと、解ってくれてるはず」「そうするより他に方法はなかったのだから、悔やんでも始まらない」「亡くした子の命の分まで、遺された者たちが、精一杯、生きればいいさ」等、様々な慰めを受けました。
しかし、そんな言葉は所詮、生きている側の人間にとって都合のいい身勝手な釈明に過ぎません。
子を護れなかった自責の念は、自分の中で、生涯、消え去ることはないと思います。

仮に、我が子が生きて目の前に現れたなら、私は、地球上の全人類の命を交換条件にされたとしても、迷うことなく、今度こそは、我が子の命を選びたいです。
子に、その想いを伝えることは、もう叶わないと解っているからこそ、より強く、そう願ってしまうのかも知れません。

懇意な相手の命を尊重するか、それとも、懇意でない不特定多数の命を尊重するか。

双方の選択肢は、相反する内容に思えますが、愛する人の命を優先したい本意を捨て、1,000人の命を選び取る決意も、1,000人の命と天秤にかけた上で、愛する人の命に重きを置く決意も、両者の根源には、「慕わぬ赤の他人の命より、慕う相手の命に執着するのは、生物としてごく自然な感情」という、不変の前提条件が存在するような気がしてなりません。

本来ならば、愛する唯一無二の命を護り抜いてこそ、その他大勢の1,000人の...続きを読む

Q脳出血の後遺症改善の為

脳出血が発症して1年になります。6ヶ月の入院後現在は
通院にてリハビリしています。
しかしリハビリしているリハビリセンターの先生は整形外科が主で理学療法士に任せきりでたまに診察しても、何かありますか。・・と言うだけ。 理学療法士も一人で通院している為、安心しているのか、もう5ヶ月も会ってもいないし放置状態。
発症直後は脳神経外科の先生とも関係はありましたがリハビリ開始後は殆ど無関係状態。
脳出血の場所によっては運動機能だけでなく、めまい等の
後遺症もあります。ネットには脳血流改善薬によりめまい等に効果がある薬もあるみたいですが、今のままでは、そんな薬もすすめてくれる先生も居ません。
治るのは難しいのはわかりますが、少しでも改善できれば良いなと思います。脳に障害があると何でも脳のせいにしてしまい改善できるチャンスも無くしてしまうのかと考えます。再度、脳神経外科の先生に相談したほうがいいのでしょうか。専門的なご意見下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も4年半年前に脳出血を発病し現在は右半身麻痺の後遺障害が残りました。
No1の方も回答されてますがリハビリと脳神神経医はあまり関係がないようです。ただし月一回の診察は受けてますが。麻痺改善はセラピストと相談され最善のリハビリを受けられたら。私も現在は週二回、PT・OTを受けてますが気長に地道にリハビリを受けられる事をお勧めします。

Q自分の子供の命と他人の子供10人の命

どっちかしか助けられない場面があったとして、自分の子供の命を取ったとします
(ここではその親のさじ加減。選べる立場にいたとします)

選ばれなかったほうは命を落とします

そしてその成り行きを全て世の中の人が知ってたとしたら、世間はどう反応すると思いますか?


しょうがない、ですか?

それともいい加減にしろですか?

中庸でもいいですよ

Aベストアンサー

他人の子10人を自らで殺した場合だけ自分の子を助けてやる、というパターンならどうですか?

そうします

Q脳出血後遺症上肢不自由の著しい障害(三級)で日常生活はどの位の機能障害なのか?。

脳出血後遺症上肢不自由の著しい障害(三級)で日常生活はどの位の機能障害なのか?。

Aベストアンサー

身体障害者手帳の肢体不自由(上肢)の3級でいう「一上肢の機能の著しい障害」とは、以下のような状態であると定義されています。

◯ にぎる、つかむ、なでる、物を持ちあげる、運ぶ、投げる、押す、引っ張る、ひもを結ぶ・ほどく、物をつまむ、箸を使う などの細かい操作がほぼできない
◯ 患側(障害のある側)では5キロ以内の物しか下げられない(手指で握る/肘で吊り下げる)
◯ 肩関節・肘関節・手関節のうち、どれか2関節の全廃
(具体例)全廃=関節可動域や筋力がほぼない状態[所定の測定方法によって診査]

根拠は、国の通達「身体障害者障害程度等級表の解説(身体障害認定基準)について」。
厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部長通知(平成15年1月10日付け)です。
身体障害認定基準・認定要領・疑義解釈としてワンセットになっていて、細かく決められています。
http://www.chuohoki.co.jp/products/act/5411/ で専門の解説書も発売されています。

また、障害年金でいう肢体不自由(上肢)の基準・内容・認定方法は、上記とは全く異なります。
身体障害者手帳の等級とも、全く関係がありません(連動もしません)。
障害年金では国の通達「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」が根拠になっているからです。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/ninteikijun/20140604.html から見れます。

身体障害者手帳の肢体不自由(上肢)の3級でいう「一上肢の機能の著しい障害」とは、以下のような状態であると定義されています。

◯ にぎる、つかむ、なでる、物を持ちあげる、運ぶ、投げる、押す、引っ張る、ひもを結ぶ・ほどく、物をつまむ、箸を使う などの細かい操作がほぼできない
◯ 患側(障害のある側)では5キロ以内の物しか下げられない(手指で握る/肘で吊り下げる)
◯ 肩関節・肘関節・手関節のうち、どれか2関節の全廃
(具体例)全廃=関節可動域や筋力がほぼない状態[所定の測定方法によっ...続きを読む

Q命 生命 寿:命

カテゴリ【】特設 アンケート として質問

命 生命 生命体
生命現象 は 人間原理

これらの K/W キーワード から  連想する ものを

気軽にどうぞ  哲学  カテゴリ ではないので
深く考えず に CHINESE CHARACTER 1 こ でも OK

Aベストアンサー

Q脳出血の後遺症について

母(78歳)が3年前に脳出血で倒れ、発症1年後ぐらいから常に目まいがする状態となり大変困っています。病院からは後遺症であり、「うまく付き合っていくしかない」と言われていますが、何か良い治療法や病院等は無いでしょうか? その他の後遺症は左半身麻痺と言語障害があり、歩行が出来ない状況です。

Aベストアンサー

我が家でも脳梗塞で現在リハビリ中のものもおりますが、大変ですよね!

>歩行が出来ない状況です。
リハビリが出来ない状態なのでしょうか・・・?

どちらにお住まいか分かりませんが、以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=83980

Q既婚男性に質問。赤ちゃんの命と奥様の命、どちらを選びますか?

こんばんは。
最近うちの旦那はどうなんだろう?と
考えるんで
既婚男性の方に聞いてみたくなりました。

あなたの奥様が妊娠したとします。
しかし、医者から
「子どもを産めば奥様の命はありません」と
宣告されたとします。
そして、今後二度と赤ちゃんを産めない体になるだろうとも、、、。
あなたなら
奥様に命をかけて赤ちゃんを出産してもらいたいですか?
それとも、赤ちゃんを諦めて奥様に生きてもらいたいですか?


理由も聞かせてください。

Aベストアンサー

 奥様に生きてもらいたいに決まっています。理由もへったくれもなく、まだ生まれていない胎児の「未来の命」より、今まで一緒に生きて来た奥様の命の方が重いに決まっています。
奥様は子を生む「道具」じゃないんだから、奥様に命をかけて赤ちゃんを出産してもらいたい、などという発想がそもそも間違っているし、そんなことを望む権利など誰にもないと思います。奥様を見殺しにしてでも「赤ちゃん」が欲しい、などと発想することに正当性がある社会などというのは人権が胎児にまで及んで、その人権が一人歩きした狂った社会だと思います。そういうことがまかり通れば、臨月以降の妊婦を拉致して殺害してから胎児を取り出して、うまく事後処理などという身も凍るような残虐な犯罪を将来的に誘発する可能性すらあります。今、生きている「生命」、これを守ってやらねばならないんですよ、人の生きる社会というのは。
ただし周囲の意志に反して奥様本人がそれでも産む、なんとしても産みたいと決断した場合だけは、周囲の人間はただ見守ることしか出来ないでしょう。

Q脳出血後の痺れ等の後遺症について

父(現在62歳)が一年前に脳出血(左脳の視床下部近く)を発症しました。
幸い、発症直後は後遺症がほとんどなく(感じてなく)、少し右足裏に
違和感を感じる程度でした。
しかし、ほぼ2ヵ月後に、右半身に痺れ等を感じるようになりました。
(お腹の痺れ、右足がどーんとした感じなど)

血圧は血圧降下剤の服用の効果もあり、とても安定しています。

それとは裏腹に、父はどんどん痺れがひどくなってくると感じて
います。
特に寒くなったり(冷房の中等)、ずっと座っていたりしていた状態で
ひどくなるようです。

最近は、「後遺症だから仕方がない、時間がたてばもう少し楽になる」と父は
思うようにしているのですが、どんどん痺れをひどく感じるようになっており、
見ているととても辛く感じます。
また、痺れがひどいときは、家族や周りへの八つ当たりも出てきてしまいます。
‘なんとかしてあげたい’、という気持ちでいっぱいです。

そこで、ご経験者や専門家の方々に下記の件をお教えいただければ幸いに思います。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
 (発症直後は感じなかった痺れは、今後ひどくなっていくものなのかどうか)

(2)何かしびれを改善する方法はございますでしょうか?

(3)家族としてどのように接していけばいいのでしょうか?

大変お手数ではございますが、どうぞお教えいただけると幸いです。

よろしくお願い致します。

父(現在62歳)が一年前に脳出血(左脳の視床下部近く)を発症しました。
幸い、発症直後は後遺症がほとんどなく(感じてなく)、少し右足裏に
違和感を感じる程度でした。
しかし、ほぼ2ヵ月後に、右半身に痺れ等を感じるようになりました。
(お腹の痺れ、右足がどーんとした感じなど)

血圧は血圧降下剤の服用の効果もあり、とても安定しています。

それとは裏腹に、父はどんどん痺れがひどくなってくると感じて
います。
特に寒くなったり(冷房の中等)、ずっと座っていたりしていた状態で
ひどくなるよう...続きを読む

Aベストアンサー

◆神様の大豪院です。ご質問ありがとうございます。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
一般的です。視床下部(?)近くということだといずれにせよ視床に障害があったことと思います。視床の障害は脳が修復段階に入ってくると痺れが出現するのが特徴です。特に脳出血で生じやすいものです。

「視床は感覚を伝える中継点だから、そこがやられると後遺症として痺れが出る」と知ったかぶりの説明をする医者がいますがマチガイです。
視床が障害されると出てくる後遺症は感覚麻痺であって、痺れではありません。この痺れは、感覚を伝える神経細胞の周りにある細胞が、壊れた細胞を修復しようとして過剰な神経放電をおこしてしまい生じるものです。ですので、脳が自分を治そうとすればするほど出てくるのです。だからやっかいです。

視床付近が脳出血を生じた時、後から出現する痺れを予防するためにいくつかの予防的治療を行うのですが、日本では、上記にような痺れのメカニズムさえ理解していない医者が多いので、痺れが出る前に予防的措置がとられることは極めて稀です。

何もしなければ、だいたい脳出血の1年後くらいまでは、痺れはひどくなっていきます。繰り返して言いますが、後遺症ではなく、脳は自分を直そうとするための反応だからです。

(2)何かしびれを改善する方法はございますでしょうか?
主治医に言って「安定剤」の種類の薬を処方してもらいつつ、理学療法のうち電気刺激療法など、痺れの今後の増加を食い止めるような処置を考えてもらうことです。既に1年を経過していますので、効果は限定的かもしれません。

(3)家族としてどのように接していけばいいのでしょうか?
少なくとも「痺れを気にする」ことが非常によくないのです。運動の障害が少なければ、どんどん運動をして麻痺側をどんどん使い痺れを無視するトレーニングを積むことです。
本人も周りも「痺れているから」といたわることは、全く逆効果です。いずれにせよ「立ち向かう」という積極的姿勢が無いと改善していきません。

「痺れる痺れる・・・。後遺症だから・・・。」と言い続けて何もせず、できることもしなくなって過ごしてしまうパターンが非常に多いのも事実なのです。

◆神様の大豪院です。ご質問ありがとうございます。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
一般的です。視床下部(?)近くということだといずれにせよ視床に障害があったことと思います。視床の障害は脳が修復段階に入ってくると痺れが出現するのが特徴です。特に脳出血で生じやすいものです。

「視床は感覚を伝える中継点だから、そこがやられると後遺症として痺れが出る」と知ったかぶりの説明をする医者がいますがマチガイです。
視床が障害されると出てくる後遺症は感覚麻痺であって、...続きを読む

Q父親も母親もいなくて育った人をどう思いますか? どんな風に見ますか?

父親も母親もいなくて育った人をどう思いますか?
どんな風に見ますか?

Aベストアンサー

両親いなくても結婚できる人はできるでしょう。
でも、全ては自分の行動で決まると思います。
あなたが人格者であればわかってくれる人はいます。


人気Q&Aランキング