ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

「不良娘」と古臭い単語を使いましたが、厚化粧で汚らしいスウェットを着てロクデナシの兄ちゃんとつるんで街をフラフラしているような、若い女性のことです。
こういう人たちって、よく眼帯していると思うんです。
眼帯なんて、普通の人は、一生のうちで1~2回着けるかどうかというものだと思うのですが、不良娘が着けているのを頻繁に見かけます。
先日は、並んで歩いている二人とも眼帯をしていました。
これはもう、たまたまとは思えません。
「不良娘だからこそ着けている」と受け取るのが普通だと思います。

不良娘の間では、眼帯を着けることに何か意味やステータスがあるのでしょうか?
それとも、不良娘によくある、大麻やシンナーの吸引や、その他不衛生な生活から、通常の人々が眼帯を必要とするより高い頻度で目の疾患を患いやすいからなんでしょうか?

A 回答 (5件)

おしゃれのために粗悪なカラーコンタクトをしたり、無知によるコンタクトのつけっぱなしなどで目にキズがついたり結膜炎になったりすることはよくあるようです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。
これは、いかにもありそうですね。

お礼日時:2009/05/29 17:30

汚いタオルで顔をふくと細菌が入りモノモライのような症状になることがある。

不衛生な生活環境にいるのではないかと推察されます。

ちなみに私も、フットサル後にシャワーを浴びたあと
タオルがなかったので汗まみれのパンツで顔を拭いたら
目がとてもかゆくなった経験があります
    • good
    • 0

総合すると、体に悪い事、傷などの類は


やっぱ彼らにとっては、ステータスなんですね。
そのうち、松葉杖や車イスなども
不良仲間で流行るかもしれません(!)

ちなみに、不良とはやや違うのですが
X-JAPANのファンのような人たちも
マスクをしたり、眼帯をしたりしてます。
見極めが難しいので、こちらも侮れませんね。
    • good
    • 0

こんにちは



夜な夜な遊びほうけている
体調が悪くなる
一人が結膜炎を起こす
同じタオルなどを使っていた友人もうつる
の連鎖かと
    • good
    • 0

殴られて青タンつくってるとか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなか、目のあたりを殴られるというのもありそうにないですが、
眼帯と同様よく着用しているマスクは、アザ隠しかもしれませんね。
不思議な世界です。

お礼日時:2009/05/29 17:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q眼帯をつけても良いですか?

最近右眼の調子が悪くて、先日眼科に行ったところ病名ははっきりしないものの、アレルギー性結膜炎に効果のある目薬(リボスチン点眼液)と角膜の傷を治す目薬(ヒアレイン0.1)とプレドニン眼軟膏(まぶたが腫れているのでまぶたに塗布)を貰いました。

毎日指示されたとおりに使用しているのですが、治りません。
主な症状としては、右まぶた及び眼のかゆみと腫れです。特にまぶたが腫れてしまって二重だったのに今じゃぷっくりと腫れている状態です。
かゆいのでいけないと思いつつ、ついつい眼をこすってしまいます。

特に病院で眼帯を付ける等の指示はされなかったのですが、右目だけ赤くぷっくり腫れていて人前に出るのが辛い状態です。外に出ても常に下を向いてしまいます…。
眼帯をするのは大げさかと思いますが、明日仕事関係の偉い人と会わなくてはならず、眼帯を付けていこうか考え中です。

医師に指示をされたわけでもないのに眼帯をつけて行っても失礼に当たらないでしょうか?
また、眼帯をしている人って目立ちますか?(なるべく目立ちたくないです…)

よろしくお願いします。

最近右眼の調子が悪くて、先日眼科に行ったところ病名ははっきりしないものの、アレルギー性結膜炎に効果のある目薬(リボスチン点眼液)と角膜の傷を治す目薬(ヒアレイン0.1)とプレドニン眼軟膏(まぶたが腫れているのでまぶたに塗布)を貰いました。

毎日指示されたとおりに使用しているのですが、治りません。
主な症状としては、右まぶた及び眼のかゆみと腫れです。特にまぶたが腫れてしまって二重だったのに今じゃぷっくりと腫れている状態です。
かゆいのでいけないと思いつつ、ついつい眼をこすって...続きを読む

Aベストアンサー

私も経験があります。
私の場合は両目でした。
だから眼帯も付けれらず・・・。

その時はコンタクトをしていたのですが、眼鏡に代えてみたもののやはりわかりますね。いちいち説明しなければならないし、急いでサングラス(近視用の)を作ったのですが出来た頃には治ってました。

私も最初は眼科にいったのですが、治らないのでかかりつけの皮膚科で診察してもらって、目用の眼軟膏というのを処方してもらって塗っているとなんとか治りました。あとは薬用の刺激の無い石鹸を使うのと、しばらくはシャンプー剤を使わないようにとの指示がありました。

もし腫れなどが引かない様であれば他の医者に診てもらったほうが良いかもしれません。

眼帯をしている人は目立つといってもあぁ目を怪我しているか調子悪いんだなくらいの印象しか無いと思います。

骨折で松葉杖をついているとか、腕を吊っている人同じような感じだと思います。

Q貼る眼帯

いつもカワモトの貼る眼帯を利用していますが3枚298円もするので、リーズナブルなもの、もしくはダイソーでも売ってると聞いたのですが都内で見かけた方がいれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ダイソーで見ました

Q眼帯をつけた時の錯覚!?

凄く不思議なのですが。。もしかしたら私だけかもしれませんが。。 眼帯を今日つけだしました。
で、眼帯をつけた時必ずなんですが、普段と同じメイクをして数時間たって眼帯のまま鏡をみます。そしたら別に普通にうつります。が!!!!眼帯をはずして両目でみると肌の化粧崩れが恐ろしくみえるんです!!!
いつもなら数時間たっても少しは鼻に脂がでてますが、全然平気なかんじなんですが、眼帯をつけてた時必ずいっとき眼帯をつけてて外して鏡で見ると、本当に化粧崩れが全体的に凄くみえるんです!!! 多分ずっと片目で眼帯の目も真っ暗のままで急に使うようになるのでマヒしてるのかな??と思ったのですが・・  眼帯とると目が変なかんじになるし。。  でも本当に眼帯を外した時の化粧崩れの見え方はハンパないんです!!!
こうゆう経験した方いませんか!? これが実際他の人からみてこんな状態で見えてると思うと眼帯をしたくなういのです><  ちなみに母親に「化粧崩れすごくない!?」てきくとそうでもないとゆう返事でした。

Aベストアンサー

眼帯ではありませんが、似たようなことを感じたことがあります。

鏡の前で普通にメイクをして、一応大丈夫と思って外に出て、車に乗り込みルームミラーを覗くと、すごくファンデのムラや毛穴が気になったりします。いくら明るくしても蛍光灯の下と太陽光の下では明るさが比べモノにならないのだと理解しています。なので、大事なときは特にメイクの仕上げは太陽光の下で見るようにしています。

眼帯をとると、ふさいでいた方の目は暗い部屋から急に外に出てきたときのように、ひじょうに強く光を感じるため、普段と同じ明るさのところで鏡を見ても細かいところがよく見えてしまうのではないでしょうか?

ふだんよりも化粧崩れがひどくなっているわけではなく、見え方が良く(過剰に)なっているのだと思います。他の人から見ても普段とは変わらないはずです。突き詰めて考えればあなたより視力が格段にいい人がいたら、その人には細かいところまで見えているのかも知れませんが、お母様が「そうでもない」と言われているなら心配ないでしょうね。

Q「後日」とは、最大何日ぐらい後でしょうか…

転職をしようと、インターネットを見ていたら、
新規オープン店の正社員を募集していたので、
WEBで応募しました。
2日位後に、
「改めて、履歴書と職務経歴書を送ってください」
という内容のメールが届き、郵送しました。

3・4日後に、
「書類選考が通過致しました。
面接の日時は、後日、お電話で連絡致しますので
しばらくお待ちください」
というメールが届きました。

1週間経ったのですが、連絡がありません。
こちらからの連絡は失礼だろうと思い、
連絡していませんが、
このような場合は、
10日~2週間位は待っていた方がいいのでしょうか…

転職が初めてなので、
一般的な傾向が分かる方、
教えて頂けるとうれしいです!

Aベストアンサー

後日とは文字通り後の日のことで、具体的に何日と決まっていません。むしろ、具体的に決まっていないから後日とぼかす表現をするのです。あえて言えば、諸要件が整った日のことです。

この場合は、後日れの字句にこだわる必要はありません。就活に一生懸命な身になれば、いつまでもだらだら待たさるのはつらいですよね。いろいろのことで長引いているなら、もう少し待って、とかの中間連絡をすべきですよね。待ってる人の気持ちを考えば、その位の誠意があってしかるべきです。

「こちらからの連絡は失礼」なことはありません。むしろ、1週間も待っているなら、問合わせをするのは当然でしょう。それがこちらの熱意だと思います。
黙って待っていては、熱意がないな、もうあきらめたのか、他社に決めたか、と思われることにもなりかねませんよ。

Qものもらい、眼帯をしたいが・・・

昨日からものもらいになって、今日の午前中眼科へ行ってきました。

目薬と内服薬を貰ったのですが、目(左目)がとても腫れていて半分ぐらいしか開きません。
「この腫れは薬を飲めばひきますか」と聞いたところ、「触らず、栄養・睡眠をしっかりとればひく」と言われたのですが、明日までにひくか不安です(明日から大学があります。本当は今日もあったんですが痛みと腫れで病院を優先しました)。

治るまで化粧も禁止と言われてしまい、左目だけノーメイクなんて変な顔で外には出られないと思ったので眼帯をもらえないか聞いたのですが、「3時間ごとの目薬のたびに眼帯を外していたら眼帯自体が不衛生になるし、腫れの様子などを自分で確認できるようにした方がいいから、眼帯はしてはいけない」といわれてしまいました。

しかし実際問題左だけ殴られたような目の状態で外には出れません。明日までに腫れがひけば何も問題ないのですが、ひかなかった場合を考えて今から眼帯を買いに行こうかと思っています。
でも確かに眼帯自体が不衛生になる、というのもものもらいが悪化しそうで不安です。

大学生・社会人以上の女性の方、ものもらいで目が腫れているときどうしましたか。アドバイスをお願いします。ちなみにダテメガネも試しましたが全然カモフラージュになりませんでした。
それからものもらいに眼帯が良くないというのは本当なんでしょうか。回答お待ちしております。

昨日からものもらいになって、今日の午前中眼科へ行ってきました。

目薬と内服薬を貰ったのですが、目(左目)がとても腫れていて半分ぐらいしか開きません。
「この腫れは薬を飲めばひきますか」と聞いたところ、「触らず、栄養・睡眠をしっかりとればひく」と言われたのですが、明日までにひくか不安です(明日から大学があります。本当は今日もあったんですが痛みと腫れで病院を優先しました)。

治るまで化粧も禁止と言われてしまい、左目だけノーメイクなんて変な顔で外には出られないと思ったので眼帯をも...続きを読む

Aベストアンサー

本当のことを言えば、大抵の眼科医はものもらいで眼帯をしない方が良いと考えています。

その理由は、どうしても蒸れやすくなり細菌の増殖を手助けしてしまうので、ものもらいが治りにくくなるからです。

ですが、花の女子大生が片目を腫らしたままの状態で外出するのは気が引けますよね。

眼帯を購入して際に、換えの滅菌ガーゼも一緒に購入し、押し付けないようにゆるめに眼帯を調節して、明日大学に行ってください。

毎休憩時間の度に、滅菌ガーゼを交換し、できるだけ早く帰宅をして眼帯を外しましょう。

お大事に・・

Q女性が自分の事を僕と言う心理

何故?クラスに一人位、女性(特に小~高校生)は、自分の事を私とは言わず、僕と言うのでしょうか?ただ単に言ってるだけなのか、何かコンプレックスがあるのか?昔、交際していた彼女が手紙を書いてくれた時だけ僕と書いていました。普段から僕と言っている子もいました。疑問です。回答お願い致します。

Aベストアンサー

幾つものパターン考えられますし、単一よりも複合しているケースの方が多いと思います。

女性は「変身願望」が強いと言われていますが、一般に女性は化粧をしたり髪形を変えたりするのが好きです。
女性が自分のことを「僕」と呼ぶ場合も同じことだと思います。
敢えて「僕」という男言葉を使うことで本来の性(自分を縛っている固定観念的なもの)から解放され、変身できたように思えるからだと思います。

ちなみに、相談者さんが交際していた女性が、相談者さん宛てに手紙を書くときだけ自分を「僕」と表現していたのは、下記の例に挙げた5番の「照れ隠し」だと思います。私見なので、相談者さんが違うと思ったのなら流してください。(← 投稿直前に一番お聞きになりたかったであろうご質問に答えてなかったことに気が付き、慌ててこの文章を書き足しました。書き直すとグダグダになりそうなので順番はいじりませんでした。申し訳ないですが5の解説は一番最後になっています。
大変長文ですが根気よく回答にお付き合い願えれば幸いです。)
________

1)<父親(男性の養育者)が男の子の誕生を望んでいた。または、男の子が優遇されていたり一目置かれている立場の家庭で育った。>

女性は幼いうちはファザコンの人が多いです。
そういう女性たちの幼児期はというと、それこそ初恋みたいに父親を慕っています。男児のいない家庭に生まれた幼女が「お父さんは息子の誕生を待望していた」という話を母親や親戚から幾度も聞かされたり、父親が息子のいる家庭を羨ましがっている素振りを度々感じ取れば、幼心に「私は大好きなお父さんのためにも、女の子じゃなくて“男の子に生まれたかった”」と思うようになってしまいます。

兄妹、もしくは姉弟という組み合わせで生まれた場合でも、親や親戚から男児ばかりが可愛がられていると、女児は同様に「男の子に生まれたかった」という願望を持ちやすくなります。妹の場合、兄の出来が良かったりすると、兄を意識するあまりブラコンになってしまい、兄の服装や言動を真似るようになってしまうことがあります。

そうなってしまうと、女児は女の子らしい遊びや女の子らしい服装、女の子向けのおもちゃや番組よりも、「男の子らしさを追求した事柄や、ユニセックスな事柄に惹かれやすくなります。その延長上にあるのが、女性なのに自分のことを「僕」と表現する行為であると考えられます。
(そうやって、少しでも男の子っぽく振舞うことで、自分が女性として生まれて来たことに対するコンプレックスが解消され、自分の付加価値が高まったように思えて気持ちが安定するのだと思われます。)

本気で男の子になりたかったのは子供の頃だけで、年齢が上がるにつれ、それほど男の子らしさを自分に求めなくなる女性もいますが、それでもまだ変身願望は残っていて、その名残が自分を「僕」と呼ぶ行為であると考えられます。


2)<女の子らしくすることに抵抗がある。性別に囚われたくない。>
・媚びたりするのが嫌いで、格好良くありたい、サバサバした性格でありたいと考えている。
・生来活発で男の子と一緒に遊ぶのが好きなので、男性から性差を意識されたくない。

3)<宝塚の男性役のトップスターのような人に憧れている。または、身近にボーイッシュで格好良い人がいる。>
・憧れている人に少しでも近づきたいと考えていて、その人を真似ているケース。


4)<持ち物からファッション、習い事と、様々な事柄において女の子らしさを養育者から押し付けられて来た為、「反発心から」自分のことを“僕”と呼ぶようになった。>

・自分で自分のアイデンティティーを持つことに対して、深く干渉されたことによる反抗心があるため。

・性同一性障害のように自分のことを男性だと意識しているケースもあれば、ただ単に親から解放されたくて強がって言っているケースもあると考えられます。


5)<照れ隠し。自分で自分を僕と呼ぶことで、自分とは別人格がやったことのように思えるから。>

濃いメイクをすることで、素顔が観客から分らなくなるので、緊張感が和らいで舞台に立てると、あるロックスターが仰っていました。
同じような理由で、派手な衣装を着ることで観客の目が衣装に引き付けられるので、緊張感が和らぐのだと、紅白にも何度も出演した演歌歌手も仰っていました。
(同列に扱うのはどうかと思いますし、元質問からは大きく外れてしまいますが…。
ピエロのメイクをしてピエロの衣装を着て「ピエロを演じているときは心が安らいだ」と言っていた海外の殺人者の逸話もあります。
ネットだと実名を出すのはどうかと思ったので、名前は伏せましたが、ここで挙げたケースは何れも名の知れた人たちの話であり実話です。)

女性が自分を僕と呼ぶとき、メイクをするように、衣装を着替えるように「言葉という仮面を被る」ことで緊張感から解き放たれることがあると考えられます。
そうすることで、勇気が出せたり、恥ずかしさが和らぐことがあるんだと思います。
______

私は自分のことは「僕」とは呼びませんでしたが、実家には男の子が一人もいませんでしたので…。1のケースの前半は実体験をベースに書いています。
自分のことを男の子だと思ったことは一度もありませんが、男の子が欲しがるようなもの、憧れるようなことには何故か興味津々で、幼い頃は「男の子に生まれたかった」と本気で思っていました。
自分を男だと思ったことは一度もないのに、男の子が欲しがるようなもの、憧れるようなことばかりに惹かれたのは、やはり両親、特に父親が男の子を欲しがっていたからなんだろうなと自己分析しています。
同じく1の「兄がいて自分を僕と呼んでいる妹」のケースは友人の娘さんがモデルで「実話」です。その子も自分のことは男の子とは思っていませんでしたが、中学生の頃まではお兄ちゃんの口真似をして自分のことを「僕」と呼んでいました。お兄ちゃんを尊敬していたし、高校生になってからも、お兄ちゃんのお下がりもよく好んで着ていました。

(身分違いも甚だしく、話題にするのは比較するようでおこがましいですが、< とても有名な逸話で、ご存じな方は多く、こちらのケースに関しては名前を出しても良いかなと….> ダイアナ妃のお父様が、やはり息子の誕生を願っていて、ダイアナ妃も子供の頃は「男の子に生まれたかった」と思っていたそうです。その逸話を初めて知ったときは思わず親近感が湧いたものです。もしかすると、ダイアナ妃がショートヘアを好んでいたのには、そういった成育歴が少なからず影響していたのかな?などと思ったり、どこからみても美しい大人の女性なのに、どことなくボーイッシュな印象のある方に見えたのは、スリムで長身という容姿の所為だけではなかったのかもしれない…などと、改めて思ってしまったり。
生前、ダイアナ妃が地雷撤去活動の為に地雷原を歩いている姿が報道されました。当時は様々な憶測からバッシングの声もありましたが「なんて勇気のある人なんだろう」と、その雄姿に男気を感じざるを得ないほどに印象深く、感動的な出来事でした。)


中学の頃の同級生で自分のことを「僕」と呼ぶ女の子がいましたが、その子は女の子らしい顔立ちで色白な美人でしたが、なぜかいつも自分で自分を「僕」と呼んでいました。あまり付き合いがなかったので、その理由もその後のことも分りませんが、中学の3年間はずっとショートヘアで通していました。恥ずかしがり屋な人だったので、もしかすると、その子の「僕」という表現は「照れ隠し」だったのかな?などと思いながら5の回答を書きました。

5には他にモデルがいまして、先述の1に登場した友人とは別の友人で、付き合いも長い方なのですが、友人は初めてスノボ教室に行ったときに「あなた、筋が良いですね!」と先生から褒められて、思わず自分を指さしながら「わし?!」と聞き返してしまったということです。
友人の性格はよく知っていますので、こちらのケースは間違いなく「照れ隠し」だと思います。照れてるときはよく「僕」とか「わし」と言っています。

 長くなりましたが参考にしていただければ幸いです。<(_ _)>

幾つものパターン考えられますし、単一よりも複合しているケースの方が多いと思います。

女性は「変身願望」が強いと言われていますが、一般に女性は化粧をしたり髪形を変えたりするのが好きです。
女性が自分のことを「僕」と呼ぶ場合も同じことだと思います。
敢えて「僕」という男言葉を使うことで本来の性(自分を縛っている固定観念的なもの)から解放され、変身できたように思えるからだと思います。

ちなみに、相談者さんが交際していた女性が、相談者さん宛てに手紙を書くときだけ自分を「僕」と表現して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報