会社で住民税がひかれています。
給与収入以外の収入についての住民税は、「普通徴収」にすれば、
会社にバレる可能性を少なくすることはできる、ということを聞いたのですが、実際どのように行動するのかイメージがつかめません。

本業
副業先
市役所

に対してどのようにアクションを起こせばいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

副業がアルバイトのような給与所得の場合。



>給与収入以外の収入についての住民税は、「普通徴収」にすれば、

まず会社で住民税を特別徴収されている場合は原則として普通徴収に出来る副業分の住民税は給与所得以外で、給与所得は出来ません。

そこで市役所の住民税の担当部署(徴税課とか収税課とかの部署名ではないか)に電話して、給与所得の副業分の住民税だけを普通徴収に出来ないか聞きます。

1.原則に則り出来ないと言われたら出来ませんのであきらめてください

2.できますと言われたらその指示に従ってください

例えば

A.確定申告のときに「自分で納付(普通徴収)」を選択するだけで良いといわれたら

来年になって確定申告のときに申告書の下記の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」にあるように、「□ 自分で納付(普通徴収)」にチェックして申告書を提出すれば良いだけです。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

B.事前に役所に連絡してくださいといわれたら

来年になって確定申告をするときに事前に役所に連絡して副業分を普通徴収にするように頼んで、あとはAと同じ手順です。

それから本業、副業共に源泉徴収票をもらうこと、その両方を併せて確定申告をするからです。

また副業が給与所得以外の場合はそのままAの方法でかまいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。よく理解できました。

お礼日時:2009/05/13 20:15

>本業


何もする必要ありません。

>副業先
申告に必要なので、給与なら「源泉徴収票」、報酬なら「支払調書」をもらうことですね。
これは、だまっていてももらえるはずですので通常なら特にすることはありません。

>市役所
確定申告する際、申告書の第二表「給与所得・公的年金等に係る所得以外の住民税の徴収方法」の欄で、「自分で納付」にチェックを入れれば、普通徴収にしてもらえ、副業分の住民税の通知が本業の会社に行くことはなくばれません。

給与所得は普通徴収にはできない、という書き込みも見られますが、ほとんどの市では給与所得であっても普通徴収にしてもらえます。
ですが、念のため事前に役所の住民税の担当部署に電話で確認されることをおすすめします。
給与所得以外であれば、事前の確認は必要ありません。
問題なく普通徴収にしてもらえます。

また、副業分の所得(給与の場合は収入)が20万円以下なら所得税の確定申告は必要ないので、住民税の申告をしその申告書の副業分の住民税の徴収方法で「自分で納付」にチェックを入れればいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 20:18

今回からというのであれば


今年の12月に本業で年末調整をする=>(1)年末調整後の
                   源泉徴収票がもらえる
来年1月になったらバイト先から(2)年末調整しない形で
の源泉徴収票をもらう。

来年3月に税務署で(1)(2)印鑑を持参して確定申告します。
その確定申告のさいに、給与所得以外の場合の住民税は
どうするか?という欄がありますから、とにかく普通徴
収にチェックしてください。

ここで勘違いしてはいけないのが、普通徴収にチェック
するということは、本業に関する住民税はあくまでも
従来通りに給与天引きである、特別徴収なんです。
なのでバイト分に関わる住民税だけを普通徴収にして
くれという意味です。

で、確定申告書はたしかに税務署で行いますが、
確定申告書の2枚目が役所に回って住民税の計算に
使われます。
ですので住民税はあくまでも役所管轄ですから、
税務署に相談してもどうにもなりません。

本業分は特別徴収バイト分は普通徴収とたいていの
役所は分けてくれます。これを普徴差額という見た
いです。

でも、確定申告書に書いてあるように給与所得に
関する住民税は基本的に特別徴収なんです。

ですのでやってくれない役所もあります。
現に教えてgooでもやってくれない!と質問
している人がいました。

なのでバイトはじめる前に分けてくれるのか
役所に確認した方がいいですよ。
役所で「絶対に分けません」といわれたらもう
お手上げです。

あとはrsttさんの確定申告書を税務署に提出する
時に役所に回る2枚目に付箋でもはって、「バイト分の
住民税は間違いなく普通徴収にしてね」と注意を
促して、さらに役所に「今、俺の確定申告やって
きたので間違いなくよろしく」と念を押せば完璧
です。

役所も人間ですから、間違えて特別徴収にされたら
やばいですから。

ですのでポイントは役所に確認して本業分、バイト分
住民税を分けてくれるのか。
分けてくれるとなればあとは役所が間違わないように
rsttさんが注意を促してあげれば完璧です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 20:17

そもそも無理です。



普通徴収にするのであれば、メインの会社も普通徴収にしなければなりません。
会社の事務部門を知ってる人なら、普通徴収と特別徴収の違いくらい知って居ます。

通常の会社員は特別徴収で、他の所得などがある人(自営農家、株式収入など)の人が、普通徴収を選びます。

つまり、メインの会社以外の収入がある人意外が普通徴収にする事は無いのです。
ですので、メインの会社に普通徴収への切替を依頼した段階で、メインの会社には、別の収入があるのだと言う事を伝えた事になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 20:16

本業


副業先
市役所

どれでもありません。
強いて言うなら税務署です。
『確定申告書』を書くとき、第2表に住民税の納付方法を選択する欄があります。
ここにチェックマークを施して税務署に提出するだけです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 20:14

こんにちは



会社の給与を管理している部署(人事なり総務なり経理なり)に
「普通徴収にしてくれ」と言えばいいです。
その上で最終的に自分で確定申告をすればいいです。

>「普通徴収」にすれば、会社にバレる可能性を少なくすることはできる

普通の会社は「普通徴収にしてくれ」と言った時点でばれます。
100%ばれるわけではないですが、ほぼ確実に疑われます。
というのも、サラリーマンが副業以外で「普通徴収を希望する」ことの
意味がほとんどないからです。好き好んで「会社がやってくれてる面倒
くさいことを自分でやります」なんて理由があると思うに決まってます。
どんなにバカな担当者でもさっしはつきますよ(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。そうなんですね、、、

お礼日時:2009/05/13 20:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング