ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

書道をしている知り合いの方から掛け軸をいただいて応接間に飾っているのですがそこに書かれている言葉の意味と出典がわからず、時期(冠婚葬祭、春夏秋冬など)どんなときに飾っていいものかわかりません。意味のわかる方がいらっしゃいましたら教えていただきたいと思います。

今夜19:00に従兄弟が結婚相手を連れてくることになっていてそれまでに意味をお答えくださると助かります。

黄禽雙為向日静学
自動考風音

前回投稿したのですが漢文を間違えてしまいましたので訂正して再投稿させていただきました。前回答えてくださった方、これで字の間違いはないと思います。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

重岡俊雄の「黄禽双啼白日静 緑草自動春風香」だと思います。

だって、中国のサイトで探し出さなかったですから。
「黄禽」って、「小鳥」あるいは「若い鶏」であり、「双啼」というのは「鳴きあう」であります
「黄禽双啼白日静」って、「小鳥がただ二羽で鳴きあっていて、もっと静寂の気がする」と訳することができます。
「緑草自動春風香」って、素晴らしいセンテンスだと思います。
まず、作者はその萌黄の草が外力も受けないで動いていることに気付きました。
そして、(たぶん)変だと思っているうちに、春風が吹いて来て、草の香りがしました。そんな時、作者がやっとわかりました:「あ、そうか、風で草が動き出したか。」
このセンテンスの順は逆です。もともと「春風」は「緑草自動」の原因で、「香」は「緑草自動」の結果であります。「風吹き」「草動き」そして「香りがする」こそ止まらない循環であり、なんと、素晴らしい景色が心の中に映りだしたでしょう。

以上は全部自分の意見だけです。役に立てるかどうか、自信なんかありませんが・・・・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。すごくわかりやすかったです。でも自信がないということは漢詩はそれだけ難しいということでしょうか。
親戚への説明は教えてくださったとおりにさせていただきました。

お礼日時:2009/05/14 20:27

これじゃないか。



黄禽双啼白日静 
緑草自動春風香

重岡俊雄という日本人が書いた漢詩ですよ。
GOOGLEで、「黄禽」をキーワードで捜索すれば、すぐ出るのよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
それのようです。
GOOGLEで、「黄禽」をキーワードで検索してみたのですが出ませんでした。官公庁オークションとかにあるようなのですが。
重岡俊雄さんで検索すると企画展示資料というページにあるようです。
意味は書いてなかったみたいです。
また頂き物でわからない漢詩文がありましたら質問させていただきます。
そのときもよろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/05/14 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢詩が五言絶句、七言絶句である理由は?

日本人にとって5音、7音は心地よく響きます。この理由は日本語の基本が、うみ、やま、かわ・・・の如く2音であり、それに助詞の1音が接続詞して3音、つまり2音と3音の組み合わせで5音(2、3)、7音(2、2、3)だと安定感を生じるからだと読んだ記憶があります。
一方、五言絶句、七言絶句が韻を踏む点から考えても、漢詩が耳に心地よく響かなければならないのは絶対の条件で、その結果、一句の字数が5字、7字になったのだと思います。字数が俳句や和歌と一致するのは偶然として、中国の人々が5字、7字だと心地よく聞ける理由が中国語の特性の中にある筈だと思います。漢詩の詩形が五言絶句、七言絶句である理由を中国語の特性と結びつけて解説して欲しく存じます。
なお、当方の中国語の知識は良くても日本人の平均に過ぎず、発音や文法はまるで無理解です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は難しいですね。中国人ですけど、なぜか漢詩は五言、七言なのか分からないなー。吟じやすいためと思います。古代の詩人はよくお酒を飲みながら、詩を吟ずるから。あるいは、五言と七言はよりやすく完全に詩人の感情を伝えられるかも。実はね、最初の頃、漢詩は四言ですよ。三言もあります。「詩経」の中で、「窈窕淑女,君子好逑」のような詩はよく見られます。「詩経」は中国の一番早い詩集です。あとは、「楚辞」、楽府詩(漢の時代)などを経て、唐の時代は漢詩発展のピークになりました。その頃、漢詩は五言絶句、五言律詩、七言絶句、七言律詩に分かれて形成しました。宋の時代に、「詞」は盛んに発展しました。元の時代に、「曲」はとても繁栄していました。(曲ということは実は歌詞です。楽府詩も。)ですから、中国では、「漢賦」「唐詩」「宋詞」「元曲」という言い方が流れています。

Q掛け軸に書かれた漢詩の意味を教えてください

はじめまして。欧州在住の友人が掛け軸を買ったそうで、漢詩の内容を知りたがっています。知り合いの中国人数人に見せたのですが、皆さん読めません。
一般的な日本人が「かな文字」や古典を読めないのと同じ理由でしょうか。
画像が粗いのですが、画像を添付します。
大体の意味で十分ですので、ぜひお分かりになる方、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

全部は読めませんが、一部分は以下のとおりです(○は読めない字部分です)。

畏日○然臨漏蓋
袈裟因○越灌径
钁彩煙靄徐移歩
林下○○尋早涼

意味は解いてみますと、

畏日○然臨漏蓋 ⇒ 残暑の太陽の光を避けるために、漏蓋(意味分からない)の所に参り、

袈裟因○越灌径 ⇒ 袈裟を被ったその身が潅木植えの道を歩き、

钁彩煙靄徐移歩 ⇒ 日差しの彩りの中で徐々に散歩し、

林下○○尋早涼 ⇒ 林の中にはいり、時期より早めの涼しさを探しにいく。
  
この詩は宝宗という方が辛未の年で写したものみだいです。
ご参考になればと思います。

Q川中島の漢詩の意味について

いつもお世話になっています。
上杉謙信と武田信玄が戦った川中島を歌った、頼山陽の漢詩があります。
詩吟などでもよく吟じられる「べんせい しゅくしゅく 夜、川を渡る」との歌い出しのものですが、この文でわからないことがありますのでご存じな方はご教示下さい。

漢詩の読み下し文
-----------------------

不識庵機山を撃つの図に題す

鞭聲粛々夜河を過る
暁に見る千兵の大牙を擁するを
遺恨十年一剣を磨き
流星光底長蛇を逸す

-----------------------

これは上杉謙信が主人公の漢詩ですが、この第二番目「暁に見る千兵の大牙を擁するを」の主語がわかりません。この見たというのは上杉側でしょうか、それとも武田側でしょうか?

Aベストアンサー

このベストアンサーは、武田側としています。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1132636101

夜間に渡河、早朝に見る、3句は転句で過去を振り返り、結句で結局取り逃がす、という明快な起承転結構成です。
起承では普通主語を入れ代えることはありませんので、謙信側と介して良いと思います。

渡河して、朝見た敵方の光景、でしょう。多くの将兵に(擁)守られた信玄の意です。

Q漢詩家で漢詩を原語(中国語)で読めるのは、何パーセントくらいいるの?

詩吟をする者の義務だというので、漢詩(作詩)の講習を受けました。苦闘しながらともかく一首作り、先生に原語(中国語)ではどのように読むのか尋ねたところ「詩の作り方は教えるが、原音(発音)は知らない。昔の人も中国語を知らなくても作詩した。」とのこと。やれ平仄だの押韻だのと、声調、リズムを長時間講義しながら、有名詩の一行すら原音(発音)は知らない(読めない)とは!。講師も作詩というものも、所詮その程度のものかとガッカリでした。
そこで質問。わが国での漢詩の作詩とは、結局は文字の配置だけでよしとしているのか。原音(発音)で読み聞かせることも必要としているのでしょうか。また漢詩家や大学の中国文学専攻者で、有名な漢詩の何首かを原語(現代中国語でもよし)で読める人は何パーセントくらいいるのでしょうか。

Aベストアンサー

これは日本に漢文が入った時、音読しないで訓読だけをしてきたからではないでしょうか?当時の日本人にとっては漢字の意味を知ることこそ重要であり、発音は2の次以下だったんでしょうね。

>また漢詩家や大学の中国文学専攻者で、有名な漢詩の何首かを原語(現代中国語でもよし)で読める人は何パーセントくらいいるのでしょうか。
根拠は全くありませんが、10%くらいじゃないでしょうかね? それよりも、現代中国語を専攻していて 漢文の素養が少しある人の方が多いでしょうね。

Q李白の漢詩について

 日本語を勉強中の中国人です。李白の漢詩をお読みになったことがある方にお伺いします。

 李白の漢詩はどう思われますか。奔放、雄大な詩風で思い切った誇張の表現を多用し、直接自分の喜怒哀楽、意見などを出すのが多いように思います。このような風格は日本の美意識、日本の方の好みとあまり合わないような気がしますが、李白の漢詩をお読みになったことがある方がいらっしゃいましたら、どうかご意見(一言でも、きつい意見でもかまいませんので)をお聞かせください。

 また、質問文の中に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。いつもながら見事な日本語、感服します。
先の回答者の方もおっしゃっていますが、李白の詩は学校で教えられることが多いので、日本人の中でも知名度は高く、人気も(漢詩愛好者の中では)高い方です。
確かに、露骨な感情表現を嫌い、婉曲な言い回しをよいとすると言われる日本人に、直接的な李白の詩は合わないように一見思えます。しかし、李白の詩は、それだけに漢文の知識がそれほどない日本人にも、理解しやすい。李白は絶句に優れていて、学校でわれわれ日本人が学ぶものにも絶句が多いのですが、絶句はご存知のようにとても短いから、いっそうわかりやすい(その点、杜甫や白居易は不利です)。日本の伝統的観念はともかく、親しみやすく、共感しやすいという点では、李白の詩は非常に優秀です。しかも、李白は詩人としても中国文学史上第一の人物ですから、その詩が大いに読む者を感動させ、心を打つ力を持っているのは言うまでもない。わかりやすくて感動的であれば、大いに人気があるのも不思議ではありません。―私も大好きです。
また、日本人は露骨な感情表現を嫌うと言うのも場合によりけりで、文学・詩・演劇のような分野では、劇的で思い切った表現が喜ばれるということもよくあります。悲しい時に、ただ「愁う」と言うより、「白髪がこんなに伸びたよ」と言う方が、表現としてより深い、と感じるのです。こういう所は、日本の和歌や俳句などとも通じる所がありますが。
ですから、李白の詩は大げさすぎて好きではない、という日本人はあまりいるまいと思います。もっとも、日本人に好かれている李白の詩句と、中国人のそれとが同じでないということは、かなり有り得ると思いますが(ずいぶん前に、お酒のテレビCMで「一杯一杯復一杯」という李白の詩句が使われたことがありましたが、中国では、これはあまり有名な句でない由)。個人的には、わかりやすく、共感しやすく、芸術的である、ということが日本人にとっての李白の最大の魅力かと思われます。
また、李白が豪快な大酒飲みの風来坊だった、というのも、人気の秘密のひとつとして見逃せないところでしょう(笑)。
ついでに、日本では「詞」はまったく無名に等しいです。李白の「菩薩蛮」なんか、それこそ素晴らしいと思うんですが、残念。

こんばんは。いつもながら見事な日本語、感服します。
先の回答者の方もおっしゃっていますが、李白の詩は学校で教えられることが多いので、日本人の中でも知名度は高く、人気も(漢詩愛好者の中では)高い方です。
確かに、露骨な感情表現を嫌い、婉曲な言い回しをよいとすると言われる日本人に、直接的な李白の詩は合わないように一見思えます。しかし、李白の詩は、それだけに漢文の知識がそれほどない日本人にも、理解しやすい。李白は絶句に優れていて、学校でわれわれ日本人が学ぶものにも絶句が多いので...続きを読む

Q【中国、韓国の漢文で名言だと思った言葉とその意味を教えてください】 日本のみなさんは漢文読みますか?

【中国、韓国の漢文で名言だと思った言葉とその意味を教えてください】


日本のみなさんは漢文読みますか?

Aベストアンサー

玉琢かざれば器を成さず、人学ばざれば道を知らず。
是の故に古の王者国を建て民に君たるには、教学を先とす。
                       『礼記』〈学記第十八〉

どんなに立派な玉でも、磨いたり細工をしなければ、宝器として用をなさない。いくら良い資質や才能を備えていても、自ら勉学に励み、自己の修養を積まなければ、人としての 道を知り、実践することは出来ない。
それ故に、昔の立派な王者は、国を建設し国民の王としての徳を積むために、まず教学を優先した。

赤本の裏表紙に書いてありました。(笑)

>漢文読みますか?

試験のためだけに読むくらいですね。

Qエクセル2007 レ点ボックスの作り方

エクセル2007の場合、レ点ボックスの作成がわかりません。

 「フォーム」タブが見当たらず、作成ができないのです。

エクセル2007の場合は、レ点ボックスの作成の方法を教えてください。

Aベストアンサー

>レ点ボックス
よく使われる名称では、チェックボックス。チェックボタンとも使われだした。
ーー
Googleででも「エクセル2007  フォーム チェックボックス」などで照会すれば、出てくる話じゃないですか。
WEBを活用のこと。
フォームの場合(本質問)
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Excel2007/excel2007-form.html
チェックボックス
[開発]タブの[コントロール]グループにある[挿入]を選択して、フォームコントロールの[チェックボタン]を選択し、シート内へ配置します
ーー
ワークシート上への場合
Gogleででも「エクセル2007 レ点 チェックボックス」などで照会
http://www.relief.jp/itnote/archives/002706.php

Q漢詩

寿陵の余子 邯鄲に行を学ぶ
未だ国能を得ざるに其の故き行を失う
直だ匍匐して帰るのみ
上の文章を解説してください

Aベストアンサー

 今、答えたばかりですが……。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3058798.html

Q西王母に関する漢詩

西王母に関する漢詩をご存じの方いませんか?
西王母に関する物で、なおかつ「悠久」とか「長生き」とかに関係ありそうな内容のものを探しています。
(例:武帝に長生きの桃をあげたときのエピソード、など)

時間が余りなくて、インターネットで検索してみたのですが、上手く探せません。
漢詩、もしくは、目当ての漢詩が載っていそうな、おすすめの本を教えてください。

Aベストアンサー

天子謡    西王母 (周)
白雲在天山際    白雲 天山の際に在り
自出道里悠遠    自から道里に出で悠遠す
山川間之将子    山川の間之将子
無死尚復能来    死して尚ほ復た能く来る無し

  西王母吟
徂彼西土爰H其所
虎豹為群為鵲與処
嘉命不遷
我惟帝女彼何世民
又将去予吹笙鼓簧
心中翔翔
世民之子惟天之望

Q漢詩教えて

読売書法展で見かけた漢詩
 零落江梅悵別離 小樓人静倦吟詩

作者、原典、意味も解説お願いします

Aベストアンサー

すみません。
書き忘れました。
『國朝詩』はもともと沈徳潜(1673~1769)という人が書いた
「唐・明・国朝詩別裁集」が元になっているのではないかと思います。
いずれにしても日本で言えば「古今和歌集」のような
アンソロジーのようですね。

http://books.google.co.jp/books?id=fJksAAAAYAAJ&pg=RA2-PA98&lpg=RA2-PA98&dq=%E9%9B%B6%E8%90%BD%E6%B1%9F%E6%A2%85%E6%82%B5%E5%88%A5%E9%9B%A2&source=bl&ots=YA5IkZvGkF&sig=InaFUHrdRl6zhFd7hMRqNSOB-1g&hl=ja&sa=X&ei=PcEFVJWSBILU8gWk84LQDg&ved=0CE0Q6AEwBQ#v=onepage&q=%E9%9B%B6%E8%90%BD%E6%B1%9F%E6%A2%85%E6%82%B5%E5%88%A5%E9%9B%A2&f=false


人気Q&Aランキング

おすすめ情報