セカンドライフのアルゴリズムってわかりますか?

私が言っているのは「セカンドライフ内で何かを作る」というリンデンスクリプトではなく、メタバースを構築するプログラミングのことです。

これはオンラインゲームなどのようなゲームプログラミングになるのでしょうか?言語などわかる方いたらお願いします。
それともこれらはリンデンラボの企業秘密なのでしょうか。

個人的な意見ですが、リンデンラボは3Dメタバースという天文学的な市場の先頭にいるにも関わらずビジネススピードがネットに比べて非常に遅いです。

日本にはSNSではmixiがありますがメタバースはありません。
日本人のほとんどが英語もできないのでSL中毒にもなれず集客できていない。

リンデンラボはビジネスに貧欲なのか?
なぜ日本のビジネスマンはメタバースをする人がいないのか?
そんなに構築が難しいプログラミングなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

セカンドライフのプログラムはオープンソースです。

まずクライアントですが、下記から入手できます。
http://wiki.secondlife.com/wiki/Get_source_and_c …
これを利用して、いろいろな人が改造版を出しています。ブラウザから使えるバージョンもあったはず。
日本では携帯電話でアクセスするというのも出ましたが、今では会社がつぶれました。検索すれば使った人のレポートが見つかるかと(ほとんど使い物にならなかったみたいですが)。

サーバープログラムもソース公開されたはずですが、ちょっと見あたりませんでした。
あと、いくつもの会社が共同でオープンソースのサーバープログラムを開発しています。opensim

>日本にはSNSではmixiがありますがメタバースはありません。

日本にもたくさんありますよ。その手の情報を集めたサイトです。
http://www.secondtimes.net/
左側の「サービス別で読む」の欄にあるのが各種メタバースです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報