よく、音楽番組やライブ・コンサートなどでヴォーカルの人が
左耳(もしくは右耳)にイヤホンをつけていますよね?
あれってなんの意味があるのでしょうか?
リズムをとってるんでしょうか?
2000年代に入ってから頻繁に見るようになったような気がします。
どなたか教えてください。

(それと何十曲もライブで歌う歌手の人は、歌詞が飛んでしまわない
のでしょうか?いつも思います)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

もう出てますが、「インイヤー(インナーイヤーとも)モニター」略して「イヤモニ」ですね。



一般的なステージだったら、ボーカルの足下にスピーカの箱が転がってるの知りません?
あれは、演奏音+自分の声を歌いながらバランス良く聞くための「ステージモニタースピーカ」なんですが、イヤモニは、そのモニタースピーカの音を、ワイヤレスでボーカル(演奏者)の耳に届けるシステムだと思っていただければと。

普通は「リズムだけ」なんてことはなく、ステージで演奏中の音はだいたい一通り聞こえるようにはなっています。あとはボーカルも含めた演奏者が「歌いやすい、演奏しやすい」音に調整されるのは、No.3の方のおっしゃるとおりです。
ただ、足下スピーカ式以上に音のバランスを取るのが難しいし、下手してイヤホンから大音響でも流したら、付けてる人は簡単に難聴になってしまいますから、モニターの専門家が付きっきりで調整しているのが普通です。

2000年頃まで日本ではほとんど見かけなかったのは、確か1996年だったと思うけど(ちょっとうろ覚え)電波法が改正されるまで国内で使えなかったからと聞きます。
いわゆるプロ専用周波数帯を使う物がほとんどだし、プロ技術者が何人も居ないと確実な調整もできませんから、ある程度大規模(会場が大きいと言うよりは機材規模が大きい)なプロのライブでしか、なかなか使えません。
また、普通のイヤホンに見えますけど、実際はかなり高価な物です。

専門家なら、ここまでは常識なんですけど(^^ゞ
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど~
アーティストによって中に流れている音楽は違うんですね。
普通のイヤホンと思ってましたが相当高価なんですね
勉強になりました
ありがとうございます

お礼日時:2009/05/14 22:28

>具体的に耳の中にどういうものが流れてるんでしょうかね・・・?



アーティストの好みです。
楽曲全体を返している人もいれば、他を抑えてリズムセクションをメインに返している人もいるという感じ。曲によってはピアノやギターをメインに返す場合もあります。
結局は、どうやったら歌い易いか、という事です。

昔は、ステージ前方に箱型の返しや舞台袖にタワー型の返しを置くのが一般的でしたが、動き回るアーティストにはそれでは間に合わない。
会場も広くなって、全体のボリウムが上がってるので、返しでは間に合わない。
ワイヤレスの機能向上で、イヤモニが充分使えるようになったのが頻繁に使用される要因でしょうね。
    • good
    • 0

リズムを取っています



イヤモニと言われてます。
たぶんイヤホンモニターの略なんじゃないかな
    • good
    • 2
この回答へのお礼

イヤモニというんですか。
具体的に耳の中にどういうものが流れてるんでしょうかね・・・?
メトロノーム的なリズムなんでしょうか

お礼日時:2009/05/13 20:39

どちらかと言うと、2000年くらいはPC・無線等便利なものができましたからね。


大きいホールでは指示をもらったり、混乱を避けるために使うのではないでしょうかね

「その歌終わったらステージ左側に退出してね」とか
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌手やボーカルが耳に着けているイヤーホーンは何の為?

最近、音楽番組やライブをテレビで見ていると歌手やボーカルの人が
耳にイヤーホーンを着けているのを見るのですが、あれは何を聞いて
いるのでしょうか? ちょっと疑問に思ったので誰か知っている方
教えてもらえませんか

Aベストアンサー

素人音響屋です。

No.3の方の資料が大正解ですね。
インナーイヤーモニターとかイン・イヤーモニター。略して「イヤモニ」と呼ばれます。

ライブの場合は、No.3さんの資料に詳しい所ですが、テレビでは番組構成や時間の関係等々で、演出上はバックバンドの前で歌っているように見せかけていても、実際にはバックバンドは弾くフリ?だけてしてて音は出してないことがよくあります(「手パク」とか「当て振り」とか言う)。
なので、全員がイヤモニで放送に合わせたカラオケを聞きながら「手を合わせる」ために重要です。

(これを詐欺っぽく感じるか、演出として肯定するかは人によって意見もあるでしょうが、本当に弾けるだけの腕が無いと「当て振り」なんかできないので、私は肯定的。一流プロミュージシャンのバックバンドだったら、当て振りでもタイミングピッタリですが、アイドルバンドでは音と手がメタメタのケースも多いですしね。)

ちなみに、ライブでイヤモニを使うには、大量の高価な機材と専門家の支援が必要なので、プロでもかなり大規模なライブステージでしか使われない場合が多いです。
テレビはカラオケ流すだけですから、ライブに比べればそんなに手間ではないです(でも、ちゃんと専門家が操作しますけどね)

素人音響屋です。

No.3の方の資料が大正解ですね。
インナーイヤーモニターとかイン・イヤーモニター。略して「イヤモニ」と呼ばれます。

ライブの場合は、No.3さんの資料に詳しい所ですが、テレビでは番組構成や時間の関係等々で、演出上はバックバンドの前で歌っているように見せかけていても、実際にはバックバンドは弾くフリ?だけてしてて音は出してないことがよくあります(「手パク」とか「当て振り」とか言う)。
なので、全員がイヤモニで放送に合わせたカラオケを聞きながら「手を合わせる」た...続きを読む

Qチケットでいい席を取るには?

イープラスというチケットを買うサイトで、
先行予約でチケットを買おうと思っています。
先行予約でチケットを買うと、必ず良い席になるのでしょうか?
それとも、一般発売でも良い席を取ることは可能なのですか?
席順って、チケットを買った人順から決められるのでしょうか?
たとえば、一番にチケットを買った人が一番前の席、とか…

文章が雑でごめんなさい。

とにかく、チケットの席順は一般でも先行でも関係なく抽選なのか、
先行予約で買った人が優先的に良い席になるのか、それが知りたいです。

回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

チケットの席は気になりますよね。

先行予約に申込むと必ずよい席なのか

残念ながらNOです。
「先行予約」とは「一般発売」に先駆けてチケットを販売しますよ、という意味。早い者勝ちの「先行」ではありません。イープラスは自分も利用するのでよくわかりますが、「プレオーダー」システムがそれに当たります。一般発売よりかなり前に1週間程の期間を設けて、その期間中にチケット希望者はウェブサイトからチケット申込をするわけですが、この時登録順位は関係ありません。指定期間内に登録を行った者の中から「抽選で」チケットを割り振っていきます。だから登録期間がスタートして直ぐに申し込んでも、よい席どころかチケットが手に入らない(落選)可能性もあります。

でも自分は一般発売の電話予約よりは格段に入手率は上がりましたよ!でも良い席だった事はほとんどないなあ~ 悪くないっていうレベルが2回ほど…(笑)


問題は、「良い席」がどこに流れているか、です。自分も色々本を読んで調べたりしたんですが、やはり良い席のほとんどが「ファンクラブ」に流れているようです。そういう事って主催者がイベンターとかプレイガイドとかと相談して決めるらしいですよ。
きっと「この辺の席はAチケット、こっちはBチケット…」みたいな。どこのプレイガイドでとってもスタンド席に当たった事があるので、極端な偏りはないでしょう(ファンクラブでスタンドってのも経験あり)

ただ、どこでも一般発売の先着順なら、今もっている席の前の方から埋めて行くのは当たり前じゃないでしょうか?


要は「良い席は運次第」って事ですよ!自分もかなりの回数LIVEに行ってても一番前は1回だけ…

LIVEはステージに近い遠いより、いかに楽しむかがカギですよ!

こんばんは。

チケットの席は気になりますよね。

先行予約に申込むと必ずよい席なのか

残念ながらNOです。
「先行予約」とは「一般発売」に先駆けてチケットを販売しますよ、という意味。早い者勝ちの「先行」ではありません。イープラスは自分も利用するのでよくわかりますが、「プレオーダー」システムがそれに当たります。一般発売よりかなり前に1週間程の期間を設けて、その期間中にチケット希望者はウェブサイトからチケット申込をするわけですが、この時登録順位は関係ありません。指定期間内...続きを読む

Qテレビに出てくる歌手たちを見ると全員が耳に何かを

テレビに出てくる歌手たちを見ると全員が耳に何かをつけています。これはなんでしょうか。大音量を防ぐためでしょうか。それを装着していないとどうなってしまうのでしょうか。
たまに一回で2~3時間ほど自宅でボリュームを大にして大きな声で歌うのですがそうした装着物はしてないですが問題ないでしょうか。

Aベストアンサー

あれはイヤーモニター。
歌いやすいように自分の声や演奏の音などを聴くためのもので耳栓ではありません。
役割はヘッドフォンのようなものですが、見栄えの関係であの補聴器のような形のものが使用されています。

生バンドの音というのは思いの外大きいので自分の声がよく聴き取れなくなります。
ドラムの真ん前、ギターアンプの前、ホーンセクションの前では楽器の音量バランスが全く違ってきます。
そこで、音量バランスがとれた音を無線で飛ばしてあのイヤーモニター聴いて歌います。
無線ですから見えにくいところに受信機も身につけています。
伴奏がカラオケであっても、客席の声などに負けずに伴奏が聴こえるようあれを付けたりします。

以前はモニター用のスピーカーを客席ではなく演者向けに足元にいくつか配置していたのですが、広いステージの場合や演者が動きまわるとそれでカバーするのは難しいのでイヤーモニターが開発されました。

また、楽器演奏者もイヤーモニターをつけたり、モニター用の小さなスピーカーを配置したりしています。

また、いまでも400人規模位のライブハウスならイヤーモニターではなく、床に転がしたモニタースピーカーが主流です。

>たまに一回で2~3時間ほど自宅でボリュームを大にして大きな声で歌うのですがそうした装着物はしてないですが問題ないでしょうか
歌手が耳につけているものは上に書いたようなものなので、質問者様が耳の健康についてご心配なら耳栓をつければ良いと思いますよ。

イヤモニ以前はものすごく音の大きいロックバンドなんかは難聴防止用にメンバーが耳栓していたりすることもありました。

ただ、自宅で出せるような音量なら直接スピーカーに耳をつけているなんてことでもなければ気にするようなものではないと思います。

あれはイヤーモニター。
歌いやすいように自分の声や演奏の音などを聴くためのもので耳栓ではありません。
役割はヘッドフォンのようなものですが、見栄えの関係であの補聴器のような形のものが使用されています。

生バンドの音というのは思いの外大きいので自分の声がよく聴き取れなくなります。
ドラムの真ん前、ギターアンプの前、ホーンセクションの前では楽器の音量バランスが全く違ってきます。
そこで、音量バランスがとれた音を無線で飛ばしてあのイヤーモニター聴いて歌います。
無線ですから見えにくい...続きを読む

Q歌手(アイドル)がライブのときなどにしているイヤホン

結構前から気になっていたのですが、歌手(アイドル)がライブのときなどにしているイヤホンからは何が聞こえるのでしょうか?曲、曲の歌詞、移動の指示とかでしょうか。知っている人がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

私の彼は、プロのドラマーですが
イヤホンをしているのは、ライブメンバー以外の音を流している場合に、その音がよく聴き取れるようにつけていると言っていましたよ。

イヤホンで聴かないと、反響等でずれてしまう時があるので。

たとえば、コーラスとかストリングスとかを聴いているそうです。
ズレたら大変ですからね(笑)

Q大音量の中だと、うまく歌えない。

バンドでヴォーカルをやっていますが、周りの楽器の音量が大きくなると、うまく歌えなくなります。
例えばカラオケなどであれば、音程をはずすことはほとんどないのですが、大音量の中(特にLIVEなど)では、倍音に惑わされ、音程がずれて歌っていることがあります。(大体の場合は、低く聞こえてきます)。相対音感を持っているので、これも関係しているのでしょうか?
どうにかして直したいです。お願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

ハード・ロックでも(プロの)実際のステージの音量は爆音では
無いです。

下手な(失礼)バンドほど生音を上げたがるのですが
プロのバンドはステージ上の音量はセーブしてPAで
上げています。

いくら声量があってもフルボリュームのエレキギターには勝てません。
ハウリングの問題もあるのでモニターにも限界があるので
バンドの音を控えめにするのが良いと思います。

それと自分の声が聞こえない状態でうまく歌うのは
至難の業です。
プロでもモニターが聞こえないと歌えない人が沢山います。
それでは失礼いたします。

Q「Aメロ」「Bメロ」・・・はどの部分のことか

曲の中でよく「Aメロ」「Bメロ」・・・などと言いますが、
それぞれどの部分をそう呼ぶのですか?

Aベストアンサー

↓下記参考になるでしょうか?

http://guiterboys.livedoor.biz/archives/15839090.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2061771

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1876388.html

Aメロ→歌いだしの部分で、比較的おとなしい部分

Bメロ→やや曲調が変わり徐々に盛り上がっていく部分

サビ→クライマックスに達して最高に盛り上がる、その曲の中での最も重要な部分

(一つ目URLより引用)

が一般的な呼び方(意味)のようです。

Qバンドのボーカルが耳栓をする理由

ライブで、ボーカルが耳栓をして歌うのは何のためでしょうか?
イヤホンみたいな機械ではなく、スポンジのような耳栓です。

自分の声を聞き取って音程をとっているのかと思うのですが、他に何か効果があるのですか?

今まで十年近くそのバンドのライブに行っているのですが
耳栓をしているのを初めて見たので不思議に思いました。

Aベストアンサー

単純に耳の保護のために、耳栓をしていることも少なくありません。これはボーカルに限ったことではなく、ステージ上のどのパートでも必要に応じてやっていることがあります。
特に爆音を売りにするロックバンドなどでは、楽器の音が異常に大きく、ステージ上でも中音が渦巻いてしまうこともよくあります。モニターであればそのあたりもコントロールできますが、アンプやドラムの音が轟音になっている場合はそうした制御もききません。そのような爆音の中では、確実に耳にダメージが蓄積します。その対策として、耳栓をつけるというのもよくある現実的な選択肢と言えます。なお、そのクラスの爆音の場合は、耳栓をつけていても十分に音は聞こえると言うこともよくあります。

参考まで。

Qクラブでイヤモニを使いたいですのですがどのように接続すればいいのでしょ

クラブでイヤモニを使いたいですのですがどのように接続すればいいのでしょうか?
オーディオ機器に対して知識がないので教えていただきたいです。使用方法は2つです。

(1)DJ時にヘッドフォンではなくイヤモニを使いたい。
この場合イヤモニの端子がミキサーにのヘッドフォンのアウト端子より小さいと思うのですが、フォーン端子の重ね付けのようなことで解決でしょうか?

(2)DJの方がヘッドフォンで曲を聴き、私はイヤモニでヴォーカル用の音をもらいたい。
DJの方がミキサーのヘッドフォンのモニターアウトに繋いでしまうと、普通のDJ用のミキサーの場合ヘッドフォンモニターアウトは1口なので、ヴォーカル用のイヤモニのアウトを繋ぐ場所がなくなってしまうと思うのですが、どこにつないだら聴くことが可能でしょうか?

(3)DJのヘッドフォンモニターアウトに二股の端子を接続して2人でヘッドフォンとイヤモニを挿してモニターすることは可能ですか?

以上3つになります。一応用途があるかはわかりませんが、ヘッドフォン用のポータブルアンプがあります(検討違いでしたらすみません)。ライブハウスとかではなくあくまでもクラブなのでPAさんがいたり・・ということはありません。自分でミキサーのどこかに繋がなくてはいけません。ご回答お願いいたします。

クラブでイヤモニを使いたいですのですがどのように接続すればいいのでしょうか?
オーディオ機器に対して知識がないので教えていただきたいです。使用方法は2つです。

(1)DJ時にヘッドフォンではなくイヤモニを使いたい。
この場合イヤモニの端子がミキサーにのヘッドフォンのアウト端子より小さいと思うのですが、フォーン端子の重ね付けのようなことで解決でしょうか?

(2)DJの方がヘッドフォンで曲を聴き、私はイヤモニでヴォーカル用の音をもらいたい。
DJの方がミキサーのヘッドフォンのモニターアウトに...続きを読む

Aベストアンサー

回答を読みました。
だいたいお考えの通りだと思います。
ミキサーのヘッドフォンアウトにつないだ場合は、そのボリューム(モニター)のレベルになります。
ミキサーのLine-out(Rec-out)の場合はマスターボリュームの音の大きさに、外部ヘッドフォンアンプのボリュームで調整することになります。

インピーダンスの件は、まさにミキサーの中にあるヘッドフォンアンプの性能とヘッドフォンのインピーダンスによりますので何とも言えません。
通常、ヘッドフォンを分岐増設するということは、その分インピーダンスは並列になり下がるわけですから、内蔵アンプにそれなりのパワー(性能)が必要です。多分音量は下がるでしょう。
(3)のとき、分岐後にヘッドフォンアンプを挟むなら、その入力インピーダンスはヘッドフォンよりはずっと高いため、パワーは消費しませんので、音量が減る心配はほとんどなくなります。ただし、音量はマスターでなくモニターに比例することになりますのでご注意。(前回の回答通り)

ただ、Line-outとヘッドフォンアンプの間はラインレベルですから、通常インピーダンスは気にしなくても大丈夫です。SR-71Aは入力がステレオミニのようですから、用意するケーブルはステレオのピンプラグ(赤白)~ステレオミニ3.5mmのケーブルが必要になりますね。

回答を読みました。
だいたいお考えの通りだと思います。
ミキサーのヘッドフォンアウトにつないだ場合は、そのボリューム(モニター)のレベルになります。
ミキサーのLine-out(Rec-out)の場合はマスターボリュームの音の大きさに、外部ヘッドフォンアンプのボリュームで調整することになります。

インピーダンスの件は、まさにミキサーの中にあるヘッドフォンアンプの性能とヘッドフォンのインピーダンスによりますので何とも言えません。
通常、ヘッドフォンを分岐増設するということは、その分インピ...続きを読む

Qオーラスという言葉の意味を

教えて頂きたいと思います。

お世話になります。アイドルのコンサートの話によく「オーラス」という言葉が
出てきます。どういう意味なのでしょうか。
質問検索で「オーラス」とひいたら、麻雀のトピックスにも出てくる言葉でした。
ますます、????なので是非ともよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一番最後の という意味合いらしいですね。

マージャンの場合は、一番最後の局です。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~playzone/playzone_qa1.htm#310

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング