アドバイスください。
前回利用者の愚痴をこぼしましたが、介護がしたくてたまりません。
私、年齢的(61才)には後数年しか介護職ができませんが、ボランテアで
続けていきたいと思っています。ボランテアとしての、喜びを得るため
認知症の方の 潜在能力を引き出すための 勉強方法教えてください。
(前回ご指摘を受けました、バリデーションの本、今日(5/13)届く予定です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私が以前にお世話したことがある所では認知症が比較的軽い人もいました、


それでも「トイレ」とか「おしっこ」と当人が意思表示してから行っても
手遅れだった場合も少なくありませんので、水分補給などの量や時間から、
「トイレ」と言う前にでも「行ってみましょう」と言ってトイレに座って
いただくと出る場合があるのでオムツ交換をしなくても済んだりします。
また、人によっては回りに他の利用者さんなどがいると自分から「トイレ」
と言うことを言いづらかったり遠慮したりする人もいるので、こちらから
声をかけて上げるのが良い場合があります。介護員の顔を見たりそらしたり
する動作を繰り返す時はほぼ「トイレ」の時が多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私個人の思いですが、認知症の方でも潜在能力はあると思います、それを引き出すための知恵があればと 投稿しました
(このような 例は悪いか良いかは、解りませんが、声掛けしても失禁してしまう、たぶんトイレの意味を理解していないのでは、とも 思います。
失禁対処方法として、利用者の好きな音を出す、その音を聞くと トイレに行くと、ゆうような反複行動をとつて貰えないでしょうか、又この様な事例があればと投稿しました)

お礼日時:2009/05/17 10:04

ボランティアをされているとのこと、大変にすばらしいと思います。


私の関わりのある施設でもボランティアさんが来られて服の仕分けや
シーツの交換や食事用エプロンの洗濯などを手伝っています。
私は職員として認知症の方と接しています。
認知症の方はそれぞれ程度が千差万別なのと性格の個性がありますので、
書籍などでは何種類かのパターンの勉強と認知症の方に関わる上での注意点
などについての前提知識程度までと考えた方がよろしいかと思います。
また、書籍程度のことならネット上で検索すれば色々な情報が出てきます。
潜在能力とのことですが、むしろ今残っている能力の維持あるいは後退して
しまった能力を刺激して回復方向に向かわせると考えた方が無理が無いと
思われます。
認知症の方は特に短期記憶の能力が失われる場合が多く見受けられます。
つまり直前に食事を終わっているのに「早くご飯を出せ」とか言ったり
することが多いです。

私の実験?では、全ての認知症の人がそうではありませんが、人によって
は食べている最中に「○○さん、今何してるのですか?食事してますよね」
「この△○■おいしいですか?」と質問したり食べたことを
念を押すと、いつも食べた直後に「ご飯だしてちょうだい」と言ってる
人でも、それを言わない場合などもありました。
その人の場合は何気なく食事すると食事した事を直ぐに忘れるのでしょうが、
声をかけて食事していることを認識させることができる場合があります。
しかし、それでもそれから少し時間を空けてから「ご飯まだ?」と言う
場合もありました。

私は食事の時間に二人の認知症の方に声をかけて食事していることを認識
させる実験?をしています。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このアドバイスを実践していくとすれば、全ての事に(生活動作)応用できそうです、今接している方でトイレ介助(1時間毎)が中々上手く行かず排泄(失禁)してしまいます。これからは頻繁に声掛けをして 今何をしているのか、何をしたのかの 記憶が少しでも長く残ることを祈り対応して見ます アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 15:11

とても素晴らしいと思います。


私も認知症の方と接する仕事をしています。
本を読むことも大切だと思いますが、地域のグループホームなどに見学に行かれてみてはいかがでしょうか?大型施設などの認知症棟もありますが、ご利用者と密に関わりながら認知症を知るにはグループホームが一番良い環境だと思います。
認知症の高齢者の方と実際に接することが一番の勉強方法だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速実戦します

お礼日時:2009/05/14 20:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q看護師の観察力

私は看護学校に通うものです。看護師として働く上で観察力は非常に重要だと思うのですが、この観察力を高めるためにはどうしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして、看護師をしています。
観察力は看護を行ううえで、絶対に必要なものです。
それを身につけるのは、まずは観察する方法を知る事です。
すでに学校でも学ばれているのと思いますが、
よく、五感を使いとありますが、視覚、嗅覚、臭覚、知覚、味覚。
その全てを正しく理解する事からです。
視覚を使う観察には、患者さんの顔色皮膚の色を見る事で見つかる異常(黄疸や顔面蒼白)もありますよね。
臭覚では、高血糖時のアセトン臭や肝不全のアンモニア臭。
聴覚では、呼吸音の異常(喘鳴など)腹部の腸の蠕動音(腸閉塞時の金属音)。
触れてみてわかる事は多いですが、脈拍の不整脈などもそうですよね。
味覚は、患者さんを舐めてみることはできませんが(笑)
例えば、患者さんが急に食欲が落ちたときに、味覚異常がおこっていないかなど。

まずは、感覚器の正しい解剖と正常な状態を知り、自分自身の五感に異常はないか?その事を考えてみて下い。

そして、患者さんの皮膚の色、発する匂い、音、味覚、皮膚の感覚。
それらに異常をきたす疾患をしっかりと理解する事。
理解が出来ていないと、患者さんが発するシグナルを掴む事ができません。
そして、目の前の患者さんの状態と、それらの知識を結びつける事で観察が行えるのです。

また、大切な観察点に「患者さんの心」を思う事があります。
病気や怪我のときは精神的に大きな負担となります。
その患者さんの精神的な負担を軽減出来る看護を提供したいですね。

そして、先の方も言われていますが、経験は大切です。
実際に患者さん相手の観察だけでなく、普段から身近な人の状態にも目を向けてみてください。
友人の顔色、ご両親の表情。そこから学ぶことも多いと思います。
どうかがんばってくださいね。

はじめまして、看護師をしています。
観察力は看護を行ううえで、絶対に必要なものです。
それを身につけるのは、まずは観察する方法を知る事です。
すでに学校でも学ばれているのと思いますが、
よく、五感を使いとありますが、視覚、嗅覚、臭覚、知覚、味覚。
その全てを正しく理解する事からです。
視覚を使う観察には、患者さんの顔色皮膚の色を見る事で見つかる異常(黄疸や顔面蒼白)もありますよね。
臭覚では、高血糖時のアセトン臭や肝不全のアンモニア臭。
聴覚では、呼吸音の異常(喘鳴など)...続きを読む


人気Q&Aランキング