主人がダイエットのために夕飯を抜きにしていたところ、
酒量が増えました。
電話相談したところ、大量飲酒者に入り、そのままいくと、
アルコール依存症になり、体に影響も出てくるといわれました。

とにかくお酒の量をすぐに減らすようにいわれました。

効果のある説得のしかたは、ありますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして、私はプロフや履歴を見ればわかると思いますが依存症で入院歴を持ちます。



私もいろいろな依存症患者を見てきましたが、ご質問を読ませていただいて経験的にものすごく腑に落ちないのが「ダイエット中に酒を飲む」という行為なんですね。飲まない人ならどう考えたっておかしいですよ。元の木阿弥じゃないですか。ダイエット成功者の誰がそんな選択をしてきたのでしょうか?
ひょっとしてダイエットがいつの間にか飲酒の言い訳に使われてはいないでしょうか?

一般に依存症が進行しているかどうかは、わけのわからない理由が飲酒の言い訳とされているかどうかかも重要な基準です。依存症の方はありとあらゆるものを飲酒の理由にしてしまいます。そして、その理由が増えれば増えるほど、また加速度的に依存症は悪化していきます。その悪い流れに入りつつあるのではないかと心配になります。

もう一つ気になるのはその「言い訳」のようなものをご家族の方が明に暗に認めてしまってはいないか、ということです。「ダイエット中に食事代わりに酒飲むなんておかしいでしょ!!」などと、おかしいことはおかしいと周りの人がきっちり諫めて酒を取り上げてしまうようでなければ依存は進行の一途をたどりかねません。依存症は飲酒行為を自らコントロールできなくなる病気です。神経系統のれっきとした病なので、周りの人がしっかりしないととんでもないことになりかねません。

下世話な話で申し訳ないのですが、ご主人がたとえば二日酔いで会社を休みたいなどと言ったときに、代わりに会社にウソの電話などをされたり、まあ具体的に言うと誤解があるのですが、そういうような尻拭い行為をなさることはないでしょうか?そのように尻拭いをしたり、おかしな飲酒行動を諫めないような周囲の行為は、本人を本格的な依存症へ、またさらに重度の依存症へ導くものになりかねないのです。

もし私の書いたことに何か心当たりがあれば「アルコール依存症患者の家族」に関する本を読むことをお勧めします。そのような本には間違いなく「イネイブラー」(尻拭い行為をする人)に関する記述があり、飲酒癖のある旦那を持つ方の多くはいくつも心当たりがあるものです。

そしてお酒の量を減らす説得の仕方というか、さまざまな方法論が示されているはずです。ただ、それを実行に移すためにはまず「家族」の方が先に変わらねばならない、というのが大方前提になっています。

では、私の心配が杞憂であることを祈りつつ終わりにさせていただきます。ご健闘お祈りいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういうダイエットに至った経緯は、
身長がそれほど高くないのに、体重が80キロ越え、人間ドックの後、
医者に痩せるようにいわれ、ビールをやめ、焼酎を勧められたのです。

焼酎を買うようにいわれた私は、何を買っていいのかわからず、
最初のほうは必死でしたが、最後に4Lの安い芋焼酎にいきつきました。
何度も買いに行くのは面倒なので、日曜日に子供に手伝ってもらって、
3本まとめて買うようになりました。

主人は、最初は登山で体を鍛え、それからゴルフをはじめ、
どんどん痩せていきました。このときから夕飯抜きがはじまりました。

そして、最近4Lの焼酎が1日で、三分の1ほど減ったことがあり、
子供と焼酎を必死で買いに行くことに、空しさを覚えました。
すでに焼酎を買いに行くことに、かなり負担を感じていていました。

ネットで検索したところ、不眠や下痢と出ていたので、これにあてはまったので、危ないと感じました。

尻拭い・・はお酒ではないですが、女性問題で尻拭いしました。
主人は専門職なのですが、家では、「すべてお前(私)が悪い」が口癖です。これは結婚当日からはじまり、主人の性格の問題だと思うので、
何も言い返したことはありません。

こんな感じなので、本当は主人の健康を考えて一生懸命になることにも
空しさを感じています。
私や子供の話なんて普段聞かないし、会話ももともとほとんどないので、
この先どうなるのか、検討もつきませんが、
とりあえず、基本的なことをきちんとできるようにフォローしていきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 08:17

素人さんが何を言っても、聞く耳を持たないでしょう。



ご主人を病院に連れ込んで、肝機能検査と、正しいダイエット法について医師に相談しましょう。
その際に、奥様から今後も飲酒を続けるとどうなるのかを専門医に質問して、答えさせてください。

悪くなる前に病院に行くのも、正しい病院の利用法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ダイエットを続ける限り、飲んでしまうと思いました。
ワインを1ビン、ゴクゴク飲んでしまう状態に、ショックを受けました。
よっぽどお腹がすいてるんだ、という飲み方です。

主人は見栄張りで、よく「みっともない」という言葉を使うので、
私について病院に行くことや、私が病院を勧めて行かせることが、
みっともないことだと感じると思うので、
まずそこからです・・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 17:57

夕食を抜いたらダイエットになるなんてこの考えを改めることです。

アルコールは満腹中枢を満たすからそりゃ飲みますよ。一般的に医師が推奨する量は1日ビール大ビン1本、ウイスキーならグラスに指3本くらいです。減らすならきちんと食べ飲む量・旧肝日をよく考えることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ダイエットには疑問を感じるところもありました。
脳にも栄養がいかなくなるんではないかと。
アルコール依存症で脳も痩せていく、と聞きましたので、
ダブルパンチだ、と危険を感じました。

はやり空腹を満たすために、飲んでしまいますよね。

まずはダイエットの正しい認識からですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング