この問題がわかりません。
回答を見ても答えしか書いてなくて、どうやっているのかがわかりません。
くわしく教えていただけると嬉しいです。
問題は
仕事関数1.9eVの金属表面に波長4.8×10^-7の光を照射した。
電子の質量を9.1×10^-31kg、ブランク定数を6.6×10^-34J・s,光速度を3.0×10^8m/sとして以下の問いに答えよ。
(1)金属表面から放出される電子の最大速度をもとめよ
(2)照射した光の波長をいくら以上にすると、金属表面からの電子の放出がとまるか。

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1) 入射した光のエネルギーから仕事関数を除いた全てが電子の運動エネルギーに変わるときに、光電子の速度が最大になります。

この速度を v とすると、

hc / λ = φ + mv^2 / 2

です。ここで、h: プランク定数、c: 光速度、λ: 入射光の波長、φ: 仕事関数、m: 電子質量、です。計算するときには、eV と J の変換係数を含めることを忘れないようにしてください。

(2) 光電子の放出が止まるときというのは、(1)で求めた最大速度が0になるときです。v = 0 として(1)の式におけるλを求めれば、それが求める波長です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕事関数E[J]=hν/e=hc/λe

仕事関数E[J]=hν/e=hc/λeが成り立つらしいのですがこれはなぜですか?

Aベストアンサー

光電効果を
「振動数 ν の光はエネルギーが E=hν の光子からなる」
で説明したのがアインシュタインじゃなかったっけ?


人気Q&Aランキング