特定受給資格者の範囲について質問です。
こういう場合、特定受給資格者になれますでしょうか?
また特定受給資格者と認められるには何か証拠や、ハローワークでの調査などはあるのでしょうか?

私の義妹が今月契約満了で退職します。
書類上では、契約更新しないのは義妹本人の希望によることになってるので
自己都合での退職(契約満了)になります。
ただ少し事情があります。

事の経緯
(1)義妹と夫(私の弟)は職場(弟親会社、義妹関連会社勤務)結婚(今年4月に入籍)
(2)結婚が決まる前に、上司に雑談で「もし結婚したら仕事どうするの?」と聞かれたので
 「ゆくゆくは家庭に入りたい」と答えた。 そしてその後結婚を発表(今年の2月ごろの話)。
(3)今年の3月の人事発表で義妹は上司から
 「君の次の配属先はない。家庭に入りたいと言ってたから、退職者リストに入れておいた」
 と言われる。
(4)義妹は「確かに言ったがそれは‘もし結婚したらこうするだろう’という仮定の話で、
 それも過去の話。仮定の話をしたときと、今では事情が違う。
 それに、この人事異動のタイミングで「退職したい」と正式に言っていない。
 入籍はしたが、結婚式も一緒に暮らすのもまだ先なので、契約を更新したい。」と言ったところ
 「そういう事情(いつか辞める可能性がある人)は契約を更新できない」と言われた。
(5)結局、引継ぎと有給を消化する日数分だけの契約更新となった。

ここから質問です。
こういう事情の場合「特定受給資格者の範囲」の「II 解雇等により離職した者」の
(7)~(10)のどれかにあてはまらないのでしょうか?

焦点(?)は以下のことと思われるのですが・・・
●「もし結婚したらゆくゆくは家庭に入りたい」と雑談では話していたが
 「結婚後すぐ退職する」とは言っていないし、人事発表前に正式に「退職したい」とは言っていない。
●(5)の件ですが、確かに義妹の希望で5月末で契約終了にしてほしいとは言った。
 しかしそれは有給がかなり残っていたし、引継ぎもあったのでそうするしかなかった。
●最終的には書類上では義妹の希望で契約満了となったが、
 その前に上司に「契約を更新しない」「引継ぎと有給消化分だけの日数なら契約を更新する」  
 といわれた。
●そのときは上司と二人で会話をしていたので、その事を証明することはできない。
 ただあまりの上司の言い草に頭にきて、同僚に話し、社内の相談機関に相談しているので
 その事情を知っている人は複数いる。

義妹の今の心境
●こんなことなら「契約更新しない」と言われた時に、とっとと辞めておけばよかった。
 それなら会社都合で辞められて、特定受給資格者になれたのに。
 ヘンに責任感を出して引継ぎのために2ヶ月だけ更新してしまったために
 自己都合での契約満了になってしまった。よく調べるんだった。

やはりこういう場合は自己都合の契約満了による退職になって
特定受給資格者にはなれないのでしょうか?
ハローワークの人に相談したら、特定受給資格者になれる可能性はあるのでしょうか?

先にも書いたように、義妹は社内の相談機関に相談したりなど、
調べてもらえばウソをついていないことがわかるのですが、
なにぶん夫(私の弟)が、親会社で働いているので、夫の迷惑にならないのか心配しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>こういう場合、特定受給資格者になれますでしょうか?


>また特定受給資格者と認められるには何か証拠や、
>ハローワークでの調査などはあるのでしょうか?

離職票作成時の離職理由は
「契約満了による退職(労働者が継続を希望しない)」
という形になるでしょうから、本人記入欄に
「会社からの契約継続拒否による」
と記載にして返し、ハローワーク提出時(失業給付手続き時)にも
その様に説明するだけです。
あとはハローワークが会社に確認の聞き取り調査をします。

当然会社の言い分と違いますので、もめることは避けられません。
退職理由のひとつに結婚があるのですから、あなたの弟さんにも何らかの
影響があるでしょう。
ハローワークとて行政機関ですので、必要書類などの手続きが出来ていれば
それを受理します。
手続き上の不備や異議申し立てがあれば、正規の方法で確認し
是正するのが仕事です。
一方だけの言い分で手続きを進めることをしない代わりに、
感情論での処理もしません。

「給付制限3ヶ月を取る」か「弟さんの立場を守る」か、を自己判断することになると思います。
このご時勢ですから、「何か少しでも機会があれば、人員削減をしたい」
という企業側の思惑があることを忘れないように。
やってみなければ判りませんが、「弟さんごとリストラ」なんてうれしい話とは思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

やはり聞き取り調査があるんですね。
ただメールでの証拠(らしきもの)はあるようです。
上司からのメールです。

その証拠だけでは認められず、会社への聞き取りがあるのなら
引き下がったほうが無難かもしれませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/14 10:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジタル署名 (自己証明書を利用)

実行ファイルの作成を行いました。それを公開、一般にダウンロードしてもらおうかと考えています。
ただ、ダウンロード→プログラムを実行されると、「不明なプログラムですが実行しても宜しいですか?」
という旨のメッセージがダイアログに表示されます。

これを回避する為に色々と調べたところ、デジタル署名で解決できるところまで行き着きましたが、、、
オフィス製品ならば、「デジタル署名を自己証明書にて解決できる」との内容の記事を見つけました。
そこで、以下の質問をさせて下さい。いずれの答えでも知っていたら、教えて頂けると非常に有難いです。

(1)自己証明書は、実行ファイルに使用する事は可能でしょうか?
(2)自己証明書の欠点はありますか?

Aベストアンサー

(1)「自分で認証局を立て、コード署名証明書を発行し、実行ファイルに使用する」という意味なら可能です。
  「オフィスに付属のツールで作ったデジタル署名を実行ファイルに使用する」という意味なら不可能だったと思います。
  (うろ覚え)

(2)自己証明書は通称オレオレ証明書とも言われ、一般公開するものに入れるべきではありません。
 (あなたがイントラネットの管理者でイントラネット内に限って公開するのであれば自己証明書に意味はあります)

 本来は、公的な認証機関に実在証明を出してもらうのがデジタル署名です。
 それを自分で認証局をたてて自分を証明しようというのは無意味です。
 「不明なプログラムですが云々」を消したいのでしょうが、自己証明書を付けただけではこのメッセージは消えません。

Q雇用保険についてです。 今月で派遣で登録してる会社を退職を 考えてますが、契約満了で更新せずに退職で

雇用保険についてです。
今月で派遣で登録してる会社を退職を
考えてますが、契約満了で更新せずに退職ですので自己都合にはなるが給付制限は付かないとの事までは分かりました。仕事のストレスで現在、軽度のうつ症状がでており退職前に心療内科に行って診断されると失業保険が受け取れなくなるのか?
もしくは失業保険で傷病手当として受け取れるのか?
病院にはまだ行かずに退職後、失業保険を受け取ってる最中に病院に行った方がいいでしょうか?
体を休める為に少しでも長く給付を受け取りたいと考えてます。
メリットやデメリットを確認したいです。
どなたか教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

>もしくは失業保険で傷病手当として受け取れるのか

雇用保険には確かに「傷病手当」という手当があります。よく健康保険の「傷病手当金」と混同されますが別の手当です。
「傷病手当」は基本手当(つまり失業給付)を受給中に怪我や病気で15日以上求職活動ができない(仕事ができない)状態が続いた場合に基本手当の替わりに支給される手当です。基本手当と同じ扱いになりますので支給された日数が所定給付日数から引かれます。
30日以上仕事ができない状態が続く場合は一旦求職活動を中止してその期間分受給期間を延長することもできます。(最長3年分)
基本手当の受給資格があることが条件ですから、退職前や求職の申し込み(失業給付の手続き)をする前に傷病手当を申請することはできません。

健康保険の傷病手当金は在職中に4日以上労務に服せなくなり、それによって給与支給がなくなるまたは少なくなった場合に平均標準報酬日額の2/3が休業した日毎に支給される制度です。もちろん社会保険に加入していることが前提です。
条件を満たせば退職後も受給することはできますが、傷病手当金を受給している期間は失業給付は申請できません。
傷病手当金→労務に服せない人が対象
求職者給付(失業給付)→仕事ができるのに職に就けない人が対象
なので、同時に受給するのは矛盾してますね。

もしも、在職中に心療内科で診療を受けていた場合、退職時に自己都合退職でも診断書等を提出することで「正当な理由のある自己都合退職」に離職理由を変更することは可能ではあります。
その場合、基本手当を受給するにはどの程度の仕事ならできるのかを医師に証明してもらう必要があります。
離職した時の仕事内容なら続けるのは無理だけど、別の仕事内容ならとか、職場の環境が原因で病気になったのなら他の会社なら大丈夫とか。

まずは休養したいというなら、健康保険の傷病手当金が受給できるかどうかを調べた方がいいかと思います。
ちなみに傷病手当金は受給対象日初日から1年6ヶ月後まで受給できます。
退職後も傷病手当金を受給するにはいくつか条件がありますので必ずご確認下さい。

>もしくは失業保険で傷病手当として受け取れるのか

雇用保険には確かに「傷病手当」という手当があります。よく健康保険の「傷病手当金」と混同されますが別の手当です。
「傷病手当」は基本手当(つまり失業給付)を受給中に怪我や病気で15日以上求職活動ができない(仕事ができない)状態が続いた場合に基本手当の替わりに支給される手当です。基本手当と同じ扱いになりますので支給された日数が所定給付日数から引かれます。
30日以上仕事ができない状態が続く場合は一旦求職活動を中止してその期間分受給期間...続きを読む

Q直行直帰の営業スタイルの自己管理について

直行直帰の営業スタイルの自己管理について

営業職の方にお聞きします。

この度、営業職として転職しました。
会社はオフィスを持たない、全て直行直帰の営業スタイルです。
先輩からは、自己管理能力が大事だと言われますが、みなさんはどうお考えでしょうか?

私は、
・自分を律する力(極端に言えば、早起きしてジョギングするなど)
・モチベーション維持
・スケジュール管理
・販売計画(効率的な訪問方法)
・プライベートとの切り分け

なんでも結構ですので、何かアドバイスがあれば、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろお考えのようですね。
それらは全て有効ですので、私からはごくごく簡単なことを。

「早起き」する事です。
これに尽きます。

予定が有っても無くても、起きる時間は一定にしましょう。
必要なら、昼間に仮眠します。

これを実践し続ければ、今後発生する問題の解決にさえ、いずれ繋がります。
どうぞご記憶ください。

互いに頑張りましょう。

Q所定給付日数について。特定受給資格者以外で算定基礎期間1年未満でも受給は可能?

失業給付の受給要件と所定給付日数の関係について質問です。
受給要件として、特定受給資格者(及び当分の間は正当な理由のある自己都合退職)以外は、原則「離職の日以前2年間に被保険者期間が通算して12箇月以上であったとき」となっています。
一方、所定給付日数の表(特定受給資格者以外)を見ると、「算定基礎期間1年未満」は90日(就職困難者は150日)となっています。
算定基礎期間が1年未満で、受給要件をみる時の被保険者期間の条件(賃金支払日数11日以上、受給資格を取得した期間は受給していなくても除外されるなど)を満たす期間が通算12箇月以上ある、というのは、どういったケースなのでしょうか。
(「○○期間といった」用語の意味を誤解しているのかもしれないのですが…)
ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

>(「○○期間といった」用語の意味を誤解しているのかもしれないのですが…)

いや誤解ではなくそのとおりでしょう、恐らく質問者の方は下記か下記を基にした所定給付日数の表を、どこかのサイトで見たのではないでしょうか?

http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a1.html

たしかにこの表はおかしいです、厚労省のハローワークの公式ページですが「2 倒産解雇等以外の事由による離職者(3を除く)」は正当な理由のない自己都合ですから、「離職の日以前2年間に被保険者期間が通算して12箇月以上であったとき」でないといけないはずです。
ですが「被保険者であった期間が1年未満」のところに堂々と90日と出ています、そんなことはありえないですね。
恐らく法律が改正になってサイトを手直しするときに間違えて、未だにそのままなのではないですか。
年金問題でお間抜け振りがあらわになった厚労省ですから、さも有なんと言うことでしょう。
そしてこれをモデルに表を作ったサイトは軒並み間違っているということでしょう。
ちなみに下記は滋賀の労働局のサイトですが、上記に惑わされることなく独自に解釈してきちんと作ったようで「一般の離職者」のところに「1年未満」はありません。

http://www.shiga-roudou.go.jp/antei/2-2.html

>(「○○期間といった」用語の意味を誤解しているのかもしれないのですが…)

いや誤解ではなくそのとおりでしょう、恐らく質問者の方は下記か下記を基にした所定給付日数の表を、どこかのサイトで見たのではないでしょうか?

http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a1.html

たしかにこの表はおかしいです、厚労省のハローワークの公式ページですが「2 倒産解雇等以外の事由による離職者(3を除く)」は正当な理由のない自己都合ですから、「離職の日以前2年間に被保険者期間が通算して12箇月以上...続きを読む

Qキングオフィスソフト2007について

キングオフィスソフト2007というソフトを知りました。

通常のマイクロソフトオフィス(Word、EXCEL)だとかなり高額ですが
キングソフトオフィスだとその10分の1位の値段です。4,980円

そしてマイクロソフトオフィスと互換性があるとの事です。

あまりにも安く驚きです。
ご使用されている方、または詳しい方、このキングソフトオフィスの
注意事項ありましたら、ご指導願います。

Aベストアンサー

使っていませんが、下記URLのような記事があります。

個人的な使用では全く問題はないと思いますが、互換性はないと思った方が・・・

有償ソフトと遜色のない優秀な無料ソフトがありますので、・・・

「オープンオフィスってどんなソフト?」
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070329/266899/

「コスト減と国際標準が魅力? 「オープンオフィス」が本格普及の兆し」
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=MMITda000012062008

「無料オフィスソフト一覧 - フリーソフト100」
http://freesoft-100.com/pasokon/office.html

「オフィス2007が数量限定で9980円!普段の半額で手に入る」
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20080421/1001211/

Q嘱託職員の失業保険について。期間満了、更新の意思なしは、自己都合と同じですか?

現在、嘱託職員としてある会社に勤めている者です。失業保険についてお伺いします。

現在の会社には、嘱託職員になる以前に臨時職員として勤めており、雇用期間満了後は失業保険をもらいながら就職活動をしておりました。
なかなか仕事が決まらない中、その会社から嘱託職員で戻ってきてほしいと連絡を受け結局戻ることになり、現在に至ります。

会社で定めてある嘱託職員雇用要領には、原則嘱託職員は1年契約とする、ただし、会社が必要と認めるときは、同一人物を3回まで更新することができる。とあります。
つまり、3年間は雇用可能ということで、私も雇用されるときに、”一応1年契約だけれども、仕事が長引きそうなので、3年と考えてください”と言われ、上層部も何の疑いもなく私が3年いると思い込んでいるようです。
手元にある採用証明書にはとりあえず1年を書いており、また更新されれば新しい証明書が発行されるという形です。

ですが、上司に問題があり、将来に何の保証もない非正規職員に本来させるべきでない重要案件を丸投げされる状態が続き、次回の更新の意思はないと伝えることにしました。

上層部は私に全部させるつもりのようであるし、3年間いると思い込んでいるようなので寝耳に水の話でしょうが、もう私に更新の意思はありません。

その場合、雇用期間満了、としたところで、失業保険はすぐにもらえるのでしょうか?
私の場合、(1)前回同じ職場を離職して失業保険をもらっている、(2)私に更新の意思がれば失職しなくてすむ、という2点があるので、これは、自己都合扱いになるのではないかと不安に思ってしまい・・・

仕事のレベルだけを過剰に求められて、それに見合う待遇は受けられない、のではなく、今度こそ、就職活動を成功させ、まずは正社員として働きたく思っております。

ハローワークは土日祝祭日お休みで、なかなか電話をする時間もなく困っており、こちらに投稿させていただいた次第です。
どなたか、ご教授ください。

現在、嘱託職員としてある会社に勤めている者です。失業保険についてお伺いします。

現在の会社には、嘱託職員になる以前に臨時職員として勤めており、雇用期間満了後は失業保険をもらいながら就職活動をしておりました。
なかなか仕事が決まらない中、その会社から嘱託職員で戻ってきてほしいと連絡を受け結局戻ることになり、現在に至ります。

会社で定めてある嘱託職員雇用要領には、原則嘱託職員は1年契約とする、ただし、会社が必要と認めるときは、同一人物を3回まで更新することができる。とあり...続きを読む

Aベストアンサー

現在の受給条件は退職理由や被保険者期間によって異なりますが下記の通りです。

1.正当な理由のない自己都合(特定受給資格者及び特定理由離職者以外)では離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あること、給付制限あり

2.正当な理由のある自己都合で特定受給資格者及び特定理由離職者以外は離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あること、給付制限なし

3.正当な理由のある自己都合で特定理由離職者IIは離職の日以前1年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間6ヵ月以上あること、給付制限なし

4.会社都合(特定受給資格者)では離職の日以前1年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間6ヵ月以上あること、給付制限なし

5.労働契約期間の満了(働く側が更新を希望した場合)で特定理由離職者Iは離職の日以前1年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間6ヵ月以上あること、給付制限なし(所定給付日数は3年限定で特定受給資格者と同じ)

前述のように被保険者期間と退職理由が重要なポイントですが、質問文中には被保険者期間がはっきり書いてないですね

>その場合、雇用期間満了、としたところで

というところで一応1年以上かな?
とは推測できますが。
しかも退職理由は

>(1)前回同じ職場を離職して失業保険をもらっている

これは関係なしですが

>、(2)私に更新の意思がれば失職しなくてすむ、という2点があるので、これは、自己都合扱いになるのではないかと不安に思ってしまい・・・

確かにこれだと正当な理由のない自己都合になる可能性はありますね、例えば5に該当する為には質問者の方自身が更新を望むのに会社が更新しない場合ですから。
そうなると上記の1に該当する可能性が大きく、少なくとも被保険者期間が1年以上ないと受給対象にはなりません。
またその場合は7日間の待期期間の後に3ヶ月の給付制限期間があります。

また以前の回答の一部に期間満了は全て会社都合になるような回答がありますが、そのような事実はありません(どのようになるかは条件に依る)、これは安定所に確認済みです。

現在の受給条件は退職理由や被保険者期間によって異なりますが下記の通りです。

1.正当な理由のない自己都合(特定受給資格者及び特定理由離職者以外)では離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あること、給付制限あり

2.正当な理由のある自己都合で特定受給資格者及び特定理由離職者以外は離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あること、給付制限なし

3.正当な理由のある自己都合で特定理由離職者IIは離職の日以...続きを読む

Q他のPCについていたオフィスは使用できます?

以前買ったPCについてたオフィス2003ですが、そのPCを破棄しました。
その破棄いたPCについていたオフィスは他のオフィス無PCにインストールして使えるのでしょうか?

また、使える場合のインストールはどのようにするのでしょうか?何か気を付ける点はありますか?

いつも、オフィスをPC買うときに一緒に購入するのでたまには、オフィス無を買って以前のオフィスを
使った方が安くなるのでは?と思いまして。

Aベストアンサー

Dellでプリインストールでないパッケージ版を発売しているかどうかはしらないけど、ちゃんとした箱パッケージがあればパッケージ版かな。その場合、パッケージについているCD-ROMでインストールして、CDケースあたりに書かれているプロダクトキーを入れれば認証できます。できなくてもマイクロソフトに電話してパソコンを変更した旨を伝えれば大丈夫です。
プリインストールあるいはパソコン付属のOEM版だと、CDサイズか少し長くした紙ケースに入っていてプロダクトキーもこのケースについています。ケースに書いてあると思いますが、セットで買ったパソコンでしか使えないライセンスですので、他のパソコンにはインストールできません。認証が通らないと思いますが、間違って通ってもライセンス違反です。

Q雇用保険受給資格がある状態で会社都合解雇について

2009年12月から、20010年4月まで、A社で勤務、期間満了で退職。
2010年 6月に、B社で勤務、1ヶ月で、会社都合で離職。
A社での、雇用保険加入期間は、5ヶ月
B社での、雇用保険加入期間は、1ヶ月
週40時間労働契約で、離職前に6ヶ月、雇用保険を毎月払っていたので、
7月より、特定理由離職者扱いで、失業給付金受給開始、

2010年8月に、C社に勤務の為、雇用保険受給資格を持ってますが、
就業の為、失業保険の受給は一旦停止。
2010年12月末日で、会社都合による、離職をします。
C社では、週40時間労働し、雇用保険は、5カ月加入してました。

ここで、質問ですが、C社を退職した後に、さらに雇用保険の受給日数は増えますか?

A社以前に、雇用保険に加入条件をみたしていた、
D社があり、2009年4月から、2009年10月まで、毎週40時間働いておりましたが、
こちらの会社では、雇用保険は未加入となってました。

みなさまのお知恵をお借りできれば幸いです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

既に受給開始した受給期間と新たな被保険者期間は通算しません(失業給付に関して)。
新たな被保険者期間が5.0ヶ月の受給基礎期間となった場合ですが、これは次の就労先と通算します。
本年4月改正で、期間満了の失職は会社都合としない旨告示がされ、被保険者期間は温存が無難です(派遣切りも12.0ヶ月必要とも読める)。
尚受給期間前のD社は今回の受給に日数として調整可能とは見ますが、通算1年以上で受給日数が増える場合は年齢的に30歳以上で30日(90-120)位。
被保険者期間復活自体24ヶ月で時効に掛かります(日々時効が援用される)から、余り意味が無いかと(残り6ヶ月切った受給期限は変更されないから)
貴方の場合再度就労先を探し、支給終了前に再就職されるよう強く勧めます。
恐らく再就職手当は厳しいでしょう。(要件は支給残日数が45日以上)が、それでも、雇用保険が切れた後迄ズルズル就職活動するのはキツイです。

Qキングソフト・オフィス2010

キングソフト・オフィス2010、楽天09年前半期オフィス部門MVPなどとでてましたが、よく売れているんですね。

でもDL版を買った方は解説本も殆ど出されてないのにどうやって勉強するのですか?

もしかしてMSオフィスとほぼ同じなのでMSオフィス解説本で通用するのでしょうか?

Aベストアンサー

> もしかしてMSオフィスとほぼ同じなのでMSオフィス解説本で通用するのでしょうか?
見た目が同じ、操作性が同じは・・・Office 2003以前と同等のことです。
http://www.kingsoft.jp/office/index.html

解説本については、下記をを紹介していますので。
http://www.kingsoft.jp/office/office_books.html
 

Q入院退職か?任期満了退職か?

週5日6時間労働の1年更新で、現在6年近く働いています。

もう時期、2週間ほど入院しなければなりません。
会社はその入院の一ヶ月前から私の後任者の雇用を検討しており(私の在職中は、私一人から後任者との二人雇用になってしまう)、期間満了まで退職しなくて済むようにしてくれるようです。
しかし退院の4ヶ月後は、任期満了にて退職をしなければなりません。

退院の4ヵ月後は、どのみち退職をしなければならいのであれば、
会社に負担、迷惑を掛けるより、仕事はさっさと後任の方に譲り、入院を機に退職をして、
退院後は次の仕事がみつかるまで、安静にしておくのもいいのではないかと考えています。

入院を機に退職する場合
期間満了で退職する場合
どちらにどういったメリット、デメリットがあるのでしょうか?同じでしょうか?

Aベストアンサー

社会保険から支給される傷病手当金の継続支給要件等も確認してみてはいかがでしょうか?
確かに、期間満了による退職であれば労働条件通知書の内容によっては給付制限がかからない可能性もあります。給付日数は年齢や勤続年数等によって変わりますので、勤続10年未満ですのでおそらく90日になるかと思います。
その他雇用保険から出頭できない場合の給付制度も含めて検討してみてはいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報