マウスの副腎の免疫蛍光染色をしようと思っています。
自分なりに考えた染色の方法を書くのでおかしいところや改善したほうが良いところを指摘していただけるとありがたいです。

副腎凍結切片(パラホルムアルデヒド固定)

PBS洗浄 ×3 
10mM glycine-PBS(5min×3)
PBS洗浄
0.1%TritonX-100/PBS (RT,15min)
PBS洗浄 ×3
3%BSA-PBS (RT、30min)
10mM glycine-PBS(5min)
0.1%BSA-PBS(5min×3)
mouse-anti Ki67(1:50/1%BSA-PBS) (4℃、over night)
0.1%BSA-PBS(5min×3)
donkey-anti mouse Cy3(RT,60min)
0.1%BSA-PBS(5min×3)
F(ab')2 donkey-anti mouse(RT,60min)
0.1%BSA-PBS(5min×3)
rabbit-anti P450aldo(1;100/1%BSA-PBS)
mouse-anti P45011β(1;125/1%BSA-PBS)(4℃、over night)
0.1%BSA-PBS(5min×3)
goat-anti mouse Alexa488(1;100/1%BSA-PBS)
donkey-anti rabbit Cy5 (1;200/1%BSA-PBS)(RT,1hr)
0.1%BSA-PBS(5min×3)
封入

以上です。長い文章ですがお願いします。


   

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あと、マウスの組織をマウスの抗体で染めるというのは危険名のことなので、ニチレイのを参考にされてください。



http://www.nichirei.co.jp/bio/technical/protocol …
    • good
    • 0

抗体を作用させるところ以外は特殊な方法でもなく、


一般的な方法でそう悪くはないと思います。

で抗体を作用させるところですが、
3重染色を行うところは、F(ab')2 donkey-anti mouseでブロッキングするということを私はしたことがありませんので、うまくいくかどうかわかりません。

色のかぶりと、抗体のかぶりにご注意を
まずは1つずつ染色した像を確認されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。
とりあえず、1つずつ染色して像を確認していくところから始めていきたいと思います。

お礼日時:2009/05/14 18:42

抗体が沢山出てきてよくわかりません。



何をどの抗体でどう染めようというのでしょうか?

この回答への補足

mouse-anti Ki67(1次抗体) 
donkey-anti mouse Cy3(2次抗体)
F(ab')2 donkey-anti mouse(ブロッキング)
で増殖細胞を発色し、
rabbit-anti P450aldo(1次抗体)(P450aldo;副腎球状層に発現)
donkey-anti rabbit Cy5 (2次抗体)
で副腎の球状層を発色、
mouse-anti P45011β(1次抗体)(P45011β;副腎束状層に発現)
goat-anti mouse Alexa488(2次抗体)
で副腎の束状層を発色します。
この染色で副腎の球状層、束状層それぞれでの細胞増殖を観察したいと思っています。

補足日時:2009/05/14 11:08
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグリシンを合成したのですが・・・

実験で、グリシンを合成しました。
ニンヒドリン反応なども行い、グリシンということは確認できたのですが、UVの測定器にかけたところ、200nm以上の可視光領域に吸収はほとんど見られませんでした。
これは本当にグリシンなのでしょうか?
グリシンだとしたら、何故可視光領域に吸収がないのかを教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

一般に、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、ヒスチジンのような芳香族アミノ酸は紫外領域に吸収をもちます。グリシンが吸収をもたないのは、芳香族性の側鎖をもたないからです。やまとさんの言う通りアミノ酸は構造によりUVに吸収をもつかが決まります。ただ、その吸収の極大や吸光度は各々異なります。余談ですがこれらの芳香族アミノ酸が存在することに起因してタンパク質はUVを吸収します。

QPBSにBSAを加えるのはなぜ?

フローサイトメーターによる解析を行ったのですが、溶血バッファーを加え溶血させた後、遠心し上澄みにPBSだけでなく、そこにBSAを加えたものを用いたのですが、PBSだけを加えればよいように私には思えるのです。これはなぜBSAを加えているのでしょうか?初歩的なことかも知れませんが、よろしくお願いします

Aベストアンサー

解析する細胞のロスを少なくするためだと思います。
抗体で処理した細胞がプラスチックやガラスの表面に接着してしまうためにタンパク質を加えてそれらをブロックする目的だと思います。

参考URL:http://www.beckman.com/

Qグリシンの再結晶

グリシンを重水から再結晶すると、重水素化されたグリシンが得られると考えられるのですが、グリシンのどの水素が置換されると考えるのが普通なのでしょうか?炭素上の水素も置換されますか?

Aベストアンサー

再結晶の条件によると思うのですが、炭素上の水素も置換される可能性があります。カルボニル基の互変異性という性質からカルボニル炭素のα位、要は隣の炭素の上の水素が溶媒と交換可能です。
これは解離したカルボン酸ではほとんど起こらないはずですが、加熱などするとある程度起こると思います。

グリシンそのものの再結晶ではほとんど起こらないと思いますが、カルボン酸がエステルやアミドになっていて酸性条件下では置換が早まると思います。

実際のどの程度の条件でどの程度の速度で置換が進むかは知りません。すみません。

QBSA(ウシ血清アルブミン)の保存期限は?

BSA(ウシ血清アルブミン)を10%くらいにして-20℃で3年くらい保存しているのですが、実験に使っても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

in situハイブリダイゼーションということであれば、そのBSAでも特に問題はないと思います。
ただBSA自体、さほど高価なものではありませんので、面倒でなければ、また気になるようであれば作り直した方が早い気もします。

Q加工食品の原材料名に「グリシン」とありますが・・・

今日コンビニでパンを買って原材料名をみて思ったのですが、原材料に「グリシン」と書いてありました。
ですが、グリシンはタンパク質の含まれている食品ならどの食品にも含まれていますよね?
また、グリシン以外のアミノ酸だって当然含まれているはずなのにわざわざグリシンのみを表記している理由はなんなのでしょうか?わざと多めに添加しているからでしょうか?
だとしたら、添加するのはなぜでしょうか?グリシンは食品衛生保持などに関係があるのでしょうか?

どなたか詳しく分かる方がいましたら、教えていただけたら嬉しいです。

P.S.
ちなみに買ったパンは蒸しパンです。

Aベストアンサー

今日は。

グリシンは保存剤として敢えて含有されているのでしょう。
甘味のある食材にとってグリシンは副作用も殆どなく(アミノ酸だからという観点だけに拠ります。由来にもよりますのでなんとも言えませんが)微生物の増殖を抑え、かつ甘みがあります。

そして何よりも安価です。

そんなところがグリシンを含有させている理由だと思います。

QGAPDH用 プライマー設計方法について(RT-PCR用)

Humanの細胞から作成したcDNAを用いてRT-PCRを行う予定にしております.
cDNAが正しく生成されていることおよび発現を検証したい領域がおよそ150bpのため,150bpほどのGAPDH(or β-actin)のPrimerを作成しよう考えています.
GAPDH用のプライマーはどのように作成すればよいのでしょうか?
Web検索などで450bp程度のPrimer情報は見つけることができたのですが,どのように設計したのかが不明でした.
指定したサイズのGAPDHのプライマーの設計方法をご存知の方がいましたらお教えください.

Aベストアンサー

GAPDHは非常に発現の多い遺伝子ですので、かなり設計しやすいと思いますよ。諸注意も一般的なプライマー作成と同様で問題ないです。参照URLのアルゴリズムを用いて作成してもいいかもしれません。また、GAPDHやB-actinのようにインターナルコントロールに良く用いられるプライマーはTaKaRaを始め、各メーカーからも発売されています。

参考URL:http://frodo.wi.mit.edu/cgi-bin/primer3/primer3_www.cgi

Qグリシン緩衝液について

グリシン緩衝液には、酸性で緩衝作用を示すものと塩基性で緩衝作用を示すものの2種類がありますが、このように同じグリシンが2点で緩衝作用を示すのはなぜなのでしょうか。
ぜひ教えていただきたく存じます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

グリシンの構造は、H2N-CH2-CO2Hですから、
H3N^+-CH2-CO2H ⇔ H2N-CH2-CO2H ⇔ H2N-CH2-CO2^-
というKa1とKa2が存在します。
pKa1=2.43、pKa2=9.6、↓
http://research.chem.psu.edu/brpgroup/pKa_compilation.pdf (ペンシルベニア州立大学のサイト)
ですので、この両者を利用して二つのpH範囲で緩衝作用を行うことができます。

QATPをCy3で標識する・・

ATPをCy3で標識したいのですが、プロトコールをご存知の方がいらっしゃいましたらおしえてください!
また、キットが販売されている場合はその情報もお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、試薬類を混ぜて反応させるだけです。

QグリシンにL体D体が存在しない理由

グリシンについてなんですけど、グリシンにはL体D体が存在しないことは分かるのですが何故存在しないのか説明することが出来ません。なぜ存在しないのか理由の分かる方教えてください!!(>Д<)

Aベストアンサー

L体D体が存在するためには、炭素の4本の腕それぞれに別の基がついていなければなりません。グリシンでは炭素にアミノ基、カルボキシル基がついて、残りの2本腕には同じもの、水素がついています。それで、L体D体の区別がないのです。

考えてみてください。正四面体の4面をそれぞれ別の色で塗るとしましょう。2面を塗った後、残りの二面を塗るとき、色を入れ替えると重ねあわせ不能な2種類の塗り方ができます。残り二面を同じ色で塗るなら、その区別はありません。

Qαヘリックスのアミノ酸配列が「Lys-His-Cys-Gly-Met-

αヘリックスのアミノ酸配列が「Lys-His-Cys-Gly-Met-Pro-Phe」の様になる確率を求めたいのですが、どのように計算したらよいのでしょうか?教えてください。お願いします。

それぞれのアミノ酸がαヘリックスの中に存在する相対頻度は、
Lys: 1.23
His: 1.22
Cys: 1.11
Gly: 0.56
Met: 1.47
Pro: 0.52
Phe: 1.07 です。

Aベストアンサー

その設問では解答が出ません。
αへリックスの長さを無視しているのが問題で,
求めたい確率が,αへリックスが7アミノ酸の長さで,かつその配列が上述になる確率なのか,
7アミノ酸のαへリックスがあったときに,その配列が上述の配列になる確率なのか,
などです。
長さを絞り込まないなら,答えは実際の生物から測定しない限り出ません。
(10アミノ酸のαヘリックス中に見つかる可能性と,
1000アミノ酸のヘリックス中に見つかる可能性では全然意味が違いますよね?)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報