いつも参考にさせてもらっています。
今会社で某グループウェアを使用して業務を行っています。
海外にも支社があり同じグループウェアを使用しているのですが、日本のサーバー上に作成してあるデータベースを海外から使用するとかなりの処理時間を要しますよね?
海外からも処理をしたい(データを作成したり更新したり)のですが、そのような場合、どのような運用をされているものなのでしょうか?

A 回答 (2件)

#1です。



実際にデータを作成したり更新するのは「回線」ではなくて「サーバー」です。
大量のデータをアップロードしたりダウンロードする性質の業務じゃないかぎり、「回線」を通るのはサーバーに対する処理要求や、サーバーからクライアントのブラウザに返されるHTMLソースだけです。
この点は誤解なさらないように。


日米の中間を採るのであれば「レンタルサーバー」や「ホスティングサービス」があります。
現在お使いのグループウェアが割りと有名なものであれば、そのグループウェアがインストール済みのサービスを探すことも難しくありません。
大抵はグループウェアのメーカーのWebサイトで紹介したりしてます。
相談なさってみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0

電気や光の信号ですから距離はほとんど影響ないはずです。


日本からも海外のWebサイトにストレスなくアクセスできますしね。


そのグループウェアはどこに置いて運用なさっているのですか?

インターネット上のサーバー(グループウェアのメーカーのレンタルや一般のレンタルなど)であれば、日本の支社も海外支社も、それぞれのインターネット接続スピードにのみ影響されます。
専用線やADSLなら速いけどモデムやISDNなら遅い、っていうだけの話です。

日本の支社のイントラネットなどに置いてあって、海外支社は外部からの接続になるのであっても、海外支社のインターネット接続環境が専用線などであれば特に影響ないはずです。
国内支社のLANのスピードは100Mでしょうから、海外支社のインターネット接続スピードが100Mかそれ以上であれば、結局のところ海外支社のLANのスピード(これも100Mだと思います)以上には上がらないってことです。

一番影響があるとすれば、海外支社からのアクセスが増えて処理に影響が出るほど非力なサーバーを使ってる、って場合ですかね。
とは言え、ユーザー規模がわかりませんが、これもあまり心配する必要もないかと。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
サーバーは日本、海外とも自社のイントラネット内に設置しています。
社内のLAN環境は問題ないと思うのですが、日本と海外を結ぶ専用線が128kbだと思うんです(直接ネットワークの担当ではないので深くは分からないのですが・・・)
ですので、海外から処理をする場合影響が出てしまいます。
こういう場合の運用方法の一例などがあればお聞きしたいです。
それともこのような環境の方があまり例が無いでしょうか?

補足日時:2003/03/12 10:48
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング