はじめまして。
質問は、この分野でよかったでしょうか?

ベンゼンについて教えてください。
ベンゼンとは、主にどの様なものに使用されているのでしょうか?
また、ベンゼン環を持つものには何があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

とっかそくにより、溶剤としての使用が禁止されてからは


反応中間体
分離しない状態で不純物として混入させて、オクタン価改質剤(添加することは禁止されているはず(詳細忘却)、しかし、原料の中に含まれている状態で分離しないで製品として出荷している)

後半
範囲が広すぎて回答不能。
生体内生合成経路の例
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/com …
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/pol …
厳密な意味での「ベンゼンかん」ではありません(ナフタリン、アントラセン、、、、ジュワベンゼン、ふくそかん等の記載もあり)が
http://www.geocities.jp/junk2515/sanpo/sanpo_02. …
合成色素
http://www.kiriya-chem.co.jp/syokuyou/chem-2.html
天然色素
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/abo …
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/nat …

元々は、ベンゼン系化合物は、石炭乾留で生成するコールタールに含まれるぶしつを特定し、この利用を見つけることを目的に発達してきた石炭化学の一分野として発達しました。
ところが、生態ぶしつとして体内で生合成されたり、石油から合成できたりと色々開発されました。
石油関係は略。石炭関係はさわりだけ。生体内関係は眺めるだけ(本格的に書いたらば製剤についても答えなければなりませんから)。
範囲が広すぎてかいとうしようがないです。
サイトは検索して見つけたところ。内容の正誤に付いては見ていません。
    • good
    • 0

「ベンゼン環を持つもの」だと, 例えばインスリンとかアスパルテームとかアセチルサリチル酸 (アスピリン) とかセサミンとかビタミンE とか....


挙げだすとキリはない.
    • good
    • 0

ベンゼンとは


最も基本的な芳香族炭化水素で、特有の芳香をもつ無色、揮発性の液体です。水に溶けにくいが有機溶媒には溶けます。タールの分別蒸留などで得られ、有毒。化学薬品の基礎物質となり、燃料などにも用いられます。

ベンゼン環とは
ベンゼンなどの芳香族化合物に含まれる、6個の炭素原子からなる正六角形の構造。炭素の六員環。略記法では、炭素および水素原子を省略して示します。ベンゼン核とも言います。

出典・・YAHOO辞書
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオイル添加剤とガソリン添加剤の併用

 今日は。愛車のメンテで添加剤を使用したいと考えております。
もらい物で洗浄系のオイル添加剤と洗浄系のガソリン添加剤(ワコー フューエル1)を持っているのですが、これらは同時に使用して問題ありますでしょうか?また、洗浄系のオイル添加剤を使用したり、ガソリン添加剤を使用したりと併用したりする事は一般的なんでしょうか?

Aベストアンサー

フューエル1とループなら 名の通ったものなので
併用も問題ないでしょう。
しかし 心配なら 併用しない事です 併用する理由はないと思います。
個々に 試した方が 個々の効果が体感出来 次に使うか・止めるか
また人にもアドバイス出来る経験になるのでは?

フューエル1は 評判良い燃料系添加剤です。

ループは、可もなく・不可もなく OIL性能を低下させる成分もないと思います。(大きな期待はしないで下さい) 洗浄効果もそれ程強く有りません (バーダルの方が洗浄効果大) 
OIL添加剤は 基本OILとエレメント新品です(目詰まり防止のため)添加効率も 汚れたOILより新しいOILのほうが期待大です

デメリットといえば 添加後次のOIL交換時 エレメントを交換すること 必修 目詰まり防止のためです。

人によって 添加剤は 無駄 効果なし と言われますが
超高性能でないOIL(純正程度)を充填しているなら ループ程度のOIL添加剤は入れて デメリットはないと思います。(大きなメリットもない)

Qベンゼン環へのニトロ基の導入はベンゼン環の反応性を低下させる。という記

ベンゼン環へのニトロ基の導入はベンゼン環の反応性を低下させる。という記述は正しいのですか?

Aベストアンサー

「何の」反応性なのかがありませんがまあ概ね正しいのでは.
「求電子置換反応に対する」反応性は低下します.
「酸化反応に対する」反応性も低下します.

Qガソリン添加剤について

ガソリンタンクに入れる、ガソリン添加剤(洗浄剤)は、エンジンオイルに混ざってしまうので、オイル交換の少し前に入れるほうが効果的と、車の雑誌に書いてあったのですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

ブローバイガスなどで添加剤の成分がごく僅かですが
エンジンオイルに混入することは確かですから、気になるようでしたら
”オイル交換前”というのが良いのかもしれません。
(個人的にはそこまで神経質になることは無いと思いますが。)
エンジンオイルを劣化させる主要因に比べればその影響はほぼ無視してよいと
思われますし、水抜き効果によるガソリンタンク内の錆防止の為に
どの程度の頻度で入れる必要があるのかとか、いろいろ考え出すとキリが無いですねw

『オイルの達人』という本
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9982604910
にオイルに対するガソリン添加剤の影響について記述があったので、
興味があればご一読下さい。

また、下記URLのガソリン添加剤は「エンジンオイルに与える影響が無い」ことを謳っています。
http://www.eco-fact.com/ga-01.htm

参考URL:http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9982604910

ブローバイガスなどで添加剤の成分がごく僅かですが
エンジンオイルに混入することは確かですから、気になるようでしたら
”オイル交換前”というのが良いのかもしれません。
(個人的にはそこまで神経質になることは無いと思いますが。)
エンジンオイルを劣化させる主要因に比べればその影響はほぼ無視してよいと
思われますし、水抜き効果によるガソリンタンク内の錆防止の為に
どの程度の頻度で入れる必要があるのかとか、いろいろ考え出すとキリが無いですねw

『オイルの達人』という本
http://www....続きを読む

Qベンゼン、ベンゼン環のハロゲン化について

質問1
比較的容易にベンゼンにハロゲンを付加させることができますよね
そうするとハロゲンが付加された物質ができますよね
(例:臭素を付加させれば 1-ブロモベンゼン)

この状態で放っておくと、どうなるのでしょうか?
次々とハロゲンが付加していくのでしょうか?
(例: 1-ブロモベンゼン から 1,2-ジブロモベンゼンへ さらに 1,2,3-トリブロモベンゼンへ)


質問2
比較的容易にフェノールへハロゲンを付加させることができますよね?
(例:臭素を付加させれば 2.4.6-トリブロモフェノール)

ここで質問1の反応と共に考えてみたのですが
もっと一般的に
「ベンゼン環を持っている物質には、ベンゼン環にハロゲンを付加させやすい」
(ベンゼンやフェノール以外でもベンゼン環をもってさえいれば、そこにくっつけられる)
と言えるのではないかと考えたのですが、正しいでしょうか?

↑(もちろん例外はあるにせよ、そういう傾向があるのではという意味です)

Aベストアンサー

そもそも大きな事実誤認があります。
ベンゼンに臭素や塩素を混ぜても反応は起こりません。通常、鉄やその塩類を加えれば反応は進みますが、付加ではなく置換です。1-ブロモベンゼンは臭素が付加したものではなく、ベンゼンのHがBrで置換されたものであり、反応の際にHBrも発生します。
反応条件によっては2個目、3個目のBrが置換する可能性はありますが、その反応は進むにくいです。

フェノールの反応性が高いのはヒドロキシ基の効果です。


>「ベンゼン環を持っている物質には、ベンゼン環にハロゲンを付加させやすい」
大間違いです。高校レベルで言うならば、アルケンやアルキンとは異なり、ベンゼン環をもつ物は付加反応を起こしにくいと教えますし、実験的にもそれが正しいです。そうした付加反応を起こしにくいことが芳香族化合物の特徴です。

なお、あなたは芳香族化合物の置換反応を付加反応と誤解していますが、置換反応にしてもそこまで単純ではありません。その反応性などはベンゼン環上にどのような置換基があるかによって異なります。

Qガソリン添加剤でエンジンが一回で瞬時でかかるフューエルワンがいいとネットにありましたが本当に効きめが

ガソリン添加剤でエンジンが一回で瞬時でかかるフューエルワンがいいとネットにありましたが本当に効きめがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>一回で瞬時でかかるフューエルワンがいいとネットにありました
ガソリンを蒸発器で蒸発させ、適切な混合比で圧縮して点火すれば、瞬時に一発でかかります。
フューエルワンの謳い文句は、ガソリン通路のスラッジ様の付着物を溶かして・・・・のはず。
一回で瞬時でかかる、についてはなんの保証もしていません。
燃料系のそんな詰まりがあるなら、それなりの改善は期待できるかも・・・程度のものです。

Qベンゼン環

ベンゼン環の表記は、
正六角形に三本の線と
正六角形と中心に○を書くのと二種類ありますが、
大学入試では、どちらも使っていいのですか?
経験者の方または大学受験関係者の方お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、私は大学生です。
私が受験生だった頃、ベンゼン環の書き方は「正六角形に三本の線」で、大学入試の際もそれで回答しました。
別にどちらの書き方でも問題はないでしょうが、私の周りの人たちもベンゼン環の書き方は「正六角形に三本の線」ですので、そちらの書き方のほうが一般的なのかなと思います。
もし迷っているのであれば「正六角形に三本の線」でどうでしょうか?それでは風邪など体調に気をつけて受験勉強がんばってくださいね。

Qガソリン添加剤の効果はありますか?

ガソリン添加剤で、エンジン内のデポジットを洗浄し、結果燃費を向上できますか?

または、エンジン内の状態をきれいだった
はじめのころに近づけることができますか?

Aベストアンサー

カーボン落しを目的としたガソリン添加剤が効くのは、エンジン内部ではなく気化したり噴射されたガソリンが通る部分(噴射ノズル等)や、燃焼室内です。
一番効果が現れるのはインレットバルブに付着したカーボンと、ピストン上面に堆積したカーボンが落ちる事でしょうか。
ただし長年レギュラーガスを使用し続けて堆積したカーボンが剥がれてバルブとバルブシートの間で噛んで(軽い)圧縮漏れを起こしたりしますので、急(?)や 大量(?)な添加は避けた方がいいでしょう。
また、近年のハイオクガソリンには清浄成分が含まれていますので、レギュラーからハイオクに変更するのが安心できて効果的だと思います。

そんなガソリン添加剤の効果は?と言うと、レギュラー仕様車でノッキングしている車に添加すると、バルブ周りや燃焼室内のカーボン(デボジット)を除去してノッキングが起き難くなります。
どの程度綺麗になるのかと言うと、新品の時の・・・みたいにまでは綺麗になりませんが、何も添加しない状態よりは(バルブ・燃焼室共に)格段に綺麗です。

Qベンゼン環と酸&塩基の関係

フェノールとスルホン酸とカルボン酸がある。
これに炭酸水素ナトリウムを加えると、フェノールは気泡が発生しなかったけれども、スルホン酸とカルボン酸は気泡が発生して溶解した。
なぜ、炭酸水素ナトリウムより酸が強いのは溶解して、弱いのは溶解しないのですか?

また、スルホン酸やカルボン酸に水酸化ナトリウムを加えると、なぜこれらは
溶けてしまうのですか?

Aベストアンサー

> なぜ、炭酸水素ナトリウムより酸が強いのは溶解して、
> 弱いのは溶解しないのですか

 酸 AH と炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)の反応は,AH + NaHCO3 ⇔ NaA + H2CO3 です。この反応は,酸 AH と炭酸(H2CO3)のどちらが強い酸かによって,平衡が右へ進む(反応する=気泡が発生して溶解する)か左へ進む(反応しない=気泡が発生しない)かが決まります。

 今の場合, フェノールは炭酸よりも弱い酸のため反応せず(気泡が発生せず), スルホン酸とカルボン酸は炭酸より強い酸のため反応した(気泡が発生して溶解した)わけです。なお,実際には,生じた炭酸(H2CO3)は二酸化炭素(CO2,気泡)と水(H2O)に分解します。


> スルホン酸やカルボン酸に水酸化ナトリウムを加えると、
> なぜこれらは溶けてしまうのですか?

 水酸化ナトリウムは塩基ですから,スルホン酸やカルボン酸と言った酸と酸塩基反応起こします。それで溶けるわけです。

Qガソリン添加剤は効果ある?

エンジンオイル添加剤はあまり効果がないと以前の投稿にありましたが、ガソリン添加剤(例えばインジェクターやバルブなどを洗浄するもの)は効果はあるのでしょうか?

特に、一部の製品には洗浄前と洗浄後の写真がついているものもありますが、本当にあそこまできれいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

以前はそのようなことに気を使っていました、最近のガソリンには清浄剤が含まれているのであまり必要ないと思いますけど。
もしやるとしたら確かにナプロは効果があるから高速を走るときに濃い目に入れてギヤを落として回転を上げて燃焼室の温度を高く保てばカーボンが焼き切れてしまいます。
そのあと市街地を走行しても加速が良くなったことに気づくでしょう。
山道を走行してやっても良いと思います。
私は会社の車で添加剤を入れずに高速道路を高回転で走っただけで非常に調子が良くなりました。
最後にメーカー純正のインジェクタークリーナーもいいかもしれません。

Qベンゼン環の側鎖の酸化

C6H5-CH2-CHOという化合物を酸化したら安息香酸ができるとある問題集でありました。
これはベンゼン環にモノ置換体の-CH2がついていたら、それを酸化すると必ず安息香酸ができると考えるのでしょか?

僕は間違って生成するのがC6H5-CH2-COOHとアルデヒド→カルボン酸だとしてしまいました。
なぜなら、C6H5-CH2OH → C6H5-CHO → C6H5-COOH
という反応を習ったからです。これとは違うのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これはベンゼン環にモノ置換体の-CH2がついていたら、それを酸化すると必ず安息香酸ができると考えるのでしょか?
そうです

仮にC6H5-CH2-COOHが生成したとしても、結局安息香酸になってしまいます。


これを防ぐには、過マンガン酸orニクロム酸カリウムなどの強力な酸化剤ではなく、もっとマイルドな酸化剤にすることです。まあ、大学受験レベルでは問われないと思いますが


人気Q&Aランキング