以前こちらで質問させていただいた者です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4423816.html

その後、医師よりステージ3の診断を受け、持病の為手術ができないので
放射線と抗がん剤による治療を受けました。
胃の表面にできたガンが消え、声枯れも治って2か月ほどで退院し、
しばらく自宅療養をしながら通院していました。
入院していた大学病院から地元の市民病院を紹介され、おそらく
数か月おきに入院して抗がん剤治療をするようになるといわれていたの
ですが、実際に病院を移るとそのような治療は一切行われず
何種類かの薬を出すだけで経過観察状態です。

ここ1か月以内で急に食べ物の通りが悪くなり、麺類でも1本ずつ、
おかゆなどは40~50分くらいかかるようになりステントの挿入を言われました。
(ただし挿入可能かどうかは検査次第です)
食べ物を入れるのも大変ですが、げっぷが出そうなのに出なくてさらに苦しいみたいです。
胃カメラの検査でも標準のラインが入らず細いものに交換して入れたそうです。

本来なら家族で病状を聞きにいきたいところですが、家庭の事情により
父ひとりで通院してもらっており、父を通して医師の診断を聞いています。
ですので、突っ込んだ話は聞いていません。

そこで質問なのですが、ステントを入れなければならない状況というのは
ステージが進んでいるということでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ステージは癌の周囲への進展度をあらわす基準です。


癌そのものの大きさが関係するとは限りません。
ただ言える事は再び大きくなっている。ステントを入れないと食事をするのも大変である。ということです。周囲への進展はCTなどで検査しないと分からないですね。大きくなる...活動的=周囲への進展も考えられる。とは言えますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

病気に罹ったことが時にある程度の知識を頭に入れておいたのですが
現実に症状の進行を目の当たりにすると不安に思うことが多いものですね。
落ち着いて考えることができました。
有難うございました。

お礼日時:2009/05/17 13:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 食道がん(上皮性)<食道・胃・腸の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    食道がん(上皮性)とはどんな病気か  消化管の「がん」は、口腔・食道・胃・十二指腸・小腸・大腸など食物が通過する消化管内腔の粘膜面(上皮)から発生します。このうち食道がんは、下咽頭(かいんとう)から胃に至る28cmくらいの長さの食道粘膜に発生するものをいいます。 原因は何か  今日では、さまざまながん遺伝子の変調が指摘されていますが、各遺伝子の関連はまだ明らかにされていません。日常生活での誘因としては、...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食道癌の余命

知り合いの方が食道癌で入院しています。
3ヶ月ほど前に余命1ヶ月と宣告されましたが未だご健在です。
ただ、先日肺炎を併発して病院へ運ばれましたがある病院では手に負えないと拒否され現在違う病院へ入院されています。
鎖骨の裏の方に転移し、胃も切除しているので物も食べれずに朝晩モルヒネを打っているそうです。
このぐらいの病状しかわからないのですが、この方はあとどのくらいの余命なのでしょうか。
医者からは治療をしないと年内、しても半年ほどでしょうとまた先日言われたそうです。

Aベストアンサー

ちなみに、その患者さんの年令はおいくつぐらいなのでしょうか?一般的には若いほどに進行は早いですね。鎖骨の裏の方と言うのは骨転移をしているという事なのでしょうか?質問の内容だけではよく解らないですが、あまり長くはない感じはしますね。ご本人の元々の生命力や精神力で、余命というのは変わってきますよ。

Q父が食道癌です。教えて下さい。

父が食道癌みたいです。昨日母に聞きました。父は51歳です。
昔から父親らしい事はしてもらった事はなく、嫌いな父です。
暴力・お酒を一日中飲む・働かない、母が昔からとても可愛そうでした。
私も妹ももう結婚していて、父の顔を見るのも年に一回か二回。
顔を合わしても、話すのも年にあるかないか・・
いつも母に離婚を進めてきましたが、借金の関係で離婚できないと言います。
余談でしたが、そんな父が癌になった様です。
食道 声帯、下咽頭の所の癌だそうです。リンパ球にも転移があるそうです。
7月中旬辺りから入院してるそうですが、誰にも言ってなかったみたいで昨日聞いたところです。
医者からは、レベル4?ステージ4だと言われているみたいですが、ここが意味わからないのですが、
妹が言うには保険の関係で余命や生存確率?みたいな事を聞くと、保険がおりないとかで聞いていないそうです。
私も母にまだ会っていなく、詳しく面と向かって聞いていないので余りわからないんですが、食べ物は食べれないみたいです。
鼻から吸引しながら、液体?を入れないといけない状態です。

ここまでで、父はどんな状態なんでしょうか?
本当に最低な人なので、冷たいようですが癌と聞いても余り何も思いませんが、
もしこの先長くないんだったら、一度くらい顔を見に行こうかと思っています。

宜しくお願いします。

父が食道癌みたいです。昨日母に聞きました。父は51歳です。
昔から父親らしい事はしてもらった事はなく、嫌いな父です。
暴力・お酒を一日中飲む・働かない、母が昔からとても可愛そうでした。
私も妹ももう結婚していて、父の顔を見るのも年に一回か二回。
顔を合わしても、話すのも年にあるかないか・・
いつも母に離婚を進めてきましたが、借金の関係で離婚できないと言います。
余談でしたが、そんな父が癌になった様です。
食道 声帯、下咽頭の所の癌だそうです。リンパ球にも転移があるそうです。
...続きを読む

Aベストアンサー

私の父も食道がんでしたれべる4は末期を意味します。食道がんでリンパにも転移している状態だとそう長くはもたないと思っていいと思います。
食道がほとんど腫れてる状態をイメージしてもらえればよくわかると思いますが、そんな状態なので食べ物が食道を通過できないんです。だから栄養剤として鼻から栄養をとっているんだと思います。レベル4だから多分放射線や抗がん剤で一応治療するかもしれませんが期待は薄いでしょう。
食道がんの誘発の原因の一番は飲酒です。私の父も飲酒、タバコが誘発原因だったと思います。
私も父の事はあまり好きではなかったけど、日々やつれていく父を目のあたりにしたら思いは変わりましたよ。住んでいる場所が違ったので臨終間際に東京から京都まで電話がかかってきて急いでいきました。一応間に合ったけど、何も話す事も出来ない状態でした。あなたにとって、お父さんはどうでもいい存在かもしれませんが、死を目前にしてる人なので、出来るだけ、話せるのなら話をしたり、顔を見るだけでもいいし、ぜひ会ってあげてください。

Q食道癌について専門家の方詳しい方助けてください

母(65歳)が食道癌ステージ4です。
本人は3だと信じています。
某大学病院で手術が最適と言われ近いうちに入院予定です。手術後に抗がん剤使用との事です。
ネット等で調べてみると3、4では手術は無理(無意味)だと思われます。
詳しい方にもアドバイスいただきましたが、手術すると
最悪の結果になると教えてもらいました。

千葉の国立東病院に食道癌治療日本一と言われる医師
がおられるようですが千葉で治療するのは本人が嫌がります。(札幌市在住)3なのでいちかばちか医師のすすめる手術にかけよう決めています。親戚もすっかり医師を信じています。
癌の位置は調度、食道と胃の境目に出来ており、リンパへの転移もありそうとのこと、腺癌だとは聞いていません。担当医(助教授)といつ話せるか未定なのですが、
決まったらそのへんは説明してもらいます。

癌の位置からすると最良の治療はステージ4でも手術
なのでしょうか?
胃がんの手術のような簡単な手術だと医師は言います。放射線も効きにくいといいます。

癌と診断されてすでに1ヶ月以上経過しているのに未だ
入院の日すらはっきりしません。
心配でなりません。

私自身は千葉で治療して欲しいのですが無理なら別の病院(地元の国立病院)でと考えておりますが、ステージ
4で手術は無理だと言うわけにもいかず困っています。

消化器内科の方、放射線科の方、食道癌にお詳しい方、
助けてください。
よろしくお願いいたします。

母(65歳)が食道癌ステージ4です。
本人は3だと信じています。
某大学病院で手術が最適と言われ近いうちに入院予定です。手術後に抗がん剤使用との事です。
ネット等で調べてみると3、4では手術は無理(無意味)だと思われます。
詳しい方にもアドバイスいただきましたが、手術すると
最悪の結果になると教えてもらいました。

千葉の国立東病院に食道癌治療日本一と言われる医師
がおられるようですが千葉で治療するのは本人が嫌がります。(札幌市在住)3なのでいちかばちか医師のすすめる手術に...続きを読む

Aベストアンサー

お返事になっているか分かりませんが、したためさせていただきます。
16日に予定通り手術をしていれば、このような状態にはならなかったのか?に関してですが、これはなんともいえませんね。しかし、手術は体にとってかなりのストレスになりますから、手術を行っていたら手術の直後にこのような事態に陥っていた可能性もあると思います。つまり、がんそのものからの熱だとしたら、16日に手術をすれば一見悪いところを取るからよいように思いますが、手術の際、血液の中をがんの細胞が広がりますから、逆に高熱を出した可能性はあります。ですから、結果的には、手術をのばしていて正解だったかもしれませんね。(手術の危険を冒さずにすんだと考えられます。)
病期についてですが、これはまさに、なんともいえないと思います。今回の症状が進行によるものかというと、一概にそうとは言い切れないからです。たとえは変ですが、コップに水をそうっと入れたとき、表面張力でなかなか水はこぼれませんよね。ある点から急にこぼれます。しかし、一旦こぼれると、また当分こぼれにくくなります。そんな感じに似ていますね。たとえが悪くて申し訳ありません。ですから、今回の症状イコール急激な進行と捉える必要はないと思います。たまたま、このタイミングで熱が出てしまったがゆえに、少しびっくりするような症状が出てしまったのだと思います。
加えて、私が今心配していますのは、お母様のお気持ちです。今回のことでかなり落胆されているのではないかと思います。よくお話を聴いて今、望まれることをいっぱいいっぱいしてさし上げたり、させてさし上げるとよいですね。
今回の病は、お母様のものかもしれませんが、これはお母様一人だけのものでもなく、watabousitamarin様含め周りの人々だけのものでもない、皆さんで共有すべきものと思います。お医者さん、看護婦さんたちも含めてみんなでお母様を支えて上げられたらよいですね。

お返事になっているか分かりませんが、したためさせていただきます。
16日に予定通り手術をしていれば、このような状態にはならなかったのか?に関してですが、これはなんともいえませんね。しかし、手術は体にとってかなりのストレスになりますから、手術を行っていたら手術の直後にこのような事態に陥っていた可能性もあると思います。つまり、がんそのものからの熱だとしたら、16日に手術をすれば一見悪いところを取るからよいように思いますが、手術の際、血液の中をがんの細胞が広がりますから、逆に高熱を...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q末期癌で肺炎を起こしている父について

いつもお世話になっています。食道癌と大腸癌の父を在宅看護と往診でこの半年、看て来ました。今月に入るまで、少しの肺炎などありましたが、おさまり、痛みもなくて、穏やかに過ごせました。

先日、肺の痛みを訴え、救急車で運ばれました。原因は重度の肺炎と、器官のほうに腫瘍が入り込み、破れてしまったとのことでした。

延命治療はしたくないと、言っていたので、痛みと呼吸を楽にさせるような
形での処置のみをお願いし、運ばれた大学病院に入院となりました。
昨日からモルヒネを投与されたのですが、幻覚などがあるみたいで、監禁されちゃってるんだよ・・。なんでここにいるの?などと聞きます。

夜中は自分で点滴やドレーンを抜いてしまうようで抑制させていただきますと言われました。
それを思うと可哀相でたまらないのと、家で最期まで看るつもりでいたので
本人も家には帰りたい、明日、退院できる?と聞いてくるのもあって、もう1度、家に帰してやることはできないかなと考えています。

他の家族は今のままだと無理なんじゃないか・・・と言っています。
今、重度の肺炎を起こしていて、モルヒネを投与して、6Lの酸素を
吸入しています。

急変がいつ起きてもおかしくないと言われていて、余命は1~2ヶ月と言われましたが、もっと時間がないように思えてならないのです。
それとも、今の状態で動かすことがあまりに無謀な考えでしょうか。

このまま、毎日とにかく、残された時間をなるべく一緒に過ごしてあげた
ほうが良いのでしょうか。ご助言いただけたらと思います、よろしくおねがいします。

いつもお世話になっています。食道癌と大腸癌の父を在宅看護と往診でこの半年、看て来ました。今月に入るまで、少しの肺炎などありましたが、おさまり、痛みもなくて、穏やかに過ごせました。

先日、肺の痛みを訴え、救急車で運ばれました。原因は重度の肺炎と、器官のほうに腫瘍が入り込み、破れてしまったとのことでした。

延命治療はしたくないと、言っていたので、痛みと呼吸を楽にさせるような
形での処置のみをお願いし、運ばれた大学病院に入院となりました。
昨日からモルヒネを投与されたのです...続きを読む

Aベストアンサー

>腫瘍が入り込み、破れてしまった
という事と、ドレーンが入っているという事で、
気胸を併発しているという事でよろしいでしょうか。

もしそうだとしたら、かなり太いドレーン(胸腔ドレーンといいます)が入っていると思います。
となると、胸腔ドレーンは管理が非常に重要なので在宅はかなり難しいでしょう。
状態が落ち着いて、抜く事ができたら、
酸素量も減り自宅への選択肢もでてくるかもしれません。
いずれにせよ、医師との相談が必要ですね。
痛みの件はもちろん癌の痛みも有りますが、
気胸による痛みのことを含めてだと思います。
気胸の痛みもかなりつらいですから。

お父様を思う気持ち、お察しします。
やはり、今動かすのは危険でしょう。
ホスピスという選択肢も有りますが、
少なくともドレーンが入った状態では難しいかと思います。
ご家族は無力と感じられるかもしれませんが、
とにかく、ご本人のそばにいるのが一番です。
何か話してくれるのであればそれを一生懸命聞いてあげてください。
たとえ、それが死についてであっても、
制止したりせずに聞き続けてください。
ご家族はさぞおつらいでしょうが、
これからの事を一緒に考える事で、ご本人の不安は半減します。

皆様も無理なさらぬよう、体調にはお気をつけ下さい。

>腫瘍が入り込み、破れてしまった
という事と、ドレーンが入っているという事で、
気胸を併発しているという事でよろしいでしょうか。

もしそうだとしたら、かなり太いドレーン(胸腔ドレーンといいます)が入っていると思います。
となると、胸腔ドレーンは管理が非常に重要なので在宅はかなり難しいでしょう。
状態が落ち着いて、抜く事ができたら、
酸素量も減り自宅への選択肢もでてくるかもしれません。
いずれにせよ、医師との相談が必要ですね。
痛みの件はもちろん癌の痛みも有りますが、
気...続きを読む

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む

Q食道がん 治療法や心構えについて

60代の父が食道がんになり現在地元の大学病院に入院中です。
来週医師から病状と治療方針についての説明があります。
入院前は声がれ・咳・痰・胃の不快感(嘔吐感があるようでしたが実際に吐いてはいませんでした)

父は自分の病気を知っています。
検査後で心臓の裏側あたりに腫瘍があるというところまではわかっています。
ステージは不明です。
転移・湿潤は今のところ聞いていません。(が、今後どういう話が出るかわかりません)
人工弁を使用しておりワーファリンの影響があり、また昨年大腸がんの手術もしているので今回は手術はできません。
当初は放射線治療の予定でしたが、心臓に影響が出る可能性と弁を入れているため、放射線治療も難しいようです。

食道がんの概略は信頼できそうなサイトで調べたのですが、家庭内の事情で他の医療機関に意見を求めに行くことや、より高度な専門医を求めて転院することはできません。
また、度々病院に出向いて病状を聞くことも難しいので、事前にしっかりと準備をしておきたいと思っています。

そこで、以下のことをお聞きしたいと思います。

1.医師の説明を受ける前に心の準備をしておきたいのですが、これらの症状から他臓器に湿潤している可能性があると考えられますか。

2.治療法について
このような状況だと抗がん剤療法しか出来ないのでしょうか。
もし回答される方が医師や医療関係の方でしたら、どのような治療をするかご意見をお聞かせください。
その際、一般的にどの程度まで回復の可能性があるか教えてください。

3.家族として医師にしっかり聞いておくべきことは何でしょうか。

4.治療あるいは予後に対する希望は持っていますが、やはり覚悟もしておかないといけないと家族内で話し合っています。
今後どのような心構えでいるのが良いでしょうか。

よろしくお願いします。

60代の父が食道がんになり現在地元の大学病院に入院中です。
来週医師から病状と治療方針についての説明があります。
入院前は声がれ・咳・痰・胃の不快感(嘔吐感があるようでしたが実際に吐いてはいませんでした)

父は自分の病気を知っています。
検査後で心臓の裏側あたりに腫瘍があるというところまではわかっています。
ステージは不明です。
転移・湿潤は今のところ聞いていません。(が、今後どういう話が出るかわかりません)
人工弁を使用しておりワーファリンの影響があり、また昨年大腸が...続きを読む

Aベストアンサー

1)食道は元々心臓の裏あたりですから、ここからステージはわかりませんね。
症状だけで浸潤・転移の有無はわかりませんが、肺転移、ガンの気管支浸潤、場合によっては大動脈浸潤などもゼロではないと思います。

2)手術・放射線が駄目なら化学療法しかないと思います。
シスプラチン・5FUなどと言った薬が多いでしょうか・・
どの程度期待できるかもステージによりますし、内視鏡でわからないくらいに小さくなる人もいたし、全く効果が出なかった人もいます。

3)まずは現状の理解だと思います。
ガンの進行具合、大きさ、部位、転移・多臓器への浸潤の有無、今後これらから起こりうる症状、ステージと一般的な予後(まだ治療もしていないので今聞くことではないかもしれません。デリケートな事ですし、医師もこればっかりは・・と言うと思うので、各ステージにおける一般的な予後はこっそり聞くなり、調べなりして家族が心積りをしておいたほうがいいと思います。残念ですが食道がんの5年生存率自体厳しい数字だと思います)、治療方針、どんな薬をどんなペースで、何回くらいするのか?副作用は?心臓の事もあるのでその治療自体のリスクなどでしょうか。

4)食道がんは強敵です。
5年生存率も低い。まして心臓の件もあるのなら治療の選択肢は限られるし、治療自体が体の負担となり命を縮める可能性もある、まず医師から詳しい説明を受けないとわからないでしょうが、心臓の件を抜きにしても手術ができない・声枯れという言葉から内視鏡で治療できる早期がんではないと思います。
厳しいですが、希望はもちろん持ちながらも覚悟を持ってご家族で支える心構えを持つことが必要だと思います。

また治療が劇的に効果がある場合以外、いつかきっと食事が困難になります。
痛みがでたり、呼吸が困難になってくるかもしれません。
もしそういった状況になった場合、在宅看護の意思があるのなら、今は酸素や点滴をもって自宅に帰り訪問看護・往診などを取り入れながら療養する人もいますから、そういった在宅看護を頭の隅にいれておき、だれがどう自宅で看るのかを、看れるのか?病院にいたほうが本人が安心なのか?など少しずつ話し合っておく事でしょうか。
なにより本人の考えはどうなのか?
その時々で何を望んでいるのかを話し合う事です。
本人周囲の家族内でなく、本人込みでの家族内である事が重要です。

あとは疑問があれば医師にちゃんと聞いてください。
どんな病気もそうですが、お互いの意思疎通の不足が余計な不安やトラブルの元ですので。
話を聞くときは1人でなく2人くらい、重要な方針を決めるような話は聞きたい家族みんなで聞いたほうがいいです。
1人だと聞くほうも不安だし、勝手な解釈や、間違った理解、あとからそんなこと聞いてないとか・・になるし、1人だと質問したかったことが言い出しにくく感じたりしますから。

看護経験から書かせていただきました。
自分の父もガンで亡くしましたので、家族としての葛藤もわかります。
厳しい内容も含まれたと思いますが、ご家族が一番の支えだと思いますのでどうぞ協力してお父様の力になってあげてください。

お大事に

1)食道は元々心臓の裏あたりですから、ここからステージはわかりませんね。
症状だけで浸潤・転移の有無はわかりませんが、肺転移、ガンの気管支浸潤、場合によっては大動脈浸潤などもゼロではないと思います。

2)手術・放射線が駄目なら化学療法しかないと思います。
シスプラチン・5FUなどと言った薬が多いでしょうか・・
どの程度期待できるかもステージによりますし、内視鏡でわからないくらいに小さくなる人もいたし、全く効果が出なかった人もいます。

3)まずは現状の理解だと思います。
ガ...続きを読む

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。

Q食道癌の末期です

私の父は2週間前に食道癌と診断されました。病院の医者はもう直らないといいます。放射線治療と抗がん剤治療の併用で、癌は小さくはなるが、完治はしないそうです。明日から治療が始まります。なにか食道癌に効く薬、あるいは漢方薬等知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

大変ですね。 

コフキサルノコシカケは、ブナ、カシの木に寄生したもので、食道癌によいと云われています。

他には、下記のページが参考になりませんか。

賢い患者学 ガンは「食べて治す」ぴいぷるhttp://www.iweekly.co.jp/sekine&suzuki_maegaki.html

元週刊ポスト編集長・関根さんと妻・洋子さんの泣き笑い闘病記
http://www.kanporyoken.com/page3.htm

食道癌について
http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/surg2.dir/esophagus/

お大事に。

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報