小説を書いていて、言葉の表現方法によく詰まるので、過去に読んだ小説から用語を取り出し、メモ帳に書いておき、それを見て書く、ということをしています。
わかりやすく例を挙げて見ますと、「怒る」という表現を別の言葉でなにか表したいと思い、「憤怒」とメモ帳にあったのでそこを憤怒に変える、といった感じです。
ただ「憤怒」くらいなら私の教養範囲なのですが、たまにものすごく高度な言葉?がメモ帳に書かれているのを見つけてしまいます。

例えば「食べる」を「租借する」と書きたいのですが、租借する、を使用することによって、その前後の文章も変えなければいけない、しかしこの表現を使いたい、となってしまいます。私は文章を的確に表したいがために、租借という言葉を使うのではなく、租借という言葉を使いたいがために、文章を変えている。という矛盾が生じてしまっているのです。
端的に言えば高度な言葉に引っ張られている、とでもいいましょうか。

文章力の向上を計っていきたいと思い、メモ帳で用語を書いてきたのですが、こういった方法はあまりよろしくないのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

文章を書くときは一字一句に拘ります。

いわゆる「推敲」です。

「推敲」は基本的に自分の綴る文の流れから決まるもので、時には最も適した語彙を探り出すのに何日も費やすことになります。それは極端に言って創作者自身の存在をかけた「ことば」になります。

リルケの『若き詩人への手紙』の一節

『もしあなたが力強い単純な一語、「私は書かなければならぬ」をもって、あの真剣な問いに答えることができるならば、そのときはあなたの生涯をこの必然に従って打ち立てて下さい。あなたの生涯は、どんなに無関係に無意味に見える寸秒に至るまで、すべてこの衝迫の表徴となり証明とならなければなりません。』(p15)

を拳拳服膺し味わってみることでしょう。

文章力の向上は、ただに感受性の柔らかなときに「名作・傑作」を浴びるように読む以外にその目的を達成する手段などないと思われます。

>例えば「食べる」を「租借する」と書きたい

これは明らかに「咀嚼」の誤りでしょうが、ことばへの感受性という点で、質問者さんはどこか違う地平にいらっしゃるのではと危惧します。今は原点に立ち戻られる方がいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

こんにちは。


ボキャブラリーを増やして適切な言葉を使えるようになるには、それなりに本を読むことが必要だと思います。自分が心引かれた言いまわしをメモするのもいいことですが、その表現を使う為に文章を組み立てると歪みがでると思います。(オマージュやパロディとしてならありですが。)

> 言葉の表現方法によく詰まるので、
何か他の表現を使いたいと思うときには、類語辞典やシソーラス辞典が便利です。
個人的には「角川類語新辞典」がおすすめですが、本体価格5100円と少々高いです。まずは図書館などで類語辞典をご覧になってみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

そうですね、矛盾していると思います。


その「咀嚼」という単語を無理に使うために一文を変える事で、文章全体の中でその部分だけが浮いてしまうかもしれません。
それまでの文章の流れをぶった切ってしまいます。
文章を書く時、その単語が自分のものになっていなければ、使いこなす事は難しいですよ。

すぐに適当な単語が出てこない時もあるので、メモ帳を使う事は悪くないですが、まずはそれを使いこなすだけの素養が必要だと思いますよ。
NO,1さんのおっしゃっているように、本を読みながら、ニュアンスや前後の文章との繋がりなども含めてものにしてくしかないと思います。
そうして多くの単語を使いこなせるようになって、そのボキャブラリーの中から適切な単語を選べるようになるのが理想だと思います。
頑張って下さいね(^_^)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q表現や文章の構造に感動した小説を教えてください。

はじめまして。今回は小説について質問したいと思います。

小説を読んでいてよく思うのですが、小説って筆者によって文章の構成や表現の仕方は人それぞれですよね。
みなさんも今まで読んだ本の中で表現が豊かなものや個性的で面白いもの、文章の構造が奇抜なものなど印象に残った本がいくつかあると思います。
その本を紹介して下さい。たくさん書いていただいても読み切れないので数冊程度でお願いします。
どんなジャンルでも結構です。

一応私が読んで印象に残った本を書いておきます。
容疑者Xの献身・・・東野圭吾
十角館の殺人(館シリーズ)・・・綾辻行人
ブレイブストーリー、模倣犯・・・宮部みゆき
すべてがFになる(S&Mシリーズ)・・・森博嗣
あとライトノベルですが
戯言シリーズ・・・西尾維新
キノの旅・・・時雨沢恵一          ・・・etc

ほかにもまだあるのですが、数冊程度と自分で書いたので自重します。
返答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

伊坂幸太郎さんの作品は、文章構造が面白く、後半から最後にかけて「あっ!?」っと思うものが多いですね。構造的には「ラッシュライフ」「アヒルと鴨のコインロッカー」あたりが特に凝っています。好みでいえば、「陽気なギャング」2作や「死神の精度」等が好きですが。

京極夏彦さんは、書体やページ組みといった、視覚的な部分にまでこだわる作家さんで、ページの変わる部分では絶対文章が途切れないように(。で終って、新しい段落になるように)書かれています。また、登場人物のモノローグが、一行ごとに長い文章から短いのまでキレイな並びになっていたりとか。
○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○
○○○○○○○○
○○○○○○○
○○○○○○
↑こんな感じで。思考が段々シンプルになっていく感じですとか、視覚的にもよく分かります。
細かい部分だけじゃなく、全体の構造的にも凝ったものが多いです。
また、描写がしっかりしているので、重要な場面での室内の様子とか、登場人物の動きとか、映像としてイメージしやすい文章でもあります。

最近感心したのは、古典ですがベン・ヘクト「十五人の殺人者たち」という短編です。結末自体はそんなに派手な展開でもないのですが、ラストの意外性を出すための、周到な文章運び(不気味な世界を演出)にすっかり感化されて、ラストは「やられた!」。
文章的に奇抜な感じは全然しないのですが、読み終わってあらためて文章の秀逸さに気付かされる、という感じでした。(なので、これが何?どこか特別な文章?と思う方もあると思います。)古典って侮れないなぁ、と感心しました。

伊坂幸太郎さんの作品は、文章構造が面白く、後半から最後にかけて「あっ!?」っと思うものが多いですね。構造的には「ラッシュライフ」「アヒルと鴨のコインロッカー」あたりが特に凝っています。好みでいえば、「陽気なギャング」2作や「死神の精度」等が好きですが。

京極夏彦さんは、書体やページ組みといった、視覚的な部分にまでこだわる作家さんで、ページの変わる部分では絶対文章が途切れないように(。で終って、新しい段落になるように)書かれています。また、登場人物のモノローグが、一行ごとに長...続きを読む

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q文章を書く

文章の書き方の本が山ほど出ていますが、数冊を選びたいです。たとえば一冊の本を書くとしたら、全体の構成の考え方、多くの文章を展開していく技術、(読みやすさなど)を手ほどきしている本がいいんです、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

質問の「文章」とはどのような文章なのかが書いてないので答えにくいですが、
私としては「日本語の作文技術」本田勝一 著(朝日文庫)が一番役にたってると思います。
他に「文章読本」丸谷才一 著(中公文庫)も良いとおもいます。
また、小説作法について書いてある「小説家になる!」中条省平 著(メタローグ)もおもしろいです。
いずれにしろ、質問の「文章」の主たるもののジャンル(小説・論文・記事・エッセイ等)を示した方が、回答を得やすいと思いますよ。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q小説でも書こうかな

最近思うのですが。専用のソフトってあるのでしょうか?WORDで書くのが普通なのでしょうか。

Aベストアンサー

そういったソフトはあるとは思います。

しかしオンラインの物書きさんや、一部知り合いのプロ作家さんの話をきくと普通にエディタやWORDで書いている方が多いようです。

私もかく時はテキストエディタです。やっぱり軽いし起動が早いので、書きたい時にさくっと書けますから。

とはいっても、さすがにメモ帳だと辛いので、EmEditorを使っています。

それで印刷する時、書式を設定する時には一太郎を使っていますね。

ちなみにWordは小説書き用に使う用途は考慮していないので、いろいろと面倒くさいですし。ちょっと特殊な文字などにルビを振ると、そのルビそのものが一行になってしまうなど、小説書き用としては使いづらくて仕方ありません。


と、いう訳で最初かく時は横書きですね。
書式を整えたりする時に縦書きに変更しています。


物書き用として使うなら、Wordと一太郎ですと一太郎の方が確実に使いやすいです。

もちろん今までWordを使ってこられた人だと最初は戸惑うと思うのですが、やはりWordはアメリカ産、一太郎は日本産なので、日本語の文章を書くには一太郎の方が使いやすいです。

ビジネス文書などであればWordで十分ですし、Wordの方がいい部分も沢山ありますが。こと物書き用であれば、圧倒的な一太郎ですね。

縦書きにした時の動作の仕方も綺麗で見やすいですし。書式の設定の仕方もWordよりわかりやすいですし、ルビふっても書式が変わりませんし。

何よりATOKが付属しているので、日本語変換が楽ちんになります。MS-IMEはやっぱり最初からついてるソフトだけに、ちょっとおばかなのでw

いまのATOKですと、連想変換なんて機能もあるので物書きしてる時にはけっこう使えます(例えば雨とうって連想変換すると どしゃ降り、霧雨……といった関係するような言葉が出てくる)。

一太郎もどちらかというとビジネス文書メインのソフトなので、ときどき「あれー」と思うところはありますが、Wordよりはずっと使い安いですよ。

なお、私はJustSystemさんの回し者ではありませんw

そういったソフトはあるとは思います。

しかしオンラインの物書きさんや、一部知り合いのプロ作家さんの話をきくと普通にエディタやWORDで書いている方が多いようです。

私もかく時はテキストエディタです。やっぱり軽いし起動が早いので、書きたい時にさくっと書けますから。

とはいっても、さすがにメモ帳だと辛いので、EmEditorを使っています。

それで印刷する時、書式を設定する時には一太郎を使っていますね。

ちなみにWordは小説書き用に使う用途は考慮していないので、いろいろと...続きを読む

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Qオススメのミステリー小説、幻想小説

最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

Aベストアンサー

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。
ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q短編小説でもいいから書きたい!

短編小説から小説というものに挑戦していきたいのですが、どのような努力をすれば、おもしろい小説が書けるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一言書かせていただきます。
おもしろい小説が書けるかどうかは努力次第だと思います。
私は既に33年間小説家を目指しています。一緒に頑張りましょう。
今回は私が実践している具体的なトレーニング方法の一部を披露しようと思います。

(1)笑点等の大喜利で見かける「三題話」です。
これは全く関係のない事柄を三つ以上集めて、設定を作り物語にします。

(2)通勤通学の行程を文章で表現して会社の同僚か家人に読んでもらいます。
読んでもらうのが恥ずかしいなら、その話は面白くないのです。つまらない日常の風景だけでは読んでくれません。
かといって架空の話を読ませるにはよく知った場所が舞台ですのでかなり難しいと思いますし、
何より何処のことを書いているか伝わらなければ意味がありません。ですから必ず相手の知っている場所を書いてください。

(3)前出#5様の訓練方法もやっております。

(4)とにかく本を読みます。現在通勤の行き帰りと自宅でのひと時で週に3冊ペースで読んでおります。
<費用がかさむので古本かオークションも併用しています。新刊は厳選しております>

(5)映像作品を鑑賞する。
ご存知でしょうか?映画やビデオ作品の原作になるのは小説としては短編・中篇までなのです。
長編が原作となるのはかなり珍しいのです。

(6)(5)で見た映像のあらすじを書いてみる。

などなど
数え上げればきりがないくらいトレーニング方法はあります。
しかし、たった一人でどこまでできるかと言えば、かなり限界は目の前にあると考えたほうが良いでしょう。

言い換えれば誰かの助けなしには難しいと言う事です。
「作家を作るのは読者」
有名な作家にまつわるエピソードで語られる事が多いのは《優秀な編集者》との出会いです。
作家デビューは自力でした作家でも「おもしろい小説」を物にするために編集者の存在が大きかった人は
かなり居るはずです。これは小説に限った事ではありませんが、
「人は褒められて育つ」
のです。叱られても「育つ」のではなく「躾けられる」のです。
私は現在もアマチュアの投稿作家に過ぎませんが、少なくとも私の妻が【おもろいやん】と微笑んでくれる作品を作るまで頑張ります。
参考になりましたでしょうか?

一言書かせていただきます。
おもしろい小説が書けるかどうかは努力次第だと思います。
私は既に33年間小説家を目指しています。一緒に頑張りましょう。
今回は私が実践している具体的なトレーニング方法の一部を披露しようと思います。

(1)笑点等の大喜利で見かける「三題話」です。
これは全く関係のない事柄を三つ以上集めて、設定を作り物語にします。

(2)通勤通学の行程を文章で表現して会社の同僚か家人に読んでもらいます。
読んでもらうのが恥ずかしいなら、その話は面白くないのです。つまら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報