60センチ水槽で下記の水草&生物を育成・飼育しています。二酸化炭素の添加量の目安(量・時間)について助言下さい。
底床:ADAアマゾニア
ろ過:GEXメガパワー9012
照明:コトブキツインライト(20W×2)×1基
エアレーション:有
水草:ミクロソリウム、ウイローモス、アメリカンスプライト“ベトナム”、オランダプランツ、パールグラス、グリーンロタラ、サルビニアククラータ、
魚:カージナルテトラ×6、ランプアイ×7、メダカ×5、アカヒレ×3、オトシンクルス×2、クーリーローチ×1、サカサナマズ×2、ミナミヌマエビ×約50

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。


【赤】とか【青】とか出てきて、bonske様が混乱するといけないので、ざっと整理してご案内いたします。

水草の光合成や成長に必要な光は【青】「近紫外(350nm)~青緑(500nm)」と【赤】「橙(600nm)~赤(700nm)」です。
・【青】近紫外~青色側の色域は、植物の背を低くし、葉などを厚く太くする作用があります。
・【赤】橙~赤側の色域は、「光合成作用」の最も重要な波長域です。
光合成作用=CO2と水から植物の体自体である炭水化物が合成される作用です。
【赤】が、大きく成長する(伸びる)ためにも重要な波長域です。

水草育成用蛍光管に赤球や青球があるのは以上の理由によります。
光合成を促し、早く成長させるためには【赤】球が効果的です。
成長はしているが何故かヒョロヒョロしてしまった、水草をガッシリとした形態に育てるには、【青】球が効果的になります。
ですから、水槽では、マズ【赤】、必要に応じて、次に【青】の順番で使い分けます。

そして、緑色域は光合成や植物の成長には無関係な波長域です。
植物育成用蛍光ランプは、緑色域が少ないため、人間の目には暗く感じる性質のランプです。
水槽用蛍光管は、水草飼育のためにも配慮しながら水槽の中が美しく演出するようにセットされた蛍光管です。
*話が分かり辛くなるので、エマーソン効果などは割愛します。

例:東芝フィッシュルクスなど
http://www.akaricenter.com/chokkan_tokusyu/toshi …
    • good
    • 2

偶然に日本経済新聞2009年5月13日(水)の夕刊を読みました。

A4版くらいの記事です。「人間発見」という欄です。
1.水槽に炭酸水をドボドボと入れた。
2.水草育成には青い光が有効
などと出ています。記事はJPGファイルにして添付いたしますが、
うまく読めない場合には日本経済の販売店でこの記事を取り寄せられることをお勧めします。
私は素人ですから論評はいたしません。
「二酸化炭素添加の目安(量・時間)について」の回答画像3
    • good
    • 0

60cm標準水槽(60×30×36cm)の場合、バブルカウンターで一秒一滴が標準量です。


育成されている水草を拝見した限り、標準量で良いと思います。

水槽環境を拝見したところ、CO2を添加されるのならば、照明を強化されたほうが良いと思います。
CO2添加+20W×3~4本で、見違えるほど水草たちが輝きます。
(4本ならば、リシアやパールグラスの草原に一面の気泡を付けさせることも出来ます。そして、エビたちが気泡と戯れます。)
なお、照明のち1本は水作育成用の赤球の使用をオススメします。
http://www.rva.jp/shop/sudo/13.htm

飼育魚にナマズ類もいるようですから、CO2添加と照明点灯はタイマーで連動させ、照明消灯と同時にエアポンプによるエアリング(CO2抜気)をオススメします。
ご存知のことと思いますが、照明時間は8時間程度で十分です。
    • good
    • 1

専門家ではないですが・・・・。



どっかの研究室の方が回答してくれるのでしょうが・・・・。

私も60の水槽でいろいろ、飼ってましたが、
ペットショップで聞いたり、するのが一番ですが・・・・。

水生植物も太陽光のある波長に近い光をあてて、光合成が活発になる植物育成条件があるし、アクアプランツ専用のライトが売ってるかもです。いや、、売ってるものはそれ、専用ライトに、生物育成用ライトになってるかもです。

太陽が昇る時間にライトをつけて、沈むときに消して、自然に近いのが一番いいでしょう。夜になれば、いやでも二酸化炭素が放出されるのだから。

常時バブリングしてるのであれば、酸素や、二酸化炭素は水に溶けて、飽和状態に常になってるはずかと。

空気は水に溶けるのは飽和状態以上、溶け込まないかと・・・。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水草育成でCO2添加量について教えてほしいのですが

水草育成でCO2添加量について教えてほしいのですが
育成環境は下記のとおりです。
20cm水槽
ビーシュリンプ5匹
ウィローモスポット×1
キューバパールグラス(底面)
ライト20w
ライトとエアーは電磁弁+タイマー管理(照射8h)
上記の条件下において、
エビと水草にとって望ましいCO2添加量
はだいたい何滴/秒ほどなのでしょうか?
参考のご意見で結構ですので、
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そのサイズでCo2を添加したら
少なからずエビに影響が出る恐れがあると思います。
私なら添加しません。

どうしてもキューバパールを敷き詰めたいなら
底が埋まるまで、エビは別のところで飼って
1~2秒1滴でじゅうたんを完成させ、
完成した暁に引越しさせてくるのはどうでしょうか?

5秒1滴とかなら問題ないかもしれませんが、
それだとほとんど水草の助けにもならないし、、、

QCO2添加してもエアレーションすると効果なし???

水作とかテトラでCO2ボンベと拡散筒がセットになった商品があります。
水作のを購入し、説明書を読むとエアレーション中はCO2添加をしてもCO2が
エアレーションと一緒に逃げてしまうとあります。
実際にはどのくらい逃げてしまうのでしょうか。
ほとんど意味ないのでしょうか。

小生、30センチ水槽でクリスタルレッドシュリンプと水草を一緒に飼育していますので、
あまり、多量のCO2は良くないでしょうし、かといってCO2が少ないと赤系水草、
リシアの成長に悪影響です。

拡散筒からCO2がなくなれば添加、一日一回充填など、
どのようにすれば良いか、どなたか経験的にご存知であればご教示お願いいたしたく。

Aベストアンサー

残念な事実を...怨まないで下さいね。

空中のCO2と水中のCO2は、一緒の濃度になろうとしています。
よって、エアレーションすると、CO2強制添加の意味はありません。

また、簡易拡散筒とスプレー式のCO2添加器具は、全く効果がないとまでは言いませんが、コストがべらぼうに掛かります。
水草育成で技量のある方で、スプレー式を利用する人など皆無に近いでしょう。
(そりゃ、書籍では紹介されていますよ?広告主ですから。)
高圧ボンベによる添加か、「発酵式 CO2添加」に切り替えた方が賢明です。

■ちょいと詳しくいきましょう。
水中に添加された二酸化炭素は、遊離炭酸と炭酸水素イオンに分かれます。
このうち、多くの水草が利用できるのは遊離炭酸で、pHが低いほどその含有比率が増します。
よって、CO2を添加せずとも、多くの水草がpHを低く保つことで育成できるのです。

KHも水草育成に関わる数値で、KHを低くすると、CO2を強制添加すると緩衝作用が働かず、pHは急激に下がります。
大磯砂など(pHに変動を与えない底床)での維持では、CO2強制添加をpHを下げるために行う...と言う人もいるくらいです。

また、幾らpHが低い方が育つからと言って、CRSや硝化バクテリアのことを考えないで、pH5の辺りを維持目標にしてしまうのも考えものです。
pH6~6.5辺りが間をとって適当ではないでしょうか?

とは言っても、リシアや赤系の水草は比較的難度が高い水草です。
まず適切な光量がなければ、CO2を有効に利用できません。
(育たないこともないですが、綺麗には育ち難いです。)

また、水草は、夜間は呼吸だけしかせず、酸素を消費するだけの存在です。
CO2添加をするのなら(大量に水草を使用する水草水槽で)CRSを上手く飼育するためには、
タイマーを用いて夜間エアレーションするべきでしょう。

■付け加えて書いてしまうなら...
CRSは、水中のカルシウムなどを取り込んで、甲殻を形成しています。
ということで、高硬度による飼育が普及してきました。

まあ、CRSがブームになった際、ソイルで爆殖報告が相次いだため、低pH低硬度がCRS飼育に最適だと、
誤解されていた時期もあったくらいですので、低硬度でも飼育できないことはありません。

南米系水草が好むのは低硬度...上手くバランスを見極める必要があります。

なんだか小難しいことを書いてしまいましたが、水草水槽にCRSが似合うのは事実です。
極端に走らないで適度にやれば、どこかで上手くいくポイントもあります。

残念な事実を...怨まないで下さいね。

空中のCO2と水中のCO2は、一緒の濃度になろうとしています。
よって、エアレーションすると、CO2強制添加の意味はありません。

また、簡易拡散筒とスプレー式のCO2添加器具は、全く効果がないとまでは言いませんが、コストがべらぼうに掛かります。
水草育成で技量のある方で、スプレー式を利用する人など皆無に近いでしょう。
(そりゃ、書籍では紹介されていますよ?広告主ですから。)
高圧ボンベによる添加か、「発酵式 CO2添加」に切り替えた方が賢明です。
...続きを読む

Q熱帯魚のエサの回数は一日一回or二日に一回?

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわけではありません)
・いいや、熱帯魚は栄養も行き届いて生体が元気な時が一番美しい
などの意見を聞きました。

私は現在、一日一回少量のエサを与えていますが、
もし、美しくきれいなスタイルで、長生きするなら
二日に一回にしようかとも思います。

売られているほとんどのショップのお魚はガリガリにやせていますね。
(いわゆる、しぼっていると言うのでしょうか?)
体を大きくさせないためもあるでしょうが(成長を遅らせる)。。

自分で実際に経験(実験)すれば済むことですが、
皆様の意見を聞きたく、よろしくお願い致します。
(今回は金魚は含まれてません)

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわ...続きを読む

Aベストアンサー

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギンテトラ1匹を2年間飼育していましたが、水草とコケはえまくりの汚らしい(?)水槽でしたが、餌やらずともパトッロが大きくなりました。(ペンギンテトラを食べたわけではありません)

ちょっと話はずれるのですが、カージナルテトラがネオン病にかかった際に、ショップの人に相談したら「感染すると不治の病。延命措置として、なるべく魚に体力をつけさせる為にも、お腹がぽっこり膨れる位にして、魚本来の抵抗力を引き出してあげてください。」と言われました。現在もエロモナス症のモーリーを隔離中ですが、餌を少しずつこまめに与えています。

ある程度魚に体力をつけさせたい、早く大きくしたい…という場合は餌は多めで、水質の変化や魚の体型を気になさるなら少なめで…というのはいかがでしょう。もちろん「多め」といっても、1度に沢山ではなく、何回にも分けて与えることで、残り餌が出ないようにします)

ショップから来た魚は輸送ストレスなどもあるので、トリートメントしながら、その期間にお腹ぽっこりにしてあげて、本水槽ではそこまで気にせず…でやっています。

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギン...続きを読む

Q白点病を発症した魚がいた水槽は放置で治療可能?

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
*****************************
・アマゾンフログピット
・アマゾンチドメグサ
・ウィローモス
*****************************


この環境下で、1週間程度前から白点病に感染しているようで、体表に白い小さな点々が出来てきました。

私は最近水槽で魚を飼育しはじめ、白点病の経験も全くありません。
サイトを参考に治療をしようと調べていたのですが、1点不明な点がありました。

現在水槽は90cm水槽しかないので、薬浴用に新しく水槽を購入してきて、水槽にいるピラニア以外(ピラニアは平気そうなので…)の全ての魚をそちらへ移し、薬浴を実行しようと考えています。

治療中、90cm水槽では水温を高い状態で保ち、そのままの状態で2週間程度放置することで、白点病の病虫を死滅させることが出来るのではないかと思ったのですが、可能でしょうか…?
水槽自体も底砂の交換や薬浴をしなければ、魚を戻した際に再発してしまうでしょうか…?


回答者様の治療方法や、治療以外にも、現在の環境で気をつけることなどありましたら、出来るだけ詳細に回答頂けると幸いです。

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
***...続きを読む

Aベストアンサー

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ませんが、発病している可能性はありますので、発病していない魚も
予防策として治療してやります。
発病した魚だけ隔離して、残された魚には何もせず放置をすれば、間
違いなく数日後には白点病に感染するでしょう。

白点病の菌を死滅させるためには水温を一定温度まで上昇させる事
が必要ですが、だからと言って2時間では死滅する事はありません。

白点病に感染したら、サーモ付ヒーターで水温を最終的には28℃~
30℃に上昇させます。白点病の治療薬を投与して1週間絶食をさせて
様子を見ます。1週間で白点病の症状が消えれば、水を1/3抜いて
新しい水を入れ、再び1週間放置します。その間に水温は28~30℃に
保った状態にします。これを3回繰り返した後に全ての水を入れ替えて
掃除をします。
もし1週間で白点病が完治していなければ、水を1/3だけ抜いてから
新しい水を入れ、薬剤を規定量だけ再投与します。
薬剤にもよりますが、グリーンFリキッドやグリーンFゴールドの持続期間
は1週間です。1週間以上も薬剤効果が持続する事はありませんから、
感知していなければ再び投与する事になります。

薬剤を投与する前は、水草、色が付いては困るアクセサリー、活性炭が
使用されているフィルターは投与前に水槽から出します。
薬剤の成分により水草は枯れますし、薬剤の色が浸み込んで洗っても
落ちなくなります。また活性炭により成分の効果が消えますので、必ず
活性炭が入っているフィルターは事前に取り外して下さい。
活性炭が使用されていないフィルターは外さない事です。またエアーは
通常通りに送り続けて下さい。
ヒーターの設定は1日に2℃づつ水温が上昇するようにします。一気に
上昇させるのは魚に負担を与えます。最終的に28~30℃になるよう
にしましょう。

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ません...続きを読む

Q水草に苔が付いてしまったらどのように除去すれば…?

アマゾンソードの葉に緑色の毛状の苔…(アオミドロでしょうか)が生えてしまったので、一度水槽から度して水で濯ぎながら葉を指でつまんでこすってみたりしたのですが、苔は落ちず……
薬品を使わずに除去する方法はないですか?
水槽にはオトシンクルスを二匹いれてますが、ここまで苔が発生してしまっては遅いですよね…。

Aベストアンサー

葉っぱから棚引いているのではればアオミドロです。
最初は数本がたなびいた状態で、そのまま放置していると、水草に絡まります。

からまった状態になったら、基本的にはからまった水草は捨てるしかないです。


現状どの程度なのかは不明ですが、
アオミドロの発生要因は、
1.照明が強すぎる
2.照射時間が長すぎる
3.肥料や残餌で富栄養化している

が主ですので。

3日を目安に照明をあてないほうがいいかも、その際は水槽を新聞紙や黒い布などで覆う。
オトシンクルスにはその間餌はやらなくても大丈夫です。
からまりすぎた水草はかわいそうですが捨てます。

そして、毎日、水槽の中で、からまったアオミドロを歯ブラシなどでからめとる。

ヤマトヌマエビを入れると効果が上がります、数量は水槽の大きさによって変わります。

消灯してから4日目に照明を付けますこのときに明るさと照射時間に注意、以前と同じにすると同じことの繰り返し、
この間にも、からめ取れるアオミドロは除去し続ける、餌は食い付きをみながらあげて、喰い残しあれば撤去する。
1週間ぐらい経過したあたりで、再度消灯をして上記の作業をアオミドロが消えるまで続ける。

葉っぱから棚引いているのではればアオミドロです。
最初は数本がたなびいた状態で、そのまま放置していると、水草に絡まります。

からまった状態になったら、基本的にはからまった水草は捨てるしかないです。


現状どの程度なのかは不明ですが、
アオミドロの発生要因は、
1.照明が強すぎる
2.照射時間が長すぎる
3.肥料や残餌で富栄養化している

が主ですので。

3日を目安に照明をあてないほうがいいかも、その際は水槽を新聞紙や黒い布などで覆う。
オトシンクルスにはその間餌はやらなくても大丈夫...続きを読む

Qエビ水槽のpHと総硬度(GH)について

エビ(CRS)水槽のpHとGH値についてお尋ねします。エビ水槽では、pH 5.5~7.5位で飼育可能だと聞きます。

pH 5.5~6.0の水槽では、GH値が低いと思いますが、エビ水槽の理想のGH値は、その程度でしょうか。またGH値を上げるとその結果、水槽水のpHは上昇すると思います。そこで、エビ水槽の理想のGH値とpHは、どの程度を基準にすればいいのでしょうか。

またGH値が低い場合、GH値を上げる必要があると思います。しかし急激に上げると、pHの変化も急激に怒るので生体に影響が出ると思いますが、具体的にはどのようにするのが理想でしょうか。一方、GH値が高い場合、下げる必要があります。その場合、具体的にどのようにすればいいのでしょうか。

初歩的に質問で恐縮ですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

pHやGHは水質の一指標に過ぎません。
レッドビーシュリンプはpH,GHともに適応範囲が広いですので、数値目標を立てて水質を操作しようとすると、環境変化に弱いという点でつまずき、逆に失敗する場合があります。
また、水質変化を抑え、エビに負担を掛けないために、換水を控える維持をとったとすると、数値目標にあまり意味がなくなります。

実は、pHもGHも様々な意見があり、これが正しいという数値を私は知りませんし、大言壮語して恥をかきたくもありません。
従って、全て私の経験からの独断と偏見です。

・pHは6.0~6.9
アンモニアがより無毒なイオン化せずに残留してしまう割合が増えるため、無理矢理にはアルカリ側にしません。
濾過バクテリアの活性がpH6以下になると悪くなるらしく、あまりにも低すぎるpHは目指しません。
実際には、pH4.8~7.8の間の複数の水槽で繁殖させたので、極端にずれさえしなければ、pHはどーでも良いと思っています。
無換水維持をとっている水槽では、コケの問題などがありますので、酸性側へ弱めに誘導し、
頻繁に換水する維持方法をとっている水槽は、水質変化の避けることを最優先とし、アルカリ気味の水道水を基準にしています。

・GHは?
かつて、ソイルで爆殖報告が相次いだためか、レッドビーシュリンプには低硬度が良いとの認識が拡がりました。
その後、甲殻類の殻にはマグネシウムやカルシウムが必要だということで、今度は高硬度が良いとも、言われるようになりました。
専門誌であるRED BEE SHRIMP No.3(Pisces)によると、P103でGH2~10を提示し、P115ではGH3以上(理想は5以上)実験水槽で20で繁殖と書かれています。
さぁ、いっせーのーで「どっちやねん!」

さらに、ある有名ブリーダーの書かれた著書には、GH7を越えると調子が悪くなるので換水タイミング...と記載されていましたが、
私の環境ではGH7~18程度の水槽が多く、しかし何の問題もなく繁殖し、
気の弱い私は 自分の飼育方法が間違っているのかと心配で、食事は大盛りをお代わりし、夜はぐっすりと快眠していました。

どちらにせよ、ミネラルなどの添加剤を加えるとGHは上がります。
脱皮不全が起こるような極端な状況だけは、お避けになった方が良いでしょう。
エビを観察してさえいれば、大抵の異常は察知できます。

さて、ここまで書けば、数値はさして気にする必要がないことがお分かりになったかと思いますが、ご質問にお答えしましょう。

GHを上げるには、貝殻を入れれば良いでしょう。
モンロリロナイトやブラウンナイトなどを入れても、石組みレイアウトにしてもGHは上がります。
昔、海水の元を少量入れれば一発などという情報を聞いた私は、何をとち狂ったのかエビ水槽に(ほんのわずか)投入したため、
即座にエビ達は踊り出し、大半を殺してしまったことは、あなたと私の内緒にしておいて頂けないでしょうか?
エビは水質変化に敏感であることと、ロブスターとビーシュリンプは異なることを、私は痛く学びました。(馬鹿)

GHを下げるには、ソイルを濾過器に仕込んだり、イオン交換樹脂を用います。
もしくは、日本の水道水は、大抵軟水ですので換水すれば良いでしょう。

pHやGHは水質の一指標に過ぎません。
レッドビーシュリンプはpH,GHともに適応範囲が広いですので、数値目標を立てて水質を操作しようとすると、環境変化に弱いという点でつまずき、逆に失敗する場合があります。
また、水質変化を抑え、エビに負担を掛けないために、換水を控える維持をとったとすると、数値目標にあまり意味がなくなります。

実は、pHもGHも様々な意見があり、これが正しいという数値を私は知りませんし、大言壮語して恥をかきたくもありません。
従って、全て私の経験からの独断と偏見です...続きを読む

Qウィローモスの増やし方

ほんの一つまみ程度のウィローモスをもらったのですが
これを増やすにはどのようにしたらよいのでしょうか?

出来るだけ早く(といっても時間がかかるのは分かっています^^;)
増やしたいのですが、何に付着させるのがよいでしょうか?

水温や光などについても教えていただけると助かります^^

ゆくゆくは流木などに付着させたいのですが
単純に増やすにはなにか他のものに付着させるべきなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かなり細かくちぎります。
手で結構です。
一般的に流木が簡単です。(石よりも)
糸は木綿糸でも釣り糸でも大丈夫です。
あまり光が強くなくても、枯れたり溶けたりしません。
南米ウィローモスでも同様で、非常に丈夫です。

流木などをお持ちでない時は、そのまま水槽に浮かべておかれても、
平気なくらいです。(照明を点けて)
ビンに入れて水を張って、その中に適当に沈めて、蛍光灯のある部屋に置いておくだけでも大丈夫です。
(ベタを暖かい時期、そうして洗面所で飼育しております。^^;)

お魚やエビが入っている方が早く成長します。
活着させても、トリミングをしないと、伸びて、光の届かない辺りから枯れてしまいます。
ですから、トリミングはたいへん重要です。

流木に活着させるときは、小さく細切れにしたウィローモスを、流木などに貼り付けて、
糸を細かく巻きます。
15~20wの2灯式で十分です。
少し出てきたらトリミングを繰り返し、数回のトリミングの後には、きれいな
活着ウィローモスの出来上がりです
液肥は入れてもいいですけど、入れすぎますと、コケが生えますし、入れなくても結構です。

かなり細かくちぎります。
手で結構です。
一般的に流木が簡単です。(石よりも)
糸は木綿糸でも釣り糸でも大丈夫です。
あまり光が強くなくても、枯れたり溶けたりしません。
南米ウィローモスでも同様で、非常に丈夫です。

流木などをお持ちでない時は、そのまま水槽に浮かべておかれても、
平気なくらいです。(照明を点けて)
ビンに入れて水を張って、その中に適当に沈めて、蛍光灯のある部屋に置いておくだけでも大丈夫です。
(ベタを暖かい時期、そうして洗面所で飼育しております。^^;)
...続きを読む

Qパールグラス育成に失敗しない環境は?

パールグラスの育成に今年も失敗しそうです。「^^;
現在の環境は

60センチ水槽
底床:アフリカーナ
光量:20w蛍光灯4本
CO2:ミドボンで1秒1~2滴
水質:中性、KH7滴、 NO2 O.1強、GH不明
水温:27度
魚:カラシン系小魚30尾、ミナミヌマエビ、RC、レッドラムズホーン、石巻貝、その他
水草:多数多種類でパール系以外はすくすく育ってます。

この中で適しているとは言えないのが底床のようですが、
田砂、麦飯石ろか砂、コントロソイル(パウダー)、セラミック系のパウダーなど
どれに代えようか悩んでいます。
しかし、水質がアフリカーナによってやっと弱酸性~中性を保っており、
コントロソイル(パウダー)を除いては、PH調整能力がないようで、こんどは、PH上昇によりパールグラスの育成に支障があるのではないかと懸念します。
やはり、コントロソイル(パウダー)を使うしかないのでしょうか?
同じソイルなのでアフリカーナとそれほど変らない気がして悩みます。
他に良い方法、最適な底床があるのでしょうか?
よしをのホームページ
http://www.yoshiwo.jp/questionb/q0209.html
にさえも、筆者が育成を「諦めました」と書いてある難しい問題だと想いますが、
ADA本では、アマゾニアが使われていますよね。
アクアライフでは、大磯砂でパールグラスが育っていたりして^^;
それから、こちらの水質は石灰がとても多くGHも高いのではないかと気になりますが、
名前は忘れましたが水道水を浄化してカルキ抜きもしてしまう機材がありますが、GHも低くしてくれるのでしょうか?
パールグラスの育成に成功している方のアドバイスをよろしく御願いします。<(_ _)>

パールグラスの育成に今年も失敗しそうです。「^^;
現在の環境は

60センチ水槽
底床:アフリカーナ
光量:20w蛍光灯4本
CO2:ミドボンで1秒1~2滴
水質:中性、KH7滴、 NO2 O.1強、GH不明
水温:27度
魚:カラシン系小魚30尾、ミナミヌマエビ、RC、レッドラムズホーン、石巻貝、その他
水草:多数多種類でパール系以外はすくすく育ってます。

この中で適しているとは言えないのが底床のようですが、
田砂、麦飯石ろか砂、コントロソイル(パウダー)、セラミック系のパウダーな...続きを読む

Aベストアンサー

パールグラスは、「水に馴染ませる」というところに、ひとつの関門があります。
私も悩んだことがありましたが、「買った水草が悪かった」というところに落ち着きました。

アマゾニアは、パールグラスは育てにくいはずで、大磯砂は育てやすいので、ご認識は逆だと思います。
ADAも立ち上がり初期に植えずに、植栽時期をずらせばいける...ようなことを書いていた気がします。

パールグラスは、基本データとしては、僅かに硬度が必要で、pH6.0~7.0くらいの水質を好むらしいです。←らしいって...(笑)
水質に馴れるまで幅が狭いのだと思います。
馴れた後の旺盛な繁殖力と、馴れる前にギャップがあるのでないでしょうか?
光量は多少強めの方が良く、肥料欠乏が起こりやすい水草だと思います。

他の水草はわかりませんが、pH,GHを下げた方が良く育つ水草の中に、パールグラスが混じっていれば、
そりゃパールグラスは育ちにくいかと思います。
そもそもアフリカーナは、そういう低pH,低KH狙いの底床ですよね?

KH7という多くの水草が育つ範囲ではあるものの、高めの数値が出ていますので、
それもあって、pHが下がらないのだと思いますよ。
CO2,pH,KHは相関関係があり、KHが高いとpHは下がり難くて当然です。
アフリカーナを使ってKH7というのはちょっと良く分かりません、寿命でしょうか?

底床は、取り敢えず、麦飯石は止めておきましょうよ。^_^;
田砂はちょっとアルカリ側によるかもしれません。
コントロソイルは、アマゾニアと似て、多分初期にpHをグッと下げそうです。
ソイルというのは、固けりゃいいわけでも、濁らなきゃいいわけでもありません。
アマゾニアの欠点があーだこーだと言われつつも、使用者が多いのはそこにあります。

> 水道水を浄化してカルキ抜きもしてしまう機材がありますが、GHも低くしてくれるのでしょうか?

マーフィードかと思いますが、浄水器はGHを下げません。
R.O.の方であれば確かにGHは下がります。
あとイオン交換樹脂(軟水器)を使ってもGHは下がります。検索キーワード:「ペットボトル 軟水」
ただし、両方とも何のデメリットもなく便利に使えるようなものでもありませんので、
その点は、調べて納得されてからお使い下さい。

パールグラスは、「水に馴染ませる」というところに、ひとつの関門があります。
私も悩んだことがありましたが、「買った水草が悪かった」というところに落ち着きました。

アマゾニアは、パールグラスは育てにくいはずで、大磯砂は育てやすいので、ご認識は逆だと思います。
ADAも立ち上がり初期に植えずに、植栽時期をずらせばいける...ようなことを書いていた気がします。

パールグラスは、基本データとしては、僅かに硬度が必要で、pH6.0~7.0くらいの水質を好むらしいです。←らしいって...(笑)
水質...続きを読む

Q外部フィルターの流量が弱い!誰か助けて!!

同様の質問がいくつかありましたが、問題が解決しなかったため、改めてお聞きしたいと思います。
ご協力を宜しくお願い致します。

【問題点】
 外部フィルターからの流量が弱い。 
 具体的には、メンテナンスをした後セット、始動し、しばらくは細かい気泡が流れ(水槽中が白くなるほど!)、フィルターを数度揺すったり、ホースの向きを変えたりしている内に流量回復。
 だが、朝起きて確認してみると、再び流量低下。→再びメンテナンス、の繰り返し。

【ハード環境】
・60cm水槽(高さ45cm程がある)
・エーハイム2213+Do!アクアのポピーグラス+ストレナースポンジなし(※2011/3/下旬より導入)
・CO2発酵式添加

【濾過槽環境】
下から
・エーハイムメック
・粗めパッド
・サブストラットレギュラー(排水溝用ネットに入れています)
・細めパッド
※コンテナ内は結構余裕があります。詰めすぎてはいないはず。

【水槽内環境】(一応)
・ソイル
・流木レイアウト
・ウィローモス、ピグミチェーン、ヘアーグラスショート
・ミナトヌマエビ10匹、ピンクラムズ7匹くらい、アカヒレ11匹

【これまでの対処法】
1.濾過槽清掃
 → メック・サブストをガシャガシャ洗う、粗めパッド・細めパッドをゴシゴシ洗う、活性炭マット除去。
 <結果>
 回復せず。フィルターを揺すっているとすごい気泡。その後流量回復。翌日流量低下。

2.再度濾過槽清掃
 → メックをガシャガシャ、サブストをネットから出しガシャガシャ、粗めパッドをゴシゴシ、細めパッドを交換。
 <結果>
 1.)と同じ結果。

3.サブストのネット除去
 <結果>
 1.)と同じ結果。

4.粗めパッドの除去
 <結果>
 1.)と同じ結果だったため、再度投入。

5.ホース、ダブルタップ掃除
 <結果>
 1.)と同じ結果。

6.モーターヘッド稼働チェック
 → バケツに沈めて確認、勢いよく水が出ます。

7.インペラー、ラバー、スピンドル清掃
 <結果>
 1.)と同じ結果。

8.濾材コンテナなしで水槽内稼働
 <結果>
 1.)と同じ結果。

9.セット時ストレナー付近の水槽内環境調整
 → ピグミーチェーンが結構茂っていたため設置場所移動
 <結果>
 1.)と同じ結果。

10.インペラー、ラバー、スピンドル再度清掃
 <結果>
 再度清掃していたら、スピンドルが折れた!!(もうっ!!!!)
 とりあえず、ちっさい外掛けフィルターを投入(濾材なし、とりあえず暑いので水流の冷却効果のみ)。仕事の昼休みに買いに行ってこなければ(汗)。更に明日から出張! なんとしても今日中にけりをつけたい。
はぁ、アクアライフ前途多難なり。

長くなりましたが、こんな感じです。
正直、これ以上何をして良いのやら。絶対原因はあるはずなのですが・・・とほほ。
どんな些細なアドバイスでも心よりお待ちしています。help me~
 

同様の質問がいくつかありましたが、問題が解決しなかったため、改めてお聞きしたいと思います。
ご協力を宜しくお願い致します。

【問題点】
 外部フィルターからの流量が弱い。 
 具体的には、メンテナンスをした後セット、始動し、しばらくは細かい気泡が流れ(水槽中が白くなるほど!)、フィルターを数度揺すったり、ホースの向きを変えたりしている内に流量回復。
 だが、朝起きて確認してみると、再び流量低下。→再びメンテナンス、の繰り返し。

【ハード環境】
・60cm水槽(高さ45cm程がある)
・エ...続きを読む

Aベストアンサー

ろ過材には問題なさそうなんで、変えない方がいいかと思います。それだけの水量があるのに酸素が多かったとなると、かなりの酸素の気泡を吸い込んでいたのかもしれないですね。インペラーの微妙な軸のゆがみ+酸素→インペラー空転 →ポンプに新たな負荷がかかって動力の調子が悪くなったとかって線もありえなくはないですね。エーハイム使って海水魚飼う場合は結構酸素とか別に使う時もあるので酸素吸い込んでインペラー空転とかごくたまになる人はいますね。それで泡がエーハイム内の元から作られた酸素と合わさって細いパイプから圧縮されて一気に出てきたりとか…。やはり今のインペラーを一応取っておいて、酸素ずらしてから新しいインペラーに交換して動かしてみたらどうでしょう?それでダメならポンプの動力系でしょうか。ちなみにエーハイムと水槽の間に紫外線殺菌灯とかつなげてないですよね?あれを付けると多少流量変わったりするので。あと、急場しのぎですが水質はメンテでろ過しすぎちゃてるので、バクテリア増殖とか水草の栄養向けでPSBとか少し入れてみてはどうでしょうか?あと、ショップで選べるならずっと店にあった水草等を数本で良いので追加したらいいと思います。それと話し長くなってしまってすいません(苦笑)

ろ過材には問題なさそうなんで、変えない方がいいかと思います。それだけの水量があるのに酸素が多かったとなると、かなりの酸素の気泡を吸い込んでいたのかもしれないですね。インペラーの微妙な軸のゆがみ+酸素→インペラー空転 →ポンプに新たな負荷がかかって動力の調子が悪くなったとかって線もありえなくはないですね。エーハイム使って海水魚飼う場合は結構酸素とか別に使う時もあるので酸素吸い込んでインペラー空転とかごくたまになる人はいますね。それで泡がエーハイム内の元から作られた酸素と合わさっ...続きを読む

QCO2ストーンはどの辺りに設置すべきでしょうか(上部濾過)

発酵式CO2で上部濾過の水槽に二酸化炭素を添加しようと考えている初心者です。この濾過方式では、二酸化炭素の添加効率は悪いと思います。それでもあえて添加するとなると、水槽のどの辺りにCO2ストーンを設置すべきでしょうか。経験者の方のアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは
現在60cm水槽、外部ろ過(エーハイム2213)、蛍光灯20w3灯で発酵式CO2添加+夜間タイムスイッチによるエアレーションをしています。
以前私も、CO2添加に興味があって、添加効率が悪くて効果が疑問とわかりながら60cm水槽、上部ろ過、蛍光灯20w2灯の状態からCO2添加を始めました。
理由「コストもかからなし、とにかくCO2添加してみたかった^^」
実際、先輩方のおっしゃるとおり、現在の仕様になりましたが、微妙なバランスでなりたつ熱帯魚水槽の管理です。何事も経験ということでチャレンジしてみてはいかがでしょう。
準備、注意事項
1.溶存二酸化炭素試薬(CO2テトラテストなど)。(めやすにしかなりませんが、溶存濃度が高すぎると魚に悪影響)
2.pH試薬を購入してください。
  (CO2が溶存するとpHは低く(酸性)になります。
3.1~2日間水槽の前で監視できる時間をとってください。(発酵式CO2添加は添加量の調整が困難なので、過剰溶存や逆流の恐れあり。)
4.試薬を使用してデーターをとりましょう。
  (上部ろ過の場合、残念な結果になるかも・・)
5.CO2が逃げない工夫をしましょう。
  (特にエアレーションはダメです。でも魚の数が多いと酸欠になります。)
6.CO2ストーンの設置場所はどこんでも同じです。エアーストーン設置と同じ感覚でいいです。
(気分的にCO2を添加したい水草の近くくらい^^)
7.夜間は添加しないでください。(過剰溶存の恐れあり)

以上です。効果は期待しないでくださいね。多分いろいろほしくなって財布からお金が逃げていきます。
お互い熱帯魚飼育、水槽管理をたのしみましょう。

こんにちは
現在60cm水槽、外部ろ過(エーハイム2213)、蛍光灯20w3灯で発酵式CO2添加+夜間タイムスイッチによるエアレーションをしています。
以前私も、CO2添加に興味があって、添加効率が悪くて効果が疑問とわかりながら60cm水槽、上部ろ過、蛍光灯20w2灯の状態からCO2添加を始めました。
理由「コストもかからなし、とにかくCO2添加してみたかった^^」
実際、先輩方のおっしゃるとおり、現在の仕様になりましたが、微妙なバランスでなりたつ熱帯魚水槽の管理です。何...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報