近々土地を購入し家を建てる計画があります。現在検討中の土地は立地条件は申し分ないのですが30年ほど前まで「田んぼ」だったそうです。その後畑になり現在の宅地になったとの事。「田んぼ」と言うと地盤が弱いと思うのですが30年も経過していれば強度的に問題ないのでしょうか?
地盤が弱くても家を建てる前の地盤改良をすれば問題無いのでしょうか?
地盤改良に通常よりお金が掛かる物なのでしょうか?
知識のある方どうか教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

田んぼは非常にやっかいです。

必ず地盤改良をきっちりやることをお勧めします。地盤というのは非常に重要なポイントです。スウェーデン式の調査は費用もリーズナブルですが ただし10mまでしか調査できませんし、正確ではないんですよ。個人の予算のレベルで一番正確なのは 地盤改良の経験豊富な職人の方にお願いして、ボーリング調査をしてもらった上でゆるい地層がどこにあるかを探り当ててもらい、そこをセメントベントナイトやセメントミルクと珪酸ソーダで脈状に注入し、瞬時に地盤が強固になっていきます。詳しくはこちらを参考にされてはいかがでしょうか?http://ground-up.jp
    • good
    • 0

家の専門家ではありませんが、道路の設計と施工をしている者です。



お話を聞いた限り、地盤改良の必要があると思われます。
また、必要な対策を施せば家を建てることは可能と思われます。


ところで、昔々は洪水などで水はけが悪く、他の野菜を育てるのには不向きな土地を田んぼにしていた傾向があります。
(その後、畑にしている場合、表面数十センチだけ土を入れ替えている可能性があります。)
(こうしたケースでは、下のほうはびちょびちょのままの可能性があります)
つまり、地形的に洪水にあいやすかったり、大雨のときに冠水しやすい土地の可能性があります。
市役所でハザードマップ(洪水が起きたときにどの地域が冠水しやすいかを図面化したもの)を確認したり、
その土地のご近所の方に、梅雨時に家の前の側溝から水があふれた事がないか
質問してみるといいと思います。
    • good
    • 0

私も家を建てた時に地盤改良する必要があり、120万くらい掛かりました。



基礎の10年保証?というものが必須になったので、保証業者が少しでも不安があれば改良しないと保証しない、みたいになってきたと数年前に聞いた事があります。

通常は地盤改良すれば問題無いです。
昔田んぼだった所に3階建ての鉄筋のマンションとか建ってたりしますし。

基本的には必須だと思っていた方がよいかもしれません。
少なければラッキーで、繰上げ返済とかにも使えますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり結構掛かりますね、しかし長い目で見れば安いのかも?
「繰り上げ返済」・・・なるほど!ものは考えようですね。
ご回答問う御座いました。

お礼日時:2009/05/17 08:10

知識がある方という限定がついているので、回答していいか大いに迷いましたが(前に回答した時に「あなたがどのくらい詳しいか疑問」とかかかれましたので)わかる範囲で回答します。



(1)田んぼだから必ず軟弱地盤とは限らない。事実多くの住宅がもともと田んぼだったところに立っている。
(2)時間の経過とともに地盤が固まるという要素はある。
(3)地盤改良には各種の工法があり、地盤の状態に応じて使い分けられる。一般的によく行われるのは柱状改良という工法で、土をかき混ぜながら土が硬化するような薬品を入れていく。ただし、土の状態により、たとえば、有機物や油分を大量に含む土だと固まらないことがある。その場合は他の工法に切り替える。
(4)費用は、柱状改良の場合、2階建ての30坪くらいの家の場合、80万円~くらい。改良地点の数と深さにより価格は変わる。
(5)地盤の調査はスウェーデン式サウンディング法という調査をします。
費用は、建築予定の建築会社でやってもらうなら無料の場合が多いです。有料の場合、5万円くらい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座いました。
薬品を入れるとは知りませんでした、色々な方法があるのですね。
良い勉強になりました、参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 08:07

こんにちわ。



昨年、私も実家の建て替えをしました。
40年以上建物をてていた、質問者様と同条件の土地で、古い家は傾き始めていました。
そこで、地質調査を行った結果、地盤改良が必要との内容でした。
どのぐらいの深さの岩盤に杭を打ち込むかにもよりますので、金額は
わかりませんが、設計者いわく、通常の家であれば100~200万との事でした。
実質、私は150万でした。

参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

micikkさん、早速有難うございます。
かなり掛かりますね!事前に分って良かったです。
参考にさせて頂きます。有難う御座いました。

お礼日時:2009/05/13 14:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地盤改良費の予算、地盤改良は出るのか

地盤改良費の予算、地盤改良は出るのか

家を新築予定です。

最初、地盤改良費として100万円を計上していたのですが、銀行の融資金額が思ったより低く、最終的に25万円しか地盤改良費として計上できなくなってしまいました。

購入予定の土地は分譲地で隣の隣(約10メートル先)が同じハウスメーカなのですが、その家は地盤改良は出なかったようで、しかも地区自体が固い地盤のようで、営業の方が多分地盤改良は出ないでしょうと言って地盤改良費が削られて行き、最終的に25万円になりました。

予算もギリギリの為、もし地盤改良が必要と言われてしまっても後20万しか出せません。(それで家の貯金は底を付きます)

地盤改良に詳しい方にお聞きしたいのですが、このような状態で地盤改良が出る可能性は本当に低いのでしょうか?

後、地盤改良費が45万しか予算がない状態でこのまま計画を進めるのは無謀でしょうか…。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

地盤は実際に見てみないとわかりません。
隣が良かったからと言って、自分の所も良いと言う保証は何もありません。
実際に建てた方で経験されている方はたくさんいると思いますが、
隣の地盤の状態、その土地全体の状態は全く当てにならないと思っていてください。

そのHMの方もいい加減だと思います。
我が家も、建てる時にしっかり見積もりを取りましたが、地盤改良代は最後の最後まで100万円を入れておきました。我が家の周辺も地盤が固いと言われていましたが、HMの方もローンの担当(JAの方ですが)も、こればかりは調査結果が出るまではわかりませんので・・・と仰っていました。

ちなみに、お世話になったHMの方の経験で、隣は地盤改良が出なかったのに、その隣が100万以上も掛かってしまい、苦労した話も聞きました。

ですので、少なくとも100万は見ておいたほうが良いです。

Q扇状地の田んぼの地盤は?

宅地のための土地を探しています。
もと田んぼの地盤は弱く、なるべく避けたほうが懸命だと思いますが、なかなかもと田んぼ以外の土地が見つかりません。
そんな中で希望の場所で不動産を通して田んぼを売ってもいいよという地主さんがいらしゃいます。
その田んぼは道路からの高さは50センチくらいです。それから表土を取り除くことになると思います。
この地域は扇状地で下は砂利でとても固いそうです。しかし砂利の深さはわかりませんが。
それでもやはり田んぼは危険でしょうか。もし購入となれば、どんな地盤改良が考えられますか。
週明けに返事をしなければいけないのでご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
扇状地はご存じのように、上部の谷地形から扇状に広がっている地形を言います。
扇状地の下の地質分布は、当然上部から崩れ落ちた岩石や雨水によって
浸食され流下した土砂が互層状に堆積しているのが一般的です。
地主さんが扇状地は砂利でとても固いそうですと言ってますが、根拠ははっきりしてませんよね。
地主さんが言う通り砂利層の締まった地盤であれば、表層改良もなしでいけると思いますが、
調査会社に簡単な調査を依頼してからでも遅くないように思います。
買ってから問題が起きたのでは、後のまつりになってしまいます。
調査費は数十万円掛かりますが、あとで泣くよりは賢明かと考えます。
ちなみに、専門の調査会社のサイトを下記に記載しておきますので、検討してみて下さい。

参考URL:http://www.jio-kensa.co.jp/

Q地盤改良

家の新築を予定している者です。
契約する前に、地盤改良が必要であれば費用は工務店が出しますという
話がありました。
契約後、周りの区画は地盤改良をしているところが多く、恐らく
地盤改良が必要だといわれました。
そこで伺いたいのですが、地盤改良って頻繁に行われているものなんでしょうか。
悪い土地を買ってしまったんじゃないかとものすごく不安です。
地盤改良をすれば、安心してもいいんでしょうか。

Aベストアンサー

地盤改良自体は、現在は頻繁に行われているので、それ自体を不安に考える必要はないでしょう。昔は、地盤のよいところ・・・礫とか砂とか出てくるようなところに家がまず張り付いたのでしょうが、市街地が拡大し、地盤のあんまりよくないところでも、住宅地になりつつある現在地盤改良は避けて通れないでしょう。

私が疑問に感じるのは、
>地盤改良が必要であれば費用は工務店が出しますという
というところ。こんな話はあるんでしょうか。
はじめから、地盤改良ありきで、その分をどこかの経費にでも乗せているんではないでしょうか?

地盤改良といっても、その地盤の良し悪し、工法、改良する深さ等々で予算は多きく異なるもの。
地盤改良とか言っておいて、表面だけを砂利とかに入れ替えたんでは(そんなことはしないと思いますが)意味なしです。

ほかの方が言われておりますが、どのような工法を考えているか確認すべきです。

それと、現地は当然、簡単なものでよいの地盤調査を行っていますか?周りの家と同じような深さまで、というのであれば少し、手抜きじゃないかな?
とか、後になって、「予想より深くまで地盤改良する必要が出まして、工費負担を・・。」なんてことのなきよう。

工事内訳書はもうできているんですか?
土工事とか基礎工事とか言うところあったら、見てみてください。
素人目にみて、どうも高いとか、あやふやだ、と思う点は、
その内訳を、明確にしてもらったほうがよいですよ。

地盤改良自体は、現在は頻繁に行われているので、それ自体を不安に考える必要はないでしょう。昔は、地盤のよいところ・・・礫とか砂とか出てくるようなところに家がまず張り付いたのでしょうが、市街地が拡大し、地盤のあんまりよくないところでも、住宅地になりつつある現在地盤改良は避けて通れないでしょう。

私が疑問に感じるのは、
>地盤改良が必要であれば費用は工務店が出しますという
というところ。こんな話はあるんでしょうか。
はじめから、地盤改良ありきで、その分をどこかの経費にでも乗せて...続きを読む

Q地盤改良が必要なの???

マイホームを建てるのに、土地を購入しました。土地の登記も終わり、いざ地盤調査となったのですが、何と地盤がやわらかい事が判明。5点測定のスウェーデン式サウンディングの結果、場所によりかなりばらつきがあるのですが、
表層から50cmは盛り土 換算N値 2.0~4.1
3.0mまでは換算N値 1.5~4.2の粘性土
6mまでが 換算N値 2.3~11の砂質土の地層。
杭を打ち込んでの地盤改良が必要で、100万位かかりそうとのこと。
その土地は、畑を2年前に宅地化分譲したもので、裏のお宅は地盤改良は全く必要なかったとのこと。すぐ隣でも地盤は違うと聞きますが、ここまで違うものなのでしょうか?建てるハウスメーカーや工法で地盤改良に差があるのでしょうか?(ちなみにウチは布基礎、40坪弱の二階建てを予定しています。)調査会社によっても、違うものなのでしょうか?(調査はハウスメーカーが提携している会社がしました。)周りは古くからの畑で、住宅もあり、平らな土地だったので、まさかそんなに改良が必要だとは考えてなく、大変困っています。

Aベストアンサー

私が、以前仕事でお邪魔した家のお話ですが、その家はローコストの大手ハウスメーカーで10年前に建てたお宅だったのですが、その方の隣の家が地元の大手工務店が建てた家でしたが、お隣のお宅は浄化槽と犬走りの間に20ミリ以上のひび割れがありました。それだけ家が傾いているとの事です。
私がお邪魔した家のご主人は「ウチの3倍近く掛けて作った家もあれじゃあね」と苦笑いされてました。

要するに、必要な部分を削ると後で大変なことになりますので、決して損な気分になるものではないものです。


私は去年新築しましたが、予算がないので、山のふもとの地盤ガチガチで回り四件全て地盤改良なしの土地を購入しましたが、ハウスメーカーさんは念のためと言って、見積もりにきっちり地盤改良予算を組んでくれました。
結果、地盤改良は必要なくて、その分は家の追加に使えて、得した気分になりました。

要するに、気持ちの問題で、最初から必要だと思えば、要らなかった時に得した気分になり、必要ないと思っていれば必要だった場合に損した気分になるだけだと思います。

試験の結果が、必要だと出たのならば、必要な出費だと諦めて、気持ちを切り替えるしかないでしょう。

将来の安心を買う金額だと考えれば、決して高くないと思いますよ。

私が、以前仕事でお邪魔した家のお話ですが、その家はローコストの大手ハウスメーカーで10年前に建てたお宅だったのですが、その方の隣の家が地元の大手工務店が建てた家でしたが、お隣のお宅は浄化槽と犬走りの間に20ミリ以上のひび割れがありました。それだけ家が傾いているとの事です。
私がお邪魔した家のご主人は「ウチの3倍近く掛けて作った家もあれじゃあね」と苦笑いされてました。

要するに、必要な部分を削ると後で大変なことになりますので、決して損な気分になるものではないものです。


私は...続きを読む

Q【建設業の法律】土壌改良は法律で義務だけど地盤改良は義務ではない? 土壌改良のために地盤改良する?

【建設業の法律】土壌改良は法律で義務だけど地盤改良は義務ではない?

土壌改良のために地盤改良する?

あれ?

土壌改良と地盤改良の違いを教えてください。


土地が緩い土地に建て者を建てるには土壌改良が必要ですよね?土壌改良した後に地盤改良で土地を固める。

土壌改良が必要なければ地盤改良だけすれば良い。

で、緩んだ土地なので土壌改良しないと家は建てられない。

法律違反になる。

どんな法律で??

「水たまりが出来ている粘土層の上に基礎を作って基礎の周りは水たまりになっているがこれで家を建てて法律的に違法はないのか?」という私の問いに

「土壌改良と地盤改良がごっちゃになってませんか?」の回答が意味が分からない。


粘土層自体は土壌改良の必要性がない。固い土地。地盤改良は?

地盤改良は平らに慣らすこと?

ということは建設業の土壌改良って土地の固さだけで水はけは一切見ていないってこと?

こんな水たまりの中に基礎を作って合法なら、

池の中に基礎を作って水面に浮かして建物を建てても合法ってこと?

建築基準法ってザルでは?

コンクリートは水を吸って脆くなる。

余裕で崩壊する。

水たまりの中に基礎を作ってるってことは池の中に水面に浮く水面コテージを作っているもんだ。

これで何十年もコンクリートの基礎は持つと建築基準局は思っているってこと?

日本の建築大丈夫?

【建設業の法律】土壌改良は法律で義務だけど地盤改良は義務ではない?

土壌改良のために地盤改良する?

あれ?

土壌改良と地盤改良の違いを教えてください。


土地が緩い土地に建て者を建てるには土壌改良が必要ですよね?土壌改良した後に地盤改良で土地を固める。

土壌改良が必要なければ地盤改良だけすれば良い。

で、緩んだ土地なので土壌改良しないと家は建てられない。

法律違反になる。

どんな法律で??

「水たまりが出来ている粘土層の上に基礎を作って基礎の周りは水たまりになっているがこれ...続きを読む

Aベストアンサー

土壌改良は、農業で作物の生育に適するような土壌に改良する事です。(必要な保水力と水はけを確保する事です)
地盤改良は、基礎が定着する地盤を必要な強度になるように改良する事です。
地盤改良の場合は、通常は水はけとかは問題にしませんが、工事が出来ないほど地下水位が高い場合は、水が入らないように、基礎周囲の地盤を改良する場合はあります。

Q重要事項説明の場で口答で地盤改良費は掛かっても100万円という回答、100万以上掛かった場合、保証、補填は出来ますか?

今月の5月29日(金)に土地の引き渡しをする予定ですが、重要事項説明の席で、「地盤改良費は売り主の負担」と明記されていたため、売り主の仲介業者にいくらくらい掛かるか尋ねたところ、「この近辺なら30-50万円、ズボズボな地盤でも掛かっても100万円まで」と回答を頂きました。
しかし、残念な事に、ハウスメーカー様や工務店に伺うと、この近辺の地盤は、川に近いので、地盤改良は100万は超えると回答を大体頂き、土地引き渡し前に、5月25日(月)にSSを行い、5月26日(火)には地盤改良費がいくら掛かるか見積もりを頂く予定です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4888344.html
を拝読する限り、最初は民法上は「口約束でも有効」と主張致しましたが、不動産売買契約においては民法より宅建業法が優先される事を知りました。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2908436.html
しかし、上記の物を拝読すると、宅建業法第35条に関しては、「口頭説明及び文書の交付が義務、第47条は口頭説明だけでよく、文書化までは義務となっていません。」とあり、地盤改良費は、第35条に該当せず、第47条と当方は解釈しました。

又、仲介業者の不動産は、先方は上記の発言を認めるも、「これは目途の話をしただけでこの金額で収まる事を保証したものではない」と所長から回答を頂きました。更に、重要事項説明の席の担当者は、現在の会社にに入る前に約10年ハウスメーカーにおり、何度も地盤調査をされた経験があるようです。今の会社に入ってからは同じ区内のエリアで何度も取引をしておりますので、その経験上100万円を超すケースはほとんど無かったようです。ただ適当に答えた訳ではなく、今までの経験上で今回も目安として100万円と答えたと、回答を頂きました。
重説という席で、口答で、経験豊富な担当者が発言されたのでしたら、逆にその言葉には重みが増し、SSの結果、地盤改良費が100万円を超える場合、保証、補填を求めたいと考えいておりますが、どのようにすれば宜しいでしょうか?
宅建業法第47条は、「口頭説明だけでよく、文書化までは義務となっていません。」という所をつけば宜しいでしょうか。
更に、あまり時間はありませんので、東京都の宅建協会無料相談所、国民生活センターなど、どちらに相談するのが最適でしょうか?
http://www.tokyo-takken.or.jp/what/sodan/sodan01.html

http://www.kokusen.go.jp/

因みに、仲介業者は、「口頭でも100万円で「引き受けます」や「契約します」とは言っておりませんので、顧問弁護士と相談した際、民法でも契約には値しないと判断したため、100万円を超えてもお支払はできません。」との回答を頂いております。

お手数ですが、宜しくお願い致します。

今月の5月29日(金)に土地の引き渡しをする予定ですが、重要事項説明の席で、「地盤改良費は売り主の負担」と明記されていたため、売り主の仲介業者にいくらくらい掛かるか尋ねたところ、「この近辺なら30-50万円、ズボズボな地盤でも掛かっても100万円まで」と回答を頂きました。
しかし、残念な事に、ハウスメーカー様や工務店に伺うと、この近辺の地盤は、川に近いので、地盤改良は100万は超えると回答を大体頂き、土地引き渡し前に、5月25日(月)にSSを行い、5月26日(火)には地盤改良費がいくら掛かるか見積も...続きを読む

Aベストアンサー

47条違反かどうかの問題は、業者の言う「この近辺なら30-50万円、ズボズボな地盤でも掛かっても100万円まで」が、不実のことかどうかでしょうね。
そして、その判断は、事実的に100万をいくら超えるかで決まると思います。この業者は、この地域の地盤改良についての実状に詳しい事、担当者は経験豊富な事斟酌すれば、100万が大きく事実と食い違っていると、それは不実のことと言え、47条第1項のニに違反するとして、補償の請求をすべきだと思います。

ただしこの場合、質問者さんは、100万をいくらオーバーすれば、契約をしなかったと判断するつもりであったのでしょうか。相手の判断尾の誤差を認める限度はいくらでしょうか?
たとえ1円でもダメというのでは、社会通念として認められないでしょう。

文書や口頭がどうとか、難しい理屈を振り回しても仕方ないでしょう。勝負は専門家の見積もりを取って、果たしていくら掛かるか判明してからでしょうね。

Q地盤改良工事費は、誰が負担するのでしょう?

もともと田んぼであった場所に造成工事をし、住宅を建築します。
瑕疵担保責任による地盤改良工事費は別途として見積書が来ましたが、地盤改良工事費は造成工事費の中に含まれないのでしょうか?
そもそも、地盤改良工事と造成工事は別物なのでしょうか?業者が別にいるということでしょうか?

Aベストアンサー

>瑕疵担保責任による地盤改良工事費は別途として見積書が来ましたが、地盤改良工事費は造成工事費の中に含まれないのでしょうか?

簡単に言うと「地盤改良工事は要らないと想定して見積もるけど、実際に造成しようとしてみたら意外と地盤が弱くて『ダメだこりゃ』な状態になった時には、別途、地盤改良工事が必要で、それは見積もりに入ってません」ってことです。

「想定外に地盤が弱かった」と言う「欠陥」を「瑕疵」と言い、それを担保する責任がある者が、地盤改良工事費を負担しなければなりません(施主、工事業者のどちらが責任を負うかは、契約内容に拠ります)

つまり「要るか要らないか判らない地盤改良工事費は、見積もりに入ってませんよ」ってこと。

>そもそも、地盤改良工事と造成工事は別物なのでしょうか?

別物。

地盤改良工事は、今の地面を掘って弱い地盤の土砂を除去し、新たに土を入れ、地盤を作り直す工事です。

造成工事は、今の地面をそのままに、窪みに盛り土し、盛り上がった土地を削って、まっ平らな「更地」を作る工事です。

>業者が別にいるということでしょうか?

別々に頼めば別に居る事になります。

造成を頼んだ業者に、地盤改良工事の技術が無ければ、別々に頼む事になるでしょう。

造成を頼んだ業者が、地盤改良工事の技術とノウハウを持っていれば、一緒に頼む事が可能です。

心配であれば、ボーリング調査などを行い、地盤の脆弱性を確認の上、どんだけ土を掘り返し、どんだけ新しい土に入れ替えないといけないか、別途「地盤改良工事の見積もり」を取りましょう。

>瑕疵担保責任による地盤改良工事費は別途として見積書が来ましたが、地盤改良工事費は造成工事費の中に含まれないのでしょうか?

簡単に言うと「地盤改良工事は要らないと想定して見積もるけど、実際に造成しようとしてみたら意外と地盤が弱くて『ダメだこりゃ』な状態になった時には、別途、地盤改良工事が必要で、それは見積もりに入ってません」ってことです。

「想定外に地盤が弱かった」と言う「欠陥」を「瑕疵」と言い、それを担保する責任がある者が、地盤改良工事費を負担しなければなりません(施主...続きを読む

Qアパートの振動が気になります。築30年の木造2階建のアパートに住んでいます。線路のすぐそばな立地のせ

アパートの振動が気になります。築30年の木造2階建のアパートに住んでいます。線路のすぐそばな立地のせいか、電車が通過するたびに窓ガラスやちょっとした家具がカタカタと音を立て、人体で若干感知できる程度の振動があります。幸い、騒音などあまり気にならない性格なのでそこまで気に病んでいるわけではないのですが、地震に対する耐震強度の不安があります。阪神淡路大震災以後に建てられた建築物は地震に強く作られているという噂?は耳にしたことがあるのですが本当でしょうか。ちなみにアパートは隣部屋の住人が階段を登る、廊下を歩く、電話の内容、くしゃみ、鼻をかむなどの音も丸聞こえです。そんな感じのアパートなので電車の通過で振動するのでしょうか?どこもこんなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

不動産会社に勤めています。

昭和56年6月から新耐震基準になっています。
ただ、実質は昭和57年1月に完成した建物ぐらいからになります。
(例えば8月に完成した建物は認可の基準が2月だったりするから)

アパートというのは木造か軽量鉄骨造です。
建てる際に低コストの為、賃料が安くできるわけですね。
(管理費も2000円とか安い)

壁にコンクリートを入れられる程の柱の強度はなく壁が薄い為
隣の音が聞こえます。
これは現在の新築アパートも同様です。
劣化とか欠陥等そういう問題ではないです。
(木でコンクリートの重さを耐えられるはずがない)

※あまり重くない吸音ボード等は入れられるが、その分建築コストも上がれば賃料も上がる

ちなみに目安として
SRC造>鉄筋コンクリート造(RC造)>重量鉄骨造>軽量鉄骨造>木造
になります。

RC造ですら電車の振動はもちろん、隣の玄関ドアの開閉音が聞こえたりします。
(階数や気密性など場合によります。)

なお、木造や軽量鉄骨造にも安さ以外のメリットがあるので
あえて木造に住んでいる方もいますのでご安心を。

Q地盤改良後の地耐力

初めましてこんばんは。
2階建て軽量鉄骨の店舗兼住宅を新築中なのですが、地盤調査をしたところ、地盤改良(表層改良)が必要との事になり地盤改良を行っていただきました。
工事も進み建て方も済んだ頃に、何気なく施工会社さんに地盤改良してどのくらいの数値(N値)が出たんですか?と聞いたところ、地盤改良後の地耐力は測定してないとの事でした。

少し不安になり確認申請書の書類や図面を見ましたが、地盤改良を行う旨が特に出ていませんでした。
(地盤調査自体が遅くなり、確認申請が下りる頃になってしまったせいも有りますが)

もう施工してしまった、表層改良に関してセメントの配合量等から地耐力の推定値とかは判るものなのでしょうか。

また、地盤改良後の地耐力の測定は建築の法律的には義務づけられてはいないのでしょうか(行政の完了検査時に確認は無いのですか)

工事会社さんの不手際でしたら、今からでも測定できないか要求してみたいのですが、お手数かけますがアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。

> 構造規模的にも基礎(ベタ基礎)の方法からしても、
> 余裕を見越しての地盤改良方法をして有ります

この説明は、設計段階で説明してお施主の了解を取るものですが・・・。
設計する前に地盤調査もしてない様ですが、
では何を根拠に構造設計をしたのかちょっと疑問ですし、
お施主が了解している設計内容を実現する為の、施工計画も説明されてないのですか?
どんな設計でどんな施工をしてくれるか確認せずに発注してしまわれたのですね?
設計した人が工事監理もされているのですね?
やはり、全ては工事監理者のすべき事と思いますので、工事監理者が仕事しないなら、
施工会社の現場管理者か各専門工事会社に直接説明を求めて良いと思います。

> 改良工事は施工会社で行ったようなのですが、改良工事を行うには
> 専門の資格が有る業者で無ければならないのでしょうか。

元請施工会社の下請として専門工事工事会社が地盤改良工事を請負う場合は、
その専門工事会社が「とび・土工・コンクリート工事」の建設業許可を持っていると思いますが、
元請施工会社が持っている建設業許可で、直接工事をする場合も有ります。
建設業許可の種類一覧表を貼っておきます。
ですがこの許可証を持っているかどうかが問題ではなく、もっと根本の、
お施主の了解の下で設計と施工がなされるべき所、了解したくとも説明すら
受けてないようなので、h02060709さんの疑問が起こるのは当然の事と思います。
今からでも遅くはないですから、一度、設計内容も、施工内容も、
すべて納得の行くように説明をしてもらった方が良いように思います。
そして、工事監理者には代理人契約して、ちゃんと工事を監理し、逐一報告してもらいましょう。

参考URL:http://www.pref.okayama.jp/doboku/kanri/gyoshu.pdf

No1です。

> 構造規模的にも基礎(ベタ基礎)の方法からしても、
> 余裕を見越しての地盤改良方法をして有ります

この説明は、設計段階で説明してお施主の了解を取るものですが・・・。
設計する前に地盤調査もしてない様ですが、
では何を根拠に構造設計をしたのかちょっと疑問ですし、
お施主が了解している設計内容を実現する為の、施工計画も説明されてないのですか?
どんな設計でどんな施工をしてくれるか確認せずに発注してしまわれたのですね?
設計した人が工事監理もされているのですね?
...続きを読む

Q現在土地を貸している相手に、土地の売却を話すには?

祖父の時代からある会社に約150坪程度の土地を貸しております。
兄の借金問題で、何とかお金を工面しなくてはならない状況に追い込まれているのですが、土地の売却を進めるにあたって、どういった対応をとったらよいのかアドバイスをいただきたいと思います。

まず、一番簡単なのは、現在貸している会社に買い取っていただくという方法だと思うのですが、相手先が拒んでくる可能性も高いと思いますので、不動産業者などに売却を勧めることも考えています。

ただ突然「土地を売却するので出て行ってくれ。」というのもルール違反のような気もしますし、「土地が売れた時点で、速やかに出て行ってくれ。」というのも同様です。長年のお付き合いもありますので、あまり乱暴な方法はとりたくありません。

私としては、今すぐにでも処分して、兄の借金問題を
解決したいと考えています。
私はどうしたらよいのか、アドバイスをいただきたいと思います。
ちなみに、この土地は兄と私の共有名義になっています。この件に関しては、兄も同意しています。

Aベストアンサー

目安は。。。
地域と土地の相場 土地の形 今の建築基準法での再建築が可能かで全然変わるので、地元の信頼できる不動産屋さんか 土地家屋調査士に相談されてみてはいかがでしょうか?

簡単に言うと。。。
更地としての売買価格-借地権価格=売買価格。。ですが
所有者から売る話をする場合、足元を見られることが多いので 一概にこうとは言えませんが。。。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報