ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

機材の知識に乏しい私をどうかお助け下さい。

最近,MIDI in・MIDI Thru が付いているギターアンプ(Diezel Herbert)を購入したのですが,以下の質問にご回答お願い申し上げます。

●ギターアンプのチャンネルの切り替えと,コンパクトエフェクターをセレクター・スイッチャー的なものを用いてon,offするのを同時に操作する方法はありますか?

●また,その方法に使われるおすすめの機材等ございましたら,教えてください。

以上,当方あまり機材に詳しくないので,説明が不十分かと思いますが,LIVEが近いこともあり,何卒お力をお貸し下さいm(_ _)m

以上,よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ギター 知識」に関するQ&A: ギターの基礎知識

A 回答 (2件)

数個のコンパクトエフェクターのループをプログラミング


してMIDIかしたいのであれば
http://www.e-imi.jp/noahsark/switching-board/ind …
のスイッチとMIDIコントローラかな
できればもうちょっとどんな環境か教えて欲しいかな

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

noahsarkのPTBS-1とEXP-1Mを使用すれば,PTBS-1にてプログラミングされたコンパクトエフェクターの操作とPTBS-1からEXP-1Mを経由したMIDI信号によるアンプのチャンネルの操作とを同時にできるということでしょうか?

度々の質問で誠に恐縮ですが,よろしくお願い申し上げます。

補足日時:2009/05/15 09:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
誠にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 15:41

一時期購入を考えた機種です。

地元で見なかったので試したこともありません。

カタログ上ではチャンネル毎にセットできるような表記があります。
また、それを切り替えたりするのは専用フットスイッチ(オプション)かMIDIフットペダルのようです。
要は一般的なアンプがON/OFFフットスイッチであるのに対して、これはMIDI端子付きの複合機能スイッチでON/OFF以外の複雑なコマンドが可能だということになるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2009/05/27 15:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。
・10W以下は厳しいと思うが使えた例はあるのか知りたい。

ライブハウスとしてはキャパが100人程度以上の所で
ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。

ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。

おそらく回答は少ないと思いますが、実体験を伴わない一般論は不要です。
サイトリンクでも内容が合っていればOKです。


質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、
どこまで小さいのが使えるのかを知っておきたいためです。
自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、
今回はライブでの使用を検討しています。

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須...続きを読む

Aベストアンサー

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。

猫の額のようなステージでも、無理無理大型アンプ持ち込んで、自分のアンプ音をガンガン浴びないと「俺のプレイができねぇ」と宣う人もいれば、ちょっと質問の主旨からずれますが、持ち込みのPodからD.I.直のノーアンプで、モニターだけで全く問題ない人も居ますので。(いずれもドラム、ベースの入るロック系のケースにて)

PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。
この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。

今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。

背面に跳ね返りがない場合なら、チューブなら30Wくらいでなんとかなるケースの方が多いかなと。

これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。
ドラムがなければ、いずれの場合も体感音量半分くらいでも十分にギターは活きます。
15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。

屋内の場合は、おおむね上記の「野外で背面から跳ね返りがある場合」に近いイメージです。音的にはだいぶ違うのですが、やっばりドラムがキーになります。
その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。
ステージの間口や奥行きが狭くて、ステージ内で反響しまくったドラム音が客席に飛び出していくような場所(学校の体育館などが良い例)では、ギターアンプも相応の電気パワーで対抗しないと拮抗しませんね。

なので、キャパ100人のライブハウスで想定でどうか…となっても、私程度の経験値だと、現場見てみないと正直判断できません。
うちの地元のライブハウスでも、小体育館的な設え(見た目も音響も)のところもロフト改造の天井高の高い(吹き抜け)音的に野外に近いコンディションの所もあります。

ちなみに、私が素人PAやるような現場で、こっち側(もちろんPAスタッフ=私のバンドメンバーという関係)でアンプを用意する時は、キャパ100人台ならチューブ30W、ソリッド60Wが定番です。
それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。
キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリ...続きを読む

QギターアンプのCH切替フットスイッチ

90年代ごろの少し古いギターアンプなのですが、A/Bのチャンネルを切り換えるためフットスイッチを買おうと思います。
フットスイッチのジャックのところには、TIP:A / RING:B と書かれています。
これはたぶんステレオタイプのフォンプラグで、TIP(先の部分)がAチャンネル、RING(先から2番目の部分)がBチャンネルに割り当てられているということなのでしょうけど、肝心のフットスイッチ本体をどんなものを買えば良いかよくわかりません。

20年近く昔のアンプなのでデジタルとかではなく、ごく普通のちょっと安めのトランジスタアンプです。
なのでとくに凝った回路などにはなっていないと思います。
こういうアンプには、どのような形式のフットスイッチを買えば良いですか?ラッチタイプという繫用のもので良いのでしょうか?

たとえばBOSSのこれなどはどうなのでしょうか?レビューによるとマーシャルやフェンダーのチャンネル切り換えに使えているとのことですが・・・
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=205%5EFS5L%5E%5E

ちなみに、家にあったヤマハのFC-5(アンラッチタイプ)を試しに繋いでみたのですが、切り換えはできませんでした。
踏んだ時もずっとAチャンネルのままでした。(まあ、RINGの部分がないですからね・・・)
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=814^FC5^^

お分かりになる方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いします。

90年代ごろの少し古いギターアンプなのですが、A/Bのチャンネルを切り換えるためフットスイッチを買おうと思います。
フットスイッチのジャックのところには、TIP:A / RING:B と書かれています。
これはたぶんステレオタイプのフォンプラグで、TIP(先の部分)がAチャンネル、RING(先から2番目の部分)がBチャンネルに割り当てられているということなのでしょうけど、肝心のフットスイッチ本体をどんなものを買えば良いかよくわかりません。

20年近く昔のアンプなのでデジタルとかではなく、ごく普通のちょっと...続きを読む

Aベストアンサー

普通の2CHタイプ(スイッチが2個の機械式タイプ)のフットスイッチで大丈夫です。
参考→http://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?i_type=cm&s_maker_cd=477&s_category_cd=516
ラッチ、アンラッチ、は状態をホールドするかしないかで、ON状態をホールドする物をラッチタイプ、押した時のみONになる物をアンラッチタイプと言います。
アンラッチタイプは一般にMIDI制御で多く使われます。
アンプに使われるタイプの多くはラッチタイプが多いです。

質問者さんの紹介のものは1chタイプで、TIPに繋がった切替えしか出来ないです。
2chスイッチのステレオジャックのものの中身は簡単で、それぞれTIPとRINGに繋がった線をGNDに落とすだけの設計になっていて、自作も普通のフットスイッチなので簡単です。

BOSSのフットスイッチだとコレになりますね。
→http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=205%5EFS6
A&Bという所にステレオ線を使えば良いです。
アンラッチも切替え可能なので、他にも用途は有るので便利では有ると思います。

普通の2CHタイプ(スイッチが2個の機械式タイプ)のフットスイッチで大丈夫です。
参考→http://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?i_type=cm&s_maker_cd=477&s_category_cd=516
ラッチ、アンラッチ、は状態をホールドするかしないかで、ON状態をホールドする物をラッチタイプ、押した時のみONになる物をアンラッチタイプと言います。
アンラッチタイプは一般にMIDI制御で多く使われます。
アンプに使われるタイプの多くはラッチタイプが多いです。

質問者さんの紹介のものは1chタイプで、TIP...続きを読む

Q2台のアンプと1台のスピーカーキャビネット

現在2台のヘッドアンプと1台のキャビネットを所有しているのですが、どうにかして両方のアンプを活用できないかと考えてます。
接続は一応、ギター→A/Bbox→アンプA・アンプB→キャビネットの順番を考えてます。
アンプとキャビネットの間に何か2IN1OUTみたいなものってあるのでしょうか?
もしこのような機材があった場合、アンプとキャビネットの抵抗オームも揃えたほうがいいのでしょうか?
どなたかご存知であれば教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。 返事が遅くなって申し訳ありません。

私なりに色々考えてみましたが・・・

自作の経験のないoyoyo-oyoyoさんに、楽器に詳しくない私が古いオーディオ流儀の発想でアドバイスするより、ずっといいアイディアが浮かびました!

結論を先に述べると

工業高校や工専、理系大学の電子(電気)科に相談し、切り替えBOXを作ってもらうというものです。

彼らの中には、ギターをはじめ電子楽器をいじっている学生もいるでしょうし、世の中にないモノを創ることに興味を示すと思いますよ。

先生を中心としたサークルのような組織であれば、人数が多い分、私ひとりが考えるよりずっと独創的なものを生み出してくれる可能性があります。

oyoyo-oyoyoさんの説明で、どんなモノを望んでいるのかは十分理解できますから、近くに学校があればぜひ相談されると良いと思います。

ある意味では、学生にとっても生きた研究(実技)となるわけですから、おそらく歓迎されると思いますよ。

私の試算では、MIDI信号に対応させるかどうかで材料費が違ってきますが、かなり複雑かつ高価なパーツを使っても2万円を超えることはないと思いますが、こればかりは回路しだいなので・・・

私に設計能力がないから逃げた!と思って頂いて結構ですが…(汗)「教えて!goo」の中で電子回路の説明と工作指導は、正直なところ難しいです。(すみません)

本当に市販品になければ、学校とタイアップしてパテントを取るなんてどうでしょう・・・??

No.1です。 返事が遅くなって申し訳ありません。

私なりに色々考えてみましたが・・・

自作の経験のないoyoyo-oyoyoさんに、楽器に詳しくない私が古いオーディオ流儀の発想でアドバイスするより、ずっといいアイディアが浮かびました!

結論を先に述べると

工業高校や工専、理系大学の電子(電気)科に相談し、切り替えBOXを作ってもらうというものです。

彼らの中には、ギターをはじめ電子楽器をいじっている学生もいるでしょうし、世の中にないモノを創ることに興味を示すと思いますよ。

先生...続きを読む

Qアンプ用にフットスイッチを自作したいです!

マーシャルとかJCアンプとかにフットスイッチを使ってチャンネル切り替え等したいのですが、そのフットスイッチの自作方法を教えていただけないでしょうか?

そういったサイトを探していたのですが見つかりません。
いちばん求めてるのに近かったのが
http://homepage3.nifty.com/qatf/elect/20040311/20040311.htm
です。

ただ、抵抗の値テキトーであったり
ちょっと不安なので・・・

あと上記サイト内に下のようにあるのが、噛み砕いて教えて頂けないでしょうか?
「フットスイッチは6端子あって2回路入りのものを使っていますが、実際は1回路しか使っていません。」

それにしてもフットスイッチ自作のページとかって結構ありそうな感じがするのですが無いですね。単純すぎるからでしょうか。

部品パーツ屋の店員に聞けば、必ず答えてもらえるくらい単純なのでしょうかね・・・

Aベストアンサー

(1)LED付のon,offスイッチには電池がいりますか?

必要ありません。
>これはアンプからコードを通じて電気を得られるからでしょうか?
そのとおりです。

質問者様が参考に上げられているページの回路図を見てください。
SW1が上側になっている時は、SW1のルートには電流が流れないため、
アンプからJ1を通して供給されている電流は、R1、D1を通って
またJ1に戻ってアンプへ帰っていきます。このときにD1が発光します。
この状態の時は、抵抗があるので回路内で電圧が降下します。電流もさほど流れないでしょう。

図と同じようにSW1が下側になっているときは、J1→SW1→J1のルートに電流が流れます。
このルートの抵抗が0ですので、抵抗のあるR1、D1側にはほとんど電流は流れなくなります。
したがってD1は光りません。
この状態のときは、無抵抗なので回路内で電圧は降下しません。

で、R1の正しい抵抗値についてですが、
アンプからどのような電圧、電流が供給されているかは調べないと不明ですし、
アンプごとに異なるかもしれませんので私には答えられません。
なので、LEDを抜いて、単純に電流が流れる流れないのスイッチにした方が楽ではないか、
というのが最初の回答の趣旨です。

(2)フォーンプラグを繋げるジャックに…
エフェクターはジャックに電源スイッチの役割をもたせることが多いですが、
今回の切り替えスイッチには不要です。
わからないのであれば、作例と同じように簡単なジャックを使ったほうがいいでしょう。
エフェクターの電源スイッチについては、こちらを参考に
http://homepage3.nifty.com/ichian/analog/tips/tips_sw.htm

ジャックに関しては、実際に入手してしばらく眺めるなり、
安いテスターでいろいろ試してみるなりすればすぐわかります。

私もろくに電気の勉強をせずにちゃんとした知識もないままに、
今まであれこれ手を出してきた人間なので、他人のことは言えないのですが、
ここでいろいろとご質問されるよりも、
一度本を買われるか、いろんなページを読み漁るかして基礎的なことを学ばれた方が早いかと思います。

(1)LED付のon,offスイッチには電池がいりますか?

必要ありません。
>これはアンプからコードを通じて電気を得られるからでしょうか?
そのとおりです。

質問者様が参考に上げられているページの回路図を見てください。
SW1が上側になっている時は、SW1のルートには電流が流れないため、
アンプからJ1を通して供給されている電流は、R1、D1を通って
またJ1に戻ってアンプへ帰っていきます。このときにD1が発光します。
この状態の時は、抵抗があるので回路内で電圧が降下します。電流もさほど流れない...続きを読む

Qマーシャルのギターアンプのノイズで困っています。

先日ギターを始めようと思いIbanezのGRG150DとMarshallのMG15CDを買ってきたのですが、MG15CDからの「ビビビビ」とか「ビー」とかいう感じのノイズが酷くて困っています。

コンセントの向きを変える、シールドを交換するなどの対策はしましたが、依然ノイズは出ています。

具体的な症状としては、
・ギターを構えているだけの時に一番大きなノイズ。
・弦かシールドの金属部分に少しでも触れるとノイズがなくなる。
・ピックガードに触れると、何も触れてない時とは違った感じ(でも音は大きい)のノイズがでる。
・放置してる状態でも突然ノイズが無くなったり復活したりする。
・ギターの角度などを変えるとノイズが無くなったりするが、またすぐに復活し、実際に弾く時の角度ではほとんどノイズが出る。

等です。

ちなみに家にあったローランドのCUBE-20Xに繋げてみたところノイズは出ませんでした。

かなり大きなノイズで困っています。

回答よろしくお願いします。

PS.楽器に関するカテゴリーがどこにあるか分からなかったので別カテゴリーにも同内容の質問をしてしまいました。

先日ギターを始めようと思いIbanezのGRG150DとMarshallのMG15CDを買ってきたのですが、MG15CDからの「ビビビビ」とか「ビー」とかいう感じのノイズが酷くて困っています。

コンセントの向きを変える、シールドを交換するなどの対策はしましたが、依然ノイズは出ています。

具体的な症状としては、
・ギターを構えているだけの時に一番大きなノイズ。
・弦かシールドの金属部分に少しでも触れるとノイズがなくなる。
・ピックガードに触れると、何も触れてない時とは違った感じ(でも音は大きい)のノイズが...続きを読む

Aベストアンサー

再び失礼します。

MG15CDでノイズが出、CUBE20Xではノイズが出ないということであれば、ギター側の不具合という可能性は考えにくいところがあります。アンプが原因という可能性も検討する必要がありそうです。とりあえず、アンプにシールドをつながずに電源を入れ、ボリュームを上げた時にそのノイズが出るかどうかを確認してみるのも良いかもしれません。それでノイズが出るようであれば、アンプの方に問題があると思われます。

ノイズについては、そのノイズの様子によってその原因を推定するのが良いでしょう。ノイズ源によってノイズの現れ方は違うので、それぞれのノイズの状況に応じてノイズ源を特定していくのが良いと思います。場合によっては、ノイズの原因が一つではなく複数あり、それらが相乗効果として現れてくる可能性も考えるのが良いでしょう。

・ギターを構えているだけの時に一番大きなノイズ
この状態では、外来のノイズに対して無防備な状況になります。ノイズが最も大きく感じられてもおかしくはありません。

・弦かシールドの金属部分に少しでも触れるとノイズがなくなる
これは人体がアースとなってノイズが消えている状況です。アースに流れるべき電気が行き場を失っている状態では、大抵はそれがノイズとして現れます。弦に触れてノイズが消えるのであれば、ギターのアースは生きています。シールドに触れてノイズがなくなるのも、シールドのプラグに直接触れたことでアースが取れたことを示しています。

・ピックガードに触れると、何も触れてない時とは違った感じ(でも音は大きい)のノイズがでる
これについては、私自身は、何を意味しているのかわからないところがあります。

・放置してる状態でも突然ノイズが無くなったり復活したりする
ノイズの状況が変化するということは、状況に変化があったと捉えるのが妥当です。何も条件が変わらないのにノイズの状況が原因もなく変わるということはありえません。放置している状況であれば、ギターや機材をいじることで生じているノイズではない(外的要因が作用している)可能性が疑わしくなります。

・ギターの角度などを変えるとノイズがなくなったりするが、またすぐに復活し、実際に弾く時の角度ではほとんどノイズが出る
ギターの角度を変えた時にその直後はノイズがなくなったりするとすれば、シールドなどの接触不良も原因として疑わしくなるところがあります。シールドの接触不良でノイズが出るということもあり得る事態です。シールド側であればシールドのプラグ内の配線の接触、ギター側についてはプラグ周りの接点落ちや接触不良がないか、確認してみるのも良いかもしれません。

また、ノイズの音程が、東日本ではG、西日本ではBに近い場合、電源からノイズを拾っている可能性があります。東日本の交流電源の周波数は50Hz、西日本の交流電源の周波数は60Hzですので、電源のノイズを拾うとその周辺の音程のノイズがのることになるでしょう。こちらはギターのアースを見直したり、アンプ側の電源のアースを取るなどで解決できる可能性があると思います。

たびたび失礼しました。

再び失礼します。

MG15CDでノイズが出、CUBE20Xではノイズが出ないということであれば、ギター側の不具合という可能性は考えにくいところがあります。アンプが原因という可能性も検討する必要がありそうです。とりあえず、アンプにシールドをつながずに電源を入れ、ボリュームを上げた時にそのノイズが出るかどうかを確認してみるのも良いかもしれません。それでノイズが出るようであれば、アンプの方に問題があると思われます。

ノイズについては、そのノイズの様子によってその原因を推定するのが良いでし...続きを読む

Q2台のアンプヘッドを1台のキャビネットで流用

ギターアンプを2台使用しています。
ともに全段に真空管が使われているヘッドです。
これにキャビネットを接続して使いますが、キャビは1台しかありません。
そのため、アンプを変えたいときは、いちいちスピーカーケーブルを付け替えなければならず、少々面倒です。
そこでセレクターのようなもので切り替えられればと思うのですが、そのようなものはあるのでしょうか?
1本のギターからアンプへの入力信号を切り替えるセレクターはあるようなのですが、アンプを切り替えるようなものは見つけられませんでした。
そうしたものが流用できるかなと考えましたが、ヘッドとキャビのあいだは大容量の信号が流れると聞いています。
したがって、ギター用のセレクターは流用できないのではないかと考えています。

以上、こうした製品があるのか、どなたかご存じの方はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

本当にこのサイトはリンク不安定。
以下の順序で辿り着いて下さい。
サウンドハウス → ギター → エフェクター → フットコントローラー / セレクター → DOD 207

また駄目かも知れませんがhttp://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=280%5E270%5E%5E

Qアンプのリターン端子を使う場合は?

お世話になります。ギターアンプのリターン端子にBOSSのGT-8を接続する場合ですが、GTのプリアンプを使うとしてギターアンプ側のレベルは目一杯上げても問題はありませんか?GT-8側のプリアンプでレベル調整をして構わないのでしょうか?
ちなみにアンプはマーシャルJCM900です。マーシャルはレベルを上げたほうがアンプの性能をよく引き出せると聞いたことがあるのですが、この場合はどうなんでしょうね。
来週でも試してみようと思ってるのですがどなたか詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際に試すのが一番でしょうけど・・・
A. JCM900(Pre) -- JCM900(Power) -- Speaker
が、
B. GT-8(Pre) -- JCM900(Power) -- Speaker
になるわけですから、まず A. の形態で普通にバンドで演奏する音量のPower部のLevelを確認したうえで、それと同じレベルにするには、GT-8のoutput-levelはどの程度なのか?(つまりJCM900のプリと同じぐらいのlevel)
は、一度、確認したほうがいいかもしれせんね。
その位置から、GT-8側とJCM900側を少しずつずらしていくほうが安全かな・・と思います。
JCM900をちょっとあげて、GT-8を下げて、同じ音量になるように・・。
ちなみに、私は JC-120(スタジオに必ずあるRolandのやつ)のreturnにつないでやってたことがありますが、こいつは、Returnにつなぐと、全くVolumeコントロールはできません。Power部のlevelは無いんですね・・。Returnに挿した機材側のoutput-levelでしかVolumeが効きません。
いずれにせよ・・マーシャルのパワー部+スピーカを使うとなると相当くせがありそうですから、GT-8をプリ部として使う際の音作りは、スタジオで結構時間がかかるかもしれませんね。パワー部をあげると、プリ部での音質の補正が必要になったりして・・。

実際に試すのが一番でしょうけど・・・
A. JCM900(Pre) -- JCM900(Power) -- Speaker
が、
B. GT-8(Pre) -- JCM900(Power) -- Speaker
になるわけですから、まず A. の形態で普通にバンドで演奏する音量のPower部のLevelを確認したうえで、それと同じレベルにするには、GT-8のoutput-levelはどの程度なのか?(つまりJCM900のプリと同じぐらいのlevel)
は、一度、確認したほうがいいかもしれせんね。
その位置から、GT-8側とJCM900側を少しずつずらしていくほうが安全かな・・と思います。
JCM900をちょっ...続きを読む

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Qアンプシュミレーターって何ですか?

こんにちは。ベース&ギターをやっている者です。今更ながら聞きたいのですが、先日「LINE6 POD XT」というレッドのアンプ種ミレーターを見つけました。
 ですが、これってエフェクターでもなければリズムマシンでもないしアンプシュミレーターと総称で呼ばれるみたいなのですが具体的に何をするときに役に立つものなのでしょうか?
 どなたか教えてください。

Aベストアンサー

アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。 ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。

エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ(やキャビネット)が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制約がかかる面も出てきます。
そうしたところから、ギターを直接ラインに入力して、なおかつアンプを介さずにギターらしい音を得るための機材として、アンプシミュレータという機材が出てきました。 アンプシミュレータを利用すると、ラインに入力する際にギターアンプをつないで音を出してマイクで拾うというプロセスを省略して、より手軽にアンプを通したギターらしい音を作り出し、ラインで録ることができることになります。
また、アンプシミュレータには、有名どころのギターアンプの特性をシミュレートしたモデリングアンプとしての機能もあり、アンプシミュレータ一台でいろいろなタイプのアンプの音を利用できるということにもなります。 他にも、キャビネットのタイプを選択できたり、マイキング(スピーカーに対してどうマイクを設置するのか)の違いをシミュレートする機能などを搭載しているものもありますね。 ただ、作られる音については、シミュレータ的な匂いは抜けきらないかも知れません。
アンプシミュレータについては、そうした録音の時に便利な機材として開発された物と見るのが妥当かと思います。

ただ、アンプシミュレータをプリアンプとしてギターアンプの前段につないで使うこともあり、ステージ用の機材として利用されることも多くなってきているといえます。 また、マルチエフェクターの中にアンプシミュレータ機能が組み入れられたり、逆にアンプシミュレータの側にモジュレーション系や空間系のエフェクトが追加されたりと、最近ではマルチエフェクターとアンプシミュレータの区別自体に曖昧な領域もできつつあるようです。

参考になれば。

アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。 ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。

エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ(やキャビネット)が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制...続きを読む

Qギターのネックの裏の塗装について

ギターやベースにはネックが塗装してあるものと塗装してないものがありますよね?
塗装ありのものかなしのものかどちらにしようか迷ってるのですが
それぞれの実際に使ってみての長所、短所や使用感などを教えてください
一応簡単にではありますが2つの違いや長所などはある程度は知っているんで
使ってみてわかることを聞きたいと思っています

Aベストアンサー

既出の回答と重なりますが

ネック表(指板)の塗装について・・通常、塗装されているのはメイプル指板です。ローズなどの材質と比べ湿度による変化が大きいので指板保護の目的で塗装されています。

ネック裏の塗装について・・上記と同じく保護(ネック)の為に塗装されています。フィニッシュは下記3種に大別されます。
・ノーマル・・つるっとしており光沢がある。汗をかくと滑りやすいが、他のフィニッシュ方法よりは経年変化しにくい。
・サテン・・表面が凸凹しており、さらっとした質感。汗をかいても滑りにくいが塗面が薄い為、薄利が起こりやすい。
・オイルフィニッシュ・・コア、チーク、パドックなどの材質を使用するボディ、ネックに多いフィニッシュ。塗装を施さない為、保護の目的でオイルを塗りこむ(定期的)。自然な木の感触が手に伝わりやすいが、塗装されていない為、黒く染みになりやすい。塗りこんだ直後は油のためベタツキ感がある。

※塗装はラッカーかポリウレタンかでも大きく変わってきますが、どちらにせよオイルフィニッシュを除く非塗装のネックはコンディションを保つのが難しく、気候変化の大きい日本では不向きです。

既出の回答と重なりますが

ネック表(指板)の塗装について・・通常、塗装されているのはメイプル指板です。ローズなどの材質と比べ湿度による変化が大きいので指板保護の目的で塗装されています。

ネック裏の塗装について・・上記と同じく保護(ネック)の為に塗装されています。フィニッシュは下記3種に大別されます。
・ノーマル・・つるっとしており光沢がある。汗をかくと滑りやすいが、他のフィニッシュ方法よりは経年変化しにくい。
・サテン・・表面が凸凹しており、さらっとした質感。汗をかい...続きを読む


人気Q&Aランキング