まだ補正予算の審議で決まってないみたいですがエコ減税と補助金の法案が実施されたとします。
そうしたら13年以上前のR32,R33のGT-RやスープラやRX-7等のユーザーでもこの不景気で
維持するのが難しい人が多いかと思いエコカーに乗り換える人の少なからずいると思います。
やはり今回の施策でまだ色々ありますが上記のような貴重車?がかなり廃車になる確率は高まるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

NSXを筆頭にかなりの数が現存しているのに


ほとんど流通に出回らない車が有ります。

32のR等もその範疇に入っていますので
特に何の影響も無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
所有者にとっては2度と手に入らない車かもしれませんよね。
そう簡単には手放しませんよね。(部品欠品でも探しまくるでしょう)
その人にとってはエコ減税も補助金も関係ありませんよね。
回答有難うございます。

お礼日時:2009/05/13 22:27

まず、知っておいてもらいたいのは、貴重と希少は違うと言うこと。


(あなたにとっては貴重かもしれませんが)

32GT-Rなどの人気車種等であれば、車両の状態によっては補助金以上の価格で売れることもあるので、
廃車に回される車はそれだけくたびれているということです。
結果的にはあなたのあげた車種あたりで言えば、それほど変わらないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございました。
20年位前の300万前後から400万前後のスポーツカーは今後2度と製造されることはないと勝手に?仮定して貴重車としました。
あの手の車の所有者はマニアなのでそう簡単手放すことはなさそうですね。

お礼日時:2009/05/13 21:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング