現在、試験片の表面電位を電位計とXYステージを用いて測定して表面電位分布を得ています。

しかし、電位分布をみることが目的なので、いちいち各点の電位を測定することが苦痛です。
何か簡単な方法は無いでしょうか?

電位に応じて濃淡が変わる曲げたりすることのできる液晶(電子ペーパー?)みたいのがあれば
試験片の上におくだけなので便利なのですが検索してもいまいちわかりません。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

再度tanceです。



試験片の大きさや形状にもよりますが、小さくて変形可能なもの
だったら、ドラム状のものに貼り付けてグルグル回し、表面電位計の
ヘッドを徐々に軸方向に動かすと測定は楽です。

ただし、電位計の応答速度に注意してください。位置分解能とドラムの
周速から回転数を決めてください。

測定原理をどうこうするより、電位計のヘッドを素早く移動する手段
を考えた方が早そうです。平面を保たなくてはならない場合はXY平面を
いかに素早く移動させるかを考えれば良いと思います。

素早い測定は精度向上にもつながることが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にします。ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/11 13:41

表面電位というと、絶縁物に帯電しているというイメージですが、そんな


理解でよろしいでしょうか。そうだとすると、電位の大きさと細かさが
問題ですが、数10V~2kVくらいの電圧で、位置分解能が20ミクロンくらい
の電位分布が測れるものがあったら1台1億円でも何台も売れると思い
ます。

もっと位置分解能が粗いとか電圧精度が悪くて良いとか条件によっては
FETアレーのようなものでも測れるかもしれません。でもこれは相当
気合いを入れて専用ICを作るくらいの勢いでないと難しいでしょう。

液晶だとかSAWアレーだとかは実用になるのでしょうか。いまのところ
このようなアイデアで測れているという話は聞いたことがありません。

真空中に入れて電子ビームで測るとか、理屈ではいろいろあるかと思い
ますが、大抵は非実用的です。

悲観的な話ばかりでスミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。

位置分解能はそこまで必要ないのですが
電圧の精度はそこそこ必要なんです‥

なかなか難しい話なんですね、
それがわかっただけでも助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 17:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木材の表面と側面の違いで考えられる事は?

4747840、4751005の質問しました。
築6年の家に木粉と虫が出たことから度々こちらで質問させて頂き、少しずつ分かってきたことなどがあり、
今回最後の質問をさせて頂きます。

虫の鑑定結果が出て、やはりヒラタキクイムシでした。
同時に寝室に木粉があり、パイン無垢材の天井に1箇所虫穴を発見できました。
これにより、パイン無垢材は虫に強いと聞いていましたが、違うと言う事がはっきりしました。

最後の質問はかなり難しい事かもしれないですが、一か八か質問させてください。

今も毎日虫が出した木粉や虫がいるのは階段周辺なのです。
でもこの階段周辺のパイン材には穴は一切ありません。
但し、画像にある木の隙間に木粉があるんです。
別の部屋の隙間には殆ど無いのに、階段上部の隙間には目で見える木粉がたくさんあるんです。
(画像は階段上部ではありませんが、同じ木材です。数ミリの隙間があります)

先日掃除機で吸ってみましたら虫は発見できませんでしたが、粉はありました。
もしこの粉がまた出てきたら虫がいる、と思っていましたら最近少し粉があるようです。
ですのでやはりここに虫がいるのは間違いないです。
階段上部のパイン材の表面には虫穴がなく、隙間に木粉があるのです。
どうしてでしょうか?
この事で何か少しでも知っている方がいましたらご回答頂きたいです。
何でもいいです。
かなり厳しい質問だと思いますが、よろしくお願い致します。

来週にHMに話をするつもりですが、前回木粉の話をした時に「建築時のカス」と言われたので、
今回はしっかり調べてから話をしたいと思い質問させてもらいました。
どうかよろしくお願いします。

4747840、4751005の質問しました。
築6年の家に木粉と虫が出たことから度々こちらで質問させて頂き、少しずつ分かってきたことなどがあり、
今回最後の質問をさせて頂きます。

虫の鑑定結果が出て、やはりヒラタキクイムシでした。
同時に寝室に木粉があり、パイン無垢材の天井に1箇所虫穴を発見できました。
これにより、パイン無垢材は虫に強いと聞いていましたが、違うと言う事がはっきりしました。

最後の質問はかなり難しい事かもしれないですが、一か八か質問させてください。

今も毎日虫が出...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

>パンフレットに「構造は天井、壁、現場発泡ウレタン60mm」と書かれています。

もしかして鉄骨系プレハブのHMですか?
鉄骨系なら室内から見える天井材裏で木材が使用されるのは、下地材など一部に限られるので、天井材を剥がす手間には変わりませんが、蝕害箇所を特定し駆除するのは容易だと思います。

木造(軸組 or ツーバイフォー)で現場発泡断熱材の使用は比較的珍しいと思いますが、もし木造で現場発泡ウレタンの断熱材が構造体部分に充填施工されているのなら、蝕害箇所を特定するのが少々厄介かもしれません。
(天井材の一部を剥がしても、全体が確認出来ない)

いずれにしても、ヒラタキクイムシだと特定できていますから、メーカーも「たまたま外から進入してきたのだろう」といった言い逃れは一切出来ません。
なぜならこの虫は飛翔能力が極端に弱く、外からの進入はまずあり得ないからです。

とにかく駆除方法についてHMとじっくり話し合ってください。

Q表面電位について

表面電位を測定することで、
何がわかるのか、
をご説明願いたいとおもいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「何の」表面電位かわからないと答えようがありません。

Qガトーショコラの表面

私がガトーショコラを作ると表面が何と言いますか、
固くなってしまいます。しいて言うならマカロンのような表面ですかね…
でもお店などに売っているものは表面がしっとりしていませんか?
ガトーショコラの側面と同じような固さで。

いったいどうしたら表面がカチカチにならずに
おいしく焼けるのでしょうか?何かコツなどありましたら教えて頂けませんか。

ちなみにオーブンレンジ?を使っているのも何か関係あるのでしょうか…

Aベストアンサー

配合によって生地の焼き上がりが変わるのですが、質問者様が作るレシピで「ガトーショコラの表面がマカロンみたいな感じ」は、生地の状態がよろしく作り方が上手いという証です。

そのままの配合でしっとりとしたものが作りたいのであれば、メレンゲを作るときにグラニュー糖ではなく上白糖や三温糖で作るとそういうことがなくなるので、理想のケーキが作れると思います。

ちなみに本場フランスでも薄力粉は使います。

参考までに。。。

Q表面電位差について教えて下さい。

真空中において存在する2つの電極間にはその物質の組み合わせに固有の表面電位差が生じることはよく知られていますが、
これは水は溶液中でも発生するのでしょうか?
そしてその電位は溶液の種類によらず、また真空中のものと同じ値を示すのでしょうか?

Aベストアンサー

>これは水は溶液中でも発生するのでしょうか?

純粋な水の場合真空中のものと同じ値を示す筈です。
完全な絶縁体であれば真空中と同じ理論です。
不純物が混入していれば漏れ電流が発生しますので、水道水では電位差は発生しません。

>そしてその電位は溶液の種類によらず、また真空中のものと同じ値を示すのでしょうか?

溶液が電解質のものでは異なってきます。
例としてアルミ電解コンデンサーを考えれば誘電率がありますので異なってきます。
電極間に挟まれた物質で静電容量が異なってくるのを利用したコンデンサで類推すると理論が判明
するのではないでしょうか?
 

Qタイヤ表面にタイヤスプレーが・・・

外したタイヤ側面にタイヤスプレーを吹き付けましたが、
気づくとタイヤ表面までスプレーが付いてしまいました。
多分シリコーンが含まれていると思いますが、
これを中性洗剤で洗い落とすことはできますか?
しかも、洗う時間が取れなくて2週間ほど放置状態となっていますが、
すぐ洗い落とさない場合の影響はありますでしょうか?

Aベストアンサー

サーキットで限界走行でもしない限り問題ないですよ
走ってるうちに表面が磨耗してゆきスプレーの成分も一緒になくなってゆきます。

気になるようであれば、次からはウェス(綺麗な雑巾)などにスプレーしてからウェスでタイヤの側面だけに塗るようにしてください。

Qポテンショスタットの作用電極がアースされているにもかかわらず電位測定が可能な理由

電気化学測定法(上)や腐食防食Q&Aなどのポテンショスタットの回路図において、どの回路(オートクレーブ専用以外)を見ても作用電極がアース接続されています。

私は、アース接続されていれば、電位はアースポテンシャルで一定になると思っています。

作用電極がアースされているのに作用電極の電位を制御、または電位を測定できる理由を教えてください。

Aベストアンサー

アース接続されていれば、装置やアース接続された周囲のシールドと同じ電位になっていると考えてよいです。

ポテンシオスタットというのは作用極と対極の間に電流を流し、そのときの作用極と参照極との電位差を測定するものです。そのときに電位差が決められた値になるように電流が制御されます。
したがって、アース電位に対して参照極がどのような電位であるかが測定制御されます。

セル内の電位及び電位差と、周囲のアース電位は直接関係するものではなく、セル内はそれだけで完結しており、相対値です。極端な話、作用極の電位をアース電位から100V浮いた状態にして動作させたとしても、シールドとセル内の液の最外部との間にコンデンサが形成されるだけで、測定結果はあまり違わないのではないでしょうか?

参照極の電位がアース電位でなければいけないという理由は特にありません。
参照極でなく作用極がアースされているのはノイズ対策ではないかと思います。

Qスチール空き缶の側面に丸い穴を空けたい。

ジュースのスチール缶の側面に直径2センチほどの綺麗な丸い穴を空けたいのですが、鉄鋼用のホールソーを使用すれば綺麗に落とせるでしょうか?

缶の表面が丸いのと、缶自体が非常に薄いので最後の落とすときに上手くできずに形がいびつになるのでは?と考えています。

なにか良い案がありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答1番の方の方法は良いですね勉強になりました。そのほかの方法として、私なら、空き缶の側面にφ2センチのケガキ線を入れて金切鋏で切り落とします。この方法なら自由にサイズを決められるのですぐに取り掛かりが出来て少量なら適している方法だと思います。道具は、歯科技工で使用されている小さな先の曲がった金切鋏が適しているでしょう。

Qぬれ張力試薬を使用した金属表面のぬれ性測定

エチレングリコールモノエチルエーテル=ホルムアミド系のぬれ張力試薬を使用してステンレス表面のぬれ性を測定しているのですが、(1)この場合ぬれ性を左右するステンレス表面の影響因子は一般的にどういうものが挙げられますでしょうか?(2)ぬれ性を高くする方法はありますでしょうか?(3)大気中にステンレスをしばらく放置しておくことでぬれ性が変化することは考えられますでしょうか?以上、質問項目が多いですががご存知の方いらっしゃればご教示頂きたくお願い致します。

Aベストアンサー

>(1)この場合ぬれ性を左右するステンレス表面の影響因子は一般的にどういうものが挙げられますでしょうか?

もっとも端的に効くのは汚れです.逆にいうと,評価前にどのような前処理で表面をきれいにしているのかは重要です.エッチングのような処理をしているのか,脱脂程度なのか,等.
次は,表面の水酸基化でしょうか.これは熱処理したりすると変わってきますが,長期間ふつうの空気中に置いてあったのならほぼ問題ないかもしれません.

>(2)ぬれ性を高くする方法はありますでしょうか?

何に対する濡れ性でしょうか.評価試薬に何を使っているかはともかくとして,結局何を知りたいのか,という話です.

>(3)大気中にステンレスをしばらく放置しておくことでぬれ性が変化することは考えられますでしょうか?

汚れ以外だと,最初のステンレスがどういう状態だったかによるでしょう.

Q歯の矯正の為に前歯の表面を削ること

今インビザラインで歯の矯正をしているのですが、今日かかりつけの歯医者に行ったところ、私の前歯2本の表面の、お互いに接している部分が少しふっくらと盛り上がっているので、そこを削った方が見かけがよくなると言われました。私自身、歯を容易に削るのには抵抗がありますし(インビザラインを始める前には下の歯の側面を何本か削られましたが)、表面を削るというのは聞いた事がなかったので、歯が過敏になったり等の問題が後から出てこないか心配です。どなたかご存知の方、ご回答お願いします。(ちなみに当方北米在住です。)

Aベストアンサー

ご返答ありがとうございます。

まず、歯の表面を削ることについてですが、
エナメル質は本来削らない状態がもっとも状態としてよいのは言うまでもありません。
しかし、今回のように審美性を獲得するために形態を修正するのであれば、前回も説明したように多少生物学的なコストを支払うことになります。
その場合のリスクとしては、虫歯になりやすくなる、あるいは少ししみる感じがでることがある、という2点は確かにあると言えます。
一方で、虫歯になるかどうかは、歯に虫歯を作る細菌が一定期間以上付着し、歯が侵されることによって生じますので、
適切に歯を磨いた上で、メンテナンスをしっかりと受けていただければおそらく問題ないと思われます。
また、しみる感じについては、場合によってはしばらく出てしまうかもしれませんし、大丈夫かもしれません。
これについては、実際に拝見していないので、ケースによりけりですから申し訳ありませんが一概には言えません。
担当医の先生が大丈夫だというのであれば大丈夫なのであろう、という程度のアドバイスになってしまうかと思います。
これには、歯に加わる力、歯の状態、歯周組織の状態、口腔衛生状態などが関与します。

ただし、噛み合わせで削れてしまってでこぼこになっているところを、削れたところに合わせて回りを削るというのはあまりおすすめできない状態である可能性があります。
これに関しても即答できませんが、力が強くかかっている歯は知覚過敏症状を引き起こしやすいですので、当然摩耗が強い歯はそういったリスクが高いと思って下さい。矯正しているので、噛み合わせは変わってくると思われますので、その点も場合によってはクリアできるかと思いますが、
必要以上に歯を削ることはやはりためらわれます。
得られる審美性に対して、ふさわしい対価の生物学的なコストかどうかを担当医の先生と相談した上で決定していって下さい。

違和感については、矯正中はつきものですので、あまり心配なさらなくてもよろしいかと思います。

思います、ばかりの回答ですみません。
デリケートな部分が多い問題ですので、はっきりとした回答は避けさせていただきます。

歯は削るともとには戻らない、体の中では特殊な組織ですからご心配されるのは非常に良く理解できます。
繰り返しになりますが、担当の先生とよく相談なさって下さい。
こういったことに時間を費やすことは決して無駄なことではないと思います。

ご返答ありがとうございます。

まず、歯の表面を削ることについてですが、
エナメル質は本来削らない状態がもっとも状態としてよいのは言うまでもありません。
しかし、今回のように審美性を獲得するために形態を修正するのであれば、前回も説明したように多少生物学的なコストを支払うことになります。
その場合のリスクとしては、虫歯になりやすくなる、あるいは少ししみる感じがでることがある、という2点は確かにあると言えます。
一方で、虫歯になるかどうかは、歯に虫歯を作る細菌が一定期間以上付...続きを読む

Q水晶発振式膜厚コントローラーと触針式表面形状測定器

水晶発振式膜厚コントローラーと触針式表面形状測定器の仕組みと原理について調べています。しかし、ホームページや大学の図書館を探したのですが参考文献が見つかりません。どなたか参考になるホームページか参考文献を教えていただけるでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どのレベルで知りたいのかによって答えが違うのでしょうが、「水晶発振式膜厚コントローラー」や「触針式表面形状測定器」で検索して出てくる商品の説明では不足ということですよね。

前者は水晶振動子やQCMで検索すると分かるかも。
後者は私もよく分かりませんが、AFMの簡易版かな。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報