オールドバイオリンとオールドの弓を個人から買おうと思っています。
楽器はフランス製、ラベルなし、30年前に当時30万で購入
弓はフランス製、ラベルなし、当時20万で購入
したものだそうです。
そのまま30万+20万で売ってもらうのは悪いと思うのですが(オールドの弓は昔より値上がりしていると聞いたので)、いくら位上乗せすればいいか、ものすごく悩んでいます。
一概には言えないとは思いますが、色々な方の意見をよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

古いから=高いというものではないと思います。

(骨董品で考えても同じかと思います)
その作者がだれで状態がどうで・・・と、楽器ですから最終的にはどれだけいい音がでるかで価値が決まってしまうのではないかと思います。
個人で判断が難しければ専門店なりに相談してみるのもひとつの手かもしれません。とりあえず参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。なるほどです。
専門店に相談もいいですね。参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/14 15:17

聞いた話なので、真偽のほどはわかりませんが、


よほどのものでない限り、中古扱いとなり、値下がりするのだそうです。

そのバイオリンが余程のものかどうかはわかりませんが、参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/14 15:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオリンとヴァイオリン

カタカナ表記の場合、例えば、バイオリンとヴァイオリンではどちらが好きですか?

Aベストアンサー

バイオリン

好きというか、辞書に載ってる方で統一しとかないと、webなんかの検索で不便ですので。

Qフランスの香水ラベルのスタンプを探しています

フランスの香水ラベルのスタンプを探しています。
フランスebayなどで探しているのですが、なかなか見つかりません。スクラップブッキング、手製の便せん、カードなどを作りたいのですが、どこか売っているところを知りませんか?
エレガントでロマンティックな物が好みです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ebayに出品されているものはポップなものが多かったですが、
こちらはいかがでしょう↓

http://www.la-chouette.net/06/06_551.htm

これは日本でよく見かけるタイプなので、もう御候補から外されているかもしれませんが、ご参考まで。
大きすぎるかしら?

Q外来語などのカタカナ表記について(バイオリンはヴァイオリン、スイーツはスウィーツ)

こんにちは。
以前から少し気になっていたのですが、

バイオリン→ヴァイオリン
スイーツ→スウィーツ
バレンタイン→ヴァレンタイン
コスメチック→コスメティック

のように、書き方を複雑にするのは何故なのでしょうか?
(英語の綴りのせいなのでしょうか・・・)
これから先は、ゼリーがジェリーになったり(ほかに例が思いつかなくて恐縮ですが)するものでしょうか?
また、そのように表記しても、実際にヴァイオリン、やヴァレンタイン、と発音するのは気恥ずかしいものもあるし、そうやって発音している人もあまり見たことがありません。
書くのもほんの少しですが後者のほうが面倒になるし、発音も前者ですることが多いのだから何もわざわざ「ヴァイオリン」等という表記をする必要はないと思うのですが、なぜそうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮名で正確に表す事そのものが不可能なんですね。おまけに商業的な場で最近とみに外国語、特に英語が乱用される傾向があり、このこともまたVの発音などに関する問題に拍車をかけていると思います。
といってviolinと書くのもそれこそ衒学趣味になるでしょう。
ということで、慣用や伝統がある場合はそれに従い、特に歴史的・政治的などの理由がある場合は原語(に近い発音)で、また決まった書き方が無い場合はどっちでもいい(まああえてあげつらうのもいかがなものかと)が、可能ならむしろ日本語に訳すほうがいいのではないか、と思います。バイオリンは・・・私もヴァイオリンと書く事が多いです。有名なヴェルレーヌの詩(訳詩)でヴィオロンとあるのにひかれてのことなのですが。ヴァレンタインもね、もともと歴史的にはウァレンティーヌスさんが亡くなった日でして、このあたり人名なのでやはり原語に近い方が良いようにも思います。善し悪しまで言うことも無いでしょう。逆に野坂昭如「エロ事師たち」のなかにパンティーをパンテ(だったかな?うろおぼえ)と発音することでわざと猥雑な感じを出している場面がありました。これなど逆にティという書き方でないと通らないでしょう。お茶のティーもそうですね。結論としては拘るほどの事でもないんじゃないか、というしょうもない落ちになってしまいますが・・・・

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮...続きを読む

QKSC製Mk23とマルイ製固定Mk23のネジ形状

KSCMk23用のフラッシュサプレッサーを購入し、マルイ製固定Mk23への装着を試みたのですが、途中までしかねじ込むことが出来ず、しっかりと装着することが出来ませんでした。

KSC製とマルイ製のネジ形状は同じだと聞いていたのですが、違うのでしょうか。
装着できない原因がサプレッサー側にある場合は交換対応をしてもらうことにしています。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 エアーガンやモデルガンの世界では、パーツ専門メーカーの製品であっても各メーカーに対応したパーツをそれぞれ作っています。これは言い方を変えれば通常ガンメーカーが、自社の製品に他社のガンメーカーのパーツがマッチするように作ることはまず考えられません。

 途中までという表現がどこまでネジ込められているのかが分かりませんが、多分ネジのピッチが微妙に違っているのだと考えられます。個人的な経験から言っても、他のサプレッサーなどのパーツのピッチはやはりメーカーが違えばぴったりと合うことはありませんでした。当然といえば当然ですが、どのメーカーも自社の銃には自社のパーツを装着してもらいたいですからね。

 ということで最後までねじ込めないのなら、無理にねじ込んでねじ山を潰して取り返しがつかないようにしては大変ですので、ショップが受け付けるのならKSMのサプレッサーは返品するしかないでしょうね。 

Qヴァイオリンとバイオリン?

例えばコンピューターとコンピュータで検索結果の件数が違うのは長音の問題によるものですが、
ヴァイオリンで検索するのとバイオリンで検索するのでは検索結果として表示される件数に違いが出ますが、これはどういったことが問題でこうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

#3ですが以下のQ&Aを参考になさって下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=557499

Q弓を送る場合

今度遠くに引っ越した友達に弓道の弓を送りたいと思いますが、郵便で送る場合はどのような方法がありますか?
またダンボールとかどうしたらいいのでしょうかね?
長さは2メートルぐらいです。
もしよろしければ料金も教えてください

Aベストアンサー

ゆうパックで取り扱えるサイズは
縦横高さの合計が1.7mまでです。
寸詰の弓でも梱包したら越えてしまいますね。
郵便局からじゃなくて宅配便利用を考えましょう。
クロネコの「ヤマト便」なら送れるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.kuronekoyamato.co.jp/yamatobin/yamatobin.html

Q「ヴァイオリン」と「バイオリン」について

violin をカタカナで表す時に、
ヴァイオリン、バイオリンというのがそれぞれ混在しているように思います。
たとえば、goo のサイト検索なんかでやってみても、
どちらかがメインとかいうことでもないような気がします。

たとえば文部科学省の教育指導指針(?)であるとか、
新聞での用語に関するルール(?)なんかで、
こういった関係のことが何か取り上げられているというようなことはありますでしょうか?
もし、歴史的な経過などについてもお分かりでしたら、その辺りも含めてよろしくお願いいたします。

国際化への対応や子供の教育面などから捉えると、個人的には、
このようなケースでは「ヴァイオリン」に統一するような方向が
あっていいようには思うんですが。

Aベストアンサー

外国語の発音をVだけヴで書いて安心しても何の意味もありません。Th、siも日本語にない音です。混在しているのは
先輩達が使って定着したヴァイオリンなどが残り、新しい単語はバケーション(Vacation)のように無視して表記したりVirus(ウイルス、ビールス )のように適当に書かれるからでしょう。その外来語が何語を通じて日本に定着したかによっても表記が違ってきます。

子供さんには両方の書き方があることを説明の上、我家ではVはヴァ、ヴィ・・と書くと教えればよいと思います。

Q弓とマスケット銃について

初投稿です。
早速ですが質問です。中世ヨーロッパ、イギリスではロングボウ、イタリアではクロスボウ、中東ではトルコ弓といった強力で金属板を貫くような弓がありました。さらに弓はある程度の遠距離、300m程殺傷能力があったそうです。
しかしルネサンスを経て火薬を使用した火縄銃、マスケット銃が開発され、近代戦争では戦列歩兵が敵の目の色が確認できる位置で撃て、と言われる程接近戦で発砲しています。
なぜ時代はこれほどの命中率が悪く装填に時間がかかる武器をえらんだのでしょうか?弓で撃ち合う方が効率が良いとおもうのですが。

Aベストアンサー

弓を扱うには熟練が必要です。未経験からスタートすると、まともに射てるようになるまで最低でも半年、戦争で使い物になるレベルを目標とするなら1年以上はかかると聞きます。またその技量を保つためにも定期的に訓練を続けなければなりません。当然、腕力が必要ですから弓兵の候補者は屈強な男性に限定されます。

国は年がら年中戦争をしているわけではありません。戦争をしていないときには農業なり工業なり、生産活動を行って国の冨を蓄えなければなりません。屈強な男性という貴重な労働力を、長い時間弓の訓練のために拘束しなければならないというのは、それだけで国力を大幅に削いでしまうことと同じです。

銃を戦争の道具として見たときに弓と比べて圧倒的に優れてる最大の点が、その訓練時間が少なくて済むということです。数日間の訓練だけで十分、戦争に使い物になる兵士が出来上がります。

銃は弓にある時点を境にしてガラッと取って代わったわけではありません。かなり長い期間、弓と銃は併用されました。用兵的に見れば互換のある兵種であったわけです。それを維持するために必要なコストが、弓に比べて銃の方が遙かに少なくて済んだことが、威力や射程距離ではまだ弓に劣っていた時期の銃が、一部分とはいえ弓が果たしていた役割を代わりに担うようになっていた理由です。

金属薬莢が実用化されたことで銃が前装から後装となりライフリングが一般的となって、銃は威力、射程距離、連射速度ともに弓を大幅に上回るようになり、完全に弓に取って変わることとなります。

弓を扱うには熟練が必要です。未経験からスタートすると、まともに射てるようになるまで最低でも半年、戦争で使い物になるレベルを目標とするなら1年以上はかかると聞きます。またその技量を保つためにも定期的に訓練を続けなければなりません。当然、腕力が必要ですから弓兵の候補者は屈強な男性に限定されます。

国は年がら年中戦争をしているわけではありません。戦争をしていないときには農業なり工業なり、生産活動を行って国の冨を蓄えなければなりません。屈強な男性という貴重な労働力を、長い時間弓...続きを読む

Q学校ではどんな風に教えてますか?(「ヴァイオリン」or「バイオリン」)

別のカテゴリーで、たとえば violin をカタカナで表す時に、
「ヴァイオリン」と「バイオリン」のどちらが良いとされているのかをおたずねしました。

平成三年の「内閣告示第二号」によると、
原音や原つづりになるべく近く書き表そうとする場合には「ヴァ」で、
これらの仮名を用いる必要がない場合は,一般的に,「バ」で書き表すことができて、
ということのようです。

----
こちらでのおたずねですが、
実際の学校の現場では、どのように教えられているんでしょうか?

それと、学習指導要領とかには、その辺のことについて何か記されて
いたりするんでしょうか?

Aベストアンサー

小学校では「バイオリン」、中学校から「ヴァイオリン」になると聞いたことがあります。
というのは、「バ」と「ヴァ」の使い分けの前提となる、アルファベットや英単語の正確な発音を習うのは中学校からですので、小学生には教えられないからです。

Q弓の弦が髪(顔)に当たります

こんにちは。弓道部に入り弓道を4月から始めた者です。
先月の段級審査で1級をとることができたのですが、最近になって弦が髪に当たってしまいます。
9月ぐらいに一度顔に当ててしまいそのあとからどうしても当たるのではないかと離れの瞬間怖くなってしまいます。
髪の毛に当たる割には矢は前にとんでいってしまったりします。
射場に入ると緊張のせいかあまり当たらないのですが(もしかしたら少し当たってるのかもしれませんが忘れてるのかもしれません)、ネットでの練習のときはどうしても当たってしまいます。
最近は弓を引く=痛い というような気持ちになってしまいます。
先輩からは恐怖心を捨てないととも言われたのですが、どうしても離れの瞬間、特に口割りをしていると当たるんじゃないかとばかり思ってしまいます。
当たらないときは大抵おくってしまったり、離してひいてしまったり、離れの瞬間目をつぶってしまいます。
どうしたらよいでしょうか。
わかる方がいましたらどうか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネットで答えられる事には限りががありますので、道場の先生に見てもらうのが一番ですが、
少しだけ。

何故当るか。
一つはno.1さんが言われたように弓返りです。
正しい手乃内と背中で引く感覚をつけましょう。
ただし、難しいです。

で、こっちが主だと思うんですが、
当る→痛い→引きが小さくなる→余計当る。
怖い→ぶれる→当る→怖い→余計当る
と言うループだと思うんです。
矯正法はまず、恐怖心をなくすこと。
巻藁でもじっくり口割をつけて会を持ってみる。
十二分に伸びあって怖かったらゆっくり戻したらいいです。次第に恐怖感はなくなります。
とにかく、大きく引けば角見が効いていなくても、
矢があるので、中々当ると事はないでしょう。
ちなみに、髪だけが当るのであれば、首が傾いているのかも知れません。

何かの参考になれば。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報