希硫酸と金属の反応では、水素よりもイオン化傾向の大きい金属は水素を発生して溶けるようですが、参考書に「Pbは塩酸や硫酸とはほとんど溶けない。これは難溶のPbCl2やPbSO4が表面に生じて、反応が進まなくなるからである。」とあります。

それならば、Baと希硫酸の反応ではBaSO4が生じて、これも反応が進まなくなるのでしょうか?
それと、Caと希硫酸の反応はどうなのでしょうか?
Srと希硫酸ではどうでしょうか?

その参考書は別の項で、難溶性硫酸塩としてBaSO4、CaSO4、SrSO4、PbSO4を挙げていますが、希硫酸と金属の反応の項ではPbSO4以外は言及されていません。
溶解度を調べてもPbSO4がこれら4つの塩のうち最小ではないようですので、水素よりイオン化傾向が大きい金属の中で希硫酸との反応が進まなくなる金属として、なぜPbだけが挙げられているのか疑問に思った次第です。

教えて頂ければ有難いです、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

周期表の位置を調べてみてください。


Ca,Sr、Baは左から2列目、アルカリ土類金属と呼ばれているグループにある元素です。左の端にあるアルカリ金属元素と合わせて水酸化物は全て強塩基です。単体は金属ですが水と直接反応します。
希硫酸に入れればまず水と反応します。
硫酸バリウムの溶解度は非常に小さいです。硫酸イオンの検出に使われるほどです。金属バリウムを希硫酸に入れると水素を出して反応すると同時に溶液が硫酸バリウムの沈殿で白く濁るでしょう。量が多いと爆発の可能性がありますので注意が必要です。
鉛のように金属として利用するような元素ではないのです。
金属カルシウムは学校にもあるかもしれませんが金属バリウム、金属ストロンチウムを持っている高等学校はないだろうと思います。
Na,Caと水の反応を参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、まず水と反応するのですか。
よく分かりました、有難うございました。

お礼日時:2009/05/15 11:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属の比重

金属の比重表が必要なのですが、比重表を入手できるところがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

とりあえず、Googleでこんなのがありました。
詳しく知りたい場合は理科年表や便覧などを
図書館で閲覧するのが良いかと…

http://www.tohsei.co.jp/Image/genso-f.htm

http://kenjien.hp.infoseek.co.jp/i/8/

http://garyo.yi-web.com/harriskinban.htm

Q無機化学の質問です、 希硫酸とイオン化傾向が水素より大きい金属と反応して水素を発生しますが、大きすぎ

無機化学の質問です、
希硫酸とイオン化傾向が水素より大きい金属と反応して水素を発生しますが、大きすぎるとダメだと言われました、何故ですか?

Aベストアンサー

多分反応速度が大きく莫大な熱が出るために沸騰飛散して危険だからでしょう。それ以外に理由は思い当たりません。

Q比重について教えて下さい。

比重について知りたいのですが、日常生活の中にも有る身近な金属でGOLDとTITANIUM、強度が違いますが、金の方が分子構造がミツなので比重が重いのではないのでしょうか?

Aベストアンサー

Kittel『固体物理学入門』
によると
金は面心立方格子で
密度19.28[g/cm^3}
濃度5.90[cm^(-3)]
最隣接原子間距離2.88[Å]

チタンは六方最密構造で
密度4.51[g/cm^3}
濃度5.66[cm^(-3)]
最隣接原子間距離2.89[Å]

(古い本ですので数値は多少不正確かもしれません。)
面心立方格子と六方最密構造の充填率は同じです。
また、濃度と最隣接原子間距離も、金とチタンでほぼ同じです。
したがって、一個一個の原子が金のほうが重いため、金のほうが密度が大きいといえます。
金の原子量197.0
チタンの原子量47.9
金のほうが約4倍密度が大きいのをよく説明していますね。

強度の違いはよくわかりません。

Q希硫酸を加えた時のPbとCaの反応の違い

鉛Pbに希硫酸H2SO4を加えると、難溶性の塩PbSO4が被膜となって、反応が停止しますが、
カルシウムCaに希硫酸H2SO4を加えても反応は停止しません。塩CaSO4も難溶性なのに。
この違いって、
PbはH2SO4の水素イオンH^+によって、Caは水H2Oによって酸化されてから、
 Pb+2H^+ → Pb^2++H2
 Ca+2H2O → Ca(OH)2+H2
硫酸(イオン)と反応する点にあるのだと私は思います。
 Pb^2++SO4^2- → PbSO4↓
 Ca(OH)2+H2SO4 → CaSO4↓+2H2O (中和反応)
簡単に言うと、
Pbは水と反応しないが、Ca(などのアルカリ土類金属)は水と反応する点です。
もしそうだとしたら、この点がどのようにして、
「PbSO4は単体Pbを覆い、CaSO4は単体Caを覆わない」
という違いにかかわってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

>PbSO4は単体Pbを覆い、CaSO4は単体Caを覆わない
これは単純にイオン化傾向で考えればいい話だと思います。
というと一見溶解(度)積を無視しているように思われるかも知れませんが、
イオン化傾向が大きいと云うことは早い話イオン化するときの発熱量(正しくはほぼ系の負のエンタルピー変化)が大きいと云うことです。
鉛の硫酸塩は生成時に大きな発熱はしませんが、カルシウムと希硫酸は爆発的に反応します。
この熱で表面にある微量の水分が気化し硫酸カルシウム被膜を吹き飛ばします。
最終的には水和した硫酸カルシウム水和物(石膏)が出来ますが、過程が大きな発熱だと様々な付随効果を考えに入れなくてはなりません。

Qダーツで金属アレルギー

ダーツを投げていて、指に金属アレルギーが出てしまいました。
もともと金属アレルギー体質で、アクセサリー類はチタンのものにしています。
チタン製のバレルを探してみたのですが、比重の関係か、見当たりません。
金属アレルギーの人に適しているバレルはないのでしょうか?

Aベストアンサー

ダーツのバレルはタングステンが多いですよね

金属アレルギーの方に適しているかは???ですが

ステンレス製のバレルを試してみては いかがでしょうか?

私が投げた印象としては とにかく軽い^^;

たまぁに投げると新鮮で楽しめますが
マイダーツとしての使用期間は短かったです。

いまタングステンなどのバレルを使用して安定したスタイルがあるのであれば 投げ方が崩れる可能性は大きいと思います

でもアレルギーの不快感のほうが厳しい問題ですよね…

↓↓参考にしてみてください↓↓

参考URL:http://www.d-d-depo.jp/xplus/xplus_barrel.html

Q化学の質問です、 希硫酸と亜鉛で水素を発生させる実験をするんすが、硫酸のかわりに希塩酸を使うと何か問

化学の質問です、
希硫酸と亜鉛で水素を発生させる実験をするんすが、硫酸のかわりに希塩酸を使うと何か問題がありますか?

Aベストアンサー

少し問題があります。反応自体はそれほど変わりません。
Zn → Zn2++2e-
2e-+2H+ → H2↑
という反応が起きここまでは硫酸と変わりがないのですが、
発生したH2ガスに塩酸由来のHClガスが混ざります。HClは有毒なのであまり使いたくはないですね。
亜鉛を反応させなくても塩酸から刺激臭のガスが出ているのは判りますよ。

Qわからない金属の判別法

学校の比熱の実験で、比熱以外に金属の判別の仕方は
どうすればよいかと聞かれ、わからなくて困ってます。
本やネットで調べてみましたが
溶液中の金属についてなどでよくわかりません。
比重(密度)や磁石にくっつけるの以外で何か方法がありますか?
実際に実験が出来なくても方法が知りたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

金属単体というか金属の固まりの区別の仕方と解釈します。

物理の本のどこかを探すと出ている「特性X線」を使う方法で.X線をあてると異なる波長のX線がでます。蛍光X線法といいます。
物理の本に載っているであろう「結晶構造」を使う方法で.X線をあててX線が変な方向に曲がる性質を使います。X線回折といいます。
(以上の内容は高等学校の科学クラブ程度以上です)

金属の色で区別する方法では.銅とか黄銅とか区別できます。可視こう(目で見える範囲の光)では.精々この程度ですが赤外線や紫外線を使うとより広い範囲が見当つきます。
金属を暖めて何度で溶けるかということを調べるとたいたいの金属は見当がつきます。

「比熱の実験」ということから.物理の範囲としました。化学が含まれても良いのであれば.
金属をたとえば塩酸のような溶液に漬けて金属の電位を測るとじゅんぶしつの金属の場合は簡単に求められます(電位を測る)。
あるいは.塩酸等の酸に溶かして.ICP発光分析をかけるとか(化学系大学の範囲です)の方法もあります。

大体高等学校物理程度の内容ということで書きましたが.この程度で良いのでしょうか。

金属単体というか金属の固まりの区別の仕方と解釈します。

物理の本のどこかを探すと出ている「特性X線」を使う方法で.X線をあてると異なる波長のX線がでます。蛍光X線法といいます。
物理の本に載っているであろう「結晶構造」を使う方法で.X線をあててX線が変な方向に曲がる性質を使います。X線回折といいます。
(以上の内容は高等学校の科学クラブ程度以上です)

金属の色で区別する方法では.銅とか黄銅とか区別できます。可視こう(目で見える範囲の光)では.精々この程度ですが赤外線や...続きを読む

Qチオ硫酸ナトリウムと希硫酸の化学反応について

チオ硫酸ナトリウムと希硫酸が化学反応すると何ができるのでしょうか?化学反応式を教えてください。ちなみに、できた液体は白濁しており、刺激臭がありました。危険性がわからないので、対処に困っています。どなたかぜひお教えください。

Aベストアンサー

チオ硫酸イオンは酸性化では分解してイオウの沈殿と亜硫酸水素イオンになります.
白濁は沈殿したイオウです.
刺激臭は強酸性にしたために亜硫酸イオンからさらに亜硫酸ガス SO2 が遊離してきたのでしょう.

S2O3(2-) + H(+) <=> S↓ + HSO3(-)
HSO3(-) + H(+) <=> H2SO3 <=> H2O + SO2↑

したがって,チオ硫酸塩は通常はアルカリ性で使います.弱酸性くらいなら,亜硫酸塩を高濃度に共存させることで,一番目の式の平衡を左に傾けてやればイオウの遊離を抑止できます.しかし強酸性下では分解を抑止することはほとんど不可能です.

Qアクリルより安くて金属にしては軽くて耐食性がある材料を探しています.

フロート用の発泡スチロールの下にボルト止めして
水の上に浮かべます.1mぐらいの面積になると思います.
アクリルより安くて金属にしては比重が小さく耐食性
のあるものでお勧めがあったら教えてもらえませんか?

今のところ塩ビとかアルミを検討しているのですが

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

ずいぶんと間が、空いちゃいましたね。
回答しっぱなしで、返事をチェックしてませんでした。すみません。

FRPにボルト止めは工夫がいりますが、可能です。
FRP自体がサクいので、通常のねじを打ち込んだ場合の強度はかなり弱いです。
 ボルト自体をFRPで押さえ込む必要があります。
取り付ける柱の接合部分にどれぐらいの負荷がかかるかは分かりませんが、出来るだけ強度を出したいとなると、カクザを取り付けるのが強いと思います。
5cm×5cmぐらいの鉄の板にボルトを溶接でひっつけたモノがホームセンターで売っています。
グラス繊維をFRPで固練り(FRPの液体にグラス繊維を細かくしたモノを入れていき、ゼリーぐらいの固さににしてしまう。)して、それをFRP本体に盛り上げるように置き、カクザでぐにっと、押さえます。さらに、ボルト部分以外をクロスか、チョップで、隠すように押さえ込んでいきます。内部にエアが入らないように、割り箸などで、エアを追い出しながら作業して下さい。柱にかかる負荷に合わせて、厚みを調整します。うまくいけば相当強度がでます。

Q水素脆化について質問させていただきます。 金属と水素が脆化する際、金属

水素脆化について質問させていただきます。 金属と水素が脆化する際、金属内部でどのような反応がおきているのでしょうか?? 鉄や銅などで例をあげていただけるとありがたいです

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E3%81%9C%E3%81%84%E5%8C%96

>金属と水素が脆化する

という表現は「?」です。
脆化するのは金属です。水素はその原因になる物質です。
古くから知られている現象のようですが、そのメカニズムはまだよく分かっていないと書かれています。

素人の発想からすると水素が金属の中に入って行けば金属原子の結合が弱くなるのは予想できます。大きな分子であれば表面にとどまるでしょうが極性のない小さな分子であれば中の方まで移動していくのでしょう。原子に解離していればもっと小さくなります。自由電子の利用でプロトンの形でジャンプすることができればもう無茶苦茶小さいです。移動した先で水素に戻る事もできるかもしれません。極性のない小さな分子であるHeについては金属に入り込むことはあまり問題になっていないようですから単に分子や原子としての大きさの問題ではないはずです。
水素吸蔵合金というのがあるそうですので特別入りやすい金属もあるようです。そういう金属では強度は問題にはなっていないのでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E3%81%9C%E3%81%84%E5%8C%96

>金属と水素が脆化する

という表現は「?」です。
脆化するのは金属です。水素はその原因になる物質です。
古くから知られている現象のようですが、そのメカニズムはまだよく分かっていないと書かれています。

素人の発想からすると水素が金属の中に入って行けば金属原子の結合が弱くなるのは予想できます。大きな分子であれば表面にとどまるでしょうが極性のない小さな分子であれば中の方まで移動していくのでしょう。原子に解...続きを読む


人気Q&Aランキング