近年、モービル1やカストロール(エッジ)の基油がVHVI(高度水素化精製基油,GroupIII基油)に変わったとの話も聞きますが、VHVI(高度水素化精製基油,GroupIII基油)の性能って実際のところどうなんですかね?
メーカーによっては、基油の位置付けが違うのでよく分かりません。
・保護性能
・燃費
・粘度変化(低下)
・ライフ性能
などどうなんですかね?

あと、VHVI(基油)とHIVI(基油)って同じなんですよ?

エンジンオイルメーカーの方などからのお返事なら嬉しいです。

一言回答や中傷はいりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

モービル1」に関するQ&A: モービル1

A 回答 (1件)

ここで聞かれるよりは、直接メーカに問い合わされるのが明快にして確実です。


同一の質問を締め切られてはいますが、多重投稿に抵触する恐れもありますから注意されて下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩はなぜ溶けないのですか?

一般に「塩」は潮解性があり溶けると教わってきましたが
歯磨きチューブの中に「塩」が入っているものがありますが、水分があるのに、あれは、なぜ溶けないのでしょうか?
洗剤の中にも「スクラブ粒子」として入っているものがありますが、なぜ、溶けないのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

水ではなくワセリンのような油脂で練っているからだと思います。

Qエンジンオイル鉱物油→化学合成油 効果は?

新車登録から11年経過し(2001年製)6万5千km走っているトヨタ車に乗っております(゜Д゜;)
私が中古で購入してから今日までトヨタ純正の鉱物油を入れてきました(゜Д゜;)
(おそらく前のオーナーもそうだと思います)

鉱物油から100%化学合成油に変えたら、体感での変化ってあるのでしょうか?(゜Д゜;)
そこまでの変化は無いでしょうか?
また、体感できなくても何か良い効果はありますか?(゜Д゜;)

それとコスト以外のデメリットも教えて下さい(゜Д゜;)
100%化学合成油だとオイル漏れしやすいとかオイルシールへのダメージが高いといったことを聞いたことがある気がするのですが、実際どうなのでしょうか?
11年前の国産車なら大丈夫でしょうか?(゜Д゜;)

最近、自分でオイル交換してみたくなり、どうせするならこれを機に100%化学合成油を入れてみてはどうなのだろうと思って質問させていただきました(エレメント交換もします)。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、体感はできないと思いますよ。

こういうのを比べる時に
「古いもの→新しいものに変えて良くなった」という人が多いですが、それは当たり前で、AとBを比べるならなるべく同じ条件で比べないと意味がありません。
つまり
・古いオイル→新品のCオイル→比べたい鉱物油(この場合トヨタ純正オイル)
・鉱物油→新品のCオイル→→入れたい100%化学合成オイル
上記2つを比べるべきです。

でも、だれもこのように手間をかけた実験はしておらず、闇雲に古いオイル→100%化学合成オイルと変えて「良くなった、良くなった」とインプレッションしています。

ある程度の基準を満たせば、市販車でオイルの差を体感するのは難しいと思います。
レーシングカートに乗ってた時は、確かにオイルにより特性は違いますが、市販車では熱ダレしにくい水冷エンジンということもあり、まずわからないと思います。

私もなんとなく良さそうなので、部分合成油を10年以上入れていましたが、そのせいかオイルにじみは2車種で合計3回ありました。ですので、今は鉱物油オンリーです。鉱物油オイルで不満を感じたことはありません。

まず、体感はできないと思いますよ。

こういうのを比べる時に
「古いもの→新しいものに変えて良くなった」という人が多いですが、それは当たり前で、AとBを比べるならなるべく同じ条件で比べないと意味がありません。
つまり
・古いオイル→新品のCオイル→比べたい鉱物油(この場合トヨタ純正オイル)
・鉱物油→新品のCオイル→→入れたい100%化学合成オイル
上記2つを比べるべきです。

でも、だれもこのように手間をかけた実験はしておらず、闇雲に古いオイル→100%化学合成オイルと変えて「良くなった、良くなっ...続きを読む

Q水に溶けないアルカリ金属塩

カリウムやナトリウムの塩類でも水に溶けないものがあるそうです。どのようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

硝酸塩はすべて可溶。硫酸塩、炭酸塩はBa,Ca,Pb以外可溶。ハロゲン化物は銀塩以外は可溶。PbCl2は水には融けにくいが、熱湯には可溶。重金属の硫化物は不溶だが酸に可溶なものもある。

過塩素酸カリウムは難溶、ヘキサクロロ白金(IV)酸カリウムは水に難溶

シアン化銅酸ナトリウムは水に難溶、アジ化ナトリウムは難溶

Qエンジンオイル 部分合成油と鉱物油の境界は?

先日、石油精製メーカーの人(おっちゃん)との飲み話です。
興味深く、へ~と思いましたが、補足や修正情報がありましたら、よろしくお願いいたします。

私>各社の純正オイルも元をたどれば同じ石油会社品・・というのは周知ですが、最近はエンジンオイルも進化してるんでしょうね
おっちゃん>大きく分けて、100%合成油と部分合成油ですね
私>鉱物油というのは、なくなったのですか?
おっちゃん>いまは、フラッシングオイルくらいですな
私>たとえば、TOYOTAキャッスル●●●(0W-20)なんかは確か鉱物油だったはずで、省燃費オイルとして今も販売されてるけど
おっちゃん>デビューした当時は鉱物油だったけど、添加剤を改良して今は部分合成油のジャンルになってる。同じブランド名だけど。
私>部分合成油って、メイン鉱物油+添加剤のことですか?!
おっちゃん>まあ、そういうことです
私>昔は「モリブデン配合」なんていっても鉱物油でしたけど、添加剤の鼻薬しだいで部分合成油になっちゃうんですか?
おっちゃん>まあ、そういうことです
私>どんな添加剤が何%以上なら、部分合成油になるんですか?
おっちゃん>うーん、そのへんの境界は私も分からんけど、部分合成油ってのはピンからキリまであって、安物は昔の鉱物油と同じと考えてもらっていいと思う

先日、石油精製メーカーの人(おっちゃん)との飲み話です。
興味深く、へ~と思いましたが、補足や修正情報がありましたら、よろしくお願いいたします。

私>各社の純正オイルも元をたどれば同じ石油会社品・・というのは周知ですが、最近はエンジンオイルも進化してるんでしょうね
おっちゃん>大きく分けて、100%合成油と部分合成油ですね
私>鉱物油というのは、なくなったのですか?
おっちゃん>いまは、フラッシングオイルくらいですな
私>たとえば、TOYOTAキャッスル●●●(0W-20)なんかは確か鉱物油だっ...続きを読む

Aベストアンサー

ほぼ おっちゃんと言う方の 話は、正しいでしょう

境界線って 一概に引けませんよ

エンジンオイルは、原油を精製した原油だけでは、エンジンオイルとしての性能が足らない部分が有るので
酸化防止剤とか添加剤が 必要 
この添加剤は、 化学合成的に作られるので 添加剤を入れれば合成油と言えるでしょうね

鉱物油と胸張って言えるのは、北米ペンシルバニアの原油の様な エンジンオイルとしての性能を多く持った
原油で軽い精製で エンジンオイルとしての性能を抽出でき 少量の添加剤で つくりだせれる 鉱物ベースの 高品質油のことが 鉱物油と言えるのでは?

鉱物油という言い方に 拘らず 部分合成 半合成は、鉱物油寄りと考えれば良いのでは?

余談ですが、モリブデンは、最近はやりのベースオイル エステール系のオイルとの相性が悪く
モリブデン添加しているエンジンオイルは、エステールベースではないと言えます。

中東産出の原油は、エンジンオイルには、適さないので 足らない性能は、添加剤で補うようですが
ベースオイル性能が低く 耐久寿命も短いですよ。
化学合成で作られた 添加剤成分は、素性分解(破壊・寿命)すると極端にエンジン潤滑や気密性が性能が低下します。
やはり ベースオイルが良い 北米産出油で作られ 添加剤が少ないオイルが一番高性能で 長持ちします。

ほぼ おっちゃんと言う方の 話は、正しいでしょう

境界線って 一概に引けませんよ

エンジンオイルは、原油を精製した原油だけでは、エンジンオイルとしての性能が足らない部分が有るので
酸化防止剤とか添加剤が 必要 
この添加剤は、 化学合成的に作られるので 添加剤を入れれば合成油と言えるでしょうね

鉱物油と胸張って言えるのは、北米ペンシルバニアの原油の様な エンジンオイルとしての性能を多く持った
原油で軽い精製で エンジンオイルとしての性能を抽出でき 少量の添加剤で つくりだせれ...続きを読む

Qエスカルゴはなぜ溶けない

フランス料理のエスカルゴを食べて思ったのですが、
調理の際に塩(ハーブのはいったペースト状の塩味のなにか)を塗っているのに、なぜエスカルゴの体は溶けないのでしょうか?
調理法や素材にひみつがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

エスカルゴ(要するにカタツムリですね)の仲間には、ナメクジ、バイ貝、アワビやサザエ、一般には巻貝と呼ばれています。
タコやイカも含まれるんです。(頭足類と言う分類です)
塩をかけると溶けてしまう生物は世の中には存在しません。
ナメクジに塩をかけると溶けてしまうというのは、ご自分では実験したわけではなく、きっと誰かの受け売りなのでしょうね。
下の方も書かれていますが、ナメクジの水分が、塩で吸収されるだけで、水分が抜けてしぼんでしまったナメクジが残っていますよ。
きっと昔の人が溶けてしまったと勘違いしたのでしょうね。

QSAE粘度

2つ質問させてください。
SAE粘度表等の中にHTHS粘度という150℃での高温せん断粘度と表記されていますが、数値の意味がよくわかりません。2.6とか2.9とか3.7とか・・・。
もう一つは高温側の動粘度(100℃)の数値もわかりません。5.6<9.3とか9.3<12.5とか・・・。
素人なのでなるべくわかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

今日は前回、回答させていただいた者です。

HTHSとは省エネオイルがでてきた2003年頃から導入され始めた試験規格です。
低粘度オイルは高温下での油膜保持が難しく、十分な油膜が確保出来ない事がある為、この粘度指数が決められました。

一般にオイルはポリマーや色々な添加剤で分子構造は長く、粘度にも影響しますが、温度があがると分子構造が分断され粘度低下を起こします。ここに負荷の掛かる状況でいかに油膜を形成することが出来るかが、高温せん断粘度となります。

ここで粘度(μ)とは、簡単に言うと「液体(流体)のドロドロ具合」を数値で表わしたもので、数値が大きいほど「粘り」があります。

一般的な液体は、温度によって粘度が変わるため、粘度を表わす場合は、その温度も表記される。
単位は〔mPa・s〕もしくは〔cP〕を用いる。(mPa・sは、SI単位系で「ミリ・パスカル・セコンド(秒)」。以前はcPは「センチポアズ」だったが、同数値。)
 (水の粘度は20℃、1気圧のとき、1.002mPa・s。)

 
動粘度(ν)は粘度(μ)を密度(ρ)で除した値で、単位は〔mm2/s〕もしくは〔cSt〕。
(〔mm2/s〕はSI単位系で平方ミリメートル・パー・セコンド。〔cSt〕はセンチストークス)
粘度同様、数値が大きいほど「粘り」がある。
 
この数字も規格で決まっていて、たとえばあるオイルをテストした結果、動粘度(100℃)の数字が13.2と出たとすると規格表から○W-40という結果になります。

ではこの2.6とか12.5の数字はどうやって出たのか、ですが標準比較試験式の様なものがあります。難しいのでその辺はあまり分りません。

今日は前回、回答させていただいた者です。

HTHSとは省エネオイルがでてきた2003年頃から導入され始めた試験規格です。
低粘度オイルは高温下での油膜保持が難しく、十分な油膜が確保出来ない事がある為、この粘度指数が決められました。

一般にオイルはポリマーや色々な添加剤で分子構造は長く、粘度にも影響しますが、温度があがると分子構造が分断され粘度低下を起こします。ここに負荷の掛かる状況でいかに油膜を形成することが出来るかが、高温せん断粘度となります。

ここで粘度(μ)とは、簡...続きを読む

Q水に溶けない粉ってなんですか?

こんばんは。
今,身近にあるもので,水に溶けない粉類を探しています。
いろいろ調べてみて,片栗粉とコーンスターチは
水に溶けない(溶けにくい?)ことが判明しました。

そこでお聞きしたいのですが,
その他に水に溶けない粉(身近なもので)には何がありますか?

また,杏仁霜(きょうにんそう:杏仁豆腐を作る粉)は
水に溶けるのでしょうか?


よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

台所にある粉は水に溶かしやすいようにわざわざ粉にしているものが多いのかも。片栗粉やコーンスターチは溶かしやすいように粒子が細かくしてあり、溶けやすい砂糖や塩は粒が粗くても使える。

でも水にとかして使わないパン粉や胡椒や七味唐辛子なんかは粗くても溶けにくいですね。

さて、屋外にある粉状のものはあまり溶けないですね。砂とか砂鉄とか砂金とか。

それから、黒板のチョークの粉は溶けないよ。

ちなみに、校庭に白線をひく生石灰は水に溶けるとき熱を発して危険だから校舎とは別の場所に保管します。実験はおすすめできません。どうしても実験したい気持ちを抑えられなければ生石灰をほんの少しずつ水に入れて下さい。

Qエンジンオイル モービル1と、WAKOS

 アテンザ 23S に乗っています。
 現在、エンジンオイルは、 モービル1 の 0W-30 に、
 WAKOSの添加剤 スーパーフォアビークル を入れています。

 聞いた話によると、モービル1は、すぐ たれ易い との事・・・

 真実かどうかは、分かりませんが、 次回は、WAKOSの、プロステージ S 0W-30
 を入れてみようか  と考えています。

 高速道路で、それなりに回しますが、基本は、通勤を含む タウンユースです。

  WAKOSの方が、わずがに 安価です。

 経験されたかた 、 詳しい方  等々

  どちらが向いているか 教えて下さい。

  宜しく、御願いします。

Aベストアンサー

それほど詳しいわけでもありませんがモービル1とWAKO'Sは精製しているのが同じ東燃ゼネラル(ESSO)というので基本油はあまり変わらないのではと思います
WAKO’SのほうはOEMで配合成分指定しているため、多少高価なのだと思います
ちなみにマツダ純正オイルはカストロールOEM、トヨタ、日産は東燃OEMといいますので純正が悪いというわけでもありません。単純にコストを下げるための配合をしているだけです。実際トヨタと日産は新車工場出荷時の充填オイルがモービルです。

質問の内容的にはモービル1+WAKO'S添加剤とWAKO'Sオイルのどちらがいいかということだと思いますがそのどちらかであればモービル1+添加剤のほうが潤滑性能的には上だと思います。WAKO'SオイルにWAKO'Sの添加剤を入れるのであればその分WAKO'Sのオイルのグレード(WR-Rなど)を上げるべきです。

ただアテンザのようにオイルが超高温になることがないであろうエンジンであれば柔らかめのオイルでフリクションロスを減らしたほうが体感できる変化がみられると思います。
ちなみに前回答者の方の言っていたグループAでのスカイラインGTRが超低粘度のオイルを使っていたのは本当で、1レース走り切れればそのあとは載せ替えるだけという状況で少しでもフリクションロスを減らすために常識ではありえないことをしていたようです(もちろん完走できるという計算上でのことです)。
話がそれましたがオイルはどれがいいと簡単に決めれるほど簡単な物ではありません。とにかくいろいろ試して「体感」でどれがいいと決めるしかないのが現状です。
私の場合、2JZにはオメガVSと添加剤色々(毎回代えて試しています)を1か月前後で交換し、RB25にはカストロールRSと添加剤色々を混ぜて1500km前後(約1~1か月半)くらいで交換しています。
どれがいいとははっきり言えませんがオイルの選択でシャシダイ上で660~690ps(30ps幅、外気温、給気温バラバラ)くらいの差が出ることもありますのでどれと決めずにいろいろ試してみてください。

それほど詳しいわけでもありませんがモービル1とWAKO'Sは精製しているのが同じ東燃ゼネラル(ESSO)というので基本油はあまり変わらないのではと思います
WAKO’SのほうはOEMで配合成分指定しているため、多少高価なのだと思います
ちなみにマツダ純正オイルはカストロールOEM、トヨタ、日産は東燃OEMといいますので純正が悪いというわけでもありません。単純にコストを下げるための配合をしているだけです。実際トヨタと日産は新車工場出荷時の充填オイルがモービルです。

質問の内容的にはモービル1+WAKO'S添加...続きを読む

Q有機物が溶けるか溶けないか・・・

高校で習う範囲の有機物(アルカン,アルケン,アルキン,アルコール,アルデヒド,カルボン酸,ニトロ,アミノ,ケトン,エーテル,エステル)が溶けるか溶けないかについて・・・・
1(ⅰ)「溶けるか溶けないか官能基によって違う」と聞いたことがあるんですが、本当でしょうか?よろしければそれぞれの官能基が溶けるか溶けないか教えてください。

2、それぞれ有機物が溶けるか溶けないかについて良い覚え方や判断の仕方があれば教えてください。

是非回答お願いします。ペコリ(o_ _)o))

Aベストアンサー

アルカン、アルケン等の分類だけではなく、その分子の炭素数にも依存します。炭素数の多い分子ほど水に溶けにくくなります。
逆に酸素を多く含むと溶けやすくなります。
官能基云々といっても、それらはアルキル基とくっついているわけですので、官能基のみを取り上げて、溶けるとか溶けないということはできません。
まあ、高校で出てくる有機化合物で水に溶けるものは多くないので、それを覚えた方が良いでしょうね。
メタノール、エタノール、ギ酸、酢酸、アセトン、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、糖、アミノ酸、グリセリンといったところでしょうかね。思い付くままですが。

Q早稲田,神楽坂,飯田橋付近 → 越谷までのルート教えて下さい

こんにちわ!
表題どおりです。
早稲田、神楽坂、飯田橋付近から、埼玉県北越谷駅近く(浦和ICか川口中央ICで降りるようになるのかな?)までの、車で行くルートを教えて下さいませ。
高速道路使用でかまいません。
関東の道路に詳しい方、よろしくお願いします。
m(_"_)m

Aベストアンサー

コチラのルートガイドで・・・

http://map.goo.ne.jp/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報