質問を見ていただきありがとうございます。

モーターについて調べていたところ、
実物や資料が見当たらないため、お尋ねしたいのですが、
これら二つのモーターの回転数やトルクの範囲を教えていただきたいです。

単相、三相の誘導と
交流、直流の整流子について教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>扇風機に使われている誘導モーターも、W数や周波数次第では、掃除機のモーターとしても使えなくはないという認識



使えないと理解してください。

扇風機のモーター → 掃除機のモーター に興味がおありのようですね。

誘導モータートルクは、モーターの性質上一般的に、最大トルクの1/4~1/5の回転数で使われます。
扇風機のモーターは、計算上 1800r.p.m. (60Hz) ですが、滑りがありますので、1700r.p.m. 付近で作動しています。 
扇風機のモーターを掃除機のモーターとして使う場合、回転数を上げるために、インバータなどで周波数を10倍程度上げなくてはなりません。 回転は上がったとしても、掃除機に必要なトルクが得られるとは思えません。 トルクが不足すると、回転数は下がります。 負荷が増加し回転数が、最大トルクの回転数以下に下がると、回り続けることができなくなり回転数は一気に下がり役に立たなくなります。

その点、同じ大きさのモーターで比較すると、掃除機に使われている整流子型直巻きモーターは、小型で強力で、商用の電源に手を加えなくて使用できます。

誘導モーターが掃除機のモーターとして適するのであれば、メーカーが放っておくはずがありません。
このことを考えてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

KonnaMondeさん、回答ありがとうございます。
一度興味を持つと細部まで調べたくなる性質で…(^^
誘導モーターは出力が極端に制限されるのですか。
なるほど、使用できる可能性はないということですね…。
整流子モーターは力強い製品に使うには
もってこいのモーターだったのですね。

お礼日時:2009/05/15 17:05

扇風機のモーターを掃除機にというのはちょっと無理です


出力を比べてください
掃除機は扇風機の10倍以上の出力があります
しかも大きさはほぼ同じ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

debukuroさん、回答ありがとうございます。
出力が大きいモーターとして、
整流子モーターが選ばれているのですね。

お礼日時:2009/05/15 17:07

誘導モーターの回転数は電源周波数で決まります


回転を自由に変えることは出来ません

整流子型(反発起動)モーターの回転数は電圧によって決まります
電車のように回転を自由に変えたいところに適しています

トルクの範囲は特に決まりはありません
どちらも起動トルクが最も大きいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

debukuroさん、回答ありがとうございます。
なるほど、互いに電源によって
回転数やトルクが決まってしまうのですね。
では、扇風機に使われている誘導モーターも、
W数や周波数次第では、掃除機のモーターとしても
使えなくはないという認識をしてしまっていいのでしょうか。

お礼日時:2009/05/14 14:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーターの回る仕組み

モーターの回る仕組みを教えて下さい

Aベストアンサー

こんにちは。

 下記サイトをご参照ください。要は、電磁石が交互に引っ張られて回り続けます。

では。

参考URL:https://link.chuden.jp/kids/energy/study21.asp

Q直流電動機や三相誘導電動機に負荷を加えると回転速度が減少して負荷トルク

直流電動機や三相誘導電動機に負荷を加えると回転速度が減少して負荷トルクが増大し負荷トルクが発生するのに対し、なぜ同期電動機に負荷を加えても回転速度が変化しないのに、負荷電流が増大し負荷トルクが発生するのでしょうか?できれば式を使って説明をお願いします。

Aベストアンサー

直流機の場合には、電源電圧と速度起電力の差で流れる電機子電流でトルクが決まり、誘導機だとすべり周波数で決まる二次電流でトルクが決まる。両方ともトルクのための電流を増やすためには、軸速度が下がって、速度起電力が下がるかすべり周波数があがる必要があります。
ところが同期機では、速度起電力と電源電圧の位相差でトルクの電流が決まるので、トルク電流を変化させるために定常的な速度が変わる必要がありません。(過渡的には、位相差を変えるときに速度が変わってますが。)

Q質問です。 最近ネットでたまに見かける電動ターボとは、モーターの力で過吸するらしいのですが、仕組みが

質問です。
最近ネットでたまに見かける電動ターボとは、モーターの力で過吸するらしいのですが、仕組みがよく分かりません。
普通、後付けでターボや、スーパーチャージャーをつける場合、ECUのセッティングや燃調セッティングをする必要があると思うのですが、その辺はどうするのでしょうか?

そして、もともと圧縮比が高いNAエンジンにターボやSCをつけるとノッキングをする可能性があると思うのですが、どうでしょうか?

後は電動ターボって販売されているのですか?
中国の卸売りなんちゃらサイトでそれらしいものは見かけるのですが…
もし知っている方が居ればどこで購入可能か教えてください。

Aベストアンサー

昔、聞いたことがあります。コンプレッサーというよりは、扇風機程度。
モーターでタービン回すなら10万回転近い回転数が必要。
モーターでスーパーチャージャー回すには数馬力のパワーが必要。
一般化されないということはメリットよりもデメリットが大きいのでしょうね。

Q三相半波整流、三相全波整流の波形について

標記について、ダイオードを用いた回路は
http://homepage2.nifty.com/ja9yx/denki/2007-03-22seiryuki.html
でわかったのですが、その回路により得られる波形についてどうしこのような波形が得られるのかがわかりません。
というか、自分で説明できません。
この回路で、この波形が得られることについてどのように理解、説明できるのでしょうか。
また、整流する前、半波整流、全波整流で最大値にどのような関係(違い)があるのでしょうか。

Aベストアンサー

順を追って考えますと

まずe1、e2、e3を同一グラフ上に120度の位相差を付けて描いてください。
次にグラフを見ながらe1が正の最大時はe2とe3はマイナス側ですから電流はe1の1番端子→D1のプラス側→U端子→R→D2→2→トランスの2番端子、と言う風に流れますが同時に
D3→3→トランスの3番端子と言う流れも起こります。

これだけでは半波整流と同じですがグラフでe1とe2が例えば正で同じ電圧になった瞬間は同時にe3と3は負の最大値ですからRにはe3に引き込まれるようにやはり順方向の電流が流れます。+V側が上がるのではなく抵抗の負側がe3の分だけ下がると言う考え方です。Rから見ればプラス側がe3の分だけ高くなったのと全く同じです。

つまり他の整流回路と違ってRの負側がゼロで一定と言う考えではなく負側が下がる事で結果全波整流となるのですね。

Q低速回転モーターの仕組みについて

お世話になります。

現在、工場で働いている設備初心者です。

数日前に搬送機であるスクリューコンベアのモーターが故障しました。
モーター自体はギアドモーターでチェーンを介してスクリューのシャフトを
回転させているので恐らく10~20rpmの低速回転ではないかと思います。

その際先輩と話していて、
「ギアドモーターなんて高価なもんじゃなくてインバーターで回転数落とせばいいのに。」
と言われました。それに対して私が
「通常のモーターだと回転数が高すぎてインバーターで2~3Hzに落としても無理では?」
と聞いたら
「ギアドモーターじゃなくても低速のモーターはあるらしいよ。」
と言われました。


ギアドモーター以外の低速回転のモーターってどのようなものがあるのでしょうか?
先輩に聞いても忘れたから自分で調べろと言われてしまいました。
色々とモーターメーカーのサイトを見てみたのですがイマイチ分かりません。

ご存知の方いらしたらご教授願います。
簡単な原理も教えていただければ幸いです。
できれば汎用性の高いものをお願いします。

Aベストアンサー

>回転させているので恐らく10~20rpmの低速回転ではないかと思います。
 それだと、ずばりギャードモーターしか選択肢はありません。たとえインバーターを使用して速度調整を行っても・・
 定格運転で必要な回転数になるギャードモーターを選択して、その上でインバーターで調整するべきです。
 交流モーターのトルク自体は巻数とそれに流れる電流で決まりますから、出力はそれに回転数をかけたものになります。インバーターは無から有を生み出すものではありませんから、低速で運転させれば、出力は下がります。

>数日前に搬送機であるスクリューコンベアのモーターが故障しました。
 この原因のほうが気になりますね。

Q直流モーターの回転数とトルクの関係、及び変速機の必要性について

直流モーターは一般に、高回転時には低トルクとなり、低回転時には高トルクとなるとされています。ではなぜ、低回転 高トルクを求める場合、ギヤで減速する必要があるのでしょうか? 単純に考えると、変速ギヤなしでも、負荷がかかれば自然に高トルク 低回転になると思います。

Aベストアンサー

模型用のモーターで負荷が重くなったら止まってしまうだけです。
ゆっくりになってそのまま回り続けるわけではありません。
止まっても電源がつながったままなら焼損するのは、大型モーターと同じです。

Q直流モーターの仕組み、高校物理

疑問
(1)電流は図でいうと、D→C→B→Aの回路をたどるのですか?
(2)整流子の役割は電流が流れるように調節するというものですが、ここでは、具体的にどのように働いているのでしょうか?
(図で表して頂けると助かります)

Aベストアンサー

電流が常に同じ方向に流れたら・・・・・。
コイルが半回転すると、磁界の向きが逆になりますね、電流の向きがそのままだと、回転の力が逆になります、(電流の向きと磁界の向きの関係が変わるため、受ける力が逆になる)。
従って、その時点では電流の向きが逆になっている必要があります。
>電流が流れるように調節するというものですが
この認識は、はっきり言って間違いです(言葉を適当に誤魔化しています)。
流れるように!ではなく、流れる向きを!(調節ではなく)調整します。
国語が上達すれば算数も上達?もありうるといわれます、国語がその程度では自分で状況分析できず、わからなくなります、そういう意味では国語は基本であり、重要です。
国語力アップすれば、他の学力もアップは比例はしませんが、相関は確かです。

Q三相誘導電動機 起動トルクについて

三相誘導電動機の出力結果で、最大出力、最大トルクは200%程出たのですが、始動トルクが40%程でした。
起動トルク小さい原因と、簡単な改善方法を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在では JIS C 4207 は廃止され、JIS C 4210 に統合されました。
JIS C 4210-2001 によりますと[全閉形 4P 0.4kW]の電動機の場合、
1)最小始動トルクは 1.9倍 になっています。
(最小始動トルク一覧表は5頁参照)

2)最小始動トルクの算定方法も記載されています。
(最小始動トルクの算定方法は23頁参照)

電動機の銘板に記載されている適用規格番号を確認してJIS C 4210
であれば、この規格により再計算すると良いでしょう。

下のURLをクリックしてJIS[C 4210]を入力しますとモニターの画面
から読むことができます。
読み取りのみで、印刷は不可です。
なお、ご存じと思いますが、印刷物としてはJIS協会か、JIS規格扱い
の書店へ注文して入手できます。

[JIS検索]
http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html
・JIS規格番号からJISを検索の項目の枠内にJIS番号を入力します。

前回も書きましたが、各種のデータを入手する際、始動電流の影響
等により電動機に加わる電圧が低下していませんでしたか?
必ず測定するようにします。

また、電源設備の事情により高調波の影響により電圧波形(正弦波)
が歪むこともあります。
この高調波成分によりモータ出力が影響しますので、念のため、
オシロ等にて確認しておくと良いと思います。

現在では JIS C 4207 は廃止され、JIS C 4210 に統合されました。
JIS C 4210-2001 によりますと[全閉形 4P 0.4kW]の電動機の場合、
1)最小始動トルクは 1.9倍 になっています。
(最小始動トルク一覧表は5頁参照)

2)最小始動トルクの算定方法も記載されています。
(最小始動トルクの算定方法は23頁参照)

電動機の銘板に記載されている適用規格番号を確認してJIS C 4210
であれば、この規格により再計算すると良いでしょう。

下のURLをクリックしてJIS[C 4210]を入力しますとモニターの画面
から読むことができ...続きを読む

Q交流モーターの仕組みを教えてください!お願いします

webとか画像とか説明などお願いします!

Aベストアンサー

ここみたらわかるとおもいます。

参考URL:http://www.geocities.jp/kin79e/ipm.html

Q三相交流モーターの電流値

三相交流モーターの電流値

会社にて昔使用していた機械のモーターを使用する事になりました。

モータは日立のGX0.75KW EGEです。
200V三相交流モーターで速度、モーター内のファンのコントロールは基板にて制御しています。

質問は200V、0.75KWの三相交流モーターなのに銘番には電流値が9Aとかかれています。
損失を無視して単純に電流と電圧からワット数を計算しても電流値がここまで高い理由がわかりません。

ネットや本で自分なりには調べましたが、まだまだ勉強不足故わかりませんでした。
ご存知の方には是非教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

モータとコントローラを良く見ませんと断定はできませんが、電流値の大きさ
から、20~40年前に良く使用されていた[一次電圧制御方式]のモータとコント
ローラだと推察します。

この方式では、コントローラにより単相または三相の電源をサイリスタにより
位相制御して、モータに加わる電圧を可変してモータを可変速運転する方式です。
このため、モータも回転速度範囲に合わせて必要トルクを充分出力できるように
特殊なモータを製作して組み合わせています。

モータに加わる電圧を下げますと、回転速度を下げることができますが、標準
モータですと、良好な運転特性が得られません。低速度領域でも定格トルクが
出力できるように回転子のコイル抵抗値を高くした特殊モータを使用しています。

この結果、モータのサイズも大きくなる、運転電流値も大きな値となるなど、
電気的な効率が悪い方式となっています。
当時の電気的な制御方式では、運転電流の大きさによる効率の悪さより小型モータ
で容易に可変速運転できるなどの特長が勝ったため、盛んに使用されていました。

30数年位前から商用電源を直接制御できる大容量のパワートランジスタの開発が
急速に進み、このトランジスタの性能を最大限に利用した制御方式として[パワー
トランジスタ形 汎用インバータ]が開発されました。

[汎用インバータ]よる制御方式では「電圧の制御と同時に周波数も変化させる」
(=[VVVF制御方式]とも言います。)
ことにより、標準モータで低速領域でも商用電源なみの定格トルクが出せる。
運転電流も商用電源なみで効率も高いなど多くの特長があるため、急速に普及し、
現在では、可変速運転する制御方式の主流となっています。

以上の如く、インバータの普及に伴い、前述の[一次電圧制御方式]は、役目を終えて
各社とも廃型に至っているのが現状です。
また、省エネルギーの観点から、昔使用していたモータを再利用するよりも、新規に
標準モータとインバータを購入して、可変速運転されることをお勧めします。
なお、[インバータ]についは、次のURLをクリックして参考にして下さい。

[伸びゆくインバータ/日本電機工業会]
https://www.jema-net.or.jp/jema/data/2010inverter.pdf

モータとコントローラを良く見ませんと断定はできませんが、電流値の大きさ
から、20~40年前に良く使用されていた[一次電圧制御方式]のモータとコント
ローラだと推察します。

この方式では、コントローラにより単相または三相の電源をサイリスタにより
位相制御して、モータに加わる電圧を可変してモータを可変速運転する方式です。
このため、モータも回転速度範囲に合わせて必要トルクを充分出力できるように
特殊なモータを製作して組み合わせています。

モータに加わる電圧を下げますと、回転速度を下げる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報