直流モータと周波数の関係について教えて下さい。
直流モータに直流電源を直接つねげたのより、周波数10HZを加えたほうが回転が遅くなるのはなぜですか?

又、デューティー比を0.2から0.8にあげると回転が速くなるのはなぜでしょうか?
よろしくおねがいします。

A 回答 (1件)

> 周波数10HZを加えたほうが回転が遅くなるのは



モーターを回転させるエネルギーはDCでマックスなのに
> 10Hz
のような交流もしくは脈流にしてエネルギー量が減ったからでしょ

> 又、デュティー比を0.2から0.8にあげると回転が速くなるのはなぜでしょうか

デューティー比が上がれば+方向のDC成分が増えるんだから...

この回答への補足

すいません。追記させて下さい
では10HZを100HZ、200・・・1000HZとあげていき。
2000HZを越えてきたあたりからモータが回らなくなるのはなぜですか?

補足日時:2009/05/13 22:40
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西と関東の交流周波数を55ヘルツに統合できない?

今回の震災で生じた首都圏の電力不足の対応策についてなのですが、関西の電力を関東に融通するのに、交流周波数変換が必要で、その設備がボトルネックになっているそうです。
そこで思ったのですが、昔は洗濯機やレコードプレーヤーに使用場所の違い(関西・関東)で切り替えるスイッチがついていたけど、最近は自動認識するのか、そもそもその程度の周波数変動に影響されないのか、とんと切り替えの必要性を聞いたことがありません。
だから関東に60ヘルツの交流を流しても端末機器にはそんなに悪影響無い気もするのですが、さすがに、50ヘルツの発電所と60ヘルツの発電所が同じネットワークにつながっているのは、ネットワークとして何か不都合がありそうにも思います。

...であれば、いっそのこと西日本と東日本の交流周波数のあいだをとって55ヘルツにしてみたらどうなんだろうと思うのですが。
10%の周波数誤差だったら、端末で吸収できる気がします。(昔の電動置時計とかレコードプレーヤーは難しいでしょうが。
)もし許容可能なレベルの不都合であれば、関西の人も震災の痛みを共有できるテーマのようにも思います。
誰か電気に詳しい人、教えてください。

今回の震災で生じた首都圏の電力不足の対応策についてなのですが、関西の電力を関東に融通するのに、交流周波数変換が必要で、その設備がボトルネックになっているそうです。
そこで思ったのですが、昔は洗濯機やレコードプレーヤーに使用場所の違い(関西・関東)で切り替えるスイッチがついていたけど、最近は自動認識するのか、そもそもその程度の周波数変動に影響されないのか、とんと切り替えの必要性を聞いたことがありません。
だから関東に60ヘルツの交流を流しても端末機器にはそんなに悪影響無い気も...続きを読む

Aベストアンサー

周波数50Hzと60Hzで,異なっているから,
中部・関西電力から東京電力への送電電力量が制限されるため,
今回の震災によって計画停電が行われている.
というのは,あながち間違いではありません.
当然のことながら,周波数を変えるということは,色々なところで,大きな影響を及ぼします.
たとえば,関東など東日本にある工場と,大阪など西日本にある工場では,電源周波数が違うわけですから,工場の電気関係の設計が異なります.
だから,50と60の間をとってしまえば良いというのは,暴論に近い議論となります.

まぁ,家庭用の電源なんて,大して問題ではないです.
なぜなら,家庭で使用される電源はAD変換されて,ほとんどが直流で動いていますから.
ちなみに,PCはDV12と5Vですね.
交流で動いているものなんて,洗濯機とか一部の冷蔵庫くらいでしょう.
しかし,洗濯機はインバータで制御してますから,周波数が違ったところでなんら問題はありません.
要は,産業用の電源供給がネックになってきます.
工場とすれば,色々なところで周波数の変化への対応をとらなければならないので,
変えて欲しくないと思うでしょう.
周波数の統一は,正直,不可能ではないかと思います.
最近よく,統一するべきだ!という意見を聞きますが,
そんなに簡単にできることであれば,もはや統一されていると思います.
しかしまぁ,技術的には簡単なことだと思いますが.

さらに,中部地方で周波数変換が行われておりますが,
そういう施設を製造したために,西側から直接東側に電力を送ることができないはずです.
そのような施設を新しく製造しなければならないことを考えると,
ただでさえ昨年度決算が大赤字の東京電力としては,絶対にやりたくないでしょう.

周波数50Hzと60Hzで,異なっているから,
中部・関西電力から東京電力への送電電力量が制限されるため,
今回の震災によって計画停電が行われている.
というのは,あながち間違いではありません.
当然のことながら,周波数を変えるということは,色々なところで,大きな影響を及ぼします.
たとえば,関東など東日本にある工場と,大阪など西日本にある工場では,電源周波数が違うわけですから,工場の電気関係の設計が異なります.
だから,50と60の間をとってしまえば良いというのは,暴論に近い議論...続きを読む

Q直流機の回転子電流について

直流機において、回転速度が増すと逆起電力が増し、回転子電流が少なくなるようです。また、直流機の補償巻き線は回転子電流を少なくするようです。いずれも、回転子電流がすくなくなれば、フレミングの左手の法則の電流が無いという状態になり、回転力が発生しなくなると思うんですが、違いますか?どうも、理解できません。
 どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

無負荷状態の理想的な機械損失の無い直流機を考えた場合、加えられた端子電圧と逆起電力の差に比例した電気子電流が流れて加速して行き、最後は回転子電流はゼロとなり一定速度で回転を続けるでしょう。

しかし一定速度で回転を続けさせる為にはベアリング摩擦や風損等のトルク、何よりも負荷に対応するトルクを発生させ続ける必要があります。
従ってこれらのトルクに対応する電気子電流が流れ続ける形となります。

補償巻線は電気子反作用による磁界の乱れを少なくする為で、二次的な作用を持つだけであり、小型機では設けられていません。

次のようなサイトが参考になると思われます。
http://www.jeea.or.jp/course/
音声付き電気技術解説講座
http://www.jeea.or.jp/course/contents/12125/
発電機と電動機の原理 1-4

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/00395/contents/045.htm
2・8・3 直流電動機

Q関東と関西の電気、周波数の差はどうして?

関東と関西の電気の周波数の差があるため、西日本から東日本へ電気の輸送に制限があるとききました。なぜ同じ日本なのに、統一していないのですか。統一する方がメリットがあるとおもうのですが、そうしない理由はなぜですか。

Aベストアンサー

http://chiri-zemi.web.infoseek.co.jp/framepagekansai.html

ご参考までに。

要するに、日本で初めて「発電」が始まった時まで遡る訳ですね。
明治29年、東京電灯(東京電力の前身)はドイツのAEG社から50ヘルツの発電機を購入。
その翌年、大阪電灯(関西電力の前身)はアメリカのGE社から60ヘルツの発電機を購入。
僅か1年の差で、それぞれ操業を始めて以来100余年、50ヘルツと60ヘルツの地域に分かれてしまったのです。

「周波数を統一する動き」は何度かあったようですが、莫大な費用がかかる上に、どちらかの地方の電気製品が使えなくなってしまうデメリットも有るようです。
もっとも、最近の家電製品の殆どは、共用になっているようですが。

Qモータを直流から誘導に変更インバータ使用トルクは?

いろいろなQAを見たのですが、いま一つ不明点があります。よろしくお願いします。
1.モータを直流から誘導モータに変更する予定(保全の観点より)
2.同時にインバータを導入します。
3.心配は始動トルクが不足しないかです。
  使用設備が練ロールなのですでに負荷が入った状態で始動させる必要があります。
4.インバータのカタログには周波数とトルクの表がありますが、設定周波数の
  時のトルク値をそのまま使用して大丈夫でしょうか?
  例えば 設定周波数=30HZ で始動させる。(トルクは30HZ時のトルクを使ってよいか?)
5.直流から誘導モータに変更する場合の注意点は何でしょうか?
基本的な質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

直流モータにも種々の種類があり、始動時のトルク特性や定常時の
回転速度も何回転になっているのか? これが判りませんと、判断が
難しいと思います。

一方の誘導電動機は電源(又はインバータの出力)の周波数と極数が
決まりますと、定格回転速度が決定し、出力から定格トルクも計算で
きます。

このため、電動機の出力(kW)のみで選定しますと容量(出力)が不足
することもありえます。

単純に始動時のトルクが不足する場合は、インバータの設定機能を
調整しますと大きくすることもできます。
この場合でも加速時間が長い負荷装置(練りロール)ですと、インバ
ータがトリップすることもあります。
このような場合はインバータの容量を1型か2型大きくしますと連続
運転が可能になります。
ただし、始動/停止の頻度が高い場合は電動機が過熱して焼損する
こと予想されます。

このため実際には現在の運転状況を打合せながら選定する必要が
あり、場合により試運転しながら決定することになると思いますので、
インバータメーカに相談すると良いでしょう。

また、インバータメーカにて講習会を実施していますので、参加し
てインバータの選定方法や各種機能の設定方法などをアドバイスを
もらうと良いと思います。
インバータメーカの講習会については、次のURLをクリックして参考
にして下さい。

[技術セミナー日程/富士電機]
https://gseminar.fujielectric.co.jp/seminar/user/kokyaku/
http://www.fujielectric.co.jp/about/corporate/event/seminar/index.html
http://www.fujielectric.co.jp/about/corporate/event/seminar/technological/guide.html

直流モータにも種々の種類があり、始動時のトルク特性や定常時の
回転速度も何回転になっているのか? これが判りませんと、判断が
難しいと思います。

一方の誘導電動機は電源(又はインバータの出力)の周波数と極数が
決まりますと、定格回転速度が決定し、出力から定格トルクも計算で
きます。

このため、電動機の出力(kW)のみで選定しますと容量(出力)が不足
することもありえます。

単純に始動時のトルクが不足する場合は、インバータの設定機能を
調整しますと大きくすることもできます。
この場合でも加速...続きを読む

Q関西と関東!周波数違うけど家電大丈夫!

今度、仕事で東京へ行く事に成ったのですが、家電製品は周波数が違う場合は壊れやすく成ったりしないでしょうか?
ご存知あればご回答のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.joshin.co.jp/j_service/qanda/zenpan01.html
http://omoinimotu.net/jj66loi.htm
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200509/2005090600193.htm

■東日本と西日本で同じ家電商品使えますか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1498417

こんなページがありました。

Q空調の吹き出し口でふく流型とありますが、ふく流とはどんな意味でしょうか? タバコのふく流煙のふく流と

空調の吹き出し口でふく流型とありますが、ふく流とはどんな意味でしょうか?
タバコのふく流煙のふく流と同じ意味でしょうか?

Aベストアンサー

ふく流型吹出口とは、吹出口の中心軸から全円周の外側方向に吹き出すもので、
天井付きディフューザに使用される。
このタイプの吹出口には、アネモ、パン、ルーバ型などがある。

Q電気製品の周波数について

電気製品の周波数はいつ頃から問題視されなくなったのでしょうか?
また関西では扇風機の風力が周波数の影響で強いという話を耳にしたのですが
ホントでしょうか?お教え下さいませ。

Aベストアンサー

扇風機のような誘導モーターを使用した機器では電源周波数により回転数が変わるので、関西で使用したほうが回転数が早くなります。最近の家電機器は電源周波数に影響されるものが少なくなっているのは事実で、これは、モーターを使用した機器で回転数の変化があってはならないような機器が、DCサーボモーターやインバーター制御などにより電源の周波数とは直接関係無くなってきたためです。ステレオなどは周波数依存のヒステリシスモーターを使用した機種では回転数が変化してしまい問題でしたが、ここ10年程度のものは殆どDCまたはACのサーボモーターを使用しているので、周波数の変化とは無縁です。

電子レンジに関しても最近のものでは問題ありませんが、型が古いものでは、マグネトロンの交換が必要になるものもあります。こうなると新品を購入した方がはるかに安いでしょう。

周波数依存性のある機器で、周波数の異なる地域での使用に支障がある機器には、その器具のどこかに仕様周波数の表示があるはずです。

Q直流電動機(他励)の回転数について

直流電動機(他励)の回転数について教えてください。

まず、回転数 n = (v-i*r)/kφ と考える場合、磁束φが増えると
回転数はφに反比例して減少すると参考書にあります。

しかし、ある回転数で運転中に、φが増えれば逆起電力が増え、印加電圧 v との差がちいさく
なり、回転子電流 i が小さくなるので、(v-i*r)/kφの分子も大きくなると思います。
ということは、φに反比例して回転数 n が減少するとは一概には言えないような気がします。

どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

厳密に言えばおっしゃるとおりですが、
Vに比べてi*rがかなり小さいことや
負荷一定と言う条件の下で巨視的にそう表現します。

嘘も方便?てとこかな

Q家電の周波数について

関西に旅行するのですが、関東の電化製品は関西で使えますか?たとえば、携帯やデジカメの充電器など。周波数が違うということをきいたことがあるのですか・・・。

Aベストアンサー

最近の物は問題なく使えますが、念のためにその機器の表示を確認してください。50‐60Hzと表示があれば問題なく使えます。

Q電気屋さん!直流変流器(DCCT)についてわかりません

ホール式でなく、クレーマ式など、コイルを2つ極性を逆にしてつなぐ
型の直流変流器について、原理がよく理解できません。
本をみると、補助電源の波形、導体の波形などが記述してありますが、
なぜ、2次側の電流波形が方形波(整流する前)になるのかいまいち
わかりません。
つまり、補助交流電源を入れたときの導体内部のHとBの変化がよくわかって
いないのだと思います。

ご存知のかたいらしゃいましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>流れとして、交流補助電源 磁束Φ 磁界の強さHという流れでいいのでしょうか

はい、そういう流れで考えるとわかりやすいと思います。

すみません、ちょっと訂正です。
「飽和を解消するまではコイルに大電流が流れ(B-H曲線の平らな部分)、これが方形波の頭になります。」
と書きましたが、飽和を解消するまでの期間は、コイル電流の方形波の立ち上がり(または立下り)の部分です。コイル電流の方形波の平らな部分は、わずかの電流変化で正弦波の磁束変化を作る期間です。

混乱させたかもしれません、申し訳ないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報