現事務所を完全取り壊しをして、建て直します。
その間の事務所はレンタルプレハブを借りて、
短期間のみ使用します。その仮事務所に電話や
電気を引くために工事代が発生しますが、この
場合、科目処理はどうしたら良いでしょうか?
プレハブの仮事務所は2ヶ月程度で完全撤去と
なり、新事務所での仕事スタートとなります。
つまり電話や電気の配線等も撤去となります。
修繕費では何か違うので、雑費での処理かと
考えてますが・・・。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

※建設仮勘定←全てこれにしてください。


※出来上がったらこのようにしてください。
>(借方)建物 / (貸方)建設仮勘定
              当座預金・・・・竣工時の支払い。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
お答え頂いた内容ですと、新事務所のみの会計処理になるような
気が致します。
仮事務所は臨時で短期間のみです。その事務所に一時的に設置
した電話機等の工事代も同様にしてもよろしいのでしょうか?

補足日時:2009/05/15 12:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLED照明について

いつもお世話になっております。事務所の照明の蛍光管をLED照明に交換したいのですが、
<GOOD POWER>って製品の評判を聞きたいです。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

 とりあえず検索してGOODPOWERのサイトを見てきましたが、かなり怪しげな内容ですね。「当社で技術開発を行い中国で生産をしている為、技術開発料金がかかっていません。」という説明も前半と後半で矛盾しているという日本語として成り立ってないレベルです。消費電力が50%カットとありますが、全光束でLEDと蛍光灯では差がないのでまずありえません。LEDは一方向にのみ光が放射されるという性質がありますので、天井灯の場合は全光束が低くても蛍光灯と匹敵する明るさは得られます。ですが、LEDは使っているうちに素子が劣化してだんだんと暗くなってしまうので、前もってそのぶんのマージンをとった明るさを確保する必要があるのです。にも関わらず消費電力が半分となると、おそらくそのマージンを全く取ってないと思われます。長寿命と低消費電力を求めるのでしたら、CCFLにするなどしたほうがいいような気がします。


 以前私がした回答ですが、参考になるのではないかと思いますので転載しておきます。


蛍光灯
・安価。
・スイッチを入れてから明るさが安定するまで数分かかる。
・点滅させるごとに1時間寿命が縮む。
・どこででも手に入る。
・安物でも寿命6000時間、最大のものでは2万時間に到達しており、今後も伸びるものと思われる。
・明るさ調整は従来型の蛍光灯では無理だが、ツインPaなどの次世代蛍光灯は10~100%の範囲で可能になっている。

LED
・値段は下がってきたものの、まだまだ高価。
・スイッチを入れたらすぐに明るくなる。
・どこででも手に入る。
・全光束あたりで蛍光灯よりも少し低い消費電力。
・光が素子から一方向にしか照射されないので、全体を照らすような用途には不向き。天井灯には向いている。
・明るさあたりの消費電力が蛍光灯より少し低い。
・寿命4万時間。だが、使っているうちに輝度が少しづつ下がっていき、4万時間時点で元の50%にまで下がってしまうため、蛍光灯の明るさと消費電力とを比較した場合の実寿命は2~3万時間程度ではないのかとも。
・紫外線を出さない。

CCFL
・蛍光灯より少し上ていどの価格で安価。
・スイッチを入れたらすぐに明るくなる。
・蛍光灯に似ているが、点滅で寿命は縮まらない。
・3~4万時間と長寿命。
・消費電力がLEDや蛍光灯の半分。
・明るさの割に小型化が可能。
・大手メーカーが参入しておらず、実績や知名度が低く量販店ではほとんど見かけないのがネック。(ほどよく切れて一定期間ごとに交換してもらわないとメーカーは儲からないから、高価なLEDは作っても安価なCCFLには手を出さない?)
・専用の灯具もしくは改造(安定期の交換)が必要で、大手メーカーが参入していない現在では管が今後も安定して供給されるかどうか分からない。
・電球型CCFLなら専用灯具は必要ないので、価格や寿命の点から導入メリットは電球型LEDや電球型蛍光灯よりも高い。

 とりあえず検索してGOODPOWERのサイトを見てきましたが、かなり怪しげな内容ですね。「当社で技術開発を行い中国で生産をしている為、技術開発料金がかかっていません。」という説明も前半と後半で矛盾しているという日本語として成り立ってないレベルです。消費電力が50%カットとありますが、全光束でLEDと蛍光灯では差がないのでまずありえません。LEDは一方向にのみ光が放射されるという性質がありますので、天井灯の場合は全光束が低くても蛍光灯と匹敵する明るさは得られます。ですが、LEDは使っているう...続きを読む

Q事務所用プレハブ設置に関する費用の処理の仕方

小さな有限会社を昨年6月に設立したものです。
現在アパートを事務所として使用していますが、自宅敷地に事務所用のプレハブを建てることにしました。
すると、外構工事とプレハブ設置工事とプレハブ代金の3つの費用が発生します。(会社で負担する予定です)
それぞれどのように経費処理すれば良いのでしょうか。
今期は利益が予想より出そうですので、工事費用だけでも一括損金処理出来ないかと考えています。
工事費用は30万円未満であれば原価償却資産扱いに出来るのでしょうか?
建物は100万円くらいかかります。
宜しくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

建物と工事費を分離することは無理ですね。両方含めた金額で資産計上したうえで、減価償却せざるを得ませんね。

QLED照明に関して

LED照明は電気代が安くなるというメリットはあるが、部屋や事務所に設置すると室内が暗くなり不便と聞きました。しかも、LEDの光線が目に良くないので蛍光灯に付け直したという人もいるそうですが、実際はどうなのでしょうか。一般のオフィスに設置予定ですが、LED照明を実際に設置した方がいらっしゃれば設置後の室内環境等についてご感想をお願いします。もしLEDよりも目に優しく、低コストの商品があれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

LEDランプの効率や寿命は何とも言えないような状況です。

この前行った高速道路のサービスエリアの照明は、直感型を交換した物でしたが、2割程度が壊れて点滅や暗い光を放っている状態でした。

まぁ、LEDの寿命が長いとは言っていますが、これはLEDと言う部品単体で見た時の話で、LEDに電気を送る回路の部品はそこまで寿命が長くない物が使われていますので、LEDの寿命と言うのから比べれば、とても短い物になります。

また、LEDを照明として使う場合、下側への光を多くして、横方向の光を減らして明るく見せている物も多く、その場合天井方向への光が少ないので、上が暗くなると言うのもあります。

現実的に、器具としての寿命は、蛍光灯の器具の方が長いです。

オフィスなどでは、LEDに変更して、失敗している所が多いですね。
特に、蛍光管と交換するタイプの蛍光灯型LEDは作りが悪い物が多いです。
灯具も増やさないといけないなどのデメリットもあります。


なので、最近の照明メーカーの展示会などに行くと、単にLEDに変えても省エネにはならないので、細かく点灯する範囲を変更出来る様なシステムの販売に移って居ます。

何でもLEDならと言う化けの皮がはがれてきたので、会社用などは、点灯する場所を制御する。と言う対応のシステムに軸を変えていますね。

蛍光灯からの変更では、LEDに変更するメリットはほとんどありません。

LEDランプの効率や寿命は何とも言えないような状況です。

この前行った高速道路のサービスエリアの照明は、直感型を交換した物でしたが、2割程度が壊れて点滅や暗い光を放っている状態でした。

まぁ、LEDの寿命が長いとは言っていますが、これはLEDと言う部品単体で見た時の話で、LEDに電気を送る回路の部品はそこまで寿命が長くない物が使われていますので、LEDの寿命と言うのから比べれば、とても短い物になります。

また、LEDを照明として使う場合、下側への光を多くして、横方向の光を減らして明るく見せ...続きを読む

Q会計事務所、特許事務所、法律事務所など

このカテゴリーでいいのかよくわからないのですが・・・。
就職活動中の学生です。

ちょっと興味があるのですが、
『会計事務所』『特許事務所』『法律事務所』『社会保険労務士事務所』『経営コンサルタント』では、それぞれどのような業務をしているのでしょうか?

お答えお願いします。

Aベストアンサー

『会計事務所』
公認会計士・税理士が勤務しており、公認会計士は会社の監査、税理士は各種税金の申告書の作成、等をしています。他に経営相談・資産運用相談、行政書士(公的機関に提出する書類の作成)を兼ねていることもあります。

『特許事務所』
弁理士が勤務しており、特許権の申請書類作成、申請前の類似特許がないか検索、等をしています。

『法律事務所』
弁護士が勤務しており、法の専門家として、訴訟・法律相談・代理人交渉、等が中心業務ですが、税理士の仕事を兼ねる人もいます。

『社会保険労務士事務所』
社会保険労務士が勤務し、各種社会保険に関する申請書作成をしています。行政書士を兼ねて助成金関係の手続きをする事務所もあります。

『経営コンサルタント』
経営相談・開業相談・融資(金融機関)の紹介、等をしています。

Qクリニックや事務所の照明を蛍光管からLED管に変更した方,ご教示ください。

内科クリニックがあり、クリニックの反対側に介護事業所の事務室があります。

電気代削減を目的に、照明を蛍光管からLED管に取替えを検討しています。
工事の提案は、照明器具の安定器を切り離して、LEDの給電ユニットを取り付ける
作業になっています。
LED管製造は韓国、チップは日本製とのことです。

蛍光管は、クリニックは1本40Wで40本、介護事業所事務室は60本です。

展示会でLEDを見てきていますが、全部をLED管に取替えた時の
診察室や待合室、事務室のイメージ(やっぱり蛍光管の方が明るい感じがするなど)が、
どうも想像できません。

「LEDに交換して良かったこと・悪かったこと」のご意見やご感想、情報が
ありましたら、電気代削減を含めて、是非ご教示をお願いします

Aベストアンサー

逆富士型2灯用及び1灯用器具の
グロータイプ直管40wの代替で交換してますが
直視できないまぶしさと演色性の悪さを感じます。
クリニックの診療科目にもよりますが血色とか
患部の色味診断が必要なら少々難があるとも思います。
安定器通しているので電気代はさほど下がりません。
まぁ数が少ないのでそう感じるのかもしれません。

Q法律事務所、会計事務所、特許事務所などのカテゴリについて

会社の取引先をカテゴリー別に分類整理しているのですが、
法律事務所、会計事務所、特許事務所をまとめてどのようなカテゴリーにすればいいのかわからず悩んでいます。
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

企業の分類方法は色々あります。
(御社にとって、検索・抽出しやすい分類にする必要がありますので、御社事
 情を知り得ない者の回答は意味が無いかもしれません)

ただ、これが回答では意味がありませんので

http://www.stat.go.jp/data/jigyou/2006/bunrui.htm
専門サービス業

こちらですと、ほぼ全ての企業体を網羅できますのである意味、便利な分類です。

QLED照明の電源回路の種類について

LED照明は一般家庭にこそまだ普及しておりませんが(白熱灯や蛍光灯など一般照明として)店舗での照明、補助ランプとして使用されているのをよくみかけます。それらLED照明の電源回路はどのような種類のものが多いのでしょうか?
例えば蛍光灯の電源としてはインバータタイプ(AC→整流→平滑→スイッチング→正弦波→ランプへ)が主流となりつつありますが、
LED照明も今後インバータというかスイッチングによる高周波駆動が主流になるのでしょうか?

Aベストアンサー

wonbatto2さん、こんにちは。

ご存知の様に携帯充電器やデジカメACアダプタなど、新しい設計品はほとんどスイッチングレギュレータタイプになっています。

LED照明は今後大電力(高輝度)の方向にありますので、新規設計はスイッチングレギュレータ(あるいはこれに代わる新技術)以外にありえません。

もし旧来のドロッパタイプ(含む抵抗)で設計するとすれば、100均的な信頼性のない製品でしょう。
そのようなものに手を出さないのが使用者としては賢明です。
設計の立場は上記のとおり。

Q社会保険事務所の事務処理ミス

私は会社で経理を担当しているのですが
今年の6月に会社の役員賞与が支給された際、社会保険事務所に賞与支払い届をその日のうちに郵送しました。
(社長と役員1人)
翌月、口座から社会保険料の引き落としがあり計算をするのですがどうも計算が合わないのです。
従業員は少ないので一人一人の給与に対する健康保険料・厚生年金保険料・児童拠出金そして役員賞与に対する社会保険料を拾い出してみました。
やっぱり引き落とされた額と照合しないのです。
そしてようやく判明しました。
役員1人の役員賞与の社会保険料が抜けていたのです。
すぐ社会保険事務所に不服を申し立てようと思いましたが来月には引き落としがあるのではと思い、先送りにしてきました。
しかし4ヶ月経った今も引き落としが無いためようやく昨日、社会保険事務所に問い合わせしたところやはりあちらの事務処理がされてなかったのです。
すぐ処理して来月以降には引き落としが出来るとの事。
電話の向こうでは「すいませんでした。」と言ってましたが、社会保険料の金額の相違を調べるのに何時間掛かったか、余計な神経を使ったかって言いたかったです。
でも私が社長でも役員でもない限りそんな事は言えないと思い、怒りを抑えました。(>_<)

でも今日になってなにか気持ちが治まらないというか、向こうのミスがなんか許せないのです。例えば社会保険料の納付が遅れた場合、延滞料など取られるのに、、、文書で謝ってさえきません。
社会保険庁にでも言ってやりたい気分です。
すみません。つい熱くなってしまいました。(汗)
でもこんなものでしょうか?
経験のある方いらっしゃったら私の気を静めさせる特効薬を頂戴したいと思いますm(_ _)m

私は会社で経理を担当しているのですが
今年の6月に会社の役員賞与が支給された際、社会保険事務所に賞与支払い届をその日のうちに郵送しました。
(社長と役員1人)
翌月、口座から社会保険料の引き落としがあり計算をするのですがどうも計算が合わないのです。
従業員は少ないので一人一人の給与に対する健康保険料・厚生年金保険料・児童拠出金そして役員賞与に対する社会保険料を拾い出してみました。
やっぱり引き落とされた額と照合しないのです。
そしてようやく判明しました。
役員1人の役員賞...続きを読む

Aベストアンサー

社会保険事務所と会社との間に立つ立場で仕事をしています。

社会保険事務所のミスはよくあることです。
ホントは無いことが一番なんでしょうけれど、人間が行っていることですから、ミスが出るのは当たり前です。

例を挙げると、1年近く前に資格喪失になっている方が、算定基礎届に名前が入っていたり・・・。
理由を聞くと、喪失の入力をしていなかったりします。(^_^;)
当然、その間の保険料は、さかのぼりで返したようですが。

でも、賞与支払届は機械に読み込ませるため、規定どおりに記載されていれば、読取りエラーが出ることははないはずですし、規定どおりに書いていなくても、エラーが出れば手入力となるはずです。
その手入力がしていなかったんでしょうね。

逆に会社側の届出漏れも非常に多く、月額変更届が提出されないとか、賞与支払届が提出されないとか、会社から「保険料が計算とあわないけれどどうして?」って問い合わせがあって調べてみると、会社側が資格喪失届の提出を忘れていたとか。
扶養されている方が、日額3612円以上の失業給付や出産手当金を受給していても、扶養から外れていなかったりとか。

人間ですから、お互いのミスをカバーしあうのが一番だと思うんですけどね。

最近は、いろいろな不祥事などで新聞などでも取りざたされているため、社会保険事務所の職員もかなりピリピリしているようです。

また、去年から総報酬制が導入された関係や、年金関係を社会保険事務所が一括管理するようになった関係で、人員も思ったように増員することができず、事務処理の手間がかかるようになり、かなり忙しいのも事実のようです。

一応、社会保険事務所も謝っていらっしゃるようですし、お互い様ですから許してやってください。(^_^;)

社会保険事務所と会社との間に立つ立場で仕事をしています。

社会保険事務所のミスはよくあることです。
ホントは無いことが一番なんでしょうけれど、人間が行っていることですから、ミスが出るのは当たり前です。

例を挙げると、1年近く前に資格喪失になっている方が、算定基礎届に名前が入っていたり・・・。
理由を聞くと、喪失の入力をしていなかったりします。(^_^;)
当然、その間の保険料は、さかのぼりで返したようですが。

でも、賞与支払届は機械に読み込ませるため、規定どおりに記載され...続きを読む

QLED照明の電気代について

LED照明を検討しています。今使用している蛍光照明は購入して2年程度でまだ十分使えます。
LEDについては、寿命が長いのは、聞いていますが、電気代はどうなのか疑問に思っています。
あるLED照明のカタログには、固有エネルギー消費効率 67.6lm/W(5000lm・74W)
と書いてあります。
また全く同一のものでは無いですが、蛍光灯照明は、消費効率 85.0lm/W(5270lm・62W) など書いてあります。
ワット数から判断すると、電気代は、変わらないか逆に増えるのではないでしょうか?
やっぱりLED照明のほうが電気代は、安くなるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者の想像通りです、
ほぼ同じ明るさにしたい場合には、消費電力は1.2から1.5倍になります
(明るさの広がりが異なるので、スポット照明的な使用法で満足できる場合には、同等か1割り増し程度
部屋の隅まで明るくしたい場合には器具の増設再配置が必要になる)


現時点では、白熱電球からの取替えと、電球交換に費用のかかる場所以外でのLED化は時期尚早です

Q会計事務所や税理士事務所の形態は何?

会計事務所や税理士事務所、弁護士事務所、ジャニーズ事務所
というように、「~事務所」とつく事業形態は、
個人事業なのですか?それとも、法人なのですか?

Aベストアンサー

会計事務所や税理士事務所に関しては、圧倒的に個人事業が多いものと思います。

特に税理士事務所に関しては、数年前に税理士法人という制度ができたばかりで、徐々に法人も増えつつはありますが、ほとんどは個人事業です。

そもそも、法人であれば、会計事務所であれば、監査法人○○、税理士事務所であれば、税理士法人○○、という名称をつけている所がほとんどですので、○○会計事務所、○○税理士事務所、という名称であれば、ほとんどが個人事業と考えて良いものと思います。


人気Q&Aランキング