はじめまして。
質問は、この分野でよかったでしょうか?

ベンゼンについて教えてください。
ベンゼンとは、主にどの様なものに使用されているのでしょうか?
また、ベンゼン環を持つものには何があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

とっかそくにより、溶剤としての使用が禁止されてからは


反応中間体
分離しない状態で不純物として混入させて、オクタン価改質剤(添加することは禁止されているはず(詳細忘却)、しかし、原料の中に含まれている状態で分離しないで製品として出荷している)

後半
範囲が広すぎて回答不能。
生体内生合成経路の例
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/com …
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/pol …
厳密な意味での「ベンゼンかん」ではありません(ナフタリン、アントラセン、、、、ジュワベンゼン、ふくそかん等の記載もあり)が
http://www.geocities.jp/junk2515/sanpo/sanpo_02. …
合成色素
http://www.kiriya-chem.co.jp/syokuyou/chem-2.html
天然色素
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/abo …
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/nat …

元々は、ベンゼン系化合物は、石炭乾留で生成するコールタールに含まれるぶしつを特定し、この利用を見つけることを目的に発達してきた石炭化学の一分野として発達しました。
ところが、生態ぶしつとして体内で生合成されたり、石油から合成できたりと色々開発されました。
石油関係は略。石炭関係はさわりだけ。生体内関係は眺めるだけ(本格的に書いたらば製剤についても答えなければなりませんから)。
範囲が広すぎてかいとうしようがないです。
サイトは検索して見つけたところ。内容の正誤に付いては見ていません。
    • good
    • 0

「ベンゼン環を持つもの」だと, 例えばインスリンとかアスパルテームとかアセチルサリチル酸 (アスピリン) とかセサミンとかビタミンE とか....


挙げだすとキリはない.
    • good
    • 0

ベンゼンとは


最も基本的な芳香族炭化水素で、特有の芳香をもつ無色、揮発性の液体です。水に溶けにくいが有機溶媒には溶けます。タールの分別蒸留などで得られ、有毒。化学薬品の基礎物質となり、燃料などにも用いられます。

ベンゼン環とは
ベンゼンなどの芳香族化合物に含まれる、6個の炭素原子からなる正六角形の構造。炭素の六員環。略記法では、炭素および水素原子を省略して示します。ベンゼン核とも言います。

出典・・YAHOO辞書
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオイル添加剤とガソリン添加剤の併用

 今日は。愛車のメンテで添加剤を使用したいと考えております。
もらい物で洗浄系のオイル添加剤と洗浄系のガソリン添加剤(ワコー フューエル1)を持っているのですが、これらは同時に使用して問題ありますでしょうか?また、洗浄系のオイル添加剤を使用したり、ガソリン添加剤を使用したりと併用したりする事は一般的なんでしょうか?

Aベストアンサー

フューエル1とループなら 名の通ったものなので
併用も問題ないでしょう。
しかし 心配なら 併用しない事です 併用する理由はないと思います。
個々に 試した方が 個々の効果が体感出来 次に使うか・止めるか
また人にもアドバイス出来る経験になるのでは?

フューエル1は 評判良い燃料系添加剤です。

ループは、可もなく・不可もなく OIL性能を低下させる成分もないと思います。(大きな期待はしないで下さい) 洗浄効果もそれ程強く有りません (バーダルの方が洗浄効果大) 
OIL添加剤は 基本OILとエレメント新品です(目詰まり防止のため)添加効率も 汚れたOILより新しいOILのほうが期待大です

デメリットといえば 添加後次のOIL交換時 エレメントを交換すること 必修 目詰まり防止のためです。

人によって 添加剤は 無駄 効果なし と言われますが
超高性能でないOIL(純正程度)を充填しているなら ループ程度のOIL添加剤は入れて デメリットはないと思います。(大きなメリットもない)

Qベンゼン環へのニトロ基の導入はベンゼン環の反応性を低下させる。という記

ベンゼン環へのニトロ基の導入はベンゼン環の反応性を低下させる。という記述は正しいのですか?

Aベストアンサー

「何の」反応性なのかがありませんがまあ概ね正しいのでは.
「求電子置換反応に対する」反応性は低下します.
「酸化反応に対する」反応性も低下します.

Qベンゼンのlewis構造式

ベンゼンのlewis構造式は表記できるのでしょうか。色々と調べてみたのですが、複数存在するとかかんとかが分かっただけで肝心の表記が分かりません。
ベンゼンのlewis構造式はどう書くのか教えてください。もし表記の載っているサイト等があれば、教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

ベンゼンの各C-C結合は、共鳴によって1.5重結合になっているというのはご存知でしょうか。
ルイス式(電子式)では整数重結合しか表記できないので、1.5重結合は表記できません。
無理やり表記するとすればこんな感じでしょうか。
実際にはこの中間状態になっています。
注意してほしいのが、「行ったり来たりしてる」わけではなく、「中間状態をとっている」ことです。

詳しくは
http://ja.wikipedia.org/wiki/共鳴理論
をご覧ください。

Qニトロベンゼンからヨードベンゼン

ニトロベンゼンからヨードベンゼンを合成するには、どのような反応試剤が必要でしょうか?

また、ヨードベンゼンにマグネシウム、酢酸メチルを順次反応させるとどのような化合物ができるでしょうか?
ご回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

流れとしては、
ニトロベンゼン→還元→アニリン→ジアゾ化→ベンゼンジアゾニウム塩→ヨウ化物イオンを反応→ヨードベンゼンとなります。
どの反応も常識的な反応ばかりなので、これぐらいは自分で本を調べてください。勉強になりません。実験化学講座でも良いですが、有機化学の教科書にも載っている反応ばかりです。

後者もグリニャール反応のごく基本的なものです。
フェニルグリニャール試薬と、エステルを反応させると何ができるでしょうか?ヒントとしては、反応は途中のケトンでは止まりません。

Qマックのナゲット・ソースの作り方

マックのナゲットとナゲットソースが大好き
です。自分で作ってみたいのでお知恵を
貸して下さい。
○ナゲットの作り方
○バーベキュウソースの作り方
○マスタードソースの作り方
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

チキンナゲットの作り方は以下です。

<材料>
皮なし鶏むね肉・・・200g
タマネギ・・・1/4個
砂糖・・・大盛り大さじ1
塩・・・大盛り小さじ1
天ぷら粉・・・大さじ2
卵黄・・・1個

<作り方>
1)鶏肉、タマネギを適当な大きさに切り、材料を全部入れ、フードプロセッサーにペースト状になるまでかける。

2)スプーンで形を整え、油に落とし、キツネ色になったらできあがり。

ソースの作り方は知らないのですが、マックで一つ10円で売ってくれるのでたくさん買ってはどうでしょう?2ヶ月くらいは賞味期限がありますよ。

Qベンゼン、ベンゼン環のハロゲン化について

質問1
比較的容易にベンゼンにハロゲンを付加させることができますよね
そうするとハロゲンが付加された物質ができますよね
(例:臭素を付加させれば 1-ブロモベンゼン)

この状態で放っておくと、どうなるのでしょうか?
次々とハロゲンが付加していくのでしょうか?
(例: 1-ブロモベンゼン から 1,2-ジブロモベンゼンへ さらに 1,2,3-トリブロモベンゼンへ)


質問2
比較的容易にフェノールへハロゲンを付加させることができますよね?
(例:臭素を付加させれば 2.4.6-トリブロモフェノール)

ここで質問1の反応と共に考えてみたのですが
もっと一般的に
「ベンゼン環を持っている物質には、ベンゼン環にハロゲンを付加させやすい」
(ベンゼンやフェノール以外でもベンゼン環をもってさえいれば、そこにくっつけられる)
と言えるのではないかと考えたのですが、正しいでしょうか?

↑(もちろん例外はあるにせよ、そういう傾向があるのではという意味です)

Aベストアンサー

そもそも大きな事実誤認があります。
ベンゼンに臭素や塩素を混ぜても反応は起こりません。通常、鉄やその塩類を加えれば反応は進みますが、付加ではなく置換です。1-ブロモベンゼンは臭素が付加したものではなく、ベンゼンのHがBrで置換されたものであり、反応の際にHBrも発生します。
反応条件によっては2個目、3個目のBrが置換する可能性はありますが、その反応は進むにくいです。

フェノールの反応性が高いのはヒドロキシ基の効果です。


>「ベンゼン環を持っている物質には、ベンゼン環にハロゲンを付加させやすい」
大間違いです。高校レベルで言うならば、アルケンやアルキンとは異なり、ベンゼン環をもつ物は付加反応を起こしにくいと教えますし、実験的にもそれが正しいです。そうした付加反応を起こしにくいことが芳香族化合物の特徴です。

なお、あなたは芳香族化合物の置換反応を付加反応と誤解していますが、置換反応にしてもそこまで単純ではありません。その反応性などはベンゼン環上にどのような置換基があるかによって異なります。

Qベンゼン→フェノールの4経路の名前

ベンゼン→フェノールの反応経路の名前なのですが

ベンゼン→クメン→クメンヒドロキシペルオキシド→フェノール
の経路はクメン法と呼ばれますよね

よく見るあとの3経路

ベンゼン→クロロベンゼン→ナトリウムフェノキシド→フェノール

ベンゼン→ベンゼンスルホン酸→ベンゼンスルホン酸ナトリウム
→ナトリウムフェノキシド→フェノール

ベンゼン→ニトロベンゼン→アニリン塩酸塩→アニリン→塩化ベンゼンジアゾニウム
→フェノール

はそれぞれなんという名前なのでしょうか?

Aベストアンサー

「大宮理の化学[有機化学編]が面白いほどわかる本」より、
・クロロベンゼン経由:ダウ法
・ベンゼンスルホン酸経由:アルカリ融解法
という記述を見つけました。
アニリン塩酸塩経由については特に書いてありませんでした。

Qベンゼン環は(ネットで調べると)多くの薬や多方面の化合物として有用なよ

ベンゼン環は(ネットで調べると)多くの薬や多方面の化合物として有用なようですが、あの六角形が、どうしてそんなに有用であるのか、その理由をご説明いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ベンゼン環が有用なのではなくて
有機化合物の多くがベンゼン環構造をとるからです。
有機化合物は脂肪属化合物と芳香属化合物に別れますが
芳香属化合物はベンゼン環を含んだ化合物です。
そして薬品は基本的に有機化合物ですのでベンゼン環ばかりになります。
また薬の薬理作用はベンゼン環の側鎖に依存するので
ベンゼン環に有用性があるわけではありません。

QEメールの絵文字について

ウィルコムのプレスリリースで、今日からウィルコムからソフトバンクもOKになったことで
各社携帯宛のメールに絵文字を使えることになりましたが、この絵文字というのはメール作成時の
記号/絵文字の中の、絵文字が使えるということですよね?
プレスリリースの絵文字変換サービスイメージ例にある、ウィルコム側の絵文字がWeb入力用絵文字なのですが
絵文字とはWeb入力用絵文字のことなのでしょうか?
今まで、ウィルコム同士のメールでも絵文字は使わなかったので、どれを使えばいいのか分かりません;;
絵文字ならどれでも使えるのでしょうか?
ちなみに、現在使用している機種はWX310SAです。

↓ウィルコムのプレスリリースのページです。
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2008/03/18/index.html

Aベストアンサー

ウィルコム側での受信時は、web入力用絵文字に変換されます。
ウィルコム独自の絵文字を使って送信した場合、相手側に対応する絵文字がなければ、[肉]など絵文字を表す言葉で表示されます。

WX320KR ←→ 911SH(ソフトバンク)で確認しました。

Q210.6℃の標準沸点をもつニトロベンゼン(NO2-C6H5)を、35.0mmHgでの減圧蒸留によっ

210.6℃の標準沸点をもつニトロベンゼン(NO2-C6H5)を、35.0mmHgでの減圧蒸留によって精製したい。この減圧下で予想される沸点(℃)を求めよ。ただし、ニトロベンゼンのモル蒸発エンタルピーは47.7kJ/molとする。

この問題の解答(解説付きで)をお願い致します。

Aベストアンサー

クラウジウス-クラペイロンの式を使うと、標準沸点Tbとモル蒸発エンタルピーΔHから減圧下での沸点を予想できます。


クラウジウス-クラペイロンの式

 ln(P/Po) = ΔH/R(1/Tb - 1/T)

を沸点(K)の逆数について解くと

 1/T = 1/Tb - (R/ΔH)ln(P/Po)

となるので、沸点(℃)は

 1/(1/Tb - (R/ΔH)ln(P/Po)) - 273.15

で与えられます。この式に

 標準沸点 Tb = 483.75 K
 気体定数 R = 8.314 J/(K・mol)
 モル蒸発エンタルピー ΔH = 47700 J/mol
 圧力 P = 35.0mmHg
 標準圧力 Po = 760mmHg または 750mmHg

を代入すると、35.0mmHgでの沸点(℃)は

 110.9 ℃ (Po = 760mmHgのとき)
 111.3 ℃ (Po = 750mmHgのとき)

と予想できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報