現在30歳の札幌在住放射線技師、妻一人子一人です。
税込年収が450万円ちょうどなのですが病院の事情から、まだ若いのですがもうこれ以上あがることがなさそうです。
脳外ではなく内科勤務なのですが、夜間救急呼び出しが結構あり、時間外手当がこのうち50万円ほどを占めます。仕事の内容などには満足しています。

そこで子供をできれば二人育てたいので、まだまだちゃんと昇給する病院(脳外以外)に行きたいなぁと思い、大学の推薦や友人を通じて求人を探してみました。

そうすると、10年~20年前と違い、求人している病院ではせいぜい税込み400万円をぎりぎり越えるくらいの職場ばかりでした。皆さん、とくに北海道に勤務されている技師さん達はだいたいどのくらいの収入なのでしょうか?また昇給はいくらくらいで何歳くらいまであがっているようですか?

また、先日大学の推薦を頂き、ある病院に面接に行ってきました。
そこでは税込年収400万円で、昨年まで毎年4000~5000円昇給しているから、5~6年もしたら現在の収入においつくよとのことでした。条件は素晴らしいのですが、現在の収入から年間50万円ダウンになるので、入ってから突然昇給が止まってしまった場合を考えると怖いのも事実です。国公立系以外の民間病院に勤めている方で、この厳しい医療業界冬の時代でも今年や昨年4,5000円昇給している方はいらっしゃいますか?
また私はこの場合動かず現在の職場に残ったほうが良いでしょうか?
つまり現在の不況下では450万円のままあと30年間技師をやるのと、収入アップを期待して現時点では多少のダウンを我慢してよその病院にいくのとどちらが良いでしょうか。

家族もおり、そろそろ本気で考える年齢になってきているのでやきもきデス^^;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

道内の地方都市在住ですが、


札幌だからまだそんな呑気なことを言っていられるわけで、
札幌市以外に状況をよく調べて下さい。

地方では医師不足等により、
地域の中核病院が経営破たんに追い込まれたり、
一部診療科や病棟を閉鎖せざるを得ないような状況が、
ごく身近にあります。
病院が閉鎖、あるいは規模縮小になれば、
当然放射線技師も働く場がなくなるわけで、
私のまわりでも、現実にそういう方は何人もいます。
一部の方は札幌圏に職を求めました。

「突然昇給が止まってしまった場合を考えると怖い」どころか、
現実に突然職場がなくなっています。

「医療業界冬の時代」と書かれていますが、
それは今現在の世界的な経済的不況とは、
直接の関係はありませんよね?
確かにこれまで、医療費に「無駄」があったことは事実だと思います。
しかし今後ますます高齢化社会を迎え、
また費用のかかる先進医療化も進む中、
国が更なる医療費削減を進めるのだとしたら、
たとえ経済的な不況が好転したとしても、
民間医療機関が人件費として捻出できる額は、
今後はたして増えていくと考えられますか?

去年よりも今年、今年より来年と、
自分が努力した分。あるいは技術向上した分、
報酬も上がってほしいというのは分かります。
しかし、自分が質的・量的に前年よりも多くの仕事をこなしたとしても、
診療報酬がどんどん下げられていけば、
医療機関に入ってくる収入は増えません。
したがって職員の給与も増えません。

ご質問を拝見して、すごくひ弱な考えだなぁと思いましたが、
今の医療政策の下では、札幌圏とて安泰ではないと思います。
地方で職を失った技師も、相当数流れ込むでしょうし、
医師不足、看護師不足などから、破綻する医療機関も出てくるのではないかと思います。

自分は国が削減を進める療養病床の病院勤務なので、
まぁ、まな板の鯉・来るなら来てみろと思っていますが。

ご質問への回答にはなっていないかも知れませんが、
隣の芝生を覗いてみても、仕方がないでしょう。
遠からず「脳外は・・・」などと、言っていられなくなると思います。
厳しいですが、現実です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臨床検査技師と放射線技師

臨床検査技師か放射線技師になろうと思っているのですが、どちらにしようか迷っています。
母が病院に勤めていて、女の放射線技師は結構需要があると言っていたのですが、本当に迷っています。臨床検査技師は女の技師の需要は放射線技師ほどはないのでしょうか?

Aベストアンサー

臨床検査技師は男女関係なく飽和状態です。
女性放射線技師は昨今の乳ガン検診で需要が高まっています。
卵巣に放射線の影響があると言われていましたから、そもそもなり手が少なかったので余計に需要が高まっています。
被爆問題に関しては、大幅改善されていますから、女性の放射線技師は増えてきています。
それでも過度な不安から、女性技師は検査技師に比べて増加率は緩やかです。
就職を考えると、放射線技師の方が引く手あまたでしょう。

Q今年25歳になる臨床検査技師です。大学卒業後、3年間病院で勤務してきました。そこの病院では広く浅く検

今年25歳になる臨床検査技師です。大学卒業後、3年間病院で勤務してきました。そこの病院では広く浅く検査を行っています。勤めていくうちに、もっと専門的な検査技術を学びたいと思い、大学病院に転職してみたいと考えるようになりました。
そこでご質問なのですが、25歳になって大学病院に転職することは出来るのでしょうか?
それとも大きな病院に行って検査技術をじっくり磨いた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

私の知っている大学病院は確か27歳くらいまでなら正社員になれたそうです。
ですが大学病院の求人って見つかりましたか?
中途採用な場合、めったに求人が無いうえに、また何らかのコネでもないと入職するのは難しそうですが・・・。
それこそ何か専門分野に長けているとか、上級資格を持っているなどあればまだ入りやすいです。
またブランチ化されている病院もあるので、大学病院に入ったからといって必ずしも専門的な検査技師になれるとは限りません。

そうですね、まずは方向性を定めてみてはいかがでしょう?
エコーを中心とした生理機能検査の道か。
細胞検査士の病理検査。
輸血関係の免疫学検査。
ジャンルによっては養成学校もありますが、たまに経験が無くともやる気があれば学ばせてもらえる検査室の求人もあります。
大学病院に限らず、総合病院や個人病院でも勉強会や学会参加に積極的な職場はあります。
25歳ならまだ道は開けると思いますので、がんばって就職活動をしてみてください。

Q放射線技師さんのお仕事

僕は放射線技師になりたいと思っています。
テレビで放射線治療というものを見て、ガンを治療することができることを知りました。
放射線技師になろうと思ったきっかけはこの治療法が一番の動機になりました。僕は「患者さんがガンを克服して喜ぶ顔が見たい」という夢があります。
そこで質問ですが、実際放射線技師は普通このような
治療を頻繁にやるのでしょうか?レントゲン撮影とかが主な仕事となるのでしょうか?
僕の妄想かもしれませんが、放射線技師のことを良く知ってる方教えてください。

Aベストアンサー

jibiyuさん、こんOOは。

私は放射線技師になって十数年経ちますが、No.3の方と同じく放射線治療に直接かかわったことはありません。放射線治療の施設がある病院は俗に言う大病院に多く、勤務している技師数十人のうち治療担当数名、そのうち放射線治療専任は1名から2名といった配置となっていることが多いです。しかも配置転換があって、退職までずうっと放射線治療一筋とはなかなかいきません。

そこで、大部分の放射線技師はエックス線撮影部門や核医学部門で活躍することになります。大部分はレントゲン撮影やCT、MRIなどの検査が業務になります。最近増えてきているのがIVRといわれている、レントゲン装置でモニタを見ながら治療器具を体内に挿入したりして行う治療(小手術)です。たとえば心筋梗塞や脳梗塞で詰まった血管を風船で広げたり、病変部近くまで管を送ってそこから薬を投与したりします。また、脳内にできた血管の瘤にコイルといわれる金属を挿入して瘤からの出血を止める治療などもあります。ガンの治療では、ガンに栄養や酸素を送る血管にわざと金属(コイル)や薬を送ってその血管を詰めてガンを壊死させる治療もあります。いずれにしろIVRでは手術のようにお腹を切って開けたり頭蓋骨を切ったりせず、一箇所もしくは数箇所から少し太めの針を体に挿しそこから器具を挿入して行うので、全身麻酔が不要な場合が多く、患者さんの身体的負担も少ないメリットがあります。放射線技師が直接治療に手を下すことはできませんが、装置の運転や治療中のレントゲン撮影などIVRには欠かせない職種ではあります。私の体験談ですが、夜中に心筋梗塞で病院に担ぎこまれ緊急の治療に付くことがあります。徹夜になることもあります。それでも今そこで治療をしないと命にかかわります。重症で治療が成功するのが難しい場合などで成功した時、思わずスタッフ一同から歓声が出たり、治療後患者さんからありがとうの一言が眠さを吹き飛ばして自分が元気になったりとやりがいを感じました。と、いう風に放射線治療以外でもいろいろ患者さんの治療にかかわることができます。

jibiyuさん、放射線治療専門技師ってご存知ですか。現在、放射線技師の業務内容が高度化されてきて、浅く広くの技量では業務の遂行が難しくなってきました。放射線治療でも過去に技師のミスで患者さんの命にかかわる事故が起こりました。そこで専門的に業務に就いたり指導に当たったりする専門技師を養成することになりつつあります。勤務先に放射線治療の施設があり、かつ勤務先の支援、バックアップがあって、ものすごい努力をすれば放射線治療専門技師になれるでしょう、そうすれば当初の希望通り放射線治療に深くかかわれるようになれると思います。

jibiyuさん、こんOOは。

私は放射線技師になって十数年経ちますが、No.3の方と同じく放射線治療に直接かかわったことはありません。放射線治療の施設がある病院は俗に言う大病院に多く、勤務している技師数十人のうち治療担当数名、そのうち放射線治療専任は1名から2名といった配置となっていることが多いです。しかも配置転換があって、退職までずうっと放射線治療一筋とはなかなかいきません。

そこで、大部分の放射線技師はエックス線撮影部門や核医学部門で活躍することになります。大部分はレントゲ...続きを読む

Q工学技師 or検査技師?

今現在臨床工学技士専攻科に通う26歳です。
その前は検査技師として3年間病院勤務しておりました。
再び就職なのですが工学技士か検査技師かで悩んでおります。
将来性、給料面からみてどちらが優位でしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

NO.1さんと同じく、臨床工学技士として働いているものです。

工学技士も検査技師も同じパラメディカルなので、給料(基本給)はほとんど大差ないと思います。再就職する職場にもよりますが、工学技士の方が、on callや当直などで副収入??がつきやすく、手取りは多いような気がします(その分忙しいかもしれませんが・・・)。
私個人的な意見ですが、両資格の将来性うんぬんは別として、検査技師として就職すると、せっかく取得した工学技士の免許を活かしきれないと思います。工学技士で就職すると、何らかの形で検査技師の知識が活きてくる思います。また、仕事内容もかぶせやすいと思います。

以上を踏まえて、私なら臨床工学技士で再就職すると思います。

Q診療放射線技師の仕事の範囲は?

診療放射線技師が、X線写真を撮ったり眼底写真を撮ったりしているのを見ます。
超音波やMRIは検査技師や看護師でもできると聞いたのですが、心電図って放射線技師でもできるんでしょうか?

Aベストアンサー

医師はオールマイティですから別格として。
放射線を用いるもの:診療放射線技師のみ。
その他の診療の補助行為としては看護婦は可能で、その内、政令で定める内容については臨床検査技師、診療放射線技師でも可能となっています。
その内容は臨床検査技師で現在16あり心電図、超音波、MRI、眼底(無散瞳)などが含まれます。
診療放射線技師ではMRI、超音波、眼底(無散瞳)の3項目のみが放射線を扱わない項目として許可されています。
よって、御質問の心電図検査は放射線技師の業として行うことはできません

Q臨床検査技師から放射線技師  

私は今、国立の臨床検査専攻のある大学に通う四年生の女の学生です。

今就職活動を考えいるのですが、いろいろ調べるうちに、このままでいいのかなと思ってしまっています。
そして、同じ学校にある科だからかもしれませんが、放射線技師の学校(国立大や専門学校)に入って、やり直そうかと思ったりしています。
 
その場合、同じような専門をとっているので、編入などで、なるべく短期間でできないかなと思っています。
でも、センターや受験勉強をやり直すのは少し乗り気になれません。


なにか似たような経験をされたかた、このような方法があるなど知っている方、もしよかったら教えてください。

また、この安易な考えに対してのご意見ももらえたらうれしいです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

臨床工学技士(CE)を目指してる臨床検査技師(MT)です。
放射線技師の大学に編入するためには放射線技師の専門学校や短大を卒業していないと無理だったと思います。
診療放射線技師法に国家試験の受験資格は『文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した診療放射線技師養成所において、3年以上診療放射線技師として必要な知識及び技能の修習を終えたもの』と記載されていますので最低3年間勉強する必要があるはずです。基礎医学などの履修は免除されるかもしれませんが卒業までの年数は短くならないでしょう。
MTが短期間で取れる資格ならCEぐらいじゃないかと思います。これなら1年で取れます。需要はMTより多いと思います。治療に直接関われるのでやりがいはあると思います。

Q診療放射線技師の業務独占について

診療放射線技師の業務独占について

医師の指示の下であっても、診療放射線技師以外のコメディカルが放射線を照射することは違法でしょうか?
アンギオ装置で透視や撮影を行うことは違法となるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

診療放射線技師です。

診療放射線技師法第2条の2項で
「この法律で「診療放射線技師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、医師又は歯科医師の指示の下に、放射線を人体に対して照射(撮影を含み、照射機器又は放射性同位元素(その化合物及び放射性同位元素又はその化合物の含有物を含む。)を人体内にそう入して行なうものを除く。以下同じ。)することを業とする者をいう。 」
と、診療放射線技師について定められています。

また同法第二十四条において、
「医師、歯科医師又は診療放射線技師でなければ、第二条第二項に規定する業をしてはならない。」
とあります。

従って、透視や撮影を、診療放射線技師以外のコメディカルがすることは、違法です。

「医師がいればスイッチを踏むのを看護師などに頼むのは問題ない。」
という方は、どういった法に基づく根拠があるのか、私は存じません。

Q診療放射線技師と臨床検査技師

    
現在高2の者です。
   
将来、診療放射線技師と臨床検査技師の
どちらの職業につくべきかで悩んでいます。
   
なるとしたらどちらの方がおすすめ(?)でしょうか?
  
給料・やりがい・立場など
様々な面を考えてご回答よろしくお願いします!
     

Aベストアンサー

診療放射線技師に従事しています。20年ほどこの仕事に従事しております。
就職に関しては、どちらも厳しい状態にあるといえますが、まだ放射線技師のほうが有利かもしれません。臨床検査技師は、病院内での仕事が少なくなってきており、ほとんどが外注のラボに回している状況だと思います。しかし、外注のラボでの需要はあるのかもしれません。
やりがいについては、非常に難しい問題で、どういう施設に就職するか、あるいは、職場の雰囲気、先輩方の考え方などに左右されることが多いと思います。
私の施設では放射線技師数十名おりますが、それぞれ考え方がバラバラです。日々の仕事をこなして決められた給料をもらって満足するもの、仕事を少しでも高度なものにするために日々研究をしているもの、自分たちの職種の立場を向上させるべく努力しているもの、まともに仕事をせずぶらぶらしているものと様々です。やりがいは自分で見つけていくものかもしれませんが、周りのスタッフの影響は非常に大きいと言えるでしょう。
放射線関係は、専門が分かれており、それぞれに研究が進んでいます。自分たちの仕事が、どのように医療に役に立っているのかを理解し、業務に就くにあたっては、その検査や治療の精度を上げていく、そして検査を受ける患者さんへの負担を少なくしていくという目的意識を持って仕事をするのであれば、非常にやりがいのある仕事だと思います。
給料に関しては、施設により非常に異なりますので、なんとも言えませんが、悪くはないと思います。
ご参考になりましたでしょうか。

診療放射線技師に従事しています。20年ほどこの仕事に従事しております。
就職に関しては、どちらも厳しい状態にあるといえますが、まだ放射線技師のほうが有利かもしれません。臨床検査技師は、病院内での仕事が少なくなってきており、ほとんどが外注のラボに回している状況だと思います。しかし、外注のラボでの需要はあるのかもしれません。
やりがいについては、非常に難しい問題で、どういう施設に就職するか、あるいは、職場の雰囲気、先輩方の考え方などに左右されることが多いと思います。
私の施設で...続きを読む

Q放射線技師について

大学を卒業して、放射線技師の免許?(国家試験の)を持つと「放射線がん治療」などにも携わることが出来るのでしょうか?
放射線技師はだたレントゲンを撮るとかしかできないのですか?

Aベストアンサー

放射線技師はX線画像検査、CT検査、MRI検査、超音波検査,ラジオアイソトープ検査,放射線治療等を行うことができます。全て医師の支持のもとですけどね。

Q臨床検査技師、臨床工学技師について

 良く分からないのですが、臨床検査技師、臨床工学技師の大きな違いとは何ですか?
 今、どちらの道に進もうか悩んでいます
 将来性のあるのはどちらのなりますか?
 また、年は大卒(化学系)で新たな進路として頑張ってみようと思うのですが、年が25になります
 就職する頃には28になりますが、就職はありますか? 少し心配です いろいろ教えてください

Aベストアンサー

臨床工学“技士”です(“技師”では無いのでお間違え無きようお願いします)
NO.2さんの説明に補足します。

就職に関しては、検査技師より工学技士のほうがまだ余裕はあります。
私のいる地域では、検査技師の新卒で病院に勤められるのはごくわずか(10~20%)です。後は検査センターなど病院以外の施設や一般の会社、検査技師とは全く関係のない仕事に就くようです。
(昔に比べて病院の検査業務に外注で間に合う分野が増えたことが主な原因です)

工学技士は、病院にとって必ずしも雇わなくてはならない要員ではありません。業務独占分野(この資格でなくてはできない業務)が無いからです。
例として、レントゲンを取れるのは医師と診療放射線技師だけと法律で決まっています。工学技士にはこのような業務が無いのです。ただし人工透析室、心臓血管の手術室、ICUを有するような病院では工学技士を雇っている所が多いです。

実は私も大卒から専門学校に入りなおして工学技士の資格を取ったのですが、卒業時に27歳、しかも女でしたが就職は何とかできました。年齢制限ありの募集もありましたが、20代であればまだ大丈夫かと思います(大規模、有名病院は厳しいかもしれませんが)。
地域によっても差がありますから、養成校の入学体験などで先生を捕まえて詳しく就職状況を聞いてみてはどうでしょうか。

ただし元々のご専門が化学ということですから、本来であれば検査技師のほうが近いですよね。工学技士はその名の通り「工学」主体です。

臨床工学“技士”です(“技師”では無いのでお間違え無きようお願いします)
NO.2さんの説明に補足します。

就職に関しては、検査技師より工学技士のほうがまだ余裕はあります。
私のいる地域では、検査技師の新卒で病院に勤められるのはごくわずか(10~20%)です。後は検査センターなど病院以外の施設や一般の会社、検査技師とは全く関係のない仕事に就くようです。
(昔に比べて病院の検査業務に外注で間に合う分野が増えたことが主な原因です)

工学技士は、病院にとって必ずしも雇わなくてはならない...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報