体調を崩しているため短期アルバイト
(長期の予定は今のところなし)
持ち家
家族と同居
イオンカードで50万借りている
家族が債務整理をしている
カード支払いの延滞が何度かある

この条件で金利の安いところありませんか?
よろしくお願いします
三井住友銀行借り換えローンは駄目でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

マイワンカードは、いかがでしょう??



マイワンは、楽天グループのイーバンク銀行が発行する個人向け
カードローンです。魅力は業界トップクラスの低金利と2種類から
選択できる返済方法です。

参考までに
http://www.ebank.co.jp/loan/index.html
http://cash007.chu.jp/
    • good
    • 0

金利と言うのは、返せ無い人の取り立てリスクを考えて決まるものです。



ですから、返せる危険性の無い人は安く、危険性の高い人は高くします。
有料のゴールドカード会員などは、その会費分多く払ってまで入るカードですので、その分リスクが低いとなり、金利は安めになります。

借り換えローンは、既に借りてる人が纏めるためのローンです。
その時点で既に危ないとレッテルが貼られている人ですので、金利は高いものしかOKは出ませんし、既に短期のアルバイトでは、収入の安定して入る人にはなりません。

持ち家と言う事ですので、不動産が抵当など打たれて居無いか、打たれていても担保割れを起こして居なければ、不動産を担保としたローンとして借りれば、金利は安くなりやすいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローンの金利計算

こんにちは。
住宅ローンの金利計算のことで教えてください。
3年固定、5年固定、10年固定など当初の金利は安いけど、固定金利の期間が終わったら変動金利になるローンがありますよね。
そのとき変動金利の計算はどのようにされるのか?
5年ごとに見直されるとか、月々の支払いは25パーセント以上あがらないとか・・・ややこしくて・・・
変動になった場合、金利を想定して月々の支払額をシュミレーションできると安心なんですけど。
どなたか計算方法をご存知の方がありましたら、お手数ですが、教えていただけると安心でき助かります。

どうぞよろしくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

1.固定期間終了時の元金を残期間で元利金等返済したときの返済額になります。(金利はその時点の変動金利利率です…特別に金利を計算する訳ではありません。その時の約定金利です)

2.変動金利はいろいろありますが、4月時点での金利水準を元に7月から、10月時点の水準を元に、1月から変わるとか。
 金利が変動すれば、その次の月から変わるとか、いろいろです。また、5年ごとの見直しは、返済額です。5年は一定なんですが、5年後に金利が上がっていれば、返済額を引き上げなければいけません。だけど、25%以上引き上げるのは負担が大きく、25%まで上げるに留めようという事なんです。
 しかし、これが過去困った事態を引き起こしました。金利がどんどん上がったのです。そうすると、元利均等返済で期間も長い場合最初金利ばかり払っていて元金が減っていない、金利は上がってきている、その時点で返済は金利ばかり、5年経って見直しの時期が来た25%しか上げれない、そうすると元金も減らない、計算してみると、当初予定していた返済期間(例えば25年)では返らない。と言う事態が過去バブルの頃(金利が非常に高くなったころ)発生しました。そんな場合、元金を一部内入してもらうか、最終回に皺寄せしたか(そのあたりちょっと忘れましたが)結構トラブルになったようです。
 それと、元利均等の計算方法はややこしいので、手計算せず、いろんな銀行でシュミレーションサイトがあるのでそれを使ったほうが良いです。
今低金利ですから、おそらくシュミレーションすれば多く借りられる計算になると思います。銀行も、ある程度、審査の時は金利上昇を見込んで(例えば5%になるとか)返済比率を計算して審査しますから、その点今の時点での返済は楽なはずです。ですから、5%で返済していると仮定して、返済額を計算して実際の返済額との差は貯蓄に回す等にして、金利上昇時にはその溜まった預金で内入するとかして返済負担の軽減を図ることが重要になると思います。
先ほどの例は、バブル期に実際起こったケースです。あの時は、金利は毎月のように上がっていましたし、住宅ローンの金利も10%近くまでになった時期でしたからいわば想定外ではあったケースです。今後の景気回復の状況で金利も変化してきますから、余裕を持った返済計画は必要でしょうね。

1.固定期間終了時の元金を残期間で元利金等返済したときの返済額になります。(金利はその時点の変動金利利率です…特別に金利を計算する訳ではありません。その時の約定金利です)

2.変動金利はいろいろありますが、4月時点での金利水準を元に7月から、10月時点の水準を元に、1月から変わるとか。
 金利が変動すれば、その次の月から変わるとか、いろいろです。また、5年ごとの見直しは、返済額です。5年は一定なんですが、5年後に金利が上がっていれば、返済額を引き上げなければいけません。だけど、2...続きを読む

Q三井住友銀行カードローン増枠について 主人の家が家が競売で売れました。 今は、私名義の持ち家ローン

三井住友銀行カードローン増枠について

主人の家が家が競売で売れました。
今は、私名義の持ち家ローンなしに一緒に住んでます。

それで住まない家のローンと固定資産がキツいのでわざとローンを滞納して(固定資産は払ってます)任意売却を頼んでいたのですがなかなか売れずに競売にかかり売れました。

家のローンの滞納は一年です。

三井住友銀行カードローンで50万借り入れしたのが一年半前です。

後、マジカルクラブカードも同じ時期に作りました。
キャッシングが次々と増枠されました。
家のローンを滞納している時期に99万までになりました。

お恥ずかしい話、77万借り入れあります。

そのマジカルクラブカードが競売で売れた同時くらいに止められました。
それで三井住友銀行も同じく止められているかと見に行ったら増枠出来ます。とATMの画面に出ました。

もし増枠出来るならマジカルクラブカードの分を借り入れして一括返済をして解約したいと考えましたが…

家のローン一年滞納後競売にかかったような人に貸してはくれませんよね?
増枠申請したら出金停止になる可能性の方が大きいですよね?

年収480万勤続10年ですが…

後、私の連れ子なのですが19歳で社員で就職しましたが通勤に車が必要で今は、姉の車を借りてますが姉が車を手放したい状況でローンで車の購入を考えていますが主人が保証人になるのは難しいですか?

20歳になるまで待つほうがいいでしょうか?

長くなりましたが回答宜しくお願い致します。

三井住友銀行カードローン増枠について

主人の家が家が競売で売れました。
今は、私名義の持ち家ローンなしに一緒に住んでます。

それで住まない家のローンと固定資産がキツいのでわざとローンを滞納して(固定資産は払ってます)任意売却を頼んでいたのですがなかなか売れずに競売にかかり売れました。

家のローンの滞納は一年です。

三井住友銀行カードローンで50万借り入れしたのが一年半前です。

後、マジカルクラブカードも同じ時期に作りました。
キャッシングが次々と増枠されました。
家のローンを滞納...続きを読む

Aベストアンサー

ひとつひとつの質問を個別にし直す事をお勧めします。

Q昔の金利計算ってどうやっていたんでしょうか?

他の方の金利に関する質問を回答している時にふと思ったのですが、
現代はコンピューターや金利電卓ですぐに元金・元利均等の返済額、金利を計算する事が可能ですが、
金利電卓やコンピューターが無い時代や、
さらに電卓すらない時代はどの様に計算していたのでしょうか?

江戸時代は10日で1割みたいに計算していても問題はないかと思いますが、
やがて銀行が出来てお金を貸すような時代では、元利均等で長い返済の時には算盤で返済の最終まで毎回計算していたんでしょうか?

そもそも元利均等返済自体が無かったのでしょうか?

Aベストアンサー

電卓やコンピューターが無い時代の金利計算は、もっぱら算盤でした。
計算尺というお答もあるようですが、計算尺はアナログ(つまり、物差で長さで読み取った数値)で概算しか出ませんので、通常の金利計算には不向きでした。

大正末期になって掛け算・割り算には手回し式計算機(タイガー計算機が有名)が普及し、更に電動式の計算機(ドイツのブリーデン計算機が有名)が出現しましたが、昭和30年代後半で1台30万円もしたので、余り一般的ではなかったと思います。
しかも、これら計算機は1960年代に出現したテンキー電卓を含めて、掛け算。割り算でこそ効果がありましたが、加減算では算盤が圧倒的に強く、算盤が優勢を誇っていました。

なお、当時これらの金利計算はそれぞれ銀行、会社の事務現場で行われており、今のような本部なり計算センターといった部署で集中して金利計算するということは、コンピューターの出現以後のことです。

それと、ご質問にもありますような10日で1割(といち)とか、「本金二五両利子金一分」(元金二五両につき月一分の利息)などの定め方がありましたが、
銀行などでは今の年利以外に「日歩(ひぶ)」といって元金100円当たりの1日の利息を表わす方式が永らく使われていました。例えば「日歩5銭」といえば100円につき1日5銭ですが、これらの方式は日々の金利を算盤計算をするのにまことに適した方法でした。

なお、ご質問のとおり、元利均等返済というのは全くパソコン時代の産物で、以前は元金均等返済(元金均等、金利低減)とかアドオン方式(元金と期間中のアドオン金利の加算額を分割返済)等が行われていました。

電卓やコンピューターが無い時代の金利計算は、もっぱら算盤でした。
計算尺というお答もあるようですが、計算尺はアナログ(つまり、物差で長さで読み取った数値)で概算しか出ませんので、通常の金利計算には不向きでした。

大正末期になって掛け算・割り算には手回し式計算機(タイガー計算機が有名)が普及し、更に電動式の計算機(ドイツのブリーデン計算機が有名)が出現しましたが、昭和30年代後半で1台30万円もしたので、余り一般的ではなかったと思います。
しかも、これら計算機は1960年代に出現した...続きを読む

Q三井住友VISA

のATMからカードで10万円借りたら利息が4000円でした。高くないですか?消費者金融(大手)でも1万円で1週間の利息が50~70円と聞きましたが、それなら1ヶ月200円~280円、十万円なら2000~2800円の計算ですよね?

Aベストアンサー

 三井住友VISAのサイトからキャッシングの実質年率を調べました。27.8%です。
 改正出資法上限が29.20%です。
昨年6月業務・資本提携したプロミスの上限金利が25.55%。この点でいえば、利息制限法以上のグレーゾーンである事だけで言えば、消費者金融会社と変わる事はありません。クレジットカードにステータスを感じるのは分かります。ネックは締め日と引落日がある事が、消費者金融はATMで返したい時に返せる事から、どちらも日数計算ですが、イメージの悪い消費者金融の方が利率も低く、払うべき利息も節約できると言う逆の利点を持っていたと言う結果でしょうか?思い込みやイメージだけで悪者にされている消費者金融の様にも見えます。
VISAの良さは海外での利用範囲が広いらしい事のようです。JCBが国内では人気のようですが、海外加盟店の歴然とした差があると言うことを良く聞きます。(あくまでも私の聞いたところの話)
 利息にシビア-な方でしたら、前の回答者の利率計算方法を良く理解し、思い込みやイメージで判断せず、利率の比較と利用方法を良く理解し、ご自分の納得の行く利用方法を見つけて下さいませ。

 三井住友VISAのサイトからキャッシングの実質年率を調べました。27.8%です。
 改正出資法上限が29.20%です。
昨年6月業務・資本提携したプロミスの上限金利が25.55%。この点でいえば、利息制限法以上のグレーゾーンである事だけで言えば、消費者金融会社と変わる事はありません。クレジットカードにステータスを感じるのは分かります。ネックは締め日と引落日がある事が、消費者金融はATMで返したい時に返せる事から、どちらも日数計算ですが、イメージの悪い消費者金融の方が利率も低く、...続きを読む

Q貸したお金の、金利を計算できません

金利計算ですが、金利にも色々と、単利や複利など種類があったりと
難しいです。

貸したお金は30万円
返済は月に6万円(内1万円が利息という言い方をされました)
返済期間は6ヵ月(利息分で合計6万円)
貸付日6月20日
返済開始7月20日
完済予定日12月20日

ネットで「金利計算」と調べても、実際の金利○%を記入しないと
計算ができなかったり
私は、金利は、返済の過程で元本が減るたびに、金利も安くなる
と思ってましたので(金利の種類次第なのか?)、頭の中がごちゃまぜになってます。

金利に詳しい方、上記の貸し付けの場合
(1)金利の種類
(2)金利○%(月利で考えるのか、6ヵ月で考えるのかもわかりません)

ご教授を願いたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1)金利の種類は「アドオン金利」です。

(2)アドオン金利は16.66%
 実質年率は65.36%程になります。


>私は、金利は、返済の過程で元本が減るたびに、金利も安くなる
>と思ってましたので(金利の種類次第なのか?)、頭の中がごちゃまぜになってます。

その通りで、金利の種類(計算方法)次第です。
住宅ローンなどはおっしゃる通り、元本が減るたびに利息(利子額)が安くなります。
ウィキペディアに「金利の違い」が分かりやすく載ってました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%88%A9#.E5.AE.9F.E8.B3.AA.E5.B9.B4.E7.8E.87.E3.80.81.E3.82.A2.E3.83.89.E3.82.AA.E3.83.B3.E9.87.91.E5.88.A9

Q三井住友カード

私は、三井住友カードの提携カードであるANAマスターカードに入会しているのですが今年の8月分の振り込みが遅れたため先日カード会社より「カードご利用代金のお支払いについてのお願い」の葉書が信用管理部と言う部署から届いたのですがこれによると、今後、万一支払いが遅れるとカードの利用制限や会員資格を取り消すことがありますと言う事です。そこで気になるのですが、既に信用機関へブラックとして登録されてしまったと言う事なのでしょうか。8月分の支払い日が8月10日だったのですがその日に間に合わず次の引き落とし日が8月20日だったんですがこれにも間に合わず翌日の8月21日に銀行より振り込みました。

Aベストアンサー

>既に信用機関へブラックとして登録されてしまったと言う事なのでしょうか。

一回だけの振込不可では、ブラックにはなりません。
催促葉書内容に有る通り「支払いが無い場合、ブラックにしますよ」という通知です。

ただ、催促があっても金融事故を起こしたのですね。
三井住友銀行グループに対して、あなたの信用が下がっただけでしよう。
ブラックまでには、至っていないと思います。

前歴があるので「仏の顔も3度まで」という言葉があるように、今度催促があれば危ないですよ。

Q金利が5年目、10年目で変わる場合のローン計算式

http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Keisanki/JTSL/Loan.html

上記のページで固定金利での月額支払額の計算式はわかったのですが、最初0.5%だったものが5年目から金利が0.2%上がり、10年目からさらに0.2%上がるという風に金利が変わった場合の計算式がわかりません
シュミレーションのページのような結果をだす計算式はどのような計算式にすればいいのでしょうか?

シュミレーションのページ
http://www.hownes.com/loan/sim/repayment.asp

Aベストアンサー

元利均等返済の毎回の返済額は次の式で表され、金利が変わったら、その時点の元本残高と、新しい金利と、残期間で再度、月額支払額を再度、算出します。

P = L × r × (1+r)^n ÷ ((1+r)^n - 1)

P:毎回の返済額
L:借入額
r:月利(年利の12分の1)
n:返済回数

ローン借入額3000万円、当初金利0.5%、返済期間35年(420回)のケースで考えてみます。
当初の返済額は次のようになります。

P = 30,000,000×0.005/12×(1+0.005/12)^420 ÷ ( (1+0.005/12)^420 -1 ) = 77,876円
http://goo.gl/7uUkA

5年(60回)経って、金利が0.2%上がって、0.7%になったとします。
その時点の元本残高は、

5年経過時残高 = 77,876×( 1 - 1/(1+0.005/12)^(420-60) ) ÷(0.005/12) = 26,028,988
http://goo.gl/k1wnF

これを借入額として、金利0.7%、返済期間30年(360回)で、返済額を計算します。

P = 26,028,988×0.007/12×(1+0.007/12)^360 ÷ ((1+0.007/12)^360-1) = 80,181円
http://goo.gl/DQZNx

10年(120回)経って、金利がさらに0.2%上がって、0.9%になったとします。
その時点の元本残高は、

10年経過時残高 = 80,181×(1- 1/(1+0.007/12)^(360-60) ) ÷(0.007/12) = 22,061,250円
http://goo.gl/T8pUf

これを借入額として、金利0.9%、返済期間25年(300回)で、返済額を計算します。

P = 22,061,250×0.009/12×(1+0.009/12)^300 ÷ ( (1+0.009/12)^300 -1 ) = 82,148円
http://goo.gl/Gjpoz

となります。

端数処理の違いから、各シュミレーションとは多少、誤差があると思います。

Excelで毎月の返済額を計算したり、返済予定表を作るときはこちらを参考にしてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1256464652

元利均等返済の毎回の返済額は次の式で表され、金利が変わったら、その時点の元本残高と、新しい金利と、残期間で再度、月額支払額を再度、算出します。

P = L × r × (1+r)^n ÷ ((1+r)^n - 1)

P:毎回の返済額
L:借入額
r:月利(年利の12分の1)
n:返済回数

ローン借入額3000万円、当初金利0.5%、返済期間35年(420回)のケースで考えてみます。
当初の返済額は次のようになります。

P = 30,000,000×0.005/12×(1+0.005/12)^420 ÷ ( (1+0.005/12)^420 -1 ) = 77,876円
http://goo.gl/7uUkA

5年(60回)...続きを読む

Q三井住友カードローンの増枠について

もしお分かりの方ありましたら、些細なことで結構ですので教えてください!

現在、セゾンに200万円の枠で100万円ほど借りています。

三井住友のカードも、50万円の枠があり以前は借りていたのですが、今は借りていません。

できれば、セゾンの借金を三井住友にまとめたいと考えているのですが、おまとめのような対応をしてくれるものでしょうか?

当方、年収は約600万円の独身です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・セゾンは、MONEY CARD の事でしょうか、この場合金利は12%~15%(12%、14%、15%の3種類)だと思いますが
・SMBCのカードは、ローンカードの事でしょうか、100万までの金利は12%、100万超200万までの金利は10%です
・1社ですから、おまとめにはなりません、借り換えにあたります
 SMBCのローンカードはその様な対応はしていませんから、枠の増額を希望して、借入れてセゾンの分を一括返済になります
・この場合、セゾンの金利と、SMBCの増額後の枠の金利の比較になります(SMBCの金利<セゾンの金利、でないとメリットがない)
・SMBCローンカードの契約限度額の増額は下記までお問い合わせ下さい
 (増額出来るかどうか、いくらまでなら可能かは審査次第)
 【三井住友銀行 カードローンプラザ】
 フリーダイヤル 0120-923-923
 受付時間    9:00~21:00(1月1日を除く。土・日・祝日も営業)

Q続:金利の計算の仕方を教えてください。

既に「教えて!goo」の中に
「金利の計算の仕方を教えてください。」

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1494164

というのがあったのですが、

これを見ていても、まだ金利の計算の仕方がわかりませんでした。

金利年0.01%の場合の計算式が
「100万× 1.0001 」= 受取合計1000100円となっていました。

単純に考えると、
0.01%だとすると、
「100万× 1.01」=受取合計1010000円と思ってしますのですが、金利の計算式では、小数点以下2ケタではなく4ケタになるのでしょうか?

Aベストアンサー

たぶん勘違いではないでしょうか?

1%=0.01
0.1%=0.001
0.01%=0.0001 です。
なので、100万円の0.01%は 100万×0.0001=100円でいいのです。

Q三井住友銀行カードローンについて

三井住友銀行でカードローン(借金)が、残り112万円あります。
(最初の借入H22年7月106万、H24年7月に更に26万借入、H24年12月に10万借入)
現在まで毎月の返済ができずに遅延(滞納?)などが多くあります。
総額136万借りて、結局現在112万にしか減っておらず、55万は毎月の定例返済で振込みしていたのは、確かなのですが利息で全然減るどころか増えていきます。


毎月の定例返済額3万円で、別に利息が2万円毎月引かれています。
色々調べた結果プロミスとの提携(SMBCコンシューマーファイナンスとして)していて、多分借りた当初の金利は、17.8%、現在返済遅延などで20%まで上がっていると思われます。
借金をしているのが銀行名義人(父)ではなく、黙って借りた家族の者(母)なので、問い合わせしても利息等について教えてくれません。事情があり、父に借金の事は絶対に言えず、返済を何とかしようと現在必死です。私自身(娘)借金経験がなく全く無知なので、どうしたらいいのかわからず相談させて頂いています。

基本的な事ですが、あと112万借金があるのですが、カード1枚に普通預金とキャッシングがついていて、カードの差込口で切り替えて出し入れするのですが、利息を下げたいので何とか、かき集めた
50万をキャッシング側に入金すれば残高112万→62万になったところで翌月からの利息は下がるのでしょうか??現在20%と考えどれくらいまで下がるのでしょうか?

三井住友銀行でカードローン(借金)が、残り112万円あります。
(最初の借入H22年7月106万、H24年7月に更に26万借入、H24年12月に10万借入)
現在まで毎月の返済ができずに遅延(滞納?)などが多くあります。
総額136万借りて、結局現在112万にしか減っておらず、55万は毎月の定例返済で振込みしていたのは、確かなのですが利息で全然減るどころか増えていきます。


毎月の定例返済額3万円で、別に利息が2万円毎月引かれています。
色々調べた結果プロミスとの提携(SMBC...続きを読む

Aベストアンサー

元金112万円
利息20%
50万円返済
で 計算します。

まず、元金に掛かってる1日の利息
112万円×利息20%(年利)=224,000円(年間利息)
224,000円÷365日=613.69円(1日の利息が613円)
これを「定例返済額3万円」にすると(3月末日支払い)
利息計算 613円×31日=19,003円
定例支払い30,000円ー19,003円=10,997円
3月の支払いは 元金10,997円 利息19,003円 です。

これを3月1日(仮定)50万円を返済したとしたら
元金に掛かってる1日の利息
(112万円ー50万円)×利息20%(年利)=124,000円(年間利息)
124,000円÷365日=339.72円(1日の利息が339円)
これを「定例返済額3万円」にすると(3月末日支払い)
利息計算 339円×31日=10,509円
定例支払い30,000円ー10,509円=19,491円
3月の支払いは 元金19,491円 利息10,509円 です。

50万円返すことで月返済の利息 19,003円ー10,509円=8,494円少なくなる。
言い換えれば「3月は元金返済に8,494円多く返せる」です。

元金112万円
利息20%
50万円返済
で 計算します。

まず、元金に掛かってる1日の利息
112万円×利息20%(年利)=224,000円(年間利息)
224,000円÷365日=613.69円(1日の利息が613円)
これを「定例返済額3万円」にすると(3月末日支払い)
利息計算 613円×31日=19,003円
定例支払い30,000円ー19,003円=10,997円
3月の支払いは 元金10,997円 利息19,003円 です。

これを3月1日(仮定)50万円を返済したとしたら
元金に掛かってる1日の利息
(112万円ー50万円)×利息20%(年利)=124,000円(年間利息)
1...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報