密閉容器の中で、窒素・酸素・二酸化炭素の量の割合を変えると、中の気圧も変化するのでしょうか。

『気圧=空気の質量』と考えて間違いないでしょうか。

ご教示よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No2でも書きましたが、ガスの質量(重さ)と気圧は関係ありません。



具体的にどうなるか極端な例をあげますと、
3リットルの容器に、窒素、酸素、二酸化炭素を
それぞれ1リットルづつつめた場合と、
窒素、酸素、二酸化炭素のどれか1つを
3リットルつめた場合で圧力は同じです。

一方、3リットルの容器に、窒素、酸素、二酸化炭素を
それぞれ1kgづつつめた場合と、
窒素、酸素、二酸化炭素のどれか1つを
3kgつめた場合は圧力は異なります。
最も圧力が高くなるのは、窒素で、
次いで酸素、二酸化炭素の順となります。
割合でやっても同様の結果になります。

もしよろしければ、
どういういきさつでこの疑問がわいてきたかを
補足にでも書いていただけませんでしょうか?
もっと分かりやすい説明ができるかもしれません。

この回答への補足

ご返答、誠にありがとうございます。
お恥ずかしながら、疑問が生じたきっかけは子供(小学生6年生)に「地球の二酸化炭素が増えたら気圧も変わるの?」と、質問されたことに始まります。
おぼつかない知識ながら「空気の総量は変わらないから気圧も変わらないんじゃない?」と返答すると「空気が重くなっても変わらないの?気圧って空気の重さでしょ?」と突っ込まれ、疑問が生じました。
そこで「密閉容器の中で窒素・酸素・二酸化炭素の割合を変えたら気圧は変化するのか?」と質問した次第です。

>窒素、酸素、二酸化炭素のどれか1つを3kgつめた場合は圧力は異なります。
>最も圧力が高くなるのは、窒素で、次いで酸素、二酸化炭素の順となります。割合でやっても同様の結果になります。

『気圧=重さ』ではないことは分かりました。
無知な質問で申し訳ありませんが、なぜ窒素が最も圧力が高くなるのでしょうか。
私の知識で思いつけるのは「え?重さに反比例?」程度です。

ご解説のほど、何卒よろしくお願い致します。

補足日時:2009/05/30 13:50
    • good
    • 0

整理されたとおりの理解で良いかと思いますが、


やはりちょっと混乱させてしまいましたか。

地球の大気中の二酸化炭素の話であれば、
これまでの話と違う話をしなければならなくなり
混乱させてしまうかとも考えましたが、
間違えて理解されてはいけませんので
あえて”ちなみに”以下を追加しました。

でも、ちゃんと理解をしていただけたようですので安心しました。
    • good
    • 0

窒素が一番圧力が上がるのは、同一の重量で体積がもっとも大きいからで、


重さに反比例と考えていただいてもよいかと思います。

ちなみに地球の二酸化炭素が増えていけば、大気圧は上がると思います。
最初の回答にも書きましたが、大気圧は地球を覆っている
大気層の重さによっています。

実は容器の天井と底ではガスの重さのために、厳密には圧力が違います。
通常このような議論をガスでする場合はそれは無視できるとしています。
しかし、容器の高さが10kmとかものすごく大きい場合は無視できません。
その場合底の圧力は二酸化炭素が多いほうが高くなりますが、
これは圧力が高いというよりも天井と底の圧力の差が大きくなる、
ということになります。

この回答への補足

ご返答、誠にありがとうございます。
すみません、なんだか余計に混乱してきてしまいました(^^;
自分なりに整理してみました。以下の解釈で合っていますでしょうか。

●地球の大気圧の場合は、二酸化炭素の量が増える(=割合が増える)と大気の重さが増すので気圧は上がる。ただしこれは「地上」でのことで、地球全体の大気層の圧力を平均したら、値は変わらない。

●密閉容器の場合も同じで、二酸化炭素の割合が増えれば重量が増した分「底部」の圧力は増すが「上部」の圧力は下がるので、理論的には差し引きされ全体的な気圧は変わらない。容器が小さければ高低さも小さいため影響力はないに等しい。

●密閉容器の中の気圧が空気の組成成分の割合で変化するのは、重さではなく「体積」による。容器の体積(容量)同じでも、中に詰め込む気体の総体積を増やす(すなわち圧縮)すれば気圧は上がる。
総体積が変わらないのであれば、酸素・二酸化炭素・窒素の割合を変えても中の圧力は変わらない。

ということでしょうか…。(何度もすみません)

補足日時:2009/06/01 16:20
    • good
    • 0

大気圧が地球を覆っている大気層の重さによっていると言うことと、


容器内の圧力と混同されていると思われます。
これらは基本的に関係ありません。
したがって密閉容器において「気圧=空気の質量」と考えるのは誤りです。

実際問題としてどのように割合を変えるかで答えは変わってきます。
例えば、詰め込むガスの体積の総和が等しい場合は、
圧力は変わりません。
一方詰め込むガスの質量の総和が等しい場合は異なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が大変遅くなり失礼いたしました。

ご指摘の通り質問が言葉足らずでした。
密閉容器は同じものを使い、圧縮などは行わず、つまり体積は変えない、温度も同じという条件です。
なお、No1の方へのお礼にも書きましたが、知識レベルが非常に低いため、質量=重量という意味で質問を書いてしまいました。

上記のような条件で、酸素・窒素・二酸化炭素の割合のみを変えた場合ですが、例えば
窒素の割合を増やせば重さの総和が減るので気圧は低くなり、
二酸化炭素の割合を増やせば重さの総和が増えるので気圧は高くなる、
と理解いたしました。

間違っていましたら、再度ご教示いただけると幸いです。

お礼日時:2009/05/28 15:38

おいくつの方でしょうか?


というのも、まだ習っていないところなのか、今まさに習っているところなのか、それとも大人になって昔習ったことを思い出そうとしているのかで、答え方が変わると思うんですけど・・・

----

PV=nRT
という式は知っていますか?
これを変形すると、
P=nTR/V
となります。
窒素・酸素・二酸化炭素の量の割合を変えると、どの値が変化しますか?

----

気圧の単位は何ですか?
空気の質量の単位は何ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が大変遅くなり失礼いたしました。

バリバリの文系路線で学習していたため、理数系授業は必須科目しか受講せず、しかもその授業時間は受験科目の自習に当てていた、という過去が災いしての質問投稿です。
(物理の期末試験で、我がクラスは平均点「0.3点」を記録し担当教師を本気で泣かせました)

NO.2の方のご回答も参考に、以下のように理解致しました。

体積は変えずに、酸素・窒素・二酸化炭素の割合を変えた場合、
例えば窒素の割合を増やせば重量の総和が減るので気圧は低くなり、
二酸化炭素の割合を増やせば重量の総和が増えるので気圧は高くなる。

もし間違っていましたら、
小学校低学年程度の知識レベルだと思ってご回答いただけると助かります。
(『空気の質量の単位? …モル?モルって何?ウィキペディアを読んでも理解できない』といったレベルです)

お礼日時:2009/05/28 15:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q湿度を含む比熱比について

比熱比を調べてみると、乾いた空気の比熱比は1.4であると書いてあります。
では、湿度を含む比熱比はいくつになるのでしょう?
変わるのか変わらないのかだけでもお願いします。

参考までに、水蒸気の比熱比は1.33だそうです。

Aベストアンサー

水蒸気の空気に対する物質量の割合をαとします。

空気のモル定積比熱、モル定圧比熱は5R/2、7R/2 (比熱比=1.4)
水蒸気のモル定積比熱、モル定圧比熱は6R/2,8R/2  (比熱比=1.33)

これより
混合気体の比熱比は
<γ>=(7+8α)/(5+6α)

Q密閉容器内における気圧と水圧の関係について

教えていただきたいのですが、ガラスなどの硬い密閉容器内(10cm×10cm×10cmで容積は1リットル)に水を790ml入れます。その水中に球状のトコロテン10ml分を一塊でいれます(便宜上水と同じ密度と思ってください)。残った空間200mlには1気圧の空気を入れておきます(つまり圧縮も膨張もしていない状態の空気)。この容器は注射器のようなもので全体の容積を変化させられるものとします。
その状態から空気の体積を100mlまで圧縮した時には空気の気圧は2気圧になると思うのですが、トコロテンにかかる圧力も2気圧になるのでしょうか?また、元の状態から空気の体積を400mlに膨張させると気圧は0.5気圧になると思うのですが、トコロテンにかかる気圧も0.5気圧になるのでしょうか? 温度は室温で容器の体積を変化させてから48時間以内におけるトコロテンにかかる圧力を教えていただければありがたいのですが。誤差程度のものはあまり気にしていないのですが。
それとこのような密閉空間内における水圧と気圧の関係についてですが、空気の圧力と水中の圧力は同じと考えていいのでしょうか?それぞれの単位などはどうなっているのでしょうか?中学校の理科的な注射器内での話として説明していただけると僕的には理解しやすいので是非是非ご回答のほどよろしくお願いいたします。

教えていただきたいのですが、ガラスなどの硬い密閉容器内(10cm×10cm×10cmで容積は1リットル)に水を790ml入れます。その水中に球状のトコロテン10ml分を一塊でいれます(便宜上水と同じ密度と思ってください)。残った空間200mlには1気圧の空気を入れておきます(つまり圧縮も膨張もしていない状態の空気)。この容器は注射器のようなもので全体の容積を変化させられるものとします。
その状態から空気の体積を100mlまで圧縮した時には空気の気圧は2気圧になると思うのですが、トコロテンにかかる圧力も2気圧...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>
その状態から空気の体積を100mlまで圧縮した時には空気の気圧は2気圧になると思うのですが、トコロテンにかかる圧力も2気圧になるのでしょうか?

はい。
少し待って、常温の100mLに落ち着いた時点で、トコロテンも2気圧になります。


>>>
また、元の状態から空気の体積を400mlに膨張させると気圧は0.5気圧になると思うのですが、トコロテンにかかる気圧も0.5気圧になるのでしょうか?

はい。
少し待って、常温の400mLに落ち着いた時点で、トコロテンも2気圧になります。


>>>
温度は室温で容器の体積を変化させてから48時間以内におけるトコロテンにかかる圧力を教えていただければありがたいのですが。誤差程度のものはあまり気にしていないのですが。

これについては、わかりません。


>>>
それとこのような密閉空間内における水圧と気圧の関係についてですが、空気の圧力と水中の圧力は同じと考えていいのでしょうか?それぞれの単位などはどうなっているのでしょうか?中学校の理科的な注射器内での話として説明していただけると僕的には理解しやすいので是非是非ご回答のほどよろしくお願いいたします。

もしも圧力がつり合っていないのであれば、つり合うポイントまで移動するだけのことです。

仮につり合うポイントにおいても、まだ気圧のほうが高いとしましょうか。
すると、トコロテンは、いつまでも縮み続けます。

私達の体のことを考えてみてください。
1気圧、つまり(約)1000hPa というのは、
1平方メートル当り1000×100ニュートン(10万ニュートン)、つまり、1平方メートル当り約10トンの圧力がかかっています。

私達の体は、大気を数トン~10トンぐらいの力で押し返しているからつぶれないわけです。
(作用、反作用)


単位についてですが、
上記にも登場しましたが、圧力は、単位面積当りにかかる力であり、
SI国際単位は、Pa(パスカル)です。
1Pa = 1m^2当り1Nの力 = 1N/m^2
1hPa(ヘクトパスカル;天気予報で使われます) = 100Pa

例外として、血圧の単位には、mmHgを使っても良いことになっています。

こんにちは。

>>>
その状態から空気の体積を100mlまで圧縮した時には空気の気圧は2気圧になると思うのですが、トコロテンにかかる圧力も2気圧になるのでしょうか?

はい。
少し待って、常温の100mLに落ち着いた時点で、トコロテンも2気圧になります。


>>>
また、元の状態から空気の体積を400mlに膨張させると気圧は0.5気圧になると思うのですが、トコロテンにかかる気圧も0.5気圧になるのでしょうか?

はい。
少し待って、常温の400mLに落ち着いた時点で、トコロテンも2気圧...続きを読む

Q熱交換器の熱量と比熱の求め方

空気予熱器についていくつか質問があります。
①空気の流量10000m3N/h、空気温度が20℃から100℃まで上昇、排ガス温度が300℃から200℃まで減少するとして、あと何が分かれば交換熱量が分かりますか?
(mcΔTの式は使えないのですか?)
②空気の比熱は、0.24[kcal/kg ℃]と書いてありました。この比熱って温度によって変化しないのですか?

Aベストアンサー

空気の比熱は、温度によって、若干変化します。
0℃から100℃で、約0.24kcal/kg・Kとして良いでしょう。
200℃から300℃で、約0.25kcal/kg・K程度です。
差は、約4%です。
流量を重量流量になおすと、0℃の空気の密度を1.251kg/m3として、10000m3/h→12510kg/hとなります。
空気側の加熱量=12510×0.24×(100-20)=240192kcal/h
これが、交換熱量になります。
排ガスの重量流量=240192/(0.25×(300-200))≒9608kg/hとなります。

Q一酸化炭素と二酸化炭素

不完全燃焼 
  →一酸化炭素

完全燃焼
  →二酸化炭素

ですかね?

常識がなくてすいません。
簡単に「はい」か「いいえ」で答えてくれるだけで嬉しいです。

Aベストアンサー

完全燃焼→二酸化炭素

不完全燃焼→二酸化炭素+一酸化炭素

だと思います。

答えとしましては「いいえ」だと思います。

Q比熱比とは

自動車のエンジンに関する本を読んでいて、EGRというものがでてきました。そこで、排気ガスを混ぜることによって比熱比が上がり、燃料消費率が低下すると書いてあったのですが、比熱比というのがよくわからなくて困っています。比熱比とはいったいどういったものなのでしょうか。
オットーサイクルの熱効率の式から、比熱比が上がると効率がよくなることはわかったのですが、排気ガスの主成分であるCO2の比熱比を調べると1.301となっており、空気の1.402に比べると逆に低くなってしまうように思われるのですが、なぜ比熱比が上がるのでしょうか。実際のエンジンの混合気の比熱比とはどのぐらいになっているのでしょうか。
長くなってしまって申し訳ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>定圧比熱は同じ物質であっても温度によって変わる(Cpは温度が上がると上がる)と本に書いてあったのですが、定容比熱及び、比熱比もやはり変わるのでしょうか。もし変わるのであればどのように変わるのか(上がるのか下がるのか)教えていただけないでしょうか。

すごい学習意欲ですね。驚きました。すばらしいです。
定圧比熱、定容比熱ともに温度の関数です。したがって比熱比も温度の関数です。また、定圧比熱は温度が上がると値は増加します。定容比熱については忘れました(たぶん増加していると思います)。

物性値のテーブルが「流体の熱物性値集」日本機械学会(1983)に
載っていたと思います。
(学生さんでしたら大学の図書室にあるかもしれません)

私が大学生のときは空気の物性を温度の関数として与える式
を用いて研究してました。便利ですよ。

Q水深30mで窒素70%酸素30%の混合ガスを使用したとき窒素分圧(気圧

水深30mで窒素70%酸素30%の混合ガスを使用したとき窒素分圧(気圧)はいくつになるかで、答えが水深30mでの絶対圧が4気圧だから窒素分圧は4×0.7で2.8気圧ならしいですが、圧力がかかると質量は潰されて減るのでは?なんで掛け算?私は割り算かと思って答え出せませんでした。どうして掛け算になるのか教えてください

Aベストアンサー

>圧力がかかると質量は潰されて減るのでは?
質量は不変です。この辺でわからなくなってるのかも。

大気圧の時の窒素の分圧はわかってますか?
0.7気圧ですね。
この時の酸素の分圧は0.3気圧、合計1気圧です。
絶対圧が4倍になるとどうなりますか?
4気圧ですね。その内訳は0.7×4+0.3×4=4です。

どうして掛け算になるのかって。
容積から説明が必要ですか。
容積はそれぞれ、1/4になりますが、
元の容積は問題になってませんので、
頭の整理に必要なら、適当に仮定して下さい、
そして最後に消去とか無視すればよいのです。

Q定積モル比熱の使い方が分かりません.

定積モル比熱の使い方が分かりません.
「1気圧,体積5L,温度300Kの空気を2000Jの仕事を加えて急激に圧縮した.温度は何度上昇するか?ただし,空気は理想気体とみなし,定積モル比熱を21J/(mol*K)とする.」
という問題が分かりません.
まず理想気体の状態方程式より,物質量は0.203mol.
答えには470℃とあります.
これは21*0.203*ΔT=2000より求まるΔTと一致します.
ですが,圧縮したのに定積モル比熱が使えるのですか?
どうすれば答えが出ますか?

Aベストアンサー

1さんの回答でいいのですが、少し補足です。

>圧縮したのに定積モル比熱が使えるのですか?

ご質問のとおり本当はだめです。

ですが、理想気体の場合、内部エネルギーが温度のみで決まり体積に依存しないという性質があるために、内部エネルギーの変化は体積変化の有無に関らずいつでも

ΔU = n cv ΔT

と書くことができます。比熱も定数です。なので、この問題の場合では、

>これは21*0.203*ΔT=2000より求まるΔTと一致します.

これでOKになります。

Q開放容器と密閉容器のちがい

窒素の蒸気圧曲線の作成に開放容器のデュワーを用いて実験を行ったのですが、これは密閉容器とどうちがうのでしょうか。

ご教示お願いします。

Aベストアンサー

密閉容器では内部の圧力が大気圧とは異なる値になります。
圧力調節ができる反面、容器には十分な強度が必要で、異常な圧力上昇に対する対策(安全弁の設置など)が必要です。
開放容器だと、液面の圧力は大気圧と等しくなります。

Q気体の比熱について

仕事の関係で、ある排ガスの比熱を求めたいのですが計算の方法が分かりません。(排ガスの成分は検査可能です。)1m3の空気を1℃上昇させるのに必要な熱量は0.3kcalとのことですが、気体の組成が変われば比熱は変化するのでしょうか。同体積中の気体中に含まれる分子数に比例するのでしょうか。

Aベストアンサー

比熱は分子の形状によって異なるはずです。
1原子分子(希ガス)の定積モル比熱は(3/2)RT、定圧モル比熱は(5/2)RT
等核2原子分子(酸素、窒素など)の定積モル比熱は(5/2)RT、定圧モル比熱は(7/2)RT
・・・のように。
複雑な分子ほど比熱が大きくなると思ってよいと思います。したがって、気体の組成が変われば比熱は変わるということになります。

同温、同体積中の気体に含まれる分子数は、理想的には、気体の種類によらず一定です。

Q二酸化炭素をYAGレーザで炭と酸素に分解できるか

東工大、太陽光励起YAGレーザー発振成功で太陽光利用に活路開拓
- ニュース - nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/402/402389.html

この金属燃料電池をリサイクル活用できる技術に驚いています。
このレーザは太陽光をフレネルレンズで集光して、太陽電池
を使わず、直接レーザを発生、そのレーザを束にして一点に集め、
2万度の高温を実現できるそうです。

火力発電所やゴミ焼却場の燃焼済気体を排出する煙突の途中で
このレーザ光を当て、二酸化炭素の炭素と酸素間の結合を切り、
炭素と酸素に分解できないものでしょうか。

目的:二酸化炭素排出を低減すること。

Aベストアンサー

無理でしょう。

何故エネルギー媒体としてマグネシウム使用に至ったのか、何故炭素ベースではダメなのか・・・と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。
マグネシウム還元には2万℃のレーザーでマグネシウムと酸素のイオンに分解、さらに磁界をかけて分離するという手法が採られています。
2万℃という高温を得るためにレンズを用いているのです。それも対象が酸化マグネシウムという固体物質だから可能な話です。
二酸化炭素が拡散し、なおかつ他の気体が混在している煙突内でこんな反応を起こそうというのなら煙突を一部だけ極端に細くするしかないでしょうが
そうなると排気もままなりませんしむしろ高熱で気体の膨張が発生、排気するはずの気体が煙突内で逆流する恐れもあります。
また高温高圧を下手に発生させると窒素と酸素が発生、窒素酸化物の発生も懸念されます。

むしろ逆に、二酸化炭素の吸着のためにマグネシウムを媒体とする研究があるようです。二酸化炭素排出低減はこちらに任せた方が良いのではないかと。

記事の日本語が切り貼りしすぎたせいか乱れているので、元の情報・東工大のサイトへリンクを貼っておきます。

参考URL:http://www.titech.ac.jp/publications/j/chronicle/402/402-1.html

無理でしょう。

何故エネルギー媒体としてマグネシウム使用に至ったのか、何故炭素ベースではダメなのか・・・と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。
マグネシウム還元には2万℃のレーザーでマグネシウムと酸素のイオンに分解、さらに磁界をかけて分離するという手法が採られています。
2万℃という高温を得るためにレンズを用いているのです。それも対象が酸化マグネシウムという固体物質だから可能な話です。
二酸化炭素が拡散し、なおかつ他の気体が混在している煙突内でこんな反応を起こそうとい...続きを読む


人気Q&Aランキング