20代後半♂です。

小学生の頃に何故か合気道がしたいと思っていたのですが
生まれが田舎ですので道場もなく諦めました。

この歳になっても合気道がしてみたいなと、たまに思ってみても
色々な理由から「まぁいいか」と自分でも合気道はせずに
このまま生涯を終えるのだろうなと感じていました。

が最近になり、合気道の師範と巡り会いました。

頻繁に見学でもどう?と誘っていただいたのですが
その時は「まだ僕はいいです」と断わりました。
理由は毎月の指導料、金銭面に余裕がないためでした。
その事を数ヶ月後にひょんな事から軽く話すと
「なんだ。そんな事か」と指導料の免除をしてくれるようです。
生徒は数多くいて、料金の事は皆に内緒にしてね(笑)と。

弟子の準備が整うと師が現れるとある本に書いてありましたが
まさしくこれがそうなのでしょうか?

おそらく私は今から合気道を始めるでしょう。
昔のように単純に暴力としての強さが欲しい訳ではなく
精神を強くしたいから。
合気道は【相手の心の動きが分かる】と聞きました。
私は人と会話しててもある程度相手の心は感じ取れると思っています。
【相手の心の動きが分かる】とはそんな事ではないのでしょうか?


質問をまとめますと
1)今思えば、師との出会いがただの偶然とは思えません。
  皆さんはどう感じますか?
  そして皆さんはどういう経緯で武道を始められたのでしょうか。

2)相手の心の動きが分かるとは何なのでしょうか。

宜しくお願いします。

A 回答 (6件)

詳しくお知りになりたいのでしたら


藤平光一さんのご著書をお勧めいたします。
ヒントになるものがあると思います。
本に限らず「生きる」ことからご自身で見つけてください。
人に教えられてわかったつもりにはならないでくださいね。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_J …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

必要と思った時に読んでみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/17 14:23

私も若い時に合気道をやりたかったのですが、道場が見つからず諦めていました。


社会人になって40になって、友人が暴漢に襲われて大変な怪我をしました。
私は居なかったのですが、剣道の有段者まで居て助ける事すら出来なかったと聞き、とても悔しい思いでした。
ちょうどそのときに、別の友人から合気道を一緒に習わないかと誘いを受けて出会ったのが、今の師匠です。
友人は数回で辞めてしまいましたが、私は10年かかりましたが初段を取る事が出来ました。
師匠からは「お前が最後の弟子だ。連取の時には遠慮せずにこれを使え」と言われて、自分使っていた黒帯を頂きました。

偶然?…否、偶然ではないでしょう。
合気会や養神館などありますが、誘ってくれたのは合気会。でも行ったのは合気道協会でした。
もし、あの師匠でなければ、続ける事はできなかったと思います。
習いたいと思った動機も偶然ではないと信じています。

相手の心を読む…。
ほかは判りませんが、合気道協会では短刀乱捕りという試合形式の乱捕り稽古があります。
これは一方が模擬短刀を突き出し、それに合わせて技をかけるというものですが、いつ突いて来るかを察しなければ技をかける事が出来ません。
逆に短刀側は、相手がその技で来るかを反射的に判断しなければなりません。
双方とも不十分な突きや技ではポイントにならないので、「先」、あるいは「先の先」を読まなければなりません。
相手の心を読むというのはこのことであり、本来は読心術ではないでしょう。
でも、なんとなく練習を積んでいるうちに、相手の心の方向が見えてきているような気がします。(気だけでしょうが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

武道っていいものですよね。
色々な意味で鍛えてもらえます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/17 14:23

「弟子の準備が整うと師が現れるとある本に書いてありましたが


まさしくこれがそうなのでしょうか?」
いやまったく違います。
「弟子の準備が整うと師が現れる」とは努力をし八方手を尽くすと道が開ける、よい人が力を貸してくれるいうことです。

「私は人と会話しててもある程度相手の心は感じ取れると思っています。【相手の心の動きが分かる】とはそんな事ではないのでしょうか?」
全く違います。あなたは会話している相手の思っている事がなんとなく分かるだけです。それ位の洞察力は誰だって持ってます。そうじゃないというなら別ですがね。
合気道等の「心の動き」とは人によって解釈のしかたが違いますが、相手がどう動いてくるか、その心が欲する動きの機先を感じ取り相手を制することができるということです。

この回答への補足

 

補足日時:2009/05/18 09:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 

お礼日時:-0001/11/30 00:00

1)


その出会いは、必然なのです。...と、言いたいところですが、客観的に見れば、ただの偶然なのかも。
しかしご質問を見る限りでは、何らかの「縁」を感じずにはいられません。

私も少ない年数ですが、合気道をやりました。元々武道に漠然とした興味を抱いており、そんな時に大学でサークルの見学をしたのがきっかけです。

2)
さ~、何なんでしょうね?

ちょっと話は変わりますが、時代劇で、夜道を歩く侍が不意に足を止め、暗闇に向かって「何者じゃ?ずっとワシの後をつけてきたな。」とか言いますね。
これは修練を重ねる事で感覚が研ぎ澄まされ、常人なら気にも留めないような小さな「違和感」を感じる事が出来るようになったためではないでしょうか。

五感、あるいは第六感までフル活用して情報を集め、生き延びるためにベストな行動を瞬時に選択する。それを目指すのが武道の目的ではないかと思うのです。
合気道も例外ではないでしょう。

稽古で培った体力や精神力を、実生活あるいは社会のために役立てる。
現代武道の意義がそこにある事は間違いありません。
しかし元を辿れば、武道とは生きるために相手を殺傷する技術です。その事を忘れるべきではないと思います。
「殺されないために、殺し方を学ぶ。」のです。
でも、それは決してネガティブで後ろ向きな態度ではありません。「生」の追求なくして、死中に活を見出す事はできないと思います。


腕を固められた時の絶望感や恐怖感、そして、筋力だけではない体の使い方を知ったら最後、アナタはもう、合気道の虜です。

怪我をなさらないように頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

殺されないために、殺し方を学ぶ。ですね。
肝に銘じておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 09:03

出会いが偶然か否かは、m-----cさんの捉えかた一つだと思います。


この出会いは必然だったのだと思い、合気道に励むことができれば上達も違ってくるでしょうし、
意味あるものだと思います。

私は発展途上なので相手の心の動きはわかりません。
ただ、上段位の方でも繊細な人とそうでない人がいて、繊細な人は
私の力の入り方、気の置き所をとても敏感に察知されています。
「今は気が上にきてる」とか、「もっと気を下げて」とか度々注意されます。
その人によれば、手がアンテナのようになっているのだそうです。
心の動きとは少し違うでしょうが、合気道は接触することでスタートする武道なので
接触した時点で相手の状態をすばやく察知することはできるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

武道は深いですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 09:02

素敵な出会いをされましたね。



1の件は、運命的な事は否定も肯定もしていない
(そもそも俺自身が運命という現象を完全に理解出来ていない)
のですが、何かその出会いには意味がありそうですね。

その意味に今すぐ気付くか、何年か先に気付くかわかりませんが、
すべての出会いや事柄に意味があると、俺は思っています。

俺は剣道をやっています。(最近は稽古サボり気味です)
始めた理由は、小学校の時に親が勝手に申し込んだのが
きっかけですね。

2の件は、稽古中や試合中において、相手が仕掛けてくる
技やタイミングが分かるという事ではないでしょうか?
会話で気持ちを感じれるように、動きや気配、経験で
次の相手の動作が察知出来る事だと思います。

おそらく、その師範のような達人になると、察知する力が
常人より段違いに鋭いと思いますので、
察知出来る=心の動きが分かる、となるのではないてしょうか?

すごく興味があるので、一度俺もその師範と会って
お話を伺ってみたいですね(^-^)

俺自身、未熟な若輩者なので、かなり曖昧な回答になりましたが、
おなじ武を志す者として、少しでも助力出来たならば幸いと思い
書き込みしました。

合気道のお稽古、頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

精一杯頑張ります。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 09:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合気道をやるのに、身長が高いのはどれくらいマイナス…?

合気道をやっています。
身長が180弱あるのですが、合気道には不向きなんですかね…?
下のリンク先の、『ベストアンサー以外の回答』を見て、ちょっとへこんでます。
確かに武田先生も、植芝先生も、塩田先生も、藤平先生も小柄ですので、昔から気になっていた事項ではあります。。。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014302715

身長が高いと言う不利を克服する方法はあるのでしょうか。また、身長が高いと言うことに対してどのような考え方をすればよいでしょうか?
助言お願いします。

Aベストアンサー

正直言って身長が高い人には技はかけずらいですね。
塩田先生も実は長身の人を呼んでは技の稽古していたようです。
達人になれば如何なる差も関係がなくなりますが、凡人は大きな差になります。
それと、長身は不利ではありませんので、気にすることはないと思います。
自分と比べて低身長の人,長身の人それぞれの崩し方を身につければ
良いと思います。

Q相手の動きを止め戦意喪失させる術を学びたい

身長170前後、体重55kgの華奢な三十路前の男です。
スポーツの経験はほぼ皆無で体もガチガチにかたいです。

先日友人との食事から帰ってる途中に若い男二人にいきなり声を掛けられ
「何もしないから」と携帯を奪われ、首に腕を回され連れて行かれそうになり大変怖い思いをしました。
その時は偶然実家のそばだったので隙を見て携帯を奪い返しダッシュで逃げ帰りました。

絡まれたり手を出されそうな時は逃げるが勝ち。これは揺ぎ無い事実だと思います。
むしろ絡まれるような場所に行かないのが鉄則でしょうが今回は実家のそばだったので・・・。
つまらない事で問題を起こし会社をクビになるのもバカバカしいですし
ヘタに強くなって怪我をさせてしまい訴訟問題になるのも論外です。

ただ、もし先に手を出されるような事があったり守る人が居たりした時に
相手の動きを抑え戦意喪失させる術を学びたいという気もあります。
動きを抑えるという意味で合気道が良いのかと思うのですが
合気道は達人レベルでないと実用に使えないとも聞きます。

どの格闘技や護身術でも「ケガをさせず動きを抑え戦意喪失させる」なんて事は
よっぽどの熟練者で体格・技術の差がないと不可能でしょうが
それでもこの理想に一番近い武術、肉体も精神も成長が感じられるものは何が良いでしょうか。

肉体・精神的に成長させ恐喝等に動じない自信と
(防御にするしても)身に付けた技術を使わざるを得ない状況で少しでも役に立つ技術を学びたいと思います。

どのような事でも良いのでご意見お待ちしております。

身長170前後、体重55kgの華奢な三十路前の男です。
スポーツの経験はほぼ皆無で体もガチガチにかたいです。

先日友人との食事から帰ってる途中に若い男二人にいきなり声を掛けられ
「何もしないから」と携帯を奪われ、首に腕を回され連れて行かれそうになり大変怖い思いをしました。
その時は偶然実家のそばだったので隙を見て携帯を奪い返しダッシュで逃げ帰りました。

絡まれたり手を出されそうな時は逃げるが勝ち。これは揺ぎ無い事実だと思います。
むしろ絡まれるような場所に行かないのが鉄則でし...続きを読む

Aベストアンサー

截拳道やってます。

流派なんて唯の飾りです。
ボクシングやって、避けまくれるようになれば、戦意無くなりますよ。
殴られ屋さんがやってた様に。
太極拳で、相手を転ばせ続けても戦意無くなると思います。

当然、ルール度外視で、どんな状況も考えて、「意識して」練習する必要があります。
かなりの上級者でないと、出来ない事だと思います。
よく喧嘩の仲裁に飛び込みますが、正直、いつでも怖いですよ。

気になったのは、ナイフ、スタンガン、痴漢避けスプレー、は、職質くらえば、捕まります。
女性であれば、痴漢避けスプレーくらいなら許されるかもしれません。
不思議な事に、売るのは問題無いみたいですよ。所持は駄目らしいですが。
昔、スタンガン向けられた事がありますが、向けた相手は、どう見ても俺に当てる実力があるとは、思えませんでした。
道具を持っても、それの使い方や、当てる体術は、練習する必要があると思います。
スタンガン男は、俺から目を逸らして、スイッチ探してました。
日本は、道具で身を護るには、難しい国です。
経験で言えば、車に確かな理由無くはさみを置いておいただけで突っ込まれました。
まぁ、警察官自体、法律のエキスパートではないので、気分次第も多々あると思います。

逃げるが勝ちとありますが、俺、逃げる痴漢を捕まえた事があります。
格闘技経験者から、逃げる事も、結構大変だと思いますよ。

そんな俺ですが163cm,58kgです。
どんだけ強くなっても、軽く舐められます。
夏くらいですよ。みんな避けてくれるの。
私、脱がないと、凄くないんです…。

最初にも言いましたが、流派なんて何でもいいんです。
それぞれに、完成された「闘う術」ですから。
術で有る以上人間技です。やり続ければ、出来る様になりますよ。

截拳道やってます。

流派なんて唯の飾りです。
ボクシングやって、避けまくれるようになれば、戦意無くなりますよ。
殴られ屋さんがやってた様に。
太極拳で、相手を転ばせ続けても戦意無くなると思います。

当然、ルール度外視で、どんな状況も考えて、「意識して」練習する必要があります。
かなりの上級者でないと、出来ない事だと思います。
よく喧嘩の仲裁に飛び込みますが、正直、いつでも怖いですよ。

気になったのは、ナイフ、スタンガン、痴漢避けスプレー、は、職質くらえば、捕まります...続きを読む

Q合気道について質問です。 現在、私は学生で剣道をやっていますが、前から合気道に興味を持っており、大

合気道について質問です。

現在、私は学生で剣道をやっていますが、前から合気道に興味を持っており、大学に進学して合気道を習いたいと思います。

そこで質問です。剣道から合気道に移ったら合気道にメリットはありますか?相性は良いですか?
ちなみに現在剣道二段持ちです。

Aベストアンサー

かなりお勧めしますよ
合気道でも剣術を学びますからね
合気道は「剣術」「体術」「杖術」を学びますから
でも、剣道での剣術と合気道での剣術は結構違うので、剣道で学んだことが「そのまま役に立つ」とは考えない方がいいでしょう

でも、合気道を学んだ剣道家でぶっちぎりの強さを誇った人が少し昔にいましたから合気道を学べば剣道で大いに活かせるでしょう

でも、合気道を学ぶなら達人に学んでください
高段者と達人は天地の差、雲泥の差がありますからね
高段者はあくまで位の高い人
達人は極めた人
違いは「理合」を聞けばわかるでしょう

頑張ってください
塩田剛三さんや植芝盛平さんを目指す勢いで一心に学んでください
応援してますよ!!

Q少林寺拳法の師範とは?

少林寺拳法の詳しい段階の説明を頂きたいのですが…師範といわれるクラスには、大体どれくらいの年月で到達できるものなのでしょうか?女性でもそのような方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

一般的に、道院(道場)をもてるのは、4段以上だったと思います。
毎日練習をしている道院に通うのか、それとも週に何回かの道院に通うのか、そこの道院長の考え方や、その人の頑張り、技の進み具合によって変わってくると思います。
見習い~三級~二級~一級となっていくわけですが、見習いで練習を始めて何ヶ月か(確か二、三ヶ月だったと思います)で昇級試験を受ける資格が・・、3級になって、二ヶ月か三ヶ月で次の昇級試験を受けるる資格・。で、また2級になって数ヶ月で次の昇級試験を受ける資格・・。という形になっています。
有段者になり、段が上がるにつれて、昇段試験を受ける資格を得るだけでも、数年かかったりするようになるので、かなり長い道のりになると思います。
(あたし自身が少林寺にかかわっていた時期が少し前のため、システムが変わっていたら申し訳ありません)

他の武道もそうだとは思いますが、少林寺拳法は技の種類がとても多く
、覚えるだけでも大変な上、その技術を自分のものにしようと思うと、かなりの歳月を必要とするように思います。
それを人に指導するわけですから、道のりは大変だと思います。

あたし自身も女です・・。
今は、少林寺拳法から離れていますが、いま、自分の進んでいる道(激しい格闘技のため、体力的にも現役でいられる年齢が限られているため・・)を引退したら、もう一度一から少林寺拳法と向き合い、人に指導できるようになれればと思っています・・
自分の後輩たちも、真剣に少林寺拳法と向き合い、指導に当たっている子達も多くいます・・。

指導者に男も女も関係ないと思います。
思いがあれば、誰にでもなれるものだと思います。
大切なのは気持ちだと思います。

一般的に、道院(道場)をもてるのは、4段以上だったと思います。
毎日練習をしている道院に通うのか、それとも週に何回かの道院に通うのか、そこの道院長の考え方や、その人の頑張り、技の進み具合によって変わってくると思います。
見習い~三級~二級~一級となっていくわけですが、見習いで練習を始めて何ヶ月か(確か二、三ヶ月だったと思います)で昇級試験を受ける資格が・・、3級になって、二ヶ月か三ヶ月で次の昇級試験を受けるる資格・。で、また2級になって数ヶ月で次の昇級試験を受ける資格・・...続きを読む

Q合気道をインチキ呼ばわりする理由

質問です
何故多くの人は合気道をインチキ呼ばわりするのでしょう?
確かに合気道の中にはインチキを教えている人が何人かいますが(例:柳龍拳)
合気道は本当は立派武術です
なのにインチキ呼ばわりする人がいます
何故か考えられる理由を教えてください


私が思う理由は
・基本技だけ見て「こんなのが実戦で使えるわけ無い」と勝手に決め付ける
・考えずに見た目だけで決め付ける
・嫉妬
・インチキを見て、他のまともな合気道もインチキと見る
・下手くそな人を見て、全部役に立たないと決め付ける
・ただの釣り
・演武の受け身をインチキと見る

などです
私は実際に合気道に世話になった事があります
合気道の面目の為にもお願いします

Aベストアンサー

仕方ないです。
見ただけでは説得力がありませんから。
そんな評価無視すれば良いだけです。言いたい奴には言わせておけばいい。
そういう強さも必要なのでは?

Q合気道について

こんにちは。
合気道について質問なんですが、合気道は相手を倒すわざというのはないのでしょうか?
もし無い場合、投げたり、関節を締めたりしても戦意を喪失しない相手の場合には、どのように対処するのでしょうか?
あと、合気道には打撃技はあるのでしょうか?
(特に蹴りは個人的に好きなので)
別に誰かを倒したいのでこうゆう質問をしているというわけではなくて、合気道に興味があったので質問させていただきました。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

流派にもよると思いますが...。
基本的に蹴り技はありませんが、打撃技はあります。逆に打撃の稽古が無くては
合気道の技自身の稽古もできないという感じです。
ただ、道場に一般の入門生として通うと、やっぱり技の稽古が中心になって
打撃の稽古はしないというのが実際ですね。
もし、これから手をつけようというのであれば、先にも述べましたが、流派に
よって全く内容、方針等違いますので、事前に確認してみた方が良いと思います。

Q合気道の流派による違い

 このたび合気道をはじめてみようと思い乱捕りや試合がある流派がいいなと思い多少調べてみたら試合をする流派を二つほど見つけました。
(他にもあるかもしれませんが調べられませんでした)
合気道S.Aと富木合気道はともに試合をする流派ですが、この二つの流派はどんな特徴や違いがあるのですか。稽古方法や試合はどのように行われているのですか。また試合を行うことにより他の合気道とはどのように変化したのですか。
 また合気道の入門書やDVDも探しています。合気道S.Aや富木合気道以外でも試合に使えそうなおススメの教材がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

他の合気道については不勉強なので富木合気道(合気道協会)について書きます。
富木合気道の試合は、本来は乱捕り稽古のコンテストと捉える方が正確です。ですから勝つだけでなく、技として成立しているか、捌きが出来ているかも評価されます。
競技会で主に用いられているのは短刀乱捕りで、一方が短刀を所持し、攻守交替で行なわれます。
稽古では型が中心ですが、基本の型の中に徒手と短刀取りなどが含まれています。その他に型を自由に組み合わせる組み手やかかり稽古、試合に近い乱捕り稽古があります。
これらのどれに重きを置くかは道場やグループによって違ってきます。
富木でも以前は教材などを作りましたが、書面や映像では技の伝授が不可能との理由で、現在のところ発行していません。書店でも一冊が見つかるだけでしょう。道場によっては富木先生時代のものが個人的に読まれているようですが、入門者とたまにヤフオクに出る程度です。

Q合気道について

小学生の子供に「合気道」とは何かを説明したいのですが、
上手な説明の仕方を教えてください。
できれば他の武道(空手等)との違いも交えて説明したいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

合気道とは何かですか。小学生に説明は難しいですが。
1.空手は力対力(違う部分もありますが)で蹴ったり殴って相手を倒しますが、
合気道は力の方向を変えてバランスを崩して倒し押さえ込むため、蹴ったり殴ったり投げたりはしません。
2.一言で言うと空手は「相手を倒す武道」ですが、合気道は「相手を制する武道」ですかね。
3.跳び蹴りをしてきた例で言うと、空手は腕で受けるか少し払って蹴りや突きを入れて倒しますが、
合気道は寸前でかっわし勢い良く相手が前に出てきますから180度回転すれば自然と相手の背後に付け肩を持てば後ろに倒すことが出来ます。
これくらいでどうでしょうか。
それと、例でも分かるようによく間違えられるのですが、合気道は相手の力を利用しているのではなく、相手の勢いを利用しています。
何言ってるか分かりにくいと思いますが、やっている人なら分かると思います。

Q合気道と少林寺拳法についてなんですけど合気道を5年続けけたらどこら辺ま

合気道と少林寺拳法についてなんですけど合気道を5年続けけたらどこら辺までいけますか?合気道は役に立つと思いますか?少林寺拳法は5年続けたらどこら辺までいけますか?少林寺拳法は役に立つとおもいますか?少林寺拳法と合気道ならどっちが習うとしたらどっちを選びますか?

Aベストアンサー

武道や格闘技などというものは何年やったからこうなる、というものではありません。
またどのような武道にしろ、強くなる人はとてつもなく強くなるし、そうでない人はそれなりです。
合気道や少林寺拳法は試合がないから弱い、などということを言う人がいますが、それは個人の心がけ次第です。常に実戦を考えて稽古している人もいるはず、そのような人にとっては少林寺拳法も合気道も立派な護身になると思います。
とりあえず、あなたが「これはいいなあ、かっこいいなあ」と思うほうをやりましょう。人の意見を聞くのも大事ですけど、かっこいいとか強くなりたいとかいう単純な思いこそ、継続のためのエネルギーになるのです。近くの道場に実際に見学に行くのもいいですよ。

Q少林寺拳法と合気道

少林寺拳法と合気道、どちらが護身のための技術体系が整っていますでしょうか?

万が一、不測の事態で子供や家族の身に危険が迫ったとき、みんなを守れる術を
身につけたいと思っております。
もちろん逃げるのが一番だし、何よりもそんな危険が起こるような場所に近づかない
ようにすることが最も大事であることは十分承知しております。

少林寺拳法、合気道ともに護身のための技術、武道であることが言われていますが、
どちらの方が現在の社会環境にあった護身の術でしょうか?またどちらが護身術としての
体系が整っていますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

この手の質問が出ると本当に多くの方が「武道・護身」を語りますね。(なぜなら僕もその一人ですので・・・)
よくご回答で多く拝見するのが

「武道・格闘技は護身にはむかない」とか
「護身には護身術を学ばねばダメ」

というご回答をよく見ますが僕は???マークですね。

どんなに武道の高段者になろうとも、どんなにすぐれた護身術を学ぼうとも、こわもてのお兄さんに

「なんじゃワレ!ごるああ!」

と詰め寄られても、足がガタガタ震えず、心も春の陽気のように落ち着いていて、相手をじっと見返すことができれば、武道でも護身でも使えると思いますが、そうでなければ武道の技も護身の技も出ないものです。

ただ、僕は武道の技とは「道具」だと思っています。武道を習えば強くなる。ということではなく、武道の技は大事な家族を守る際の道具の一つとして考えていただければ。ということで武道を習うことにはぼくは賛成です。
ただ、その「道具」を実際に家族を守る状況で使えるかどうかは、あなたの「度胸」と「胆力」次第と書いておきます。

そこでアドバイスですが、僕は、10年近く合気道をやっていましたが、少林寺拳法をお薦めします。
合気道は突き、蹴りに対する防御にやや難点があること。
頭から落とす危険な技があるため、あなたが殺人者になるかもしれないということ。
という理由のため、少林寺拳法のほうがいいのではないでしょうか?
家族の目の前で、人殺しになる瞬間を見せるのはいやでしょう?

僕の合気道の先輩は、街でからまれたあんちゃんに胸倉をつかまれて、とっさに四方投げをくらわしたら、後頭部から落ちてピクリとも動かなくなったから逃げた。と言っていました。怖いです。

こんにちは。

この手の質問が出ると本当に多くの方が「武道・護身」を語りますね。(なぜなら僕もその一人ですので・・・)
よくご回答で多く拝見するのが

「武道・格闘技は護身にはむかない」とか
「護身には護身術を学ばねばダメ」

というご回答をよく見ますが僕は???マークですね。

どんなに武道の高段者になろうとも、どんなにすぐれた護身術を学ぼうとも、こわもてのお兄さんに

「なんじゃワレ!ごるああ!」

と詰め寄られても、足がガタガタ震えず、心も春の陽気のように落ち着いて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報